2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
つくば光の森 2014
- 2014/12/24(Wed) -
つくば市のTXつくば駅の周辺のつくばバスターミナルからノバホールに到るペデストリアンデッキの上には、見事なイルミネーションが彩りましたね。
今年で10回目を迎えた「つくば光の森」で、ケヤキの街路樹約50本がLED30万個でライトアップされています。
期間は11月22日から1月12日の約2ヶ月間で、午後5時から午前0時迄、毎日点灯していますよ。

ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーション
   ↑ ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーション
幻想的なイルミネーション
   ↑ 幻想的なイルミネーション

クレオ前には見事なクリスマスツリーや無料の光のメリーゴーランドも登場し、子供達が楽しんでいましたね。

クレオ前の光のメリーゴーランド
   ↑ クレオ前の光のメリーゴーランド

さらに、「つくばエキスポセンター」でもクリスマスイルミネーションがライトアップされています。
こちらのライトアップ期間は11月22日~12月28日の午後4時から午後10時迄で、エントランスホールのガラス窓に輝くイルミネーションが水に反射する様子がとても綺麗なのです。

H-Ⅱロケットのライトアップ
   ↑ H-Ⅱロケットのライトアップ
水に反射するイルミネーション
   ↑ 水に反射するイルミネーション

「つくば光の森 2014」
場所:つくば市吾妻1丁目地内 つくばセンター広場及びつくばエキスポセンター
開催期間:11月22日~1月12日
点灯時間:PM5:00~AM0:00
スポンサーサイト
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大師堂
- 2012/05/10(Thu) -
つくば市小田の小田前山の山裾にある「大師堂」です。
土浦方面からですと小田の交差点を右折し、300mほど先を左折するとハイカー達の駐車場があります。
駐車場から山側に20mほど入り、「大師堂」への看板を左折し、5分位歩くと到着です。

大師堂への入口
   ↑ 大師堂への入口

小さな石像が多数並び、寂れた数棟の祠があります。
また、庚申塔と思われる石塔の下部には三猿が彫られています。

寂れた祠
   ↑ 寂れた祠
多くの石像
   ↑ 多くの石像
三猿
   ↑ 三猿

「大師堂」
場所:つくば市小田地区
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
つくばヘリポート
- 2012/04/15(Sun) -
ここは、つくば市上境にある「つくばヘリポート」です。

つくばヘリポート
   ↑ つくばヘリポート

県は、平成3年に公共用の「つくばヘリポート」ととして開港したようです。
企業局では県より委託を受け、ヘリポートの管理運営やヘリポート内に格納庫を設置して格納庫の賃貸を行っているようです。

ヘリ「つくば」
   ↑ ヘリ「つくば」

「つくばヘリポート」
場所:つくば市上境992
TEL:029-857-7515
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
食と農の科学館
- 2012/04/01(Sun) -
ここは、つくば市観音台にある「食と農の科学館」です。
独立行政法人の研究所で、農林水産業の未来をきりひらくため、自然環境・生態系維持・保全に関する研究を進めているようです。

食と農の科学館
   ↑ 食と農の科学館

館内には、研究所における研究成果や開発された農林水産技術が紹介されています。

環境ジオラマ
   ↑ 環境ジオラマ
研究機関コーナー
   ↑ 研究機関コーナー

また、農業技術発展資料館では、農業技術発展の歩みなどが説明・展示されています。

脱穀機
   ↑ 脱穀機の歩み

近くを訪れた際にでも、寄ってみてはいかがでしょうか。

「食と農の科学館」
場所:つくば市観音台3-1-1
TEL:029-838-8980
開館:AM9:00~PM4:00 年末年始休
入館:無料
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑波実験植物園 2
- 2012/03/14(Wed) -
昨日の続きだよ~ん!
ここは、つくば市天久保の「筑波実験植物園」です。

総合案内
   ↑ 総合案内

広い園内を周ると、熱帯雨林温室が3ヶ所ありました。
中に入った瞬間、温かさにカメラのレンズが曇りますね。

熱帯雨林温室
   ↑ 熱帯雨林温室
熱帯植物
   ↑ 熱帯植物

さらに園内を巡ると、この時期ならではの福寿草や中国のシナマンサクも開花していましたよ。

福寿草
   ↑ 福寿草
シナマンサク
   ↑ シナマンサク

毎月、色々なイベントが開催されていますので、イベントに合わせて訪れてみてはいかがでしょうか!
やはり、春から秋にかけて訪れたほうが豊富な植物を観察できるようです。

「筑波実験植物園」
場所;つくば市天久保4-1-1
TEL:029-851-5159
開園:AM9:00~PM4:00 月・年末年始休
入園料:¥300
   
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑波実験植物園
- 2012/03/13(Tue) -
ここは、つくば市天久保の「筑波実験植物園」です。
筑波山の南裾にひろがる緑ゆたかな自然あふれる植物園で、国立科学博物館が植物の研究を推進するために設置した機関です。
約14haの敷地には、日本に生育する代表的な植物をはじめ、世界の熱帯や乾燥地に生育する植物、我々の生命を支える植物、筑波山で見られる植物など、7000種類を超える植物が植栽され、3000種類を見ることが出来ちゃいますよ。

筑波実験植物園
   ↑ 筑波実験植物園

生態区は冷温帯から熱帯までの植生がみられ、屋外は日本の暖温帯から冷温帯までの植生で、4つの森林区、低木林、山地草原、砂礫地、岩礫地、水生植物の計9区画と、熱帯雨林、サバンナ、水生の3温室、およびその周辺に関連する外国の温帯植生が見られます。

常緑広葉樹林
   ↑ 常緑広葉樹林
水辺植物
   ↑ 水辺植物

散策の途中には絶滅危惧植物温室などもあり、10数種類が栽培されています。

オモロカンアオイ
   ↑ 絶滅危惧植物(オモロカンアオイ)
梅の花も咲き始め
   ↑ 梅の花も咲き始め

園内で食事をとることも出来るようで、これからの暖かい時期にはピクニック気分で訪れてみてはいかがでしょうか!

「筑波実験植物園」
場所;つくば市天久保4-1-1
TEL:029-851-5159
開園:AM9:00~PM4:00 月・年末年始休
入園料:¥300
   
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
つくばエキスポセンターのイルミ ネーション
- 2011/12/08(Thu) -
ここは、つくば市吾妻にある「つくばエキスポセンター」です。
高さ50mのH-Ⅱロケット実物大模型が目印で、宇宙や深海、エネルギーなどの展示で楽しく学べる体験型の科学館ですね。
今年も11月26日から12月25日までの間、7回目となるクリスマスイルミネーションがライトアップされています。
プラネタリウムやH-Ⅱロケットもライトアップされていますよ。

つくばエキスポセンターのイルミ
   ↑ つくばエキスポセンターのイルミ
H-Ⅱロケットのライトアップ
   ↑ H-Ⅱロケットのライトアップ

エントランスホールには5mのクリスマスツリーが飾られ、プラネタリウム廊下のイルミも毎年増やされているようで、ガラス窓に輝くイルミネーションが水に反射する様子はとても綺麗ですね。

水に反射するイルミネーション
   ↑ 水に反射するイルミネーション

「つくばエキスポセンター」
場所:つくば市吾妻2-9
ライトアップ期間:11月25日~12月25日
点灯:PM4:00~PM10:00
この記事のURL | つくば市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
つくば光の森 2011
- 2011/12/06(Tue) -
つくば市のTXつくば駅の周辺のつくばバスターミナルからノバホールに到るペデストリアンデッキの上には、見事なイルミネーションが彩りました。
期間は11月19日から1月7日の約2ヶ月間で、毎日点灯しています。
今年で6回を迎え、約20万球のLEDを使って、ケヤキの街路樹約50本がライトアップされています。
LEDになって幻想感が薄れてしまいましたが、なかなかのイルミネーションなのです。

ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーション
   ↑ ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーション
がんばろう日本
   ↑ がんばろう日本
幻想的なイルミネーション
   ↑ 幻想的なイルミネーション

クレオ前には見事なクリスマスツリーや無料の光のメリーゴーランドも登場し、子供達が楽しんでいましたね。

クレオ前の光のメリーゴーランド
   ↑ クレオ前の光のメリーゴーランド

皆さんも幻想的な光のイベントに出掛けてみてはいかがでしょうか!

「つくば光の森 2011」
場所:つくば市吾妻1丁目地内 つくばセンター広場
開催期間:11月19日~1月7日
点灯時間:PM5:00~AM0:00
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑波宇宙センター vol.2
- 2011/04/24(Sun) -
ここは、つくば市千現にある「筑波宇宙センター」です。
1972年に設立され、宇宙開発の最先端分野の研究・試験を行なっており、日本の宇宙開発の中枢センターとして色々な活動をしています。
敷地内の中央には、実物大(50m)の巨大なH-Ⅱロケットが展示されています。

実物大のH-Ⅱロケット
   ↑ 実物大のH-Ⅱロケット

展示館は昨年の9月にリニューアルされ、以前のように受付を済ませてから車を移動させることも無く、直接見学用の駐車スペースに止めて見学できるようになりました。
室内は大きなドーム1つとなり、全体を見渡せます。

ドリームポート
   ↑ ドリームポート

人工衛星による宇宙利用コーナーには、気象観測衛星「ひまわり」や放送衛星・地球観測衛星の実物大が展示されています。

人工衛星
   ↑ 人工衛星

また、「きぼう」日本実験棟や宇宙ステーション補給機など多くの宇宙環境利用について紹介されています。
「きぼう」日本実験棟には大型バスと同じ広さの船内実験室があり、模型の内部も見学できます。

ロボットアーム
   ↑ 「きぼう」ロボットアーム
宇宙ステーション補給機
   ↑ 宇宙ステーション補給機

さらに、1975年に打ち上げられたN-1や最新のH-ⅡBロケットの1/20サイズが並び、ロケットエンジンも展示されていました。

ロケットの1/20サイズの展示
   ↑ ロケットの1/20サイズの展示
ロケットエンジン
   ↑ ロケットのエンジン

皆さんも、新しくなった筑波宇宙センターを見学に訪れてみてはいかがでしょうか!

「筑波宇宙センター」
場所:つくば市千現2-1-1
TEL:029-868-2023
開室時間:AM10:00~PM5:00 年末年始休
見学:無料

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑波山梅まつり
- 2011/03/02(Wed) -
先週末には、筑波山へ足を延ばしたおやじなのです。
ここ筑波山中腹(標高約250m)にある梅林では、2月19日から3月21日にかけて「第38回筑波山梅まつり」が開催されています。

筑波山
   ↑ 春霞の筑波山

紅梅は見頃を迎えていましたが、白梅は3分咲きのようです。
毎週日曜日には、つくば観光大使の出迎えや野点茶会が行われるようです。

梅林
   ↑ 梅林
ほぼ満開の紅梅
   ↑ ほぼ満開の紅梅
散策路
   ↑ 散策路
可愛い梅ちゃん
   ↑ まだつぼみの白梅ちゃん

天気が良ければ、遠くに富士山やスカイツリーまで見渡すことができますよ。
来週には、見ごろを迎えそうですね。

「筑波山梅まつり」
場所:つくば市・筑波山中腹梅林

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
第6回つくば光の森
- 2010/12/24(Fri) -
つくば市のTXつくば駅の周辺のつくばバスターミナルからノバホールに到るペデストリアンデッキの上には、見事なイルミネーションが彩りました。
期間は11月13日から1月10日の約2ヶ月間で、毎日点灯しています。
今年で6回を迎え、約20万球のLEDを使って、ケヤキの街路樹約50本がライトアップされています。
イベント期間中は、ライトアップのほかにも様々な楽しいイベントが予定されているようです。
また、クレオ周辺には見事なクリスマスツリーや光のメリーゴーランドも登場し、子供達が楽しんでいましたよ。

ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーション
   ↑ ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーション
ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーションⅡ
   ↑ 幻想的なイルミネーション
ライトオン本社ビルの雪の結晶とイルミ
   ↑ ライトオン本社ビルの雪の結晶とイルミ
レインボーな階段
   ↑ レインボーな階段
クレオ前の光のメリーゴーランド
   ↑ クレオ前の光のメリーゴーランド

 駅そばの中央公園入口にもクリスマスツリーなどのイルミネーションが飾られました。

中央公園入口のクリスマスイルミネーション
   ↑ 中央公園入口のクリスマスイルミネーション

皆さんも幻想的な光のイベントに出掛けてみてはいかがでしょう!

「つくば光の森」
場所:つくば市吾妻1丁目地内 つくばセンター広場
開催期間:11月13日~1月10日
点灯時間:PM5:00~AM0:00

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
つくばエキスポセンターのイルミ
- 2010/12/16(Thu) -
ここは、つくば市吾妻にある「つくばエキスポセンター」です。
高さ50mのH-Ⅱロケット実物大模型が目印で、宇宙や深海、エネルギーなどの展示で楽しく学べる体験型の科学館です。
そんなエキスポセンターでは、12月4日から25日までの間、6回目となるクリスマスイルミネーションが開催されています。
エントランスホールには5mのクリスマスツリーが飾られ、プラネタリウム廊下のガラス窓に輝くイルミネーションが水に反射する様子はとても綺麗なのです。
また、H-Ⅱロケットもライトアップされていますよ。

H-Ⅱロケットのライトアップ
   ↑ H-Ⅱロケットのライトアップ
つくばエキスポセンターのイルミ
   ↑ つくばエキスポセンターのイルミ
廊下ガラス窓に輝くイルミネーション
   ↑ 廊下ガラス窓に輝くイルミネーション

「つくばエキスポセンター」
場所:つくば市吾妻2-9
ライトアップ期間:12月4日~25日
点灯:PM4:00~PM10:00

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
100本のクリスマスツリー
- 2010/12/14(Tue) -
ここは、つくば市のTX研究学園駅前にある「イーアスつくば」です。
正面入口前では、第13回を迎える「100本のクリスマスツリー」が開催されています。
開催期間は12月11日から12月25日までのようです。
今年も、「こんなツリーをつくってみたい!」と、1812点もの「夢のクリスマスツリー」の原画が集まり、その中から78点が選ばれました。
さらに、絵を描いた子とその家族が数ヶ月かけて一生懸命手づくりしたツリー、今年生まれの赤ちゃんの写真を飾ったツリー、世界の子どもたちが描いた原画をもとに、つくばの子どもたちがつくったツリーなど、それぞれの思いがこもった100本のオリジナルツリーが飾られています。

100本のクリスマスツリー
   ↑ 100本のクリスマスツリー
子供達と家族によって作られたツリー
   ↑ 子供達と家族によって作られたツリー
サンタとツリー
   ↑ サンタとツリー

開催期間中には、100ツリ・コンサートや100ツリ・ダンスフェスティバルなども開催されるようですので、出かけてみてはいかがかな! 

「100本のクリスマスツリー」
場所:つくば市研究学園C50街区1 (イーアスつくば内)
開催期間:12月11日~12月25日

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
平沢官衙遺跡
- 2010/10/31(Sun) -
ここは、つくば市平沢にある「平沢官衙遺跡」です。
平沢官衙遺跡は、昭和55年に国指定文化財・史跡に指定されています。

遺跡の案内
   ↑ 遺跡の案内

平沢官衙遺跡は、いまから千年以上前の奈良・平安時代の筑波郡の役所跡なのです。
昭和50年の調査で重要な遺跡であることが判明し、平成5~6年度には復元整備事業を計画して、本格的な調査が行われました。
調査では、一般の遺跡ではみられない大型の高床式倉庫と考えられる建物が数多く並び、それらを大きな溝が囲むという遺跡の全容が確認されました。
これらの倉庫跡は、そのころの税である稲や麻布などを納めた、郡役所の正倉跡と考えられているようです。
出土物はわずかでしたが、土器類・瓦・硯の破片・焼米などがあります。
つくば市では、この貴重な文化財を後世に伝え活用するため、平成9年度から6年間をかけて往時の姿を復元したようです。

平沢官衙遺跡
   ↑ 平沢官衙遺跡
復元された平沢官衙遺跡
   ↑ 復元された平沢官衙遺跡

皆さんも、近くを訪れた際にでも寄ってみてはいかがでしょうか。

「平沢官衙遺跡」
場所:つくば市平沢353

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大塚家住宅
- 2010/10/01(Fri) -
ここは、つくば市の栗原地区にある「大塚家住宅」です。
昭和51年には、国文化財の建造物に指定されています。

大塚家住宅
   ↑ 大塚家住宅
 
18世紀前半に建築された,カヤぶき寄棟造りの直家で、つくば地方の伝統建築を今に伝えます。
大塚家は太田道灌の血筋と伝えられ、小田氏の家臣でしたが小田氏が敗れた後に帰農し、代々名主を務めたようです。
現在でも普通に住まれていましたので、住宅内の撮影はしませんでした。

「大塚家住宅」
場所:つくば市栗原835

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小田城跡
- 2010/09/05(Sun) -
ここは、つくば市小田にある「小田城跡」です。
住宅地にあり、道が狭くて解り難い場所にありました。
城跡は、昭和10年に国の史跡に指定され、約21.5haと広大な史跡なのです。

城跡の案内
   ↑ 城跡の案内板

小田城は、鎌倉時代から戦国時代末まで、この地方に勢力を張った小田氏の居城で、特に南北朝時代に南朝方の関東における拠点として名高い城なのです。
本丸の周りには数多くの曲輪・土塁・堀が複雑に組み合わされ、波紋のように広がっており、全体が本丸防御のための構成であったことがわかります。

小田城跡
   ↑ 小田城跡の涼台
堀跡
   ↑ 堀跡 
五輪塔
   ↑ 城跡内の五輪塔

これまでに発掘調査を行い、それらの成果を基に、平成21年から整備工事が行われ、中世の小田城を体感できる歴史広場として整備する計画のようです。
早く、整備後の姿を観てみたいですね。

「小田城跡」
場所:つくば市小田地区

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
まつりつくば2010 (後編)
- 2010/08/30(Mon) -
8月28・29日の両日、つくば市のTXつくば駅周辺では「まつりつくば2010」が開催されました。
今日は、昨日の続きの夜の部ですよ。
夕刻からはメインである地元の小ねぶたや青森県の大ねぶた、さらには21世紀型の巨大なバルーンねぶたなども登場しました。

ねぶた囃子 
   ↑ ねぶた囃子
跳ね人
   ↑ 東京青森県人昭和会による跳人
巨大なバルーンねぶた
   ↑ 巨大なバルーンねぶた(右)
青森のねぶた
   ↑ 大型の青森ねぶた
青森の大型ねぶた
   ↑ 青森の大型ねぶた

来年も8月の最終土日に開催されますので、訪れてみてはいかがでしょうか。

「まつりつくば2010」
場所:つくば市TXつくば駅周辺

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
まつりつくば2010
- 2010/08/29(Sun) -
8月28・29日の両日、つくば市のTXつくば駅周辺では「まつりつくば2010」が開催されています。
今年は、つくば市新庁舎開庁記念、そして開催第30回を迎える記念すべき大会のようです。
昨日の午後3時から9時の間に土浦学園線の東大通りから西大通りが歩行者天国となり、オープニングパレードが開催されました。
地元の方々による吹奏楽やよさこい、さらにはかっぽれやジャズダンスなども披露されました。

オープニングパレード(jazzercise)
   ↑ オープニングパレード(jazzercise)

つくばセンター広場特設ステージでは、オープニングセレモニー・かつらぎ太鼓・フラダンスなどが披露されました。

フラダンス
   ↑ フラダンス

また、クレオスクエアわくわく広場では、和太鼓やよさこいなどが披露されました。
おやじが訪れた時には、声量感抜群でPOPなバニラスカイのライブが行われていましたよ。

バニラスカイのライブ
   ↑ バニラスカイのライブ

夕刻からはメインである10基あまりの神輿御渡や地元の小ねぶた、さらには青森県の大ねぶたや21世紀型の巨大なバルーンねぶたなども登場しましたよ。
日が暮れるに従って、まつりはエキサイティングしちゃいます。
また、TX研究学園駅周辺では、大道芸パフォーマンスや花火も打ち上げられたようです。

ふんどし姿の太鼓
   ↑ ふんどし姿の太鼓
まとい
   ↑ まとい
神輿御渡
   ↑ 神輿御渡

露店の数や観客数からすると、茨城県1、2を争う最大のイベントかもしれませんね!?
今日の29日も土浦学園線が午後1時から9時まで歩行者天国となり、同イベントが開催されていますよ。
時間の許す方は、出かけてみてはいかがでしょう。

「まつりつくば2010」
場所:つくば市TXつくば駅周辺

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地質標本館
- 2009/07/01(Wed) -
ここは、つくば市の産業技術総合研究所内にある「地質標本館」です。
以前に紹介した「サイエンス・スクエア つくば」と同敷地内にあるので、寄ってみました。
なかなか立派な施設ですね。

立派な地質標本館ホール
   ↑ 立派な地質標本館ホール

地質調査総合センターの研究活動で得られた成果を、最新の地球科学情報とともに日本の地質・地下資源・海洋の地質・地球環境などのテーマごとに展示されています。
第4展示室では、岩石・鉱物・化石の分類学的展示や新着標本を見ることができます。

岩石・鉱物・化石などが展示された第4展示室
   ↑ 岩石・鉱物・化石などが展示された第4展示室
世界の鉱石
   ↑ 世界の鉱石

第1展示室では、地質図・生物の進化や郷土の地質などが展示され、地球の歴史を知ることが出来ますよ。

地質図・生物の進化などが展示された第1展示室
   ↑ 地質図・生物の進化などが展示された第1展示室
デスモスチルスの化石
   ↑ デスモスチルスの化石

2階の第3展示室では、火山・温泉・地熱・活構造などについて知ることができます。

生活と地質現象が展示された第3展示室
   ↑ 生活と地質現象が展示された第3展示室

第2展示室では、陸域や海域の鉱物資源や海洋の地球環境との関わりについて知ることができます。

生活と鉱物資源が展示された第2展示室
   ↑ 生活と鉱物資源が展示された第2展示室

綺麗に整備された標本館で、地球の地質について色々と知れちゃいますね。
展示を通じて新しい地球の姿を理解出来ますので、見学に訪れてみてはいかがでしょう!

「地質標本館」
場所:つくば市東1-1-1
TEL:029-861-3750
開館:AM9:30~PM4:30 月・年末年始休
見学:無料

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
サイエンス・スクエア つくば
- 2009/06/21(Sun) -
ここは、つくば市東にある「サイエンス・スクエア つくば」です。
入口の警備所で、「見学です。」と告げて入構証を借りて移動します。

「サイエンス・スクエア つくば」
   ↑ サイエンス・スクエア つくば

ここ産業技術総合研究所では、最先端の研究成果や社会への貢献などについて紹介されています。
進化するロボットの眼・人間の動きを自然につなげる・次世代監視カメラ・透明な太陽電池などの研究・開発を行なっていくプロセスや考え方に触れることが出来ます。

最先端研究の紹介
   ↑ 色々な最先端研究の紹介

全長3.5m・80kgの軽量・高剛性の内骨格構造の恐竜が再現されています。

内骨格構造の恐竜
   ↑ 内骨格構造のティラノサウルス

パーソナルの研究開発を行なう中で、ロボットを心の癒しに生かせないかと考えられて造られたのが、世界で最も癒し効果のあるロボット「パロ」です。

アザラシ型のメンタルコミットロボット「パロ」
   ↑ アザラシ型のメンタルコミットロボット「パロ」

皆さんも、最先端技術の魅力に、触れてみてはいかがでしょう!

「サイエンス・スクエア つくば」
場所:つくば市東1-1-1
TEL:029-862-6215
開館:AM9:30~PM5:00 月・年末年始休
見学:無料

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
冬の牡丹まつり
- 2009/02/05(Thu) -
ここは、つくば市若栗にある「つくば牡丹園」です。
1月7日から2月22日まで「冬の牡丹まつり」が開催されています。
おやじは、顔に似合わず出掛けてみました。

つくば牡丹園
   ↑ つくば牡丹園の案内

園内は、敷地60000平方メートルもあり、なかなか大きな牡丹園ですね。

広大な牡丹園
   ↑ 広大な牡丹園

冬の牡丹は、1年以上冷たい場所で管理し、開花させたもののようで、牡丹が春だと感じて開花するようですよ!
冬の庭には「わらぼっち」と呼ばれるコモや藁でできた覆いの中に、紅や白、桃、紫、黄、絞りなど多彩で貴重な品種を含め、約30種類、250株の牡丹が植栽されているそうで、美しい牡丹が観賞できます。

「わらぼっち」に覆われた牡丹
   ↑ 「わらぼっち」に覆われた牡丹
満開の牡丹
   ↑ 満開の牡丹

全体的には、まだ約8分咲きのようです。
春は暖かさで花びらが完全に開花しますが、冬は寒さにより種子を守るため花びらが完全に開花しません。
また、屋内の「牡丹の園」では、庭園に模した中での牡丹を楽しめます。

屋内の「牡丹の園」に咲いた牡丹
   ↑ 屋内の「牡丹の園」に咲いた牡丹

一足早い春の訪れを感じさせる牡丹を、鑑賞に出かけてみてはいかがでしょう!
また、春には牡丹の他にも、バラ・桜・あじさいも楽しめるようです。

「つくば牡丹園」
場所:つくば市若栗500
TEL:029-876-3660
開園:冬期 AM10:00~PM3:30 金休
入園料:冬期 ¥500

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
筑波宇宙センター
- 2009/02/01(Sun) -
ここは、つくば市千現にある「筑波宇宙センター」です。
1972年に設立され、宇宙開発の最先端分野の研究・試験を行なっており、日本の宇宙開発の中枢センターとして色々な活動をしています。
正面玄関を車で通過し、見学案内受付で受付を済まして車を所定の場所に移してからの見学となります。
敷地内の中央には、実物大(50m)の巨大なH-Ⅱロケットが展示されています。

実物大のH-Ⅱロケット
   ↑ 実物大のH-Ⅱロケット

早速、展示室に入ってみました。
室内は、ロケットゾーン・人工衛星ゾーン・国際宇宙ステーションゾーン・「きぼう」日本実験棟ゾーンに別れています。
ロケットゾーンには1975年に打ち上げられたN-1や最新のH-ⅡBロケットの1/20サイズが並び、ロケットエンジンも展示されていました。

ロケットの1/20サイズの展示
   ↑ ロケットの1/20サイズの展示

人工衛星ゾーンには気象観測衛星「ひまわり」や放送衛星・地球観測衛星の実物大が展示されています。

ロシアのソユーズ帰還カプセルの展示
   ↑ ロシアのソユーズ帰還カプセルの展示
さまざまな人工衛星
   ↑ さまざまな人工衛星

「きぼう」日本実験棟ゾーンには大型バスと同じ広さの船内実験室があり、模型の内部も見学できますよ。

「きぼう」日本実験棟
   ↑ 「きぼう」日本実験棟
実験棟内
   ↑ 実験棟内

皆さんも、本物の宇宙開発に触れてみてはいかがでしょう!

「筑波宇宙センター」
場所:つくば市千現2-1-1
TEL:029-868-2023
見学時間:AM9:30~PM4:00 年末年始休
見学:無料

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
つくばエキスポセンター!
- 2008/11/14(Fri) -
ここは、つくば市の「つくばエキスポセンター」です。
つくばエキスポセンターは、最新の科学技術や身近な科学などに親しむことを目的にオープンしましたようです。
筑波研究学園都市のシンボル的である実物大ロケット模型「H-IIロケット」が目印となりますね。
センターは、絶えず進展している新しい情報の発信基地として、子どもたちの夢、あこがれを大切にし、体験や遊びを通じて科学の楽しさを伝えられるようにと建てられたようです。
館内には、プラネタリウム・タイムカプセル・宇宙情報センター・科学遊園など最新の科学技術情報が見学出来ます。
センター前には水の広場なる池があり、鴨や鯉が泳ぎ、家族連れでのんびり楽しむ姿がみえました。

つくばエキスポセンター
   ↑ つくばエキスポセンター
水の広場
   ↑ 水の広場

センターの左奥には、全く別世界の「さくら民家園」があります。
主屋は、江戸時代後期に建てられたと推定され、昭和59年に同市内の横田氏より寄贈をうけました。
ここ筑波地方の古民家で、民家の型は寄棟の直屋の間取りとなり、左右のどちらかに「土間」があり、座敷・奥座敷・茶の間からなる典型的な四つ間型のようです。

さくら民家園
   ↑ さくら民家園
情緒溢れる住宅内
   ↑ 情緒溢れる住宅内

まだまだ住めそうな家屋で、おやじがホームレスになった時には住んでいるかもしれませんね!

「つくばエキスポセンター」
場所:つくば市吾妻2-9
TEL:029-858-1100
開館:AM9:50~PM4:00 月休・最終火休
入館料:¥300 プラネタリウム共通:¥800

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
北関東最大「イーアス」
- 2008/10/29(Wed) -
ここは、つくば市のTX研究学園駅前に建設中の「iias(イーアス)つくば」です。
今週の31日(金)にはOPENするようで、工事が急ピッチで行なわれていました。
「イーアスつくば」は、北関東最大のショッピングモールとなるようで、敷地面積125,249.59㎡(37,888坪)と広大なのです。
モール専門店内には、茨城県初の店舗が約80店舗、ショッピングセンター初出店の店舗が約30店舗、総店舗数は221店舗と巨大ですね。

イーアスつくば
   ↑ 北関東最大のイーアスつくば
工事も進み準備万端
   ↑ 工事も進み準備万端

また、TX研究学園駅前には巨大なマンションの建設ラッシュのようで、多くのマンション工事が行なわれています。

開発進む学園都市駅前のマンション
   ↑ 開発進む研究学園駅前のマンション

県内でも、ここTX沿線だけが人口増加しているそうです。
これからの街の開発が楽しみですね。

「iias(イーアス)つ<ば」
場所: つくば市研究学園C-50街区1
営業:物販施設AM10:00~PM9:00    
    飲食施設AM11:00~PM10:00 無休

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
まつりつくば2008!
- 2008/08/24(Sun) -
昨日の23日と今日24日には、TXつくば駅周辺で「まつりつくば2008」が開催されています。
まつりパレードは、つくばの東大通りと西大通りの間の土浦学園線の約1kmが交通規制となり、大々的に開催されています。
昨夜に5時頃訪れたおやじですが、ちょうど神輿のパレードがスタートしたばかりのようです。
大小10基位の神輿が、威勢よく担がれていました。

神輿御渡
   ↑ 神輿御渡
小田大獅子
   ↑ 小田大獅子

6時からは青森県から借り出されねぶた2基と地元製作の子供ねぶたも登場し、全10基位になったでしょうか!
残念ながら、雨を考慮してビニールで覆われていました。
おやじは以前、青森で本物のねぶたを観たことがありますが、凄い迫力に感動したものでした。
さすがに本家の迫力的には劣りますが、茨城で本物のねぶたはなかなか観れませんよね。
しかし、ここつくばでは神輿とねぶたが同時に見れちゃいますよ!
昨日は午後6時過ぎから雨が降りだし、早々に退散したおやじなのです。
日中からはライトオンビル前の特設ステージで、よさこい・がま口上保存会・舞踊なども披露されたようです。
さらに、つくば公園通りでは、大道芸のパフォーマンスなども披露されたようです。

ビニールに覆われた青森のねぶた
   ↑ ビニールに覆われた青森のねぶた
一般参加の跳ね人
   ↑ 一般参加の跳ね人
迫力のねぶた
   ↑ 迫力のねぶた
青森のねぶた
   ↑ さすがは青森のねぶた、迫力が違います!

本日24日も午前10時から午後9時まで同企画が予定されていますので、見物に訪れてみてはいかがでしょうか!

「まつりつくば2008」
場所:つくば市TXつくば駅周辺

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ガマな電話BOX!
- 2007/12/12(Wed) -
ここは、つくば市筑波山の中腹です。
筑波山神社の鳥居の前には、公衆電話がありました。
電話BOXの上部には、何と!筑波ならではのガマがどんと構えているのです。
なかなか面白い電話BOXですね。
今では電話BOX自体、あまり見かけなくなりましたね。

ガマな公衆電話BOX
   ↑ ガマな公衆電話BOX

他にもあるのでしょうか?
変わった電話BOXを御存知の方は、おやじまで連絡下さい。

場所:つくば市筑波山神社一の鳥居前

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
つくば光の森!
- 2007/12/06(Thu) -
ここ、つくば市のTXつくば駅の周辺のつくばバスターミナルからノバホールに到るペデストリアンデッキの上には、見事なイルミネーションが彩りました。
期間は11月17日から1月6日までの約2ヶ月間の毎日点灯します。
今年で3回を迎え、約20万球のLEDを使って、ケヤキの街路樹51本がライトアップされています。
イベント期間中はライトアップのほか、様々な楽しいイベントが予定されているようですし、もちろん入場は無料です。
また、クレオ周辺には見事なクリスマスツリーや光のメリーゴーランドも登場し、子供達が楽しんでいましたよ。

幻想的なイルミネーション
   ↑ ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーション
ライトオン本社の雪の結晶とイルミ
   ↑ ライトオン本社ビルの雪の結晶とイルミ
光のメリーゴーランド
   ↑ クレオ前の光のメリーゴーランド
クリスマスツリー
   ↑ Qtのクリスマスツリー

駅そばの中央公園入口には、つくば市制20周年を記念したクリスマスツリーのイルミネーションも飾られました。

中央公園入口の市制20周年のイルミ
   ↑ 中央公園入口の市制20周年のクリスマスイルミネーション

12月8日から25日にかけては、「つくば100本のクリスマスツリー」も同時開催されますので、いっそう楽しみですね。
皆さんも、幻想的な光のイベントに出掛けてみてはいかがでしょう!

「つくば光の森」
場所:つくば市吾妻1丁目地内 つくばセンター広場
開催期間:11月17日~1月6日
点灯時間:PM5:00~AM0:00

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
筑波山神社!
- 2007/12/04(Tue) -
筑波山神社は、関東の霊峰「筑波山」を御神体と仰ぎ、約3千年の歴史を有する古社で、境内は中腹の拝殿より山頂を含む約370haにおよび、山頂よりの眺望は関東一円におよびます。
山頂部の紅葉は終わり、中腹での紅葉が見事な時期となりましたね。

楼門
   ↑ 楼門
筑波山神社
   ↑ 筑波山神社

高く尊い御神徳により、年間を通して多くの方が参拝に訪れます。
この時期には、菊の展示が行なわれていました。

菊の展示
   ↑ 菊の展示

また、境内の隅には1985年の科学万博の宇宙の卵のも展示されていました。

宇宙の卵
   ↑ 宇宙の卵

「筑波山神社」
場所:つくば市筑波1

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
万博記念公園!
- 2007/12/02(Sun) -
ここは、つくば市にある「万博記念公園」です。
1985年の国際科学技術博覧会(つくば万博)跡地の一部に作られた公園で、当時の万博会場のエキスポパーク、エキスポプラザ、ジャンボトロン、ぽっかりが丘があった場所です。
つくばの万博記念公園のシンボルが科学の門で、下がっている玉は見る方向によって、エジソン、アルキメデス、ガリレイ、ニュートンの顔に見えるようです。

科学の門
   ↑ 科学の門 (皆さんは誰に見えますか?)

公園周辺のイチョウが、見事な黄金色に染まっていました。
整備されたこの公園は、水と緑がとにかく美しく、中央の芝生では家族連れが楽しそうに遊んでいます。
また、木製の階段を下りると池があり、中央の橋のたもとには大きな錦鯉が群れをなして泳ぎ、ほとりにはカモなどもいます。


   ↑ 公園中央の芝生
公園内の池
   ↑ 公園内の池
銀杏並木
   ↑ 公園内の銀杏並木

「万博記念公園」
場所:つくば市御幸が丘6
TEL:029-856-1005

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
関東の名山!筑波山
- 2006/12/02(Sat) -
歴史とロマンを秘めた筑波山。昔から関東の名山として、西の富士、東の筑波と並び称され、秀麗な山の姿は、朝夕にその色を変えるところから「紫の山」・「紫峰」などといわれているそうです。
筑波山
   ↑ 筑波山
山麓の紅葉
   ↑ 山麓の紅葉
男体山・女体山の双峰からなる筑波山は、男体山は標高860m、女体山876mと女体山の方が高いのだ!
山頂からのつくば方面
   ↑ 山頂からのつくば方面 
天気の良い日には、関東一円どこからも望め、また山頂からは関東平野の雄大なパノラマを満喫できますが、 今日は晴れの予報にもかかわらず、あいにくの曇り空で遠くまで見渡せませんでしたが、なかなかの絶景です。
展望台 山頂からの女体山
   ↑ 展望台                     ↑ 山頂広場からの女体山
がまの置物 がまの油
   ↑ がまの置物                  ↑ がまの油
山頂付近の紅葉は終わり枯れ枝だけでしたが、山頂には展望台やお土産屋があり、筑波山ならではのガマ商品が売られていました。
おやじは、中学時代に遠足で来た以来で、なぜか木刀を購入した覚えがありますが、売っていなかったような・・・悲しい限りです。

場所:つくば市筑波山頂

←閲覧ありがとうございます。左(バナー)をポチッとランキングに投票してね!
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ