fc2ブログ
2024 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2024 06
六所大仏
- 2024/05/05(Sun) -
ここは、つくば市臼井の「六所大仏」です。
前回紹介した六所皇大神宮霊跡から300mほど南側の田園地帯にあります。
平成16年、世界の平和と日本の安全、つくば市の発展と郷土の繁栄を願い建てられたようです。
大仏の高さ約5m、個人建立としては世界最大の大仏のようで、筑波山を望めますね。

六所大仏
   ↑ 六所大仏
紹介石版
   ↑ 紹介石版
弥勒菩薩
   ↑ 弥勒菩薩
大仏
   ↑ 大仏

万葉集の歌碑が幾つかありますね。
さらに、可愛らしい小僧もいましたよ。

万葉集の石碑
   ↑ 万葉集の歌碑
可愛い小僧
   ↑ 可愛い小僧

「六所大仏」
場所:つくば市神郡2394付近
駐車場:大仏斜向かいに数台
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | ▲ top
六所皇大神宮霊跡
- 2024/05/03(Fri) -
ここは、つくば市臼井の「六所皇大神宮霊跡」です。
筑波山の南麓の六所地区にあり、「六所皇大神宮」は常陸国六ヶ所を統括する総社として七世紀中期に建立された御社だったようです。
天照大神を主神として祭祀する最高格の神社を指すようです。
当時の朝廷が伊勢皇大神宮に奉幣される際に、勅使を六所皇大神宮にも派遣し同時に奉幣されたと伝えられています。
鳥居を潜ると、天照大神御腰掛の石がありますね。

六所皇大神宮霊跡の鳥居
   ↑ 六所皇大神宮霊跡の鳥居
手水舎
   ↑ 手水舎
天照大神御腰掛の石 
   ↑ 天照大神御腰掛の石

社殿跡地には六祖神霊之碑(中央)・高木奣照大人尊之碑(右)・六所大神宮跡之碑(左)が建ちます。
さらに、左手には司宮御霊社と新魂宮があります。
手前には石柱と由来碑があり、明治3年に鳥居が倒壊した際に、柱の下から坂上田村麻呂銘のある銅鏡が出土したとされているからだそうです。

二ノ鳥居
   ↑ 二ノ鳥居
六所皇大神宮のいわれ
   ↑ 六所皇大神宮のいわれ
六所皇大神宮霊跡地
   ↑ 六所皇大神宮霊跡地
司宮御霊社と新魂宮
   ↑ 司宮御霊社と新魂宮(右)
石柱と由来碑
   ↑ 石柱と由来碑

跡地から山道を登ると六所滝もあるようですよ。

「六所皇大神宮霊跡」
場所:つくば市臼井2047
駐車場:鳥居前に3台・手前の第1駐車場に2台
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | ▲ top
泉子育観音「慶龍寺」
- 2024/04/28(Sun) -
ここは、つくば市泉の泉子育観音「慶龍寺」です。
慶龍寺は真言宗豊山派の寺で、観音寺住職の慶龍上人が子育出世観世音菩薩のおつげを受け、子供の病気を癒すべく、元和4年(1618)に創建したと云われているようです。

慶龍寺
   ↑ 慶龍寺
山門
   ↑ 山門

子授け祈願、安産守護祈願、成長安全・厄除祈願などを行っていますよ。
鐘楼は、筑波山神社境内にあった筑波山中禅寺から明治初期に移築されたようです。
弘法大師千百年の記念碑もありますね。

鐘楼
   ↑ 鐘楼
手水舎
   ↑ 子授観音菩薩(左)と手水舎
手水舎の龍
   ↑ 手水舎の龍
泉子育観音
   ↑ 泉子育観音
お堂
   ↑ お堂
ふくろうカップル
   ↑ ふくろうカップル
御遠忌記念塔
   ↑ 御遠忌記念塔

泉子育観音「慶龍寺」 (HP)
場所:つくば市泉2348
TEL:029-867-0323
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | ▲ top
寒江山「随翁院」
- 2023/08/23(Wed) -
ここは、つくば市上総の寒江山「随翁院(ずいおういん)」です。
県道24号線から入った奥まった場所にあるので、解りにくいですね。
曹洞宗の寺院で、寛政6年(1513)、豊田家の家臣坪井越後守平宗信によって創建されました。
室町時代中期作で、高さ18cmの聖観世菩薩座像があります。
この地で最も古い過去帳には串田大炊の子にあたる串田大学の名が記載され、甲冑が所蔵されています。

随翁院山門
   ↑ 随翁院山門
六地蔵
   ↑ 六地蔵

本堂・山門・鐘楼は、市の文化財に指定されています。

鐘楼
   ↑ 鐘楼
本堂
   ↑ 本堂
堂内
   ↑ 堂内

「寒江山 随翁院」
場所:つくば市上総3104
TEL:029-847-2527
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | ▲ top
千勝神社
- 2023/08/19(Sat) -
ここは、つくば市泊崎の「千勝神社(ちかつじんじゃ)」です。
下妻市に武烈天皇の御世(502年)に奉斎された大神を徳及御教えの波及と更に多くの方の御多幸を願って昭和39年に勧請し、鎮座したようです。
世界平和を願い、家内安全・交通安全・学業成就・厄除けなどに御利益があるようですね。

千勝神社
   ↑ 千勝神社(檜の鳥居)
案内板
   ↑ 案内板
紹介板
   ↑ 紹介板

参道を進むと拝殿が鎮座します。
拝殿の裏手に千勝神社本殿・山根彦神社本殿・祖霊浄魂社がありますが、立入禁止なので通常は望めません。

拝殿
   ↑ 拝殿
山根彦神本殿
   ↑ 山根彦神本殿
世界平和・合格祈願絵馬
   ↑ 世界平和・合格祈願絵馬
社務所
   ↑ 社務所
車御祓い所
   ↑ 車御祓い所

「千勝神社」
場所:つくば市泊崎173
TEL:029-876-3111
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | ▲ top
筑波山 大御堂
- 2023/05/24(Wed) -
ここは、つくば市の筑波山中腹にある「筑波山 大御堂(おおみどう)」です。
右手の急な坂を上ると参拝者用の駐車場がありますね。
真言宗豊山派の寺院で、山号は筑波山、本尊は十一面千手観世音菩薩です。
現在は東京都文京区にある大本山護国寺の別院になるようです。
延暦年間(782-806年)に徳一(法相宗)の開山により古筑波山寺が創建され、空海が入山して知足院中禅寺と号したようです。

大御堂と筑波山
   ↑ 大御堂と筑波山
鐘楼
   ↑ 鐘楼

石段には弘法大師御生誕千二百五十年の幟が多く掲げられていましたよ。
本堂は3年ほど前に改修工事を終え、綺麗になりましたね。

本堂
   ↑ 本堂 

石段中段の境内脇に大きな椎の木があります。
紹介板などありませんが、根回りも凄いですね。
さらに、御御堂から関東平野を望めますよ。

椎の木
   ↑ 椎の木
立派な根回り
   ↑ 立派な根回り
御御堂からの眺望
   ↑ 御御堂からの眺望

「筑波山 大御堂」
場所:つくば市筑波748
TEL:029-866-0126
受付:AM9:00~PM4:00
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑波山神社vol.2
- 2023/05/21(Sun) -
ここは、つくば市の筑波山中腹にある「筑波山神社」です。
専用の駐車場がないので、周辺の有料(¥500)に駐車ですね。

筑波山神社
   ↑ 筑波山神社
紫峰牛
   ↑ 紫峰牛

筑波山神社は三千年以上の信仰歴史を持つ霊峰「筑波山」を御神体と仰ぐ古社です。
本殿は男体山・女体山それぞれの山頂にあります。
参道には多くの文化財がありますね。

御神橋
   ↑ 御神橋(県指定文化財)
随身門
   ↑ 随身門(市指定文化財)
随身門からの拝殿
   ↑ 随身門からの拝殿
拝殿
   ↑ 拝殿
さざれ石
   ↑ さざれ石

御神木の大杉は樹齢約800年、樹高32mあります。

大杉
   ↑ 大杉

拝殿と社務所の間には、朝日稲荷神社があります。

朝日稲荷神社
   ↑ 朝日稲荷神社

境内には多くの末社があり、拝殿の右手には寛永10年(1633)に三代将軍徳川家光によって建てられた春日神社・日枝神社・拝殿や拝殿左手前の厳島神社があり、共に県の文化財に指定されています。
厳島神社の左手には、’85つくば万博会場に飾られた「宇宙の卵」なるオブジェもありますよ。

DSC01205 - コピー - コピー
   ↑ 紹介板
春日神社・日枝神社拝殿
   ↑ 春日神社・日枝神社拝殿(県指定文化財)
春日神社・日枝神社
   ↑ 春日神社(左)・日枝神社(右)(県指定文化財)
厳島神社
   ↑ 厳島神社(県指定文化財)
宇宙の卵
   ↑ 宇宙の卵

vol.1:筑波神社

「筑波山神社」
場所:つくば市筑波1
TEL:029-866-0502
この記事のURL | つくば市 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
つくば光の森 2014
- 2014/12/24(Wed) -
つくば市のTXつくば駅の周辺のつくばバスターミナルからノバホールに到るペデストリアンデッキの上には、見事なイルミネーションが彩りましたね。
今年で10回目を迎えた「つくば光の森」で、ケヤキの街路樹約50本がLED30万個でライトアップされています。
期間は11月22日から1月12日の約2ヶ月間で、午後5時から午前0時迄、毎日点灯していますよ。

ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーション
   ↑ ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーション
幻想的なイルミネーション
   ↑ 幻想的なイルミネーション

クレオ前には見事なクリスマスツリーや無料の光のメリーゴーランドも登場し、子供達が楽しんでいましたね。

クレオ前の光のメリーゴーランド
   ↑ クレオ前の光のメリーゴーランド

さらに、「つくばエキスポセンター」でもクリスマスイルミネーションがライトアップされています。
こちらのライトアップ期間は11月22日~12月28日の午後4時から午後10時迄で、エントランスホールのガラス窓に輝くイルミネーションが水に反射する様子がとても綺麗なのです。

H-Ⅱロケットのライトアップ
   ↑ H-Ⅱロケットのライトアップ
水に反射するイルミネーション
   ↑ 水に反射するイルミネーション

「つくば光の森 2014」
場所:つくば市吾妻1丁目地内 つくばセンター広場及びつくばエキスポセンター
開催期間:11月22日~1月12日
点灯時間:PM5:00~AM0:00
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大師堂
- 2012/05/10(Thu) -
つくば市小田の小田前山の山裾にある「大師堂」です。
土浦方面からですと小田の交差点を右折し、300mほど先を左折するとハイカー達の駐車場があります。
駐車場から山側に20mほど入り、「大師堂」への看板を左折し、5分位歩くと到着です。

大師堂への入口
   ↑ 大師堂への入口

小さな石像が多数並び、寂れた数棟の祠があります。
また、庚申塔と思われる石塔の下部には三猿が彫られています。

寂れた祠
   ↑ 寂れた祠
多くの石像
   ↑ 多くの石像
三猿
   ↑ 三猿

「大師堂」
場所:つくば市小田地区
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
つくばヘリポート
- 2012/04/15(Sun) -
ここは、つくば市上境にある「つくばヘリポート」です。

つくばヘリポート
   ↑ つくばヘリポート

県は、平成3年に公共用の「つくばヘリポート」ととして開港したようです。
企業局では県より委託を受け、ヘリポートの管理運営やヘリポート内に格納庫を設置して格納庫の賃貸を行っているようです。

ヘリ「つくば」
   ↑ ヘリ「つくば」

「つくばヘリポート」
場所:つくば市上境992
TEL:029-857-7515
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
食と農の科学館
- 2012/04/01(Sun) -
ここは、つくば市観音台にある「食と農の科学館」です。
独立行政法人の研究所で、農林水産業の未来をきりひらくため、自然環境・生態系維持・保全に関する研究を進めているようです。

食と農の科学館
   ↑ 食と農の科学館

館内には、研究所における研究成果や開発された農林水産技術が紹介されています。

環境ジオラマ
   ↑ 環境ジオラマ
研究機関コーナー
   ↑ 研究機関コーナー

また、農業技術発展資料館では、農業技術発展の歩みなどが説明・展示されています。

脱穀機
   ↑ 脱穀機の歩み

近くを訪れた際にでも、寄ってみてはいかがでしょうか。

「食と農の科学館」
場所:つくば市観音台3-1-1
TEL:029-838-8980
開館:AM9:00~PM4:00 年末年始休
入館:無料
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑波実験植物園 2
- 2012/03/14(Wed) -
昨日の続きだよ~ん!
ここは、つくば市天久保の「筑波実験植物園」です。

総合案内
   ↑ 総合案内

広い園内を周ると、熱帯雨林温室が3ヶ所ありました。
中に入った瞬間、温かさにカメラのレンズが曇りますね。

熱帯雨林温室
   ↑ 熱帯雨林温室
熱帯植物
   ↑ 熱帯植物

さらに園内を巡ると、この時期ならではの福寿草や中国のシナマンサクも開花していましたよ。

福寿草
   ↑ 福寿草
シナマンサク
   ↑ シナマンサク

毎月、色々なイベントが開催されていますので、イベントに合わせて訪れてみてはいかがでしょうか!
やはり、春から秋にかけて訪れたほうが豊富な植物を観察できるようです。

「筑波実験植物園」
場所;つくば市天久保4-1-1
TEL:029-851-5159
開園:AM9:00~PM4:00 月・年末年始休
入園料:¥300
   
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑波実験植物園
- 2012/03/13(Tue) -
ここは、つくば市天久保の「筑波実験植物園」です。
筑波山の南裾にひろがる緑ゆたかな自然あふれる植物園で、国立科学博物館が植物の研究を推進するために設置した機関です。
約14haの敷地には、日本に生育する代表的な植物をはじめ、世界の熱帯や乾燥地に生育する植物、我々の生命を支える植物、筑波山で見られる植物など、7000種類を超える植物が植栽され、3000種類を見ることが出来ちゃいますよ。

筑波実験植物園
   ↑ 筑波実験植物園

生態区は冷温帯から熱帯までの植生がみられ、屋外は日本の暖温帯から冷温帯までの植生で、4つの森林区、低木林、山地草原、砂礫地、岩礫地、水生植物の計9区画と、熱帯雨林、サバンナ、水生の3温室、およびその周辺に関連する外国の温帯植生が見られます。

常緑広葉樹林
   ↑ 常緑広葉樹林
水辺植物
   ↑ 水辺植物

散策の途中には絶滅危惧植物温室などもあり、10数種類が栽培されています。

オモロカンアオイ
   ↑ 絶滅危惧植物(オモロカンアオイ)
梅の花も咲き始め
   ↑ 梅の花も咲き始め

園内で食事をとることも出来るようで、これからの暖かい時期にはピクニック気分で訪れてみてはいかがでしょうか!

「筑波実験植物園」
場所;つくば市天久保4-1-1
TEL:029-851-5159
開園:AM9:00~PM4:00 月・年末年始休
入園料:¥300
   
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
つくばエキスポセンターのイルミ ネーション
- 2011/12/08(Thu) -
ここは、つくば市吾妻にある「つくばエキスポセンター」です。
高さ50mのH-Ⅱロケット実物大模型が目印で、宇宙や深海、エネルギーなどの展示で楽しく学べる体験型の科学館ですね。
今年も11月26日から12月25日までの間、7回目となるクリスマスイルミネーションがライトアップされています。
プラネタリウムやH-Ⅱロケットもライトアップされていますよ。

つくばエキスポセンターのイルミ
   ↑ つくばエキスポセンターのイルミ
H-Ⅱロケットのライトアップ
   ↑ H-Ⅱロケットのライトアップ

エントランスホールには5mのクリスマスツリーが飾られ、プラネタリウム廊下のイルミも毎年増やされているようで、ガラス窓に輝くイルミネーションが水に反射する様子はとても綺麗ですね。

水に反射するイルミネーション
   ↑ 水に反射するイルミネーション

「つくばエキスポセンター」
場所:つくば市吾妻2-9
ライトアップ期間:11月25日~12月25日
点灯:PM4:00~PM10:00
この記事のURL | つくば市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
つくば光の森 2011
- 2011/12/06(Tue) -
つくば市のTXつくば駅の周辺のつくばバスターミナルからノバホールに到るペデストリアンデッキの上には、見事なイルミネーションが彩りました。
期間は11月19日から1月7日の約2ヶ月間で、毎日点灯しています。
今年で6回を迎え、約20万球のLEDを使って、ケヤキの街路樹約50本がライトアップされています。
LEDになって幻想感が薄れてしまいましたが、なかなかのイルミネーションなのです。

ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーション
   ↑ ペデストリアンデッキの幻想的なイルミネーション
がんばろう日本
   ↑ がんばろう日本
幻想的なイルミネーション
   ↑ 幻想的なイルミネーション

クレオ前には見事なクリスマスツリーや無料の光のメリーゴーランドも登場し、子供達が楽しんでいましたね。

クレオ前の光のメリーゴーランド
   ↑ クレオ前の光のメリーゴーランド

皆さんも幻想的な光のイベントに出掛けてみてはいかがでしょうか!

「つくば光の森 2011」
場所:つくば市吾妻1丁目地内 つくばセンター広場
開催期間:11月19日~1月7日
点灯時間:PM5:00~AM0:00
この記事のURL | つくば市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ