2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
2016年 初日の出
- 2016/01/01(Fri) -
明けまして、おめでとうございます。
皆さんにとって良い年になりますように!
今年も、おやじのブログを宜しくお願い致します。

今日は元旦なのです。
今年も初日の出を拝むべく、日立市の古房地公園に来ました。
午前6時49分、初日の出が昇る時刻となりました。
水平線には雲がかかっていましたが、数分遅れで太陽が顔を覗かせました。

初日の出
   ↑ 2016年、初日の出

「古房地公園」
場所:日立市大みか町4丁目付近
スポンサーサイト
この記事のURL | 日立市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
第39回日立市産業祭
- 2015/11/15(Sun) -
JR日立駅前の日立新都市広場では11月14日・15日の午前9時から午後4時にかけて「第39回日立市産業祭」が開催されました。
さらに、今年は日立市・群馬県桐生市との親善都市提携50周年記念として開催されました。
2日間ともに小雨模様の生憎の天候でしたが、多くの方が訪れていましたよ。

会場
   ↑ 第39回日立市産業祭
桐生八木節
   ↑ 桐生八木節

最新エコ家電の展示や地場産品などの展示販売され、多くの方が訪れています。
会場では山形いも煮・常陸牛鍋の無料配布もありましたね。
また、日立の家電品などが当たるスタンプラリー抽選会もあったようです。
さらには、姉妹都市である群馬県桐生市や山形県山辺市の特産品の展示販売も行われましたよ。
ステージでは、桐生八木節やミニ上棟式なども披露されました。

広島お好み焼き
   ↑ 広島お好み焼き
安納芋
   ↑ 安納芋

「第39回日立市産業祭」
場所:日立市幸町1-21-1
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひたちサンドアートフェスティバル2015
- 2015/07/20(Mon) -
昨日の19日には、日立市の河原子海岸で「ひたちサンドアートフェスティバル2015」が開催されました。
開催6周年を迎え、毎年恒例のイベントとなりましたね。
河原子海岸中央の河原子港の前には、見事な砂の彫刻が並んでいました。

ひたちサンドアート
   ↑ ひたちサンドアートフェスティバル会場

サンドアートとは、雪まつりで作られる雪像の砂バージョンですね。
プロの彫刻家であるデンマークのステップトオ、トゥリニウス、アガーステッドの3名や台湾のワン・ショウカン・日本の保坂俊彦が招待されました。
さすが、プロのサンドアートは凄いですね。

龍轉太極
   ↑ 「龍轉太極」 作:ワン・ショウカン(台湾)
車輪
   ↑ 「車輪」 作:保坂俊彦(日本)

フェスティバル当日はステージでのライブや屋台村グルメ王座決定戦なども開催され、多くの人出で賑わいましたね。
また、海上では有料のアクアボールや遊覧船乗船体験なども開催されました。
偶然にも元職場のI・H氏が子供連れで訪れており、ポム・フリットを頂いちゃいましたよ。

クロネコのライブ
   ↑ クロネコのライブ演奏
屋台村グルメ会場
   ↑ 賑わう屋台村グルメ会場
ポム・フリット
   ↑ ポム・フリット

天候が心配されましたが、夜の8時過ぎから野村花火工業による劇場型花火も無事打ち上げられたようですね。
大きな砂像は、8月20日頃まで展示されていますので、出かけてみてはいかがでしょうか!
今年で最後という噂もあるようですが、来年も是非開催して欲しいですね。

「ひたちサンドアートフェスティバル2015」
場所:日立市河原子町3-1-14
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひたち国際大道芸 2015
- 2015/05/11(Mon) -
5月9日・10日の両日、午後0時から5時にかけて「ひたち国際大道芸2015」が開催されました。
今年で第24回目を迎えるようで、年々多くの人出で賑わいます。
初日は日立会場で開催され、2日目は会場をJR常陸多賀駅前に移して開催されましたよ。
多賀会場でも多くのパフォーマーが参加し、多彩な芸が披露されましたよ。
会場周辺には多くの模擬店や露店も出店していました。
今年も、ジャグリング、パントマイム、アクロバット、コメディーなどの芸人達が出演し、迫力と笑いやスリル満点の芸で観客を魅了していましたよ。

エムシー フォア フューチャリング ロレンツォ ガリ
   ↑ エムシー フォア フューチャリング ロレンツォ ガリ (ワンマンバンド&コメディ)
シルヴプレ
   ↑ シルヴプレ (パントマイム)
Mei
   ↑ Mei (足長ウォーキングアクト)
ゴールデンズ From 大駱駝艦
   ↑ ゴールデンズ From 大駱駝艦 (舞踊&ファイヤー)

なかでも、中国雑伎芸術団の世界一の技は素晴らしいの一言で、体の柔らかさに驚きですね。
さらには、椅子を組み上げた頂上で逆立ちしますが、今年は10代の男の子の演技でしたよ。
生憎の風で一段低い高さでの演技となりましたが、それにしても凄いですね。

中国雑伎芸術団
   ↑ 中国雑伎芸術団
中国雑伎芸術団2
   ↑ 中国雑伎芸術団2

毎年、GW後の土日に開催されますので、来年こそ見物してみてはいかがでしょうか。
 
「ひたち国際大道芸 2015」
場所:JR日立駅及び常陸多賀駅前周辺
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第1回日立のひなまつり
- 2015/02/22(Sun) -
2月8日~3月1日の間、JR日立駅北口から平和通り・旧銀座通りを中心に「第1回日立のひなまつり」が開催されています。
この時期、各地でひな祭りが開催されていますね。
日立市での記念すべき第1回ひなまつりですが、参加店舗が13軒と少なく、場所も疎らですね。

金馬車本店
   ↑ 「金馬車本店」のお雛さま
よって家fm
   ↑ 「よって家fm」の吊るし雛 
子どもすくすくセンター
   ↑ 「子どもすくすくセンター」の手作り雛(左)

来年は、参加店も増えて、趣向を凝らした雰囲気あるひなまつりになるといいですね。

「第1回日立のひなまつり」
場所:JR日立駅北口・パティオモール・まいもーる・ひたちぎんざもーる
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第24回ひたち秋祭り~郷土芸能大祭
- 2014/10/12(Sun) -
ここは、JR日立駅前の「シビックセンター広場」です。
10月11・12日の両日、「第24回ひたち秋祭り~郷土芸能大祭」が開催されています。
祭のメインである昨夜は多くの見物者が訪れ、今回も県外各地の芸能が競演されました。
初めを飾ったのは岩手県岩泉町の「中野七頭舞」のようですが、ちょっと間に合わずに遅刻してしまいましたよ。
次は、宮城県東松島市の「みかぐら」でしたね。
みかぐらは、岩手県奥州市を発祥の地とした「南部神楽」と呼ばれる神楽のようです。
続いては、福島県会津若山市の「会津鶴ヶ城太鼓」でしたね。

みかぐら
   ↑ みかぐら(宮城県東松島市)
会津鶴ヶ城太鼓
   ↑ 会津鶴ヶ城太鼓(福島県会津若山市)

続いては、沖縄県那覇市からの「琉球踊り」が披露されましたよ。
3つの歌での演技が披露され、小学生達の見事な演技なのです。

琉球踊り
   ↑ 琉球踊り(沖縄県那覇市)
気合の小学生
   ↑ 気合の小学生

後半には、岐阜市恵那市の「中山太鼓」や岩手県大船渡市の「金津流獅子躍」も披露されましたよ。
金津流獅子躍は、以前にも披露されましたが、おやじお気に入りの芸能で、心に沁みるテンポが好きですね。

中山太鼓
   ↑ 中山太鼓 (岐阜市恵那市)
金津流獅子躍
   ↑ 金津流獅子躍(岩手県大船渡市)

今日も午前11時から午後6時まで日立市民芸能祭として、日立さんさ踊り・久慈浜ソーラン・市内の保育園児達による日立荒馬踊り・日立市内中学校の芸能競演などが披露されますよ。
来年も同時期に開催されますので、県外の芸能に触れてみてはいかがでしょうか!

「第24回ひたち秋祭り~郷土芸能大祭」
場所:日立市JR日立駅前シビックセンター広場
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひたちサンドアートフェスティバル2014
- 2014/07/21(Mon) -
昨日の20日には、日立市の河原子海岸で「ひたちサンドアートフェスティバル2014」が開催されました。
開催5周年を迎え、恒例のイベントとなりましたね。
フェスティバル当日は、ステージでのライブや屋台村グルメ王座決定戦なども開催され、賑わいをみせましたよ。
また、海上では有料のアクアボールや遊覧船乗船体験なども開催されました。
さらには、夜の8時過ぎから野村花火工業による劇場型花火も打ち上げられたようです。

賑わう屋台村グルメ会場
   ↑ 賑わう屋台村グルメ会場
チビッ子のダンス
   ↑ チビッ子のダンス
アクアボール
   ↑ アクアボール

河原子海岸中央の河原子港の前には、9作品の見事な砂の彫刻が並んでいました。
サンドアートとは、雪まつりで作られる雪像の砂バージョンといえるでしょうね。
プロの砂像彫刻家であるパトリック(デンマーク)・ウルリッヒ(ドイツ)さんが招待され、巨大な砂のアートも展示され、さすがにプロの技は凄いですね。
残念なことに、前日の雨でウルリッヒさんの作品の頬の部分が崩落してしまいました。

ひたちサンドアートフェスティバル会場
   ↑ ひたちサンドアートフェスティバル会場
STADE OF MIND
   ↑ 「STADE OF MIND」 作:ウルリッヒ(ドイツ)
REALHING FOR THE LIGHT
   ↑ 「REALHING FOR THE LIGHT」 作:パトリック(デンマーク)

大きな砂像は、8月20日頃まで展示されていますので、出かけてみてはいかがでしょうか!

「ひたちサンドアートフェスティバル2014」
場所:日立市河原子町3-1-14
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひたち国際大道芸2014
- 2014/05/11(Sun) -
5月10日・11日の両日、午後0時から5時にかけて「ひたち国際大道芸2014」が開催されています。
さらに、昨夜は夜会が日立シビックセンター1階アトリウム・広場で行われたようです。
今年で第23回目を迎えるようで、年々多くの人出で賑わいますね。

賑わうメイン会場
   ↑ 賑わうメイン会場

日立会場では多くのパフォーマーが参加し、多彩な芸が披露されましたよ。
会場周辺には多くの模擬店や露店も出店しています。
今年も、中国雑技団・TOKYO雑技京劇団をはじめとするジャグリング、パントマイム、アクロバット、コメディーなどの芸人達が出演し、迫力と笑いやスリル満点の芸で観客を魅了していました。

桔梗ブラザーズ   
   ↑ 桔梗ブラザーズ <ジャグリング>
プティパ
   ↑ プティパ <エアリアル&ジャグリング>

なかでも、中国雑伎芸術団の世界一の技は素晴らしいの一言で、足にセットした4個のボールを蹴り上げて頭で受け取ります。
さらには、椅子を組み上げた頂上で、逆立ちしてしまいます。
今回初出場となるJulotの高さ11.5mで大きく傾くポールでのフラフープも凄かったですね。

中国雑伎芸術団  
   ↑ 中国雑伎芸術団
中国雑伎芸術団
   ↑ 中国雑伎芸術団
NANA
   ↑  NANA <クラウン>
TOKYO雑技京劇団 
   ↑ TOKYO雑技京劇団
Julot
   ↑ Julot <エアリアルポール>

今日は、会場をJR常陸多賀駅前に移して午後0時から5時まて開催されますので、訪れてみてはいかがでしょうか!
 
「ひたち国際大道芸 2014」
場所:JR日立駅・多賀駅前周辺
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第52回 日立さくらまつり
- 2014/04/06(Sun) -
ここは、日立市のJR日立駅前にある平和通りです。
4月1日から20日まで、「第52回 日立さくらまつり」が開催されています。
4月5日・6日の2日間には「第52回 日立さくらまつり」のイベントが開催されます。
今年は、ちょうど桜の花が満開を迎え、すばらしいイベントとなりましたね。
露店や模擬店も多く出店し、花より団子の見物客を多く見かけましたね。

賑わう平和通り
   ↑ 賑わう平和通り
牛ステーキ
   ↑ 牛ステーキ

日立駅前からR6迄の約1kmの間では、色々なイベントが行われましたよ。
メインである日立風流物の山車は、高さ15m・重さ5tもある国指定重要有形・無形民俗文化財なのです。
1695年、徳川光圀公の命によって始まったそうです。
今年の芸題は「源平盛衰記」だそうで、人形の舞が凄いですね。

伝統の風流物
   ↑ 伝統の風流物

毎年恒例である日立太鼓連盟や助川ばやしなども披露されていました。

助川ばやし
   ↑ 助川ばやし
桜ちゃん
   ↑ 桜ちゃん
ロックンロール
   ↑ ロックンロール

駅前の会場では、2日間、子ども達による「ひたち舞祭」も開催されています。
小さいながらも、皆さん頑張って踊っていましたね。

子供達による「ひたち舞祭」
   ↑ 子供達による「ひたち舞祭」

今日も日立風流物、みこしパレード、太鼓連盟、日立のささら、ひたち舞祭、さくらロードレースも開催されますが、天候が気がかりですね。
さらに、13日には「ひたち風土’S IN さくらまつり」のグルメイベントが開催されるようですよ。
出かけてみてはいかがでしょうか!

「第52回日立さくらまつり」
場所:日立市JR日立駅前平和通り
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日立みなとマルシェ
- 2014/03/24(Mon) -
ここは、日立市みなと町にある「日立おさかなセンター」です。
23日の午前10時から午後4時の間、「日立みなとマルシェ」が開催されました。
まずまずの天候で、なかなかの人出でしたね。
県北の冬の名物でもある「あんこう」の大鍋や「やりいか」のいか飯、おさかなセンター奥では海鮮浜焼きなどが楽しめます。

会場
   ↑ 会場
あんこう汁
   ↑ あんこう汁
たこピン
   ↑ ゆるキャラ「たこピン」

また、農水産物の直売や体験セリ市なども企画されました。
さらには、ひたちBRT開通1周年記念イベントもありましたね。
BRTに乗車してきた先着150名にはオリジナルのバックが無料配布され、BRT1日フリー乗車券が全員に配られたようです。

BRT
   ↑ 1周年を迎えたBRT

毎月第4日曜日に開催されるようで、来月はどんなイベントとなるのでしょうね。

「日立おさかなセンター」
場所:日立市みなと町5779-24
TEL:0294-54-0833
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久慈町大震災展
- 2014/03/11(Tue) -
南部図書館

ここは、日立市久慈町にある市立「南部図書館」です。
3年前の東日本大震災で地震と津波の被害を受けた日立市久慈地区の記録が展示された「久慈町大震災展」が開催されています。
開催期間は、2月25日から3月30日迄で、住民の防災意識を高めようと住民が撮影した映像や写真、小中高校生の作文などが展示されています。

震災の映像
   ↑ 震災の映像

津波に流される住宅や車、岸壁に打ち上げられた漁船、体育館などへ避難した様子などが写真展示されています。

写真展
   ↑ 写真展
津波被害
   ↑ 津波被害

3年が経って震災の記憶が薄れていく中ですが、また何時起こるか解らない地震や津波です。
皆さんも災害に備えましょう!

「日立市立南部図書館」
場所:日立市久慈町3-24-1
TEL:0294-29-1125
開館:AM9:30~PM6:00
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第37回日立市産業祭
- 2013/11/10(Sun) -
JR日立駅前の日立新都市広場では11月9日、10日の午前9時から午後4時にかけて「第37回日立市産業祭」が開催されています。

第37回日立市産業祭
   ↑ 第37回日立市産業祭
多くの模擬店
   ↑ 多くの模擬店

最新エコ家電の展示や地場産品などの展示販売され、多くの方が訪れています。
また、日立の家電品などが当たる抽選会、山形いも煮の無料配布、常陸牛鍋の無料配布などもあるようです。

海鮮シラスたらし
   ↑ 海鮮シラスたらし
かじかご飯
   ↑ かじかご飯

今日まで開催されていますので、出かけてみてはいかがでしょうか!

「第37回日立市産業祭」
場所:日立市幸町1-21-1
この記事のURL | 日立市 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
第23回ひたち秋祭り~郷土芸能大祭
- 2013/10/13(Sun) -
ここは、JR日立駅前のシビックセンター広場です。
10月12・13日の両日、「第23回ひたち秋祭り~郷土芸能大祭」が開催されています。
祭のメインである昨夜は、小雨模様にもかかわらず多くの見物者が訪れましたね。
今回は、東北地方の芸能が競演されました。
初めを飾ったのは、福島県伊達市の「霊山太鼓」です。
霊山太鼓は、江戸時代寛文年間が始まりといわれ、伊達地方で独自の発展を遂げ、継承されてきた太鼓です。
次は、山形県尾花沢市の「花笠踊り」でしたよ。
花笠踊りは、大正8年に米を作るための水を確保する「徳良湖」の工事が始まり、その時に唄われた唄が現在の花笠音頭の元歌なのです。

霊山太鼓
   ↑ 霊山太鼓(福島県伊達市)
花笠踊り
   ↑ 花笠踊り(山形県尾花沢市)

続いては、青森県五所川原市から「津軽三味線」です。
さらには、青森県八戸市からの「南部・津軽手踊り」が披露されましたよ。
青森県は雪の多い津軽地方と雪の少ない南部地方に大別できるようで、前者はテンポが速く、後者はゆっくりとした振り付けとなっています。

津軽三味線
   ↑ 津軽三味線 (青森県五所川原市)
南部・津軽手踊り
   ↑ 南部・津軽手踊り(青森県八戸市)

後半には、秋田県羽後町の「西馬音内盆踊り」が披露されました。
西馬音内盆踊りは、国指定重要無形民俗文化財に登録されており、約700年の伝統を守り、日本三大盆踊りの1つとしても知られるようです。
最後を飾ったのは岩手県北上市の「鬼剣舞」で、なかなかの迫力でしたね。
鬼剣舞は、東北を代表する民俗芸能で、今から1300年前から始まったとされているようです。

西馬音内盆踊り
   ↑ 西馬音内盆踊り (秋田県羽後町)
鬼剣舞
   ↑ 鬼剣舞(岩手県北上市)

今日も午前11時から午後6時まで日立市民芸能祭として、日立さんさ踊り・久慈浜ソーラン・市内の保育園児達による日立荒馬踊り・日立市内中学校芸能競演などが披露されますよ。
来年も同時期に開催されますので、県外の芸能に触れてみてはいかがでしょうか!

「第23回ひたち秋祭り~郷土芸能大祭」
場所:日立市JR日立駅前シビックセンター広場
この記事のURL | 日立市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ひたちサンドアートフェスティバル2013
- 2013/07/16(Tue) -
一昨日の14日には、日立市の河原子海岸で「ひたちサンドアートフェスティバル2013」が開催されました。
近年、恒例となった企画ですね。
当日には、ステージでのライブや屋台村グルメ王座決定戦なども開催され、賑わいをみせたようです。
さらには、夜の8時過ぎから野村花火工業による劇場型花火も打ち上げられたようです。
混雑を避けるため、昨日訪れたおやじですが、河原子海岸中央の河原子港の前に見事な砂の彫刻が並んでいました。
今年のテーマは「逢(あう)」のようで、「逢」にちなんだ砂像が9作品も並びましたよ。
プロの彫刻家・保坂俊彦氏による巨大な砂のアートも展示され、さすがにプロの技は凄いですね。

ひたちサンドアートフェスティバル会場
   ↑ ひたちサンドアートフェスティバル会場
保坂俊彦作「Ganesh」
   ↑ 保坂俊彦:「Ganesh」
逢うっていいね
   ↑ NPOインパクト&㈱山森:「逢うっていいね」

大きな砂像は、8月20日頃まで展示されていますので、出かけてみてはいかがでしょうか!

「ひたちサンドアートフェスティバル2013」
場所:日立市河原子海岸中央
この記事のURL | 日立市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ひたち国際大道芸2013
- 2013/05/13(Mon) -
5月11日12日の両日、午後0時から5時にかけて「ひたち国際大道芸2013」が開催されました。
しかし、11日は生憎の雨模様となり、JR日立駅前のシビックセンターをメイン会場とした日立会場の演技ポイントが変更になったようです。
さらに、夜会の会場は、日立シビックセンター1階アトリウム・広場で行われたようですね。
12日は、会場をJR多賀駅前のよかっぺ通りに移して開催されました。
今年で第22回目を迎えるようで、例年以上の人出で賑わいました。
多賀会場は始めてのおやじですが、過去最多となる38組のパフォーマーが参加し、多彩な芸が披露されましたよ。
会場周辺には、多くの模擬店も出店しましたね。
今年も、TOKYO雑技京劇団・中国雑技団をはじめとするジャグリング、パントマイム、アクロバット、コメディーなどの芸人達が出演し、迫力と笑いやスリル満点の芸で観客を魅了していました。

Street Circus  
   ↑ Street Circus  <サーカスアクト>
Okk
   ↑ Okk  <ウォーキングアクト>
芸人まこと  
   ↑ 芸人まこと <The 大道芸>
GちょこMarble
   ↑ GちょこMarble <エアリアルラブコメディ>
ゴールデンズ
   ↑ ゴールデンズ from 大駱駝艦  <舞踏>
FUNNY BONES  
   ↑ FUNNY BONES  <パペットコメディ>
中国雑伎芸術団
   ↑ 中国雑伎芸術団  <中国雑技>
めりこ
   ↑ めりこ  <ポールダンス>

毎年、GW後の土日に開催されますので、今年見逃した方は来年ですね。
 
「ひたち国際大道芸 2013」
場所:JR多賀駅前よかっぺ通り周辺
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひたちBRT導入
- 2013/04/17(Wed) -
ここは、日立市久慈町にある「日立おさかなセンター」です。
2005年に廃線となった日立電鉄の鉄道線路の跡地をバス専用道として活用したバス高速輸送システム「ひたちBRT(Bus Rapid Transit)」が、先月25日から「おさかなセンター」と「JR大甕駅前」の区間でスタートしました。

おさかなセンター裏の停留所
   ↑ おさかなセンター裏の停留所

バス専用道路となるのは、現在、建設中の南部図書館(旧久慈浜駅)から臨海工場西の区間で、他は一般道を走行します。

南部図書館停留所
   ↑ 南部図書館停留所
日立電鉄線の歩み
   ↑ 日立電鉄線の歩み

バス専用道路の間にも一般道と交差している所もあり、信号機がバス優先ではたらきます。

一般道との交差点
   ↑ 一般道との交差点
バス専用道路
   ↑ バス専用道路

バス高速輸送システム化により、慢性化していた通退勤時の渋滞緩和につながりますね。
平成28年にはJR常陸多賀駅まで結び、平成32年にはJR日立駅まで開通予定のようです。

「日立電鉄交通サービス㈱」
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鹿嶋神社へ初詣
- 2013/01/02(Wed) -
ここは、日立市鹿島町にある「鹿嶋神社」です。
今年の初詣は、ここになりました。
鹿嶋神社のご祭神であるタケミカヅチ命は、関東を中心に東北、中部地方などに広がっている鹿島神社の総本山の鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)の祭神で、一般に鹿島神の名で知られます。

鹿嶋神社
   ↑ 鹿嶋神社
拝殿
   ↑ 拝殿

ご神徳は、武道守護、芸能上達、国家鎮護、繁殖興業、豊漁、航海平安。
その他、安産守護、病気治癒、厄除開運、延命長寿、縁結び、交通安全などです。
皆さんも初詣に行かれましたか!?
1月15日までは初詣となるそうですよ。

「鹿嶋神社」
場所:日立市鹿島町2-4-4
TEL:0294-21-2920
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2013年 初日の出
- 2013/01/01(Tue) -
明けまして、おめでとうございます。
今年も、おやじのブログを宜しくお願い致します。
そして、皆さんにとって良い年になりますように!

今日は元旦なのです。
今年も初日の出を拝むべく、日立市の古房地公園に来ました。
午前6時49分、初日の出が昇る時刻となりました。
しかし、水平線には雲がかかり、10分遅れで太陽が顔を覗かせました。

2013年、初日の出
   ↑ 2013年、初日の出

久慈浜海岸には、初日の出を待つ多くの人達が訪れていましたよ。
そして、波間にはサーファーの姿も見えましたが、寒くないのでしょうかね!?

初日の出を待つ
   ↑ 初日の出を待つ久慈浜海岸
元旦のサーファー
   ↑ 元旦のサーファー

「古房地公園」
場所:日立市大みか町4丁目付近
この記事のURL | 日立市 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
第22回ひたち秋祭り~郷土芸能大祭
- 2012/10/07(Sun) -
ここは、JR日立駅前のシビックセンター広場です。
10月6・7日の両日、「第22回ひたち秋祭り~郷土芸能大祭」が開催されています。
今回のメインである昨夜は、小雨模様にもかかわらず、県外から多数の芸能が競演されました。
祭は新潟県の新崎樽ばやしから始まった様ですが、おやじ遅刻です。
次は、熊本県水俣市の水俣棒踊りでしたね。
棒踊りは、1585年、薩摩の津島軍が袋の港から出陣する際に農民や漁民達が踊ったのが始まりのようです。

水俣棒踊り
   ↑ 水俣棒踊り (熊本県水俣市)

続いては、韓国伝統舞踊の披露です。
大韓民国の清州市から3種の民俗舞踊が披露されましたよ。

韓国伝統舞踊1
   ↑ 韓国伝統舞踊1 (大韓民国清州市)
韓国伝統舞踊2
   ↑ 韓国伝統舞踊2

続いては、お隣のいわき市からじゃんがら念仏踊りです。
何とも寂しげな踊りで、新盆を迎える家々を回り仏前の庭先で、先祖供養するものとして受け継がれているそうです。

じゃんがら念仏踊り
   ↑ じゃんがら念仏踊り (福島県いわき市)

さらには、東日本大震災による津波の影響を受けた岩手県海岸沿いの大槌町から吉里吉里鹿子踊りが披露されました。
1700年頃、房州の船乗りたちが伝えた踊りが、茨城県の鹿島神社を訪れた町民が扇州踊りに出会い、その技術を取得して故郷に伝えたことにより完成したそうです。
以前にも何度か岩手県の芸能が披露されましたが、岩手県に伝わる芸能は雰囲気あるものが多いですね。

吉里吉里鹿子踊り
   ↑ 吉里吉里鹿子踊り (岩手県大槌町)

最後を飾ったのは、沖縄県沖縄市のサイエーです。
サイエーとは、旧暦7月15日の盆の夜に沖縄県内各地で踊られる盆踊りです。

サイエー
   ↑ サイエー (沖縄県沖縄市)

今日も昼の部(11:00~15:30)、夜の部(17:30~20:00)には、県外の芸能や日立市内の日立さんさ踊り・久慈浜ソーラン・市内の保育園児達による日立荒馬踊りなどが披露されますよ。
また、来年も同時期に開催されますので、県外の芸能に触れてみてはいかがでしょうか!

「第22回ひたち秋祭り~郷土芸能大祭」
場所:日立市JR日立駅前シビックセンター広場
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東滑川海浜緑地
- 2012/09/20(Thu) -
ここは、日立市東滑川町の「東滑川海浜緑地」です。
だいぶ以前に紹介した日立滑川温泉スタンドの直ぐ脇に位置し、日立市が「健康増進とリハビリテーション」をテーマに、平成19年4月に開園したようです。

東滑川海浜緑地の案内
   ↑ 東滑川海浜緑地の案内

この緑地には約550mの遊歩道があり、駐車場から200mほど進むと、グミ島と砂浜が現れます。
海の眺めや変化に富んだ自然の風景を楽しみながら、心身をリフレッシュすることが出来ますね。

グミ島
   ↑ グミ島

遊歩道の途中には、数ヶ所に「ヒカリモ」が見られます。
このヒカリモは、黄金色藻のなかまで、水面に浮かんだ部分が光を反射して金色に光ります。
珍しいしいヒカリモを始めて見ましたね。

ヒカリモの案内
   ↑ ヒカリモの案内
ヒカリモ
   ↑ 最大のヒカリモ

さらに進むと、遊歩道は途中から二手に分かれ、海辺の広場と海の展望広場につながります。
海の健康広場には、健康増進などに利用出来る遊具が配置されていますよ。

海の健康広場
   ↑ 海の健康広場
海辺の広場
   ↑ 海辺の広場

さらに先には、東滑川海浜緑地に隣接して、医療法人「永慈会」が温泉水を利用した健康増進施設もあります。
この施設内には、温水プールやトレーニングジムなどが整備され、医師を中心とする医療関係者によるメディカルチェックをはじめ、運動・栄養・休養に関する適切な指導などにより、病気の治療と予防を安心して行える施設のようです。

「東滑川海浜緑地」
場所:日立市東滑川町5丁目付近
 
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひたちサンドアートフェスティバル 2012
- 2012/07/25(Wed) -
ここは、日立市河原子町の河原子港です。
7月15日には、「ひたちサンドアートフェスティバル2012」が開催されました。
会場には、大型砂像の展示され、ひたち屋台村・ライブ・ダンスイベントなどの楽しい催しが行われました。
また、夜には、劇場型花火も打ち上げられたようです。

ひたちサンドアートフェスティバル 2012会場
   ↑ ひたちサンドアートフェスティバル 2012会場

世界の砂像アーティストの保坂俊彦さんの大型砂像や地元団体による砂像も展示されていますよ。
全てが力作で、感動ものですね。

挑戦
   ↑ 「挑戦」  作 王松冠・保坂俊彦
チームワークが未来をつくる
   ↑ 「チームワークが未来をつくる」  作 NPOインパクト・㈱山森

海水浴シーズン終了の8月19日まで大型砂像が展示されていますので、海水浴ついでに見物してみてはいかがでしょうか!

「ひたちサンドアートフェスティバル2012」
場所:日立市河原子町河原子港前
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小木津山自然公園
- 2012/07/06(Fri) -
ここは、日立市小木津町にある「小木津山自然公園」です。
小木津山自然公園は、昭和46年4月、市民の憩いの場所として開設されました。

園内マップ
   ↑ 園内マップ

総面積 65ヘクタール、中央部にスイレンの池があり、アカマツの自然林、ナラ・クヌギの雑木林の中には遊歩道があり、気軽に森林浴が楽しめますよ。
また、公園では四季折々の花が楽しめ、1年を通してたくさんの野鳥を観察できますね。

中央池
   ↑ 中央池
芝スキー
   ↑ 芝スキー

公園中央池の奥には、落差6mのいしくぼの滝もあり、清涼感抜群なのです。

いしくぼの滝
   ↑ いしくぼの滝

また、南北二つの展望台からは太平洋が一望できるようで、おやじは南展望台を目指します。
なだらかな坂道を30分近く歩いたでしょうか、なかなかたどり着かず、途中で引き返そうかとも思いましたよ。

南展望台から太平洋を望む
   ↑ 南展望台から太平洋を望む

公園と言うよりは、自然の山に遊歩道を設けた感じで、お弁当持参で、のんびりハイキングはいかがでしょうか!

「小木津山自然公園」
場所:日立市小木津町字小木津山4194−2
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
奥津説神社のシイ
- 2012/06/20(Wed) -
ここは、日立市小木津町にある「奥津説神社」です。
小高い丘の上にある神社ですが、なかなかの雰囲気がありますね。

拝殿
   ↑ 拝殿

境内から少し離れた神社敷地には、幹周8m、樹高25mの市指定の天然記念物である奥津説神社のシイがあります。

奥津説神社のシイ
   ↑ 奥津説神社のシイ
立派な幹
   ↑ 立派な幹

「奥津説神社のシイ」
場所:日立市小木津町3丁目
この記事のURL | 日立市 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
中里発電所
- 2012/06/08(Fri) -
ここは、日立市東河内町にある東京発電㈱茨城事業所の「中里発電所」です。
中里発電所は県内で最も古い水力発電所であり、発電を開始したのは明治41年で、最大出力700kWです。

中里発電所
   ↑ 中里発電所
 
中里発電所から出た1回線送電線は、すぐに大子線と合流します。

送電線
   ↑ 送電線

里川沿いの山々に抱かれて建つ発電所は、明治から現在に至るまで送電を続けています。
しかし、90年前に設置された発電機を使い続けた発電所ですが、設備老朽化のため平成21年7月に新しい発電機に交換され、平成22年3月に改築されました。

導水管
   ↑ 導水管
余水口
   ↑ 余水口

里川水系には、他にも2ヶ所の発電所があるそうで、機会をみつけて訪れたいですね。

「中里発電所」
場所:日立市東河内町2955-2
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひたち国際大道芸2012
- 2012/05/13(Sun) -
5月12日の午後0時から5時にかけて「ひたち国際大道芸2012」が、JR日立駅前のシビックセンターをメイン会場とし、日立新都市広場などで開催されました。
昨年は震災の影響で中止となりましたが、今年で20周年、21回を迎えるようで、例年以上の人出で賑わいました。
そして、初出演11組を含む36組が登場し、多彩な芸が披露されましたよ。
会場周辺には、多くの模擬店も開かれていました。

賑わうメイン会場
   ↑ 賑わうメイン会場

今年も、TOKYO雑技京劇団・中国雑技団をはじめとするジャグリング、パントマイム、アクロバット、コメディーなどの芸人達が出演し、迫力と笑いやスリル満点の芸で観客を魅了していました。

Juggler Laby
   ↑ ジャグリングチャンピオンのJuggler Laby
GちょこMarble
   ↑ GちょこMarble <エアリアルラブコメディ>
NANA
   ↑ NANA <クラウン>
nani-sole
   ↑ nani-sole <ウォーキングアクト>
Duo Cedelo
   ↑ Duo Cedelo のアクロバット
p
   ↑ Mirco <ジャグリング>

夕方6時からは、夜の大道芸も開催されましたよ。
13日には、会場をJR多賀駅前のよかっぺ通りに移し、午後0時から5時まで開催されます。
まだ間に合いますので、お近くの方は急げー!
毎年、5月の連休後の土日に開催されますので、今年見逃した方は来年ですね。 

[ひたち国際大道芸 2012]
場所:JR日立駅前 日立シビックセンター広場周辺
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神峰神社大祭禮・日立風流物
- 2012/05/06(Sun) -
5月3日4日5日の3日間、日立市神峰町の「神峰神社」で、神峰神社大祭禮が催行されました。
何と、7年に1度の大祭で、神峰神社大祭禮は元禄8年(1695)水戸二代藩主徳川光圀公の命により、宮田、助川、会瀬、三ヶ村の鎮守とされた神峰神社の世直し祭りとして行われた一大行事なのです。
初日は、生憎の大雨で開催が中止されてしまいましたが、4日と5日には無事に催行されました。
日立市の神峰公園下の大雄院通りには、巨大な山車が4台(西町・本町・北町・東町)が並びました。
4台の山車を観るのは、小学生以来となるおやじなのです。
なかなか圧巻な光景ですね!

山車を曳く
   ↑ 山車を曳く

日立風流物は、江戸時代中期の頃に始まり、文化文政の頃には山車そのものがからくりとなっています。
昭和34年には、山車が国指定重要有形民俗文化財に、人形操作などが国指定重要無形民俗文化財に指定されました。
さらには、2009年にユネスコ無形文化遺産にも認定されたそうですよ。

屋形開き
   ↑ 屋形開き
日立風流物
   ↑ 日立風流物(本町)
矢を射る
   ↑ 矢を射る

日立風流物は、高さ15m、幅3~8m、重量5tもあり、山車の中には約10人の囃子方や約30人のからくり人形の操り方が乗り込みます。
全ての山車の演目が違っており、面白いですね。
また、山車の裏側となる裏山でも、おとぎ話などが演じられます。

山車の回転
   ↑ 山車の回転
裏山
   ↑ 裏山での花咲爺(北町)

7年後まで待てない方には、毎年恒例の「日立さくらまつり」の際にも1台だけが登場しますよ。

「日立風流物」
場所:日立市宮田町大雄院通り
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神峰神社大祭禮・日立佐々羅
- 2012/05/05(Sat) -
5月3日4日5日の3日間、日立市神峰町の「神峰神社」で、神峰神社大祭禮が催行されました。
何と、7年に1度の大祭で、神峰神社大祭禮は元禄8年(1695)水戸二代藩主徳川光圀公の命により、宮田、助川、会瀬、三ヶ村の鎮守とされた神峰神社の世直し祭りとして行われた一大行事なのです。
大祭禮の中日には、約300名のご神幸行列が神峰神社を出発し、宮田、助川、会瀬の三ヶ村を巡行しましたよ。
生憎の小雨模様での催行となりましたね。
途中、隣の村に入るときには、町渡しが行われ、日立佐々羅のすりこみが奉納されます。

ご神幸行列
   ↑ ご神幸行列
町渡し
   ↑ 町渡し
宮田ささらのすりこみ
   ↑ 宮田ささらのすりこみ

助川地区の「助川鹿嶋神社」では、三ヶ村の日立佐々羅のすりこみと半庭が奉納されました。
半庭とは、笛に合わせて3匹の獅子が胸の太鼓を鳴らしながら舞います。
すりこみとは、獅子が頭を振り、長い髪の毛を振るわせながら舞います。
日立佐々羅は、県の無形民俗文化財に指定されていますよ。

助川ささらの奉納
   ↑ 助川ささらの奉納
宮田ささらのすりこみ
   ↑ 会瀬ささらの半庭
宮田ささらのすりこみ
   ↑ 会瀬ささらのすりこみ

会瀬ささらのすりこみは、なかなかの迫力なのです。
次回の大祭禮は、7年後の2019年ですね。

「神峰神社大祭禮」
この記事のURL | 日立市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
防波提の郷土かるた絵
- 2012/01/17(Tue) -
ここは、日立市旭町にある海岸の防波堤です。
JR日立駅南側の「天地閣」下で、6号バイパスの交差点下の防波堤になります。

6号バイパスの交差点付近から
   ↑ 6号バイパスの交差点付近から

昨年の12月18日には、東日本大震災の津波を防いだ防波堤として、地元商店会による防波堤に郷土かるたを描く「旭は絵ぇとこ、行ってみっぺ事業」が開催されたようです。
防波堤には、地元小学生などによる「ひたち郷土かるた」が描かれました。
なかなかの出来ばえですが、場所が解りにくいですね。

ひたち郷土かるた絵
   ↑ ひたち郷土かるた絵
立派なかるた絵
   ↑ 立派なかるた絵

2月には、この防波堤を活用したクイズラリーなども開催されるようですよ。
近くを訪れた際にでも見物してみてはいかがでしょうか!

「防波提の郷土かるた絵」
場所:日立市旭町2-10-5付近
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大甕神社で初詣
- 2012/01/02(Mon) -
初日の出を拝めなかったおやじは、日立市おおみか町の「大甕神社」に初詣です。
初詣にしては参拝者が少なく、地元の方がほとんどのようです。
拝殿の後ろには岩山があり、本殿は岩山の上に建っています。
この岩山を宿魂石と言い、天香香背男の魂が封じてあるそうで、厄除けや運勢アップに御利益があるようです。

大甕神社
   ↑ 大甕神社
初詣
   ↑ 初詣

おやじは、健康と・・をお願いしてきましたよ。
皆さんは、もう初詣に行かれましたか?
15日までなら初詣となるようですので、参拝に出掛けてみてはいかがでしょう。

「大甕神社」
場所:日立市大みか町6-16-1
この記事のURL | 日立市 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
2012年 初日の出
- 2012/01/01(Sun) -
明けまして、おめでとうございます。
今年も、おやじのブログを宜しくお願い致します。
2012年が復興につながる、そして皆様の幸せにつながる年になることを願います。

今日は元旦なのです。
今年も初日の出を拝むべく、日立市の古房地公園に来ました。
6時49分、初日の出が昇る時刻となりました。
しかし、生憎の曇り空、初日の出を拝むことは出来ませんでしたよ。

古房地公園
   ↑ 古房地公園より

「古房地公園」
場所:日立市大みか町4丁目付近

この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ