2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
松川地熱発電所
- 2017/10/19(Thu) -
ここは岩手県八幡平市の松川温泉にある「松川地熱発電所」です。
昭和41年に日本で最初に運転を開始し、世界でも4番目の地熱発電所です。
定格出力は23,500kWで、高さ46mの巨大な冷却塔から蒸気がたち昇っていますね。

松川地熱発電所
   ↑ 松川地熱発電所

地熱発電は、火山帯の地下に貯まった天然の蒸気を井戸を使って地上に取り出し、蒸気の力で発電機を回して電気をつくります。
松川地熱館では、映像・パネルにより地熱発電のしくみがわかる資料などが展示されていますね。

地熱発電所と資料館
   ↑ 地熱発電所と資料館
タービンの展示
   ↑ タービンの展示
巨大な冷却塔
   ↑ 巨大な冷却塔

「松川地熱発電所」
場所:岩手県八幡平市松尾寄木松川温泉
東北自然エネルギー(株)TEL:022-222-3998
見学時間:AM9:00~PM4:00 火休(11月中旬~4月下旬は休み)
見学料:無料
スポンサーサイト
この記事のURL | 岩手県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
常磐自動車道の四倉PA(下り線)vol.2
- 2017/10/18(Wed) -
海岸食堂四倉PA

ここは、常磐自動車道の四倉PA(下り線)にある食事処「海岸食堂」に来ました。
店内には、カウンター10席・テーブル6卓・小上がりに2卓があります。

海岸食堂
   ↑ 海岸食堂内
券売機
   ↑ 券売機

入口正面の券売機で、炙り豚バラチャーシューメンを購入です。¥850
他には、おすすめの刺身定食¥1080・味噌タンメン¥790・炙り豚バラ塩タンメン¥850・焼魚定食¥980・刺身焼魚定食¥1450・ホルモン炒め定食¥750・ホタテフライ定食¥1080・白身魚定食¥920などがあります。
さらには、朝定食¥550・納豆定食¥390・カレーライス¥500・かけそば(うどん)¥290・かき揚げそば(うどん)¥420などもあります。
朝定食・麺類を除く定食類は、午前10時からの提供になるようです。

炙り豚バラチャーシューメン
   ↑ 炙り豚バラチャーシューメン
平打ちの中太麺
   ↑ 平打ちの中太麺

出てきた炙り豚バラチャーシューメンには、肉厚なバラチャーシュー2枚・極太メンマ・もやし・キャベツ・ニラ・人参・キクラゲなどが入ります。
スープは、動物系メインのあっさりとしたもので、後半には野菜の水分でで薄くなりますね。
麺は、平打ちの中太麺で、もっちり感がありますね。

   麺:細○○●○○太
スープ:薄○○●○○濃
   脂:少○○●○○多
   具:少○○○●○多

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

vol.1:常磐自動車道の四倉PA(下り線)

常磐自動車道 四倉PA(下り線)
場所:福島県いわき市四倉町下柳生字宮下49-63
営業:AM6:30~PM7:30 無休
この記事のURL | 福島県浜通り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
モアイ像
- 2017/10/18(Wed) -
ここは、宮城県南三陸町です。
町周辺は東日本大震災の津波の影響で高台以外の建屋が流されてしまいました。
現在は仮設商店が並び、道路整備が急ピッチで行われていますね。
そんな中心部にモアイ像が立っています。
2013年5月25日に世界で初めてチリのイースター島から寄贈されたもので、他にも本物を初め、全7ヶ所のモアイスポットがあるようです。
このモアイ像にはサンゴで作られた目がありますが、目のあるモアイ像は世界でも2体しかない貴重なものです。

周辺の仮設商店
   ↑ 周辺の仮設商店
紹介板
   ↑ 紹介板
寄贈されたモアイ像
   ↑ 寄贈されたモアイ像
モアイ像
   ↑ モアイ像

「モアイ像」
場所:宮城県南三陸町志津川御前下59−1
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
らーめん「HOME」vol.2
- 2017/10/17(Tue) -
HOME

今回は、福島県福島市岡島にあるらーめん「HOME」に来ました。
店内には、カウンター5席・テーブル3卓があります。

琥珀のしょうゆメニュー
   ↑ 琥珀のしょうゆメニュー

メニューを拝見したおやじは、しょうゆわんたんを注文です。¥830
他には、中華そば¥730・白銀のしお¥700・しおわんたん¥850・しおチャーシュー¥940・琥珀のしょうゆ¥680・しょうゆチャーシュー¥920・黄金のみそ¥800・黄金の肉味噌¥900・野菜みそ¥950などがあります。
さらには、だし飯¥180・鶏そぼろごはん¥380などもあります。

しょうゆわんたん
   ↑ しょうゆわんたん
ストレートの細麺
   ↑ ストレートの細麺
わんたん
   ↑ わんたん

出てきたしょうゆわんたんには、豚バラチャーシュー・メンマ・1/2味玉・のり・刻み白髪ねぎ・刻み万能ねぎが入ります。
一杯ずつ小鍋で煮出して仕上げているそうです。
スープは、会津地鶏をベースに鰹節・鯖節を合わせ、あっさりとした中に鶏の旨みが出て美味しいのです。
麺は、低加水ストレートの細麺で、スルスルといけちゃいますね。
わんたんは、鶏にエゴマ豚の背脂が加わり、ツルッとした食感がいいですね。

  麺 :細○●○○○太
スープ:薄○●○○○濃
  脂 :少○○●○○多
  具 :少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★★☆

vol.1:白銀のしお

らーめん「HOME」
場所:福島県福島市岡島字砂入19
TEL:024-529-7802
営業:AM11:00~PM2:50
    PM5:30~PM7:50 月休(祝日の場合、翌日休)
この記事のURL | 福島県中通り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
藤七温泉「彩雲荘」
- 2017/10/17(Tue) -
彩雲荘

彩雲荘全景
   ↑ 彩雲荘全景

八幡平の八幡平樹海ラインを下ると直ぐに現れる藤七温泉「彩雲荘」に寄ってみましたよ。
標高1400m、東北随一の高原に湧く温泉ですね。
フロントで日帰り入浴料¥600を払い、右手の廊下を進んだ先の温泉へ

温泉へ
   ↑ 温泉へ

蛇口2ヶ所だけで、洗い場という洗い場はありませんね。
備品はありませんので、全て持参での入浴ですね。
白濁とした湯は、いかにも硫黄泉なのです。
もちろん、源泉掛け流しですよ。
露天風呂の湯床からは、プクプクと硫黄泉が湧いてきます。

内湯
   ↑ 内湯
混浴露天風呂全景
   ↑ 混浴露天風呂全景
岩手山を望むおやじ
   ↑ 岩手山を望むおやじ

泉質:単純硫黄泉
泉温:87.0℃
pH値:3.7
効能:神経痛・糖尿病・高血圧症・皮膚病・動脈硬化症・婦人病など

特別な休憩所はありませんね。
フロント脇にあった味付黒温泉玉子を購入です。¥80

味付黒温泉玉子
   ↑ 味付黒温泉玉子

藤七温泉「彩雲荘」
場所:岩手県八幡平市松尾寄木北ノ又
TEL:090-1495-0950
営業:4月下旬から10月下旬まで(冬期閉館)
日帰り入浴:AM8:00~PM6:00
入浴料:¥600
この記事のURL | 岩手県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大衆食堂「光ドライブイン」vol.2
- 2017/10/16(Mon) -
光ドライブイン

今回は、福島県相馬市赤木にある大衆食堂「光ドライブイン」に来ました。
創業昭和45年の昔ながらの店内には、テーブル5卓・分かれた小上がりに9卓・奥には混雑時用のテーブル3卓もあります。

壁メニュー
   ↑ 壁メニュー

壁メニューを拝見したおやじは、スリバチ味噌カレーメンを注文です。¥900
他には、スリバチ味噌ラーメン¥800・スリバチゴマ味噌ラーメン¥900・しょうゆラーメン¥600・塩ラーメン¥600・ホルモンラーメン¥900・五目中華そば¥800・焼きそば¥800・月見うどん¥600・肉うどん¥600などがあります。
さらには、スリバチ味噌とミニ丼のセットメニューや焼肉定食¥1000・とんかつ定食¥1000・ハンバーグ定食¥1000・カルビ定食¥1100・カツカレー¥1000・餃子¥400などもあります。
また、麺3玉のジャンボ味噌ラーメン¥2000とスープまで完食すれば無料の麺5玉のジャンボラーメン¥2500もありましたよ。

スリバチ味噌カレーメン
   ↑ スリバチ味噌カレーメン
平打ちの中太麺
   ↑ 平打ちの中太麺

出てきたスリバチ味噌カレーメンには、豚バラ・キャベツ・もやし・人参・ニラが入ります。
スープは、鶏がらベースの味噌にカレーが加わり、けっこうな辛口で美味しいですね。
麺は、自家製平打ちの中太麺で、もっちり感があります。
擂り鉢は普通の器よりも大きく、野菜も多いので満腹になりますね。

   麺:細○○○●○太
スープ:薄○○○●○濃
   脂:少○○●○○多
   具:少○○○●○多

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

vol.1:スリバチ味噌ラーメン

大衆食堂「光ドライブイン」
場所:福島県相馬市赤木字新堤119-13
TEL:0244-36-5201
営業:AM11:00~PM2:30 
    PM5:00~PM7:00 火休
この記事のURL | 福島県浜通り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東和メモリアル広場
- 2017/10/16(Mon) -
ここは、福島県二本松市にある「東和メモリアル広場」です。
毎年7月の第一日曜に開催される東和ロードレース大会は、高低差220mの難コースで山間地特有のアップダウンがありますが、多くの市民ランナーが参加します。
コースの沿路はあじさいロードでもあり、大会当時には見頃を迎えたあじさいがランナーの走りを癒してくれますね。
そんなスタート地点から1kmほど先のあじさい寺で有名な高林寺の手前にメモリアル広場があります。

東和メモリアル広場
   ↑ 東和メモリアル広場

「悠壮之碑」という歴代優勝者の名を刻んだ碑が立っています。
さらに、有名な招待選手の足形もありますよ。

紹介碑
   ↑ 悠壮之碑紹介
悠壮之碑
   ↑ 各大会の悠壮之碑
名選手の足形
   ↑ 名選手の足形

コース内には以前にも紹介した全国でも珍しいマラソンシャワーが常設され、走りをサポートしてくれます。

常設のマラソンシャワー
   ↑ 常設のマラソンシャワー

「東和メモリアル広場」
場所:福島県二本松市太田西田付近
この記事のURL | 福島県中通り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ