レストラン「ポプラ」
- 2016/08/26(Fri) -
ポプラ

今回は。南相馬市原町区にあるレストラン「ポプラ」に来ました。
地元で人気の洋食レストランのようです。
店内には、テーブル6卓・小上がりに4卓があります。

メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、ナポリAを注文です。¥700
他には、平日限定ランチのAランチ(ヒレ・エビ・カキのミックスフライ)¥1000・Bランチ(ムキあさりのトマトクリームパスタ)¥880・Cランチ(デミチーズヒレカツ重)¥880やロースカツ定食¥1050・ヒレエビ定食¥1150・チキンカツ定食¥950・生姜焼き定食¥850・ポークソテー¥1000・カレーライス¥700・トマトソースハンバーグ¥1000・エビピラフ¥850などがあります。

ナポリA
   ↑ ナポリA
ナポリタン
   ↑ ナポリタン

出てきたナポリAは、15cmほどのフライパンにナポリタンが盛られます。
玉子も挟まり、熱々のパスタがなかなか美味しいです。
男性には、ちょっと量が少なめかもしれませんね。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

レストラン「ポプラ」
場所:福島県南相馬市原町区高見町2-8
TEL:0244-24-0352
営業:AM11:00~PM2:30 月休
スポンサーサイト
この記事のURL | 福島県浜通り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宮城県白石市観光3
- 2016/08/25(Thu) -
宮城県白石市にある「片倉家御廟所」に来ました。
片倉家御廟所は、仙台藩伊達家の重臣白石城主片倉小十郎景綱を中央に宗景までの十代の墓です。
石畳を敷いた床面の上に10体の大きな石像と1基の墓碑が花崗岩の玉垣に囲まれて佇んでいます。
これは東北の陪臣の墓所としては全く他に見られないものだそうです。

片倉家御廟所
   ↑ 片倉家御廟所
紹介板
   ↑ 紹介板
10体の石像
   ↑ 10体の石像

そばには、景綱に仕え殉死した家臣六名の墓碑もあります。

「片倉家御廟所」
場所:宮城県白石市福岡蔵本字愛宕山

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

ここは、JR東北新幹線白石蔵王駅そばにある「孝子堂」です。
寛永13年、この地の「八枚田」で佐藤与太郎が2人娘と草取りをしていたところに、片倉御家中 志賀団七が通りかかり、娘の投げた草の泥が団七にかかってしまった。
父与太郎が何度も謝ったが、団七は手打ちにした。
娘二人は江戸へ旅立って道場で修業し、白石へ戻って団七を仇討ちしました。
そんな与太郎と二人娘を祀るのが「孝子堂」です。

孝子堂周辺と八枚田
   ↑ 孝子堂周辺と八枚田
紹介板
   ↑ 紹介板
孝子堂
   ↑ 孝子堂

「孝子堂」
場所:宮城県白石市大鷹沢三沢字八枚田
問合せ:0224-25-2711
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白石うーめん「やまぶき亭」
- 2016/08/24(Wed) -
やまぶき亭

今回は、宮城県白石市にある白石うーめん「やまぶき亭」に来ました。
白石市の特産品である白石温麺(うーめん)とは、江戸時代の初期頃、鈴木味右衛門が胃弱な父のために、胃に負担をかけないように小麦粉と塩だけで作った温麺を食べさせたところ病が回復したそうです。
店内には、座敷に11卓があります。

店内
   ↑ 店内
メニュー1部
   ↑ メニュー1部

メニューを拝見したおやじは、うーめん三昧を注文です。¥920
他には、軍鶏うーめん¥1460・天婦羅うーめん¥1360・やまぶき彩うーめん¥1080・軍鶏サラダうーめん¥980・山菜うーめん¥920・蒸籠うーめん¥700・かけうーめん¥700などがあります。
さらには、新メニューの麻婆うーめん980・味噌うーめん¥980・キノコのおくず掛け¥980などもあります。

うーめん三昧
   ↑ うーめん三昧
細く短いうーめん
   ↑ 細く短いうーめん

出てきたうーめん三昧には、冷たい蒸籠うーめん・小鉢・香の物・デザート(マンゴープリン)が付いてきます。
ごま・くるみ・しょうゆの三種のたれで頂けます。
うーめんは、冷麦のようですがコシがあって美味しいですね。

おやじの総合評価:★★★★☆

白石うーめん「やまぶき亭」
場所:宮城県白石市城北町6-13
TEL:0224-25-2322
営業:AM11:00~PM2:00 水休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宮城県白石市観光2
- 2016/08/23(Tue) -
ここは、宮城県白石市のシンボルである「白石城」です。
天正19年(1591)豊臣秀吉は、伊達氏の支配下にあったこの地を没収し、会津若松城とともに蒲生氏郷に与え、蒲生氏家臣蒲生源左衛門郷成は、白石城を築城しました。
慶長5年(1600)伊達政宗は白石城を攻略し、再び伊達領となり、伊達氏家臣片倉小十郎によって改修がなされ、以後明治維新まで260余年間片倉氏の居城となります。

白石城
   ↑ 白石城
城内の甲冑展示
   ↑ 城内の甲冑展示
天守閣からの白石市街
   ↑ 天守閣からの白石市街

「白石城」
場所:宮城県白石市益岡町1-16
TEL:0224-24-3030
開館:AM9:00~PM5:00 年末休
入館料:¥300

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 

白石城北、三の丸外堀に当たる沢端川に面した後小路に片倉家中の「武家屋敷」があります。
安政3年(1856)の白石城下絵図に「小関右衛門七」とあり、うっそうとした庭の前面と側面を水流が巡ります。

片倉家中武家屋敷
   ↑ 片倉家中武家屋敷
武家屋敷
   ↑ 武家屋敷
囲炉裏部屋
   ↑ 囲炉裏部屋

「武家屋敷」
場所:宮城県白石市西益岡町6-52
TEL:0224-24-3030
開館:AM9:00~PM5:00 年末休
入館料:¥200
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宮城県白石市観光
- 2016/08/22(Mon) -
休日には、宮城県白石市へ出かけてみました。
東北自動車道の国見ICから小坂峠を越えると赤い鳥居が目立つ「萬蔵稲荷神社」に寄ってみました。
約160の赤い鳥居が続きます。

萬蔵稲荷神社の鳥居
   ↑ 萬蔵稲荷神社の鳥居
続く鳥居
   ↑ 続く鳥居
拝殿
   ↑ 拝殿
本殿
   ↑ 本殿

「萬蔵稲荷神社」
場所:宮城県白石市小原馬頭山6
TEL:0224-29-2351

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

旅館 やくせん

小坂峠を下る途中に白石湯沢温泉「旅館 やくせん」があります。
開湯から1200年の天然自噴の温泉でしたが、いつの間にかなくなってしまったようです。
現在の館主が、平成6年に幻の温泉を再建したそうです。
旅館のフロントで、日帰り入浴料¥500を払い、早速温泉へ・・・

温泉へ
   ↑ 温泉へ

温泉宿なので、ボディーソープ・リンスインシャンプーはあります。
内湯だけですが、ややぬめりのある軟らかい温泉ですね。
日本でも少ない含石膏芒硝泉で、天然自噴のかけ流しですよ。
さらに、湯船を出た所にある温泉水を飲用すると慢性胆のう炎・胆石症・慢性便秘・糖尿病に効果が期待できるそうで、ポリタンクで持ち帰る方も大勢いましたよ。

内湯
   ↑ 内湯
飲泉場
   ↑ 飲泉場

泉質:含石膏芒硝泉(ナトリウム・カルシウム・硫酸塩泉・低張性弱アルカリ性温泉)
源泉温度:36℃
pH:7.5
効能:慢性皮膚病・動脈硬化症・火傷・神経痛など
飲用:慢性胆のう炎・胆石症・慢性便秘・糖尿病

湯上りの休憩所兼食事処はありますが、入浴料+大広間利用料¥1080がかかります。

白石湯沢温泉「旅館 やくせん」
場所:宮城県白石市小原字八幡前19-1
TEL:0224-29-2620
日帰り入浴:AM10:00~PM7:00 
日帰り休憩:AM10:00~PM4:00 無休
この記事のURL | 宮城県 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ