fc2ブログ
天神山
- 2023/08/11(Fri) -
ここは、東海村村松の天神山です。
天神山は、茨城県で一番低い山だそうですよ。

天神山
   ↑ 天神山(中央)

山頂の三角点の標高は17.4mで、全国でも13番目に低い山だそうです。
ちなみに、県内で一番高い山は大子町の八溝山で、標高1022mあります。
北側から登りましたが、木の根が張っているので簡易なロープが設置されていますね。

北側の登山口
   ↑ 北側の登山口
登山道
   ↑ 登山道
三角点
   ↑ 三角点
山頂
   ↑ 山頂(17.4m)

北側の登山口の左手の車1台が通れる砂利道を抜けると、南側からの登山口に出ますね。
南側からの方がなだらかですが、5分もかからずに登頂できますけどね。
南北ともに田園に囲まれており、南東には標高23m地点があり、かつての真崎城があったようです。

登山口の表示
   ↑ 天神山入口
南側登山口
   ↑ 南側登山口

「天神山」
場所:東海村村松2954-12
この記事のURL | 東海村 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
東海原子力館別館「つるし雛展」
- 2022/03/01(Tue) -
ここは、東海村の原研通り沿いにある日本原子力発電㈱「東海原子力館別館」です。
1月4日から3月31日まで「つるし雛展」が開催されています。
以前までは原電の敷地内にある「東海テラパーク」で開催されていましたね。

東海原子力館別館
   ↑ 東海原子力館別館

館内受付で住所・氏名等を記入して入場します。

イベント案内
   ↑ イベント案内
入口の雛飾り
   ↑ 入口の雛飾り

東海在住の女性グループが中心となり、つるし飾りや段飾り・創作人形などの華やかな作品が展示されています。

メインの雛飾り
   ↑ つるし雛展
色々なひな飾り
   ↑ 色々な吊るし雛
創作j人形
   ↑ 創作j人形

「東海原子力館別館」
場所:東海村村松北2-7-43
TEL:029-287-0486
開館:AM9:00~PM4:00 月休館(祝の場合:翌日休館)
入館料:無料
この記事のURL | 東海村 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
村松大神宮へ初詣
- 2019/01/01(Tue) -
明けましておめでとうございます。
福島県ネタがメインとなりますが、本年もよろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

今年は、東海村の「村松大神宮」へ初詣です。
「村松山虚空蔵堂」の右奥にあるので、意外に知られていませんね。
西暦708年の創立とされる伊勢神宮の「御分霊」を奉祀する神社で、「茨城のお伊勢様」と称されています。
境内には、光圀公お腰かけの石や斉昭公お手植えの梅が残されています。

二の鳥居までの参拝者
   ↑ 二の鳥居までの長蛇の列
拝殿前
   ↑ 拝殿前

初詣、皆さんは何をお願いしましたか?
おやじは、健康と・・・をお願いしましたよ。
参拝の後には、多くの方がおみくじやお守りを頂きます。
おみくじは、納得するまで何回頂いてもいいようですよ。
納得のいかないおみくじは境内に結びましょう。
拝殿前には干支別の犬石像があり、自分の干支の犬をさすると御利益があるようですよ。
露店も30軒以上並び、甘酒などで温まっていましたよ。

おみくじを結ぶ
   ↑ おみくじを結ぶ
干支の犬をさする
   ↑ 干支別の犬石像
広島のにぎり天
   ↑ 広島のにぎり天

「村松大神宮」
場所:那珂郡東海村村松3
TEL:029-283-1414
この記事のURL | 東海村 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
東海テラパーク「つるし雛展」
- 2016/02/08(Mon) -
東海テラパーク

ここは、東海村の日本原子力発電㈱の敷地内にある「東海テラパーク」です。
入口に警備の方がいますが、テラパーク又はつるし雛展と告げれば通してくれますよ。
館内は3つのゾーン構成で原子力発電の歴史から最新の安全管理システム、未来の原子炉までが紹介されています。
テラパークギャラリーでは、1月14日から3月21日まで「つるし雛展」が開催されています。
東海在住の女性グループが中心となり、つるし飾りや段飾り、創作人形などの華やかな作品が展示されています。

テラパークギャラリー
   ↑ テラパークギャラリー
手作りのひな壇
   ↑ 手作りのひな壇
色々なひな飾り
   ↑ 色々なひな飾り
手作り干支
   ↑ 手作り干支

まだ開催されていますので、原子力発電システムを見学しながらお雛様を見物してみてはいかがでしょうか!

「東海テラパーク」
場所:東海村白方1-1
TEL:029-287-1252
開館:AM9:00~PM4:30 月休
入館料:無料
この記事のURL | 東海村 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
TOKAI ILLUMINATION
- 2015/12/19(Sat) -
JR東海駅の西口では、東海村発足60周年記念「TOKAI ILLUMINATION 」~夢を叶えるイルミネーション~が点灯しています。
開催期間は12月1日から来年の1月16日までの午後5時から午前0時までのようです。
東海村発足60周年を記念した東海村初のイルミネーション企画のようです。
初めての事もあり、小さなイルミネーションですね。

TOKAI ILLUMINATION
   ↑ TOKAI ILLUMINATION
イルミなトンネル
   ↑ イルミなトンネル

来年も点灯するのでしょうかね?

「TOKAI ILLUMINATION 」
場所:東海村舟石川駅西1-1-1(JR東海駅西口)
この記事のURL | 東海村 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大神宮・村松山虚空蔵堂「大空マルシェ」
- 2015/10/12(Mon) -
ここは、東海村村松の伊勢神宮の分霊を祀る「大神宮」と日本三体虚空蔵尊のひとつである「村松山虚空蔵堂」です。
11日の午前10時から午後8時00分にかけて、第3回目を迎える大神宮・村松山虚空蔵堂「大空マルシェ」が開催されました。
歴史深いロケーションで、東海村の文化と歴史の魅力を次世代に伝えるマルシェなのです。
朝から生憎の小雨模様でしたが、大勢の方が訪れていましたよ。

大空マルシェ
   ↑ 大神宮・村松山虚空蔵堂「大空マルシェ」
境内や参道に並ぶブース
   ↑ 境内や参道に並ぶブース
ライブ
   ↑ 三日月窃盗団ライブ
フードコート
   ↑ フードコート

大神宮と村松山虚空蔵堂の参道や境内には、県内外の魅力的なクラフト作品を手掛ける30数店舗がブース出店しました。
また、大神宮の駐車場には、多くのフードコートも並びましたね。
さらには、アートパフォーマンスやクイズラリー、村松山虚空蔵堂の本堂前では書家・川又南岳氏による書道パフォーマンスも行われました。

ガマの油口上
   ↑ ガマの油売り口上
クラフト
   ↑ クラフト店
書
   ↑ 川又南岳氏による書道

大神宮・村松山虚空蔵堂「大空マルシェ」
場所:東海村の大神宮・村松山虚空蔵堂境内
この記事のURL | 東海村 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
権現山古墳とヤマザクラ
- 2015/02/04(Wed) -
ここは、東海村村松にある「権現山古墳」です。
5世紀中頃の古墳で、全長87m、後円部の直径約45m、高さ5.5mの南西に面する前方後円墳古墳です。
かつては、墳丘の裾に幅広いほりが存在したようです。
村内最大の古墳で、県下唯一の格子目タタキを認めることが出来ます。
昭和61年には、村の史跡文化財に指定されています。

素鷲神社
   ↑ 素鷲神社
紹介板
   ↑ 紹介板
権現山古墳全景
   ↑ 権現山古墳全景 

後円部の上部には、素鷲神社の祠もありましたよ。
さらに、平成元年に村の天然記念物に指定されている樹高20mのヤマザクラも植えられています。

素鷲神社の祠
   ↑ 素鷲神社の祠
ヤマザクラ
   ↑ 天然記念物のヤマザクラ

「権現山古墳」
場所:東海村村松934‐1付近
この記事のURL | 東海村 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
村松虚空蔵尊で初詣
- 2015/01/01(Thu) -
明けまして、おめでとうございます。
本年も、おやじのブログを宜しくお願い致します。
そして、皆様にご多幸あれ!

ここは、東海村にある「村松虚空蔵尊」です。
正式には「村松山虚空蔵堂」というようで、十三参りで有名ですね。
また、村松山虚空蔵堂は弘法大師によって創建され、伊勢の朝熊虚空蔵尊、会津の柳津虚空蔵尊とともに日本三体のひとつであり、創建1200年になるそうです。
正月にもなると、たくさんの方が初詣に訪れます。
おやじも初詣に出かけてきましたよ。
本堂前には凄い行列ができ、皆さん何をお参りしたのでしょうね。
おやじは、・・・・をお願いしちゃいました。

村松虚空蔵尊
   ↑ 村松虚空蔵尊
本堂への参拝
   ↑ 本堂への参拝

境内では、おみくじ・破魔矢・お守りなどを頂くことができ、行列が出来ていましたよ。
さらに、参道には沢山の露店も並びましたね。
初詣は、7日までの松の内の間に参詣するのが一般的ですが、15日までは初詣となるようですよ。
皆さんは、初詣に行かれましたか?

「村松山 虚空蔵堂」
場所:東海村村松8
TEL:029-282-2022
この記事のURL | 東海村 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
第20回東海I~MOのまつり&産業祭
- 2014/11/24(Mon) -
ここは、東海村の「東海文化センター」です。
昨日の23日には、東海文化センターをメインに「第20回東海I~MOのまつり&産業祭」が開催されました。
県内唯一の「いも」のおまつりなのです。
会場には地元商店の模擬店や露店がたくさん並び、多くの方々が訪れていましたよ。
ステージでは、大いも珍いもコンテスト・吹奏楽演奏・津軽三味線演奏・宇宙まおライブなど多くのイベントがありましたよ。

津軽三味線演奏
   ↑ 津軽三味線演奏
賑わう会場
   ↑ 賑わう会場

会場では、いも積み競争やさつまいものジャンジャンどりなど、多くの企画がなされましたね。

ジャンジャンどり
   ↑ さつまいものジャンジャンどり
マジックショー
   ↑ マジックショー

さすがに食のイベントは多くの方が食べ物片手に会場を歩きます。

千人鍋
   ↑ 千人鍋
鮎の塩焼き
   ↑ 鮎の塩焼き・つくね焼き

毎年、この時期に開催されますので、来年に期待ですね。

「第20回東海I~MOのまつり&産業祭」
場所:東海村船場768−1
この記事のURL | 東海村 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東海テラパーク つるし雛展
- 2014/02/17(Mon) -
テラパーク

ここは、東海村の日本原子力発電㈱の敷地内にある「東海テラパーク」です。
3つのゾーン構成で原子力発電の歴史から最新の安全管理システム、未来の原子炉までが紹介されています。
そんなテラパークでは、1月14日から3月6日までの間、「つるし雛展」が開催されています。
東海在住の女性グループが中心となり、つるし飾りや段飾り、創作人形など、華やかな作品が展示されています。

「テラパーク」ギャラリー
   ↑ 「テラパーク」ギャラリー
手作りのひな壇
   ↑ 手作りのひな壇
色々なひな飾り
   ↑ 色々なひな飾り
お地蔵さんのお雛さま
   ↑ お地蔵さんのお雛さま

まだ開催されていますので、原子力発電システムを見学しながらお雛様も見物してみてはいかがでしょうか!

「東海テラパーク」つるし雛展
場所:東海村白方1-1
TEL:029-287-1252
開館:AM9:00~PM4:30 無休
入館料:無料
この記事のURL | 東海村 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大神宮・村松山虚空蔵堂「大空マルシェ」
- 2013/10/14(Mon) -
村松エリア

ここは、東海村の村松地区です。
13日の午前11時から午後5時30分にかけて、伊勢神宮の分霊を祀る「大神宮」、そして日本三体虚空蔵尊のひとつ「村松山虚空蔵堂」、この歴史深いロケーションで、東海村の文化と歴史の魅力を次世代に伝えるマルシェが開催されました。

村松山虚空蔵尊堂境内のマルシェ
   ↑ 村松山虚空蔵堂境内のマルシェ
参道のマルシェ
   ↑ 参道のマルシェ

参道や境内には、県内外の魅力的なクラフト作品を手掛ける30数店舗がブース出店しました。
また、「大神宮」の駐車場には、多くのフードコートが並びましたよ。

クラフト店
   ↑ クラフト店
フードコート
   ↑ フードコート

また来年も開催されるのでしょうか!

大神宮・村松山虚空蔵堂「大空マルシェ」
場所:東海村の大神宮・村松山虚空蔵堂境内
この記事のURL | 東海村 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第35回東海まつり
- 2013/08/12(Mon) -
先週末は、とてつもない猛暑となり、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
おやじは、もうバテバテです。
そんな8月10日・11日の両日、東海村では「第35回東海まつり」が開催されました。
初日の10日には、午後7時から花火大会が開催されました。
2日目の午後1時から8時まで、JR東海駅東大通りが歩行者天国となり、色々なイベントが開催されましたよ。
通りには、模擬店や露店が並び、大勢の方が訪れていましたね。

賑わう会場
   ↑ 賑わう会場
東海まつりスタート
   ↑ 東海まつりスタート
東海音頭
   ↑ 東海音頭

しかし、午後3時20分頃から雷雲が立ち込め、竜巻注意報まで発令されてしまって、まつりは中断です。
その後、雨も降り出し、皆さん退散です。
もちろん、ほとんど撮影することもなく、おやじも退散ですね。
午後5時頃には雨も上がり、まつりは再開されたようですね。
   
「第35回東海まつり」
場所:JR東海駅東大通り
この記事のURL | 東海村 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
真崎浦干拓事業舟着場跡
- 2012/12/11(Tue) -
ここは、東海村にある「真崎浦干拓事業舟着場跡」です。

真崎浦干拓事業舟着場跡
   ↑ 真崎浦干拓事業舟着場跡

昔の真崎浦の水面は、満潮時に海水面より低くなったり、大雨のたびに水が溢れて人々に大きな被害がありました。
それを知った那珂湊の酒造家の西野長治郎氏は、水戸藩に干拓を願い出て、1856年に干拓に着手したそうです。
真崎浦の干拓は、その後明治から昭和にかけて実施され、昭和13年に完了したそうです。

案内板
   ↑ 案内板

舟着場跡には多くのもみじが植えられ、遅い紅葉の見頃を迎えていました。

舟着場跡の紅葉
   ↑ 舟着場跡の紅葉
舟着場跡
   ↑ 舟着場跡

「真崎浦干拓事業舟着場跡」
場所:東海村村松3369付近
この記事のURL | 東海村 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
照沼家住宅主屋
- 2012/11/09(Fri) -
ここは、東海村照沼にある「照沼家住宅主屋」です。
敷地中央に建つ、曲り屋形式の民家で、建築面積250㎡もある茅葺の木造平屋建です。

照沼家住宅主屋
   ↑ 照沼家住宅主屋
主屋裏側
   ↑ 主屋裏側

土間は桁行7間、梁間4間半と広大で、太い棟持柱が梁組を支えています。
床上部は7室からなり、東側の書院は数寄屋風の造作で、座敷構を備えます。
当地の豪農住宅の特徴をよく留めている住宅なのです。
2007年、登録有形文化財に登録されています。

登録有形文化財
   ↑ 登録有形文化財の碑

現在も住んでいるようなので、迷惑にならぬよう、最低限のマナーだけは心がけて下さいね。

「照沼家住宅主屋」
場所:東海村照沼23
この記事のURL | 東海村 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
願船寺のイチョウ 
- 2012/09/27(Thu) -
ここは、東海村石神外宿にある「願船寺」です。
親鸞聖人24輩の一人、定信に因むお寺です。

山門
   ↑ 山門
本堂
   ↑ 本堂

本堂前には、親鸞聖人のお手植えと伝えられている1本の大イチョウが立っています。
推定樹齢700年・樹高20m・目通り幹囲6.8mもあり、東海村の天然記念物に指定されています。

案内板
   ↑ 案内板
願船寺のイチョウ
   ↑ 願船寺のイチョウ

「願船寺」
場所:東海村石神外宿1047
この記事のURL | 東海村 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ