fc2ブログ
2021 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2021 11
農家のコンビニ「百姓家」   閉店
- 2009/11/05(Thu) -
ここは、那珂市飯田に10月20日にOPENした農家のコンビニ「百姓家」です。
場所は、R118とバードラインの交差点角にあります。

農家コンビニ「百姓家」
   ↑ 農家コンビニ「百姓家」

天然ハーブを使った農業資材で栽培されたステビア農産物や有機農法で栽培された野菜を中心に販売しているようです。
農産物には地元の生産者名も記載されており、安全な食材を提供しているようですね。
併設されている休憩所では、無料でキノコ汁がサービスされていましたよ。

ステビア農産物や有機農法で栽培された野菜
   ↑ ステビア農産物や有機農法で栽培された野菜

皆さんも、地元の新鮮で安全な食材を購入してみてはいかがでしょうか.

農家のコンビニ「百姓家」
場所:那珂市飯田
営業:AM9:00~PM6:00 不定休

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 那珂市 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
なかひまわりフェスティバル2009
- 2009/11/01(Sun) -
ここは、那珂市戸崎にある那珂総合公園です。
10月31日には、毎年恒例となった「なかひまわりフェスティバル2009」が開催されました。
総合公園内の特設ステージでは、郷土芸能やキャラクターショーなどの色々なイベントが行なわれ、夕刻には花火も打ち上げられました。
えっ!この時期にひまわりと思うでしょうね。
この日のために、県立水戸農業高の生徒たちが秋に咲くひまわりを育てるため、3年前から寒さに強い品種の栽培に取り組んできたそうです。
8月中旬に種を蒔いたひまわりが、那珂総合公園周辺の畑で満開に咲きました。
ひまわり畑は地元農家のご協力を得て、4.2haに約25万本が植えられていました。
と、開催案内に書かれていましたが、今年は昨年の1/3位でしょうか!?
さらに背たけも小さく、台風の影響で半分が倒れていましたね。
ひまわりも自然には勝てないようです。

ひまわり畑
   ↑ ひまわり畑
サンフラワー
   ↑ サンフラワー君

ひまわり畑は、フェスティバル開催の約1週間後に処分され、元の畑地に戻ります。
近年、毎年開催されていますので、来年にでも訪れてみてはいかがでしょうか。

「なかひまわりフェスティバル2009」
場所:那珂総合公園

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 那珂市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
鞍掛石
- 2009/02/02(Mon) -
旧那珂町と旧瓜連町市街地を結ぶ県道を走っていると、何度か目にする標識の鞍掛石に寄ってみました。
県道をそれた数100m先に、鞍掛石がありました。
ここは、源 義家(八幡太郎義家)が奥州征伐に向かう途中、鞍を馬からはずしてこの石にかけて休憩したら、後日その石が鞍に似てしまったといわれているそうです。

鞍掛石への鳥居
   ↑ 鞍掛石への鳥居
鞍掛石之碑
   ↑ 鞍掛石之碑
鞍の形をした鞍掛石
   ↑ 鞍の形をした鞍掛石

源 義家は、平安時代後期の武将で河内源氏の源頼信の孫で、八幡太郎の通称でも知られ、後に武家政権鎌倉幕府を開いた源頼朝、そして室町幕府の足利尊氏の祖先に当たることから後世に英雄視され、様々な逸話が生み出されたようです。
また、軍馬には米などの栄養価の高い飼料を乗せ、緊急事態が起きた場合は、煮豆を日干しする時間がとれず、豆が煮上がった所で煮汁を捨て、煮豆を俵にそのまま詰める事もしばし行われていたようです。
そんな時、兵士たちが、糸引き納豆に変化した煮豆を腐っているものと思い捨てていた光景を目にした源 義家は、糸引き納豆を拾い上げて口にしたそうで、これが納豆伝説の始まりのようです。
しかし、義家の勇気には脱帽ですね!

「鞍掛石」
場所:那珂市(旧瓜連町)鹿島

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 那珂市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
一の関ため池の白鳥!
- 2009/01/12(Mon) -
ここは、那珂市の市役所前にある「一の関ため池親水公園」です。
毎年、11月下旬頃から白鳥が飛来してきます。
このため池には平成に入った頃から多くの白鳥が飛来するようになり、最大で160羽も飛来してきたようです。
他には、マガモ・カルガモ・ホシハジロなどのカモ類も多く飛来してきます。

一ノ関ため池親水公園
   ↑ 一の関ため池親水公園の鳥たち

おやじが訪れた1月初旬には、30数羽の白鳥が羽を休めていました。
まだ飛来してくるのでしょうか!?
池では職員の方が1日1回程度の給餌をしているそうですが、当日も近所のおばさんがパンやモミを与えていましたよ。

羽を休める白鳥
   ↑ 羽を休める白鳥
餌に群がる水鳥たち
   ↑ おばさんの給餌に群がる水鳥たち
白鳥の羽ばたき
   ↑ 白鳥の羽ばたき

冬を過ごした白鳥は、3月中旬頃からの春の訪れとともに、またシベリアへ帰っていってしまいます。
白鳥の飛来は、県央ですと300羽以上飛来する大塚池(水戸市)や古徳沼(那珂市)・大島公園(ひたちなか市)などでも見ることが出来ますね。
近くを訪れた際には、餌を与えてみてはいかがでしょう。

「一の関ため池親水公園」
場所:那珂市那珂市役所前

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 那珂市 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ひまわりフェスティバル2008!
- 2008/11/03(Mon) -
ここは、那珂市戸崎にある那珂総合公園です。
11月2・3日には「ひまわりフェスティバル2008」が開催されました。
例年ですと8月末に開催されますが、国民文化祭いばらき2008に併せての開催となりました。
総合公園内では、2日間に色々なイベントが行なわれ、2日の夕刻には花火も打ち上げられたようです。
えっ!この時期にひまわりと思うでしょうね。
この日のために、県立水戸農業高の生徒たちが秋に咲くひまわりを育てるため、2年前から寒さに強い品種の栽培に取り組んできたそうです。
8月中旬に種を蒔いたひまわりが、同文化祭会場の那珂総合公園周辺の畑で満開に咲きました。
ひまわり畑は4.2ヘクタールの広さがあり、約25万本が植えられました。

晩秋のひまわり畑
   ↑ 晩秋に広大なひまわり畑
まさに、サンフラワーひまわり
   ↑ まさに、サンフラワーひまわり

県立水戸農業高の生徒さん達の努力の成果が実ったイベントとなりましたね。

「ひまわりフェスティバル」
場所:那珂総合公園

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 那珂市 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
日本一の毘沙門天像!
- 2008/01/04(Fri) -
ここ那珂市の一乗院では、正月の3日間に毘沙門天大祭「だるま市」が開催されます。
今年も訪れたのには、訳があります。
何と!昨年11月1日に日本一の毘沙門天の像が完成したのです。
早速、参拝を兼ねて見物してきました。
でかーい!
なるほど、これが日本一の毘沙門天像だそうで、高さは台座から16mあるそうです。
さらに台座とあわせると20mにもなり、総重量350トンもあるそうです。
中国で製作されたそうですが、どうやって運んできたのでしょうね。

日本一の毘沙門天像
   ↑ 日本一の毘沙門天像
迫力の毘沙門天様
   ↑ 迫力の毘沙門天王

毘沙門天像の右手には同じく11月1日に、水戸は銀杏坂の観音堂より出世観世音菩薩を迎え、お堂に安置されていました。
早速、大勢の方が参拝していました。

出世観音
   ↑ 出世観音

毘沙門堂においては正月3日の10時から3時の毎正時に愛護摩祈祷が行われ、護摩の時間に合わせて、かわいらしい七福神さまより福豆を頂き一年の息災を祈ってくれます。
今年も会えましたね!
報恩殿の前では甘酒が無料配布されており、おやじも頂いちゃいました。

今年も会えたね!かわいい七福神さま
   ↑ 今年も会えたね!かわいい七福神さま
毘沙門堂と甘酒
   ↑ 毘沙門堂と甘酒?

昨年の参拝の様子は→こちらをクリックです。
皆さんも日本一の毘沙門天像を見物し、参拝してはいかがでしょうか!

「法満山 一乗院」
場所:那珂市飯田1085
TEL:029-298-0533

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 那珂市 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
カモの襲来!
- 2007/12/05(Wed) -
ここは那珂市(旧瓜連町)の古徳沼です。
白鳥が飛来する所として知られ、11月を過ぎた頃から飛来が始まり3月まで羽を休めます。
今年も例年通りにやって来ました。
昭和41年に2羽が飛来して以来、最高では238羽が飛来しているようです。
昨年は、126羽が飛来してきたようです。
看板には関東最大の白鳥の飛来地とありますが、茨城でも飛来する所も多く、昨年の常総市の菅生沼には360羽、水戸市の大塚池には270羽が飛来したようで、看板に偽りありですね!
単に白鳥の飛来地でよかったのでは・・・

関東最大の白鳥の飛来地
   ↑ 関東最大の白鳥の飛来地

週末に訪れたおやじが確認するには、白鳥は14羽でした。
残念ながら、飛来する瞬間は見れませんでしたね。
例年ですと100羽以上飛来してきますので、これからが楽しみですね。
カモ類は100羽以上おり、カルガモ・ヒドリガモ・キンクロハジロなど数種のカモがいました。

古徳沼の白鳥
   ↑ 古徳沼の白鳥
白鳥の羽ばたき
   ↑ 白鳥の羽ばたき

突然、カモがおやじ目がけて飛んできます!
単なる移動のようです。ホッ!

カモの襲来
   ↑ カモの襲来

場所:那珂市古徳地区

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 那珂市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
きのこ博士館!
- 2007/10/03(Wed) -
ここは、那珂市にある個性的な建屋の「茨城県きのこ博士館」です。
館内は、不思議な森の空間が広がり、博士の書斎・森のクラフトパーク・博士のきのこ研究室・フェアリーガーデンなどのテーマに分かれた部屋がいくつかあります。
また、館内の中央にはシンボルでもある博士の不思議な木があり、幹は洞窟になっています。
博士のきのこ工場では、きのこの栽培方法や成長過程が見れますよ。

きのこ博士館内
   ↑ 博士のきのこ研究室
きのこ館
   ↑ 館内中央の博士の不思議な木
きのこ館
   ↑ 毒きのこの紹介

夏からこの時期にかけて、山間部できのこ狩りをする方も多いと思いますが、毒きのこと食べられるきのこの見分け方は難しいのです。
毎年、全国で毒きのこを食したことによる死者が後を絶ちませんね。
ここ「きのこ博士館」では毒きのこの見分け方を教えてくれますので、食する前に鑑定してもらって下さい!
「きのこ博士館」は、何とも不思議な空間で、きのこの繁殖などが展示され、きのこに関する知識を得ることができますよ。
県の施設でもあり入館無料ですので、今度の休日にでも家族で訪れてみてはいかがでしょう!

きのこ博士館
   ↑ きのこ博士館

「茨城県きのこ博士館」
場所:那珂市戸4603
TEL:029-297-0198
開園:AM9:00~PM4:30 月休
入館:無料

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 那珂市 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ひまわりのお祭り!
- 2007/08/25(Sat) -
今日25日は、ここ那珂市の那珂総合公園で「なかひまわりフェスティバル」が開催されています。
那珂総合公園では、文化団体による各種舞台発表や那珂太鼓・大助はやし・ひよっとこ踊りなどの伝統芸能や模擬店が催されています。
また、ヘリコプター遊覧飛行も行われ、午後4時30分からは森川由加里コンサートも行われるようです。

那珂太鼓
   ↑ 迫力の那珂太鼓
よさこいソーラン
   ↑ 祭りには、よさこいソーランが欠かせない

公園周辺には、この日に合わせてひまわり畑が地元農家のご協力を得て栽培され、約4.2haに約25万本の那珂市の花であるひまわりで埋め尽くされています。
ひまわり畑の中には、ひまわり迷路もつくられていますよ。
しかし、ひまわり畑はフェスティバル開催1週間後には地元農家の方々により処分され、元の畑地に戻るようで、残念なことですね。

ひまわり畑
   ↑ 25万本のひまわり畑
ひまわり
   ↑ ひまわりの花

午後7時には夜を飾る花火大会が開催され、総合公園の多目的広場で打ち上げられる華麗な花火が夜空を焦がし、 打ち上げ数2500発、観客数は毎年4万7000の人出だそうです。
まだ間に合いますので、早速出掛けてみてはいかがでしょうか!

「なかひまわりフェスティバル」
場所:那珂市那珂総合公園

←今日のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります!
この記事のURL | 那珂市 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
曲がり家
- 2007/08/21(Tue) -
ここ那珂市にある曲がり屋は、1862年に建築されたもで、旧那珂町に残る最後の茅葺家屋を解体保存し、一の関ため池親水公園内へ移設復元した物です。
曲がり屋とは、住居と馬小屋と物置が一体となった東北地方や茨城県の一部に見られる寒さの厳しい地方の代表的な民家形式だったのです。
入口には、今では懐かしい郵便ポストまでありました。

曲がり家
   ↑ 曲がり家
囲炉裏 蚊帳
   ↑ 囲炉裏                  ↑ 蚊帳

茅葺家屋の中に入ると、蚊帳がかかっていました。
おやじが幼少の頃には、自宅でも蚊帳を張っていたことを思い出します。
今では見かけることはなくなりましたが、蚊帳の中で遊ぶ事が楽しかったことを思い出し、懐かしいですね!
最近の子供達は見たことはないでしょうし、何のことやらって感じでしょうね。
今では蚊取り線香はもとより、ベープなどの蚊取り器具が出回っていますし、蚊自体も減りましたからね。
ある意味、いい時代だったのかもしれませんね!
他にも、囲炉裏の部屋や土間などもあり100年以上前の生活ぶりがうかがえますよ。
みんなも、タイムスリップしに出掛けてみてはいかがでしょう!

「那珂市曲がり屋」
場所:那珂市菅谷4520-1
開館:AM9:00~PM4;30
休館:月曜日(月曜が祭日の場合翌日)及び年末年始
入館:無料

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 那珂市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遅咲きの桜!
- 2007/04/28(Sat) -
ここ那珂市(旧瓜連町)の「静峰ふるさと公園」の遅咲きの八重桜ですが、今年の暖冬で4月14日には開花し、先週末には満開を迎えたようです。
「日本のさくら名所100選」に選ばれ、約12haの園内には、約2100本の八重桜が植栽されています。

満開の八重桜
   ↑ 満開の八重桜
八重桜のシャワー
   ↑ 八重桜のシャワー
八重桜ちゃん
   ↑ 八重桜ちゃん

「八重桜まつり」は、4月21日から5月5日まで開催されています。
満開の桜ですが、今日は若干の桜も散り始めていましたが、たくさんの人で賑わっていました。

花より団子の見物客
   ↑ 花より団子の見物客
並んだ露店 手打ちそばの実演
   ↑ 並んだ露店                 ↑ 手打ちそばの実演

園内には、手打ちそばの実演試食処やたくさんの露店が出店し、花より団子な見物客で溢れます。
4月29・30日には那珂太鼓やソーランなどのイベントも企画されているようです。
また、4月27日から5月4日の間には午後9時までライトアップされるようですので、夜桜見物も出来ちゃいます。
GW中まで楽しめそうですので、遅咲きの八重桜を堪能してみてはいかがかな!

「八重桜まつり」
場所:那珂市静1720-1
開園:AM9:00~PM5:00 月休・年末年始休
   4/27~5/4はPM9:00まで
駐車料:桜まつり開催中は¥500

←閲覧有難うございます。今日のランキングは?左(バナー)をポチッ!
この記事のURL | 那珂市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
端午の節句展
- 2007/04/24(Tue) -
ここ那珂市の「歴史民俗資料館」では、4月14日から5月20日の間に特別季節展として「端午の節句」が開催されています。
来週の5月5日は、こどもの日であり端午の節句なのです。

端午の節句展
   ↑ 端午の節句展
5月人形
   ↑ 5月人形
端午の節句気生
   ↑ 端午の節句気生の浮世絵

会場には、5月人形や兜や神輿が飾られ、端午の節句の由来や時代による移り変わり、絵画・浮世絵などが紹介されています。
催し物の案内や解説は、4月29日と5月6日の午後2時に行われるようです。
おやじにも子供時代が当然あり、小さな兜・太刀・弓や鯉のぼりが飾られていたことを微かに覚えています。
3月3日が女の子の雛祭りであるならば、5月5日はこどもの日ではなく、男の子の端午の節句の日が妥当なのです。

端午の節句とは
飛鳥時代、貴族の間で菖蒲や薬草を摘んで邪気を払い健康を祈願する行事が行われ、これは中国の厄落としての行事が起源です。
鎌倉時代には、「菖蒲と尚武」が同じ読みのため、端午の節句が男の子の節句となり、こどもの成長・出世を祝う行事となりました。
現在では、子供の健やかな成長を祈る行事として親しまれるようになりました。
兜・太刀・弓は災害や災厄として飾られ、柏餅の柏は新芽が出るまで古い葉がおちないことから、家系が絶えない縁起物とされ、幟とは身分を証明するための旗で、武士にしか許されなかったため、江戸時代に庶民に鯉のぼりが生まれたようです。

那珂市歴史民俗資料館

「那珂市歴史民俗資料館」
場所:那珂市戸崎428-2(那珂総合公園内)
TEL:029-297-0080
開館:AM9:00~PM4:30 月休館

←閲覧有難うございます。今日のランキングは?左(バナー)をポチッ!
この記事のURL | 那珂市 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
開運!だるま市
- 2007/01/04(Thu) -
ここ那珂市の一乗院では、毎年1月3日に毘沙門天大祭「だるま市」が開催されます。

だるま市
   ↑ だるま市
開眼堂
   ↑ だるま開眼堂
だるま開眼堂には大勢の行列ができており、頂いただるまに片目を入れてもらい、背には家内安全・商売繁盛など個人の願い事を書いてもらえます。

毘沙門堂
   ↑ 毘沙門堂
また、毘沙門堂においては10時から3時の毎正時に愛護摩祈祷が行われ、一年の願いを護摩の火に託して手を合わせます。

かわいい七福神
   ↑ かわいい七福神
福豆 骨董品
   ↑ 福豆                      ↑ 骨董品の販売
正月3日は護摩の時間に合わせて、かわいらしい七福神さまより福豆を頂き一年の息災を祈ってくれます。
おやじも、かわいい七福神さまより福豆を頂いちゃいました。
また、境内では、骨董品の販売やバザーも行われていました。
一乗院では、日本一の毘沙門天像を建立する予定のようで、完成は今年の11月だそうです。
益々、参拝者が増えそうですね。
<一乗院とは>
至徳3年(1386)に快範上人が開いた寺で、北関東三十六不動尊霊場の25番札所。本尊の不動明王は佐竹氏54万石の本尊だった仏像で、ほかに水戸光圀から賜ったという室町時代作の薬師如来坐像や聖徳太子立像、鎌倉中期に仏師運慶が作ったと伝わる毘沙門天像なども安置されています。境内には七福神や、持ち帰って願い事を祈るための霊験あらたかな願い石などがあります。

「一乗院」
場所:那珂市飯田1085
TEL:029-298-0533

←閲覧ありがとうございます。左(バナー)をポチッとランキングに投票してね!
この記事のURL | 那珂市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋のバラ展 「茨城県植物園」
- 2006/10/21(Sat) -
茨城県植物園では、10月21・22日に秋のバラ展が行われ、鉢物のほか、つりバラ、切りバラの展示と苗の即売会が行われました。
植物園なるところは、おやじ初の訪問です。
沈床園の噴水
   ↑ 沈床園の噴水
バラ園
   ↑ バラ園
バラ バラ

入口で¥120を払い、正面では沈床園の噴水がお出迎えです。
左手には、バラ園がありました。
華麗なバラですが、美しい物にはトゲがあります。おやじは何度泣かされたことでしょう!なんてね?
熱帯植物館
   ↑ 熱帯植物館
なかなか広い施設で、色々な植物が植えられています。さすが、植物園!
熱帯植物館もありますが、別料金のようです。
バラ展 バラ展
   ↑ バラ展
展示室では、賞を得たバラが展示されています。
ここ植物園の周辺には、鳥獣センター・県民の森・森のカルチャーセンターなど無料の施設があり、休日には、家族づれで行ってみてはいかがかな!自然を満喫できますよ!

「茨城県植物園」
場所:那珂市戸4589
TEL:029-295-2150
利用時間:AM9:00~PM4:30 月休 年末年始休
入園料:¥120

←閲覧ありがとうございます。左(バナー)をクリックしてランキングに投票してね!
この記事のURL | 那珂市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |