fc2ブログ
2024 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2024 05
喰処「つかさ」
- 2016/04/23(Sat) -
つかさ

週末には、元職場の後輩と飲みに出たおやじなのです。
今回は、東海村豊白にある喰処「つかさ」に来ました。
店内には、カウンター7席・個室風座敷に6卓があります。
とりあえずの生ビールで乾杯ですね。

カウンター席
   ↑ カウンター席
乾杯
   ↑ 乾杯
メニュー
   ↑ ボードメニュー

ボードメニューを拝見したおやじは、刺身5点盛り¥1200・トロほっけ焼¥600を注文です。

刺身5点盛り
   ↑ 刺身5点盛り
トロほっけ焼
   ↑ トロほっけ焼

ビールを飲み干したおやじは、日本酒ですね。
新潟県の山古志を2合注文です。¥1500
さらに、ベイナスチーズ焼¥650も注文です。

山古志(2合)
   ↑ 山古志(2合)
ベイナスチーズ焼
   ↑ ベイナスチーズ焼

さらに日本酒は山形県の十水・宮城県の浦霞も注文ですね。
追加で、うにクリームコロッケ¥750・塩辛¥250も注文です。

うにクリームコロッケ・塩辛
   ↑ うにクリームコロッケと塩辛

ほろ酔い加減のおやじは、後輩と2人小さなネオン街に消えて行くのでした。

おやじの総合評価:★★★☆☆

喰処「つかさ」
場所:東海村豊白1-4-27
TEL:029-283-3347
営業:PM5:00~PM11:00 日休
この記事のURL | 飲み処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
居魚菜「あさくら」
- 2016/03/26(Sat) -
あさくら

週末には、ひたちなか市勝田泉町の居魚菜「あさくら」で、職場の年度末会が開催されました。
場所は、タイ料理の「ラカントーン」の2階ですね。
店内には、個室風の座敷席が数か所あります。
生ビールでの乾杯で、宴会の始まりです。
今日は、贅沢なふぐコースのようで、ふぐ鍋が準備されています。
すると、ふぐ刺しが運ばれてきましたよ。

ふぐ鍋
   ↑ ふぐ鍋
ふぐ刺し
   ↑ ふぐ刺し

さらに、ふぐの唐揚げ・ふぐの一夜干し・お新香などが出されます。
各自、好きなお酒を注文ですね。
おやじは、日本酒・日本酒・日本酒で、後半には熱燗を頂きましたよ。

酒
   ↑ 三重県の寒紅梅
ふぐ唐揚げ
   ↑ ふぐの唐揚げ
雑炊
   ↑ 〆のふぐ雑炊

最後に一本締めで楽しい宴会も終わります。
ふぐづくしを満喫し、ほろ酔い加減のおやじは、後輩とともにネオン街に消えていくのでした。

おやじの総合評価:★★★★★

居魚菜「あさくら」
場所:ひたちなか市勝田泉町13-3 大場ビル2F
TEL:029-274-9100
営業:PM5:30~PM10:00 日祝休
この記事のURL | 飲み処 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
酒肴「ととや」
- 2016/02/27(Sat) -
ととや

週末には、久々に飲みに出かけたおやじは、水戸市城南にある酒肴「ととや」に来ました。
店内には、コの字型のカウンターに14席・8人掛けテーブル1卓・小上がりに3卓があります。
ジャズが流れる落ち着いた雰囲気のお店ですね。

カウンター席
   ↑ カウンター席
メニュー
   ↑ メニュー

とりあえずの生ビールを注文です。
メニューを拝見したおやじは、本つぶ貝刺し¥780と白レバーのタタキ¥800を注文です。

本つぶ貝刺し
   ↑ 本つぶ貝刺し
白レバーのタタキ
   ↑ 白レバーのタタキ

ビールを飲みほしたおやじは、日本酒の霧筑波の吟醸本生¥780を注文です。
さらには、梅酒の健美麗¥580も注文です。

霧筑波の吟醸本生
   ↑ 霧筑波の吟醸本生

さらに、カキバターポン酢¥780と一品の熱燗2合¥960も注文ですね。

カキバターポン酢
   ↑ カキバターポン酢

ほろ酔い加減のおやじは、いつものように1人ネオン街に消えて行くのでした。

おやじの総合評価:★★★★☆

酒肴「ととや」
場所:水戸市城南2-7-1 常磐第2ビル 1F
TEL:029-227-8323
営業:PM5:30~AM0:30 日祝休
この記事のURL | 飲み処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
茨城郷土料理「山翠」
- 2015/08/01(Sat) -
山翠

週末に飲みに出たおやじは、水戸市泉町のあんこう料理で有名な茨城郷土料理「山翠(さんすい)」に来ました。 
1階にカウンター席・テーブル数卓があり、2階にはテーブル数卓・小上がり席・個室・宴会席があります。
何故か、2階のテーブル席に案内されましたよ。
さすがに山翠さん、落ち着いた雰囲気がありますね。

店内一部   
   ↑ 店内一部
お品書き
   ↑ 夏あんこうメニュー

おやじは、とりあえずの生ビールを注文ですね。
お品書きを拝見したおやじは、期間限定(5月~10月)夏メニューの山海の氷鍋¥2200(税別)を注文です。
他にも、同価格のあんこうの氷鍋や奥久慈しゃもの平鍋¥1200もありますが、あんこう・奥久慈しゃも・奥久慈のぶな豚の三種が入った山海の氷鍋を選択しましたよ。
夏でもあんこう料理が頂けるとは思いませんでしたね。
ポン酢に色々な薬味を加えて頂きます。

山海の氷鍋
   ↑ 山海の氷鍋
あんこう・奥久慈しゃも・ぶな豚
   ↑ あんこう・奥久慈しゃも・ぶな豚
あんこう
   ↑ あんこう

ビールを飲み干したおやじは、冷酒の一品(水戸)¥850を注文です。
さらに、いわし納豆¥700を注文です。
焼かれたいわしと納豆の組み合わせは初めてですね。

冷酒の一品
   ↑ 冷酒の一品
いわし納豆
   ↑ いわし納豆

続いては、日本酒の武勇(結城)を¥460を注文です。
全体的に高い料金設定かと思っていましたが、意外に普通の料金なので安心ですね。
ほろ酔い加減のおやじは、いつものように1人ネオン街に消えて行くのでした。 

おやじの総合評価:★★★★☆

茨城郷土料理「山翠」
場所:水戸市泉町2-2-40
TEL:029-221-3617
営業:AM11:00~PM2:30
    PM5:00~PM9:00 火休
この記事のURL | 飲み処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
焼肉「牛新」東海店
- 2015/05/30(Sat) -
牛新

週末には、元職場の後輩S・Nと再び2人で飲みに出たおやじです。
今回は、東海村舟石川駅東の焼肉「牛新」東海店に来ました。
本店は日立市川尻町にあるミートセンター「はしもと」の直営店で、東海店は昨年夏頃に東海村舟石川から移転して新規OPENしました。
人気店ですので、事前予約必至ですよ!
店内も広くなり、二手に分かれた小上がりに、テーブル12卓があります。

店内
   ↑ 店内
メインメニュー
   ↑ メインメニュー

とりあえずの生ビールと飲めない後輩はウーロン茶で乾杯ですね。

乾杯
   ↑ 乾杯

メニューを拝見し、上焼肉盛り合わせ(上カルビ・上ロース・上タン塩)¥4180と馬刺し¥780を注文です。
塩とタレから選べますが、塩で注文ですね。
他にも、単品の肉・ホルモン・キムチなどの一品や飯類・スープ・サラダ・デザートもあります。
久々の美味しい焼肉に満足ですね。

上焼肉盛り合わせ
   ↑ 上焼肉盛り合わせ
馬刺し
   ↑ 馬刺し
焼肉
   ↑ 焼肉

そして、チャンピオンと呼ばれる常陸牛A5ランクのサーロイン¥3800を注文です。
常陸牛をわさび醤油で頂きます。
さしの入った常陸牛は、口の中でとろけ、これまた最高ですね。

チャンピオン
   ↑ チャンピオン

後輩はビビンバ¥600を、さらに、ホルモン¥580・ミノ¥880を注文です。
おやじは、日本酒ぬる燗¥500も注文ですね。

ビビンバとホルモン・ミノ
   ↑ ビビンバとホルモン・ミノ

ほろ酔い加減のおやじは、2人隣町まで移動してネオン街に消えていくのでした。

おやじの総合評価:★★★★★

和牛焼肉専門店「牛新」 東海店
場所:東海村舟石川駅東3-18-21
TEL:029-287-0729
営業:PM5:00~PM10:00 火休
この記事のURL | 飲み処 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
彩食亭「心まい」
- 2015/04/25(Sat) -
心まい

週末に飲みに出たおやじは、水戸市泉町にある彩食亭「心まい(しんまい)」に来ました。
大通り沿いに看板があり、細い路地を抜けると古民家が現われます。 

大通りから入口看板
   ↑ 大通りからの入口看板
   
昭和30年代の古民家を利用したレトロな佇まいの居酒屋さんで、いい雰囲気で落ち着きますね。
店内には長椅子のカウンターに15席・テーブル4卓・小上がりに2卓・2階の座敷席に4卓があるようです。

カウンター席
   ↑ カウンター席
お品書き
   ↑ お品書き

おやじは。とりあえずの生ビールを注文です。
本日のおすすめメニューを拝見したおやじは、スズキ刺身¥960とスパイシー鶏ナンコツ揚げ¥580を注文です。
ビールを飲み干したおやじは、梅ハイ¥420を注文ですね。

スズキ刺身
   ↑ スズキ刺身
スパイシー鶏ナンコツ揚げ
   ↑ スパイシー鶏ナンコツ揚げ

続いては、日本酒の稲里(笠間)純米の日本晴¥550を注文です。
さらに、お品書きを拝見し、串焼きのムネわさび¥180・つくね¥250・手羽先¥250を注文です。
最後に、稲里辛口¥400を注文しましたよ。
最近、年のせいか?薬のせいか?酒が弱くなったおやじです。

稲里純米
   ↑ 稲里純米
つくね・ムネわさ・手羽先
   ↑ つくね・ムネわさ・手羽先

満腹でほろ酔い加減のおやじは、いつものように1人ネオン街に消えて行くのでした。 

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

彩食亭「心まい」
場所:水戸市泉町2-2-31
TEL:029-231-9525
営業:PM6:00~AM2:00 月休
この記事のURL | 飲み処 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
勝田ホルモン「おいで屋」
- 2015/03/14(Sat) -
おいで屋

週末には、元職場の後輩S・Nと2人で飲みに出たおやじです。
今回は、ひたちなか市勝田中央にある勝田ホルモン「おいで屋」に来ました。
入口を共有した右手には「魚民」があり、「千年の宴」や「白木屋」などをチェーン展開しているモンテローザの系列店ですね。
店内には、テーブル2卓・小上がりに8卓があります。

小上がり席一部
   ↑ 小上がり席一部
メニュー一部
   ↑ メニュー一部

おやじは、とりあえずの生ビールを注文し、飲めない後輩は、コーラですね。
メニューを拝見したおやじは、得得盛り(カルビ・上ハラミ・角切りロース・豚トロ・鶏もも・野菜)を注文です。¥1380(税抜)
ホルモンや焼肉以外にも揚げ物・焼き魚・食事・デザートなどがあり、メニューの種類が豊富ですね。

得得盛り
   ↑ 得得盛り

さらに、とんちゃん(豚もつ)¥580・花咲き牛タン¥980・キムチ盛り合せ¥480を注文です。
追加の生ビールも注文ですね。
肉は硬くてジューシー感もなく、牛タンも噛み切れませんでしたよ。
値段が値段だけに、仕方がないのでしょうかね?

焼肉
   ↑ 焼肉
とんちゃん・花咲き牛タン
   ↑ とんちゃん・花咲き牛タン
 
さらには、神戸のオムそばめし¥498・えいひれの炙り焼¥398を注文です。
おやじは、日本酒の山田錦(兵庫)¥498を注文です。

えいひれの炙り焼・キムチ・日本酒
   ↑ えいひれの炙り焼・キムチ・日本酒

ほろ酔い加減のおやじは、後輩とネオン街に消えていくのでした。

おやじの総合評価:★★☆☆☆

勝田ホルモン「おいで屋」
場所:ひたちなか市勝田中央7-6 サンシティ勝田・1階
00TEL:029-272-4288
営業:PM5:00~AM1:00 無休
この記事のURL | 飲み処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
和伊和伊ダイニング「酒趣」
- 2015/02/21(Sat) -
趣酒

週末に飲みにでたおやじは、水戸市城南にある和伊和伊ダイニング「酒趣(しゅしゅ)」に来ました。
石造りの長いエントランスを抜けて入る店内は、薄暗く、高級バーのような造りですね。
店内には、カウンター8席・洞窟風のテーブル7卓・小上がりに5卓があります。

カウンター席
   ↑ カウンター席

おやじは、とりあえずの生ビールを注文です。
メニューを拝見したおやじは、黒むつ刺し¥1075・納豆唐揚げ¥371を注文です。(全て税別)

黒ムツ刺し・納豆唐揚げ
   ↑ 黒ムツ刺し・納豆唐揚げ

お酒の種類が多く、日本酒は茨城県産のみで50種以上、焼酎は100種以上もあります。
酒好きには、たまらない品揃えですね。
さらに、肴も茨城産に拘っているようで、地産地消のお店なのです。
続いては、日本酒の松盛(常陸太田市)の悪代官の大吟醸¥1100を注文です。
日本酒はグラスで提供され、ワインを飲んでいる感じですね。

悪代官
   ↑ 悪代官

さらに、一人娘(常総市)特別純米¥880と水郷若鶏の岩塩焼き¥908を注文です。

水郷若鶏の岩塩焼き
   ↑ 水郷若鶏の岩塩焼き

さらには、お新香盛り合わせ¥408と府中誉(石岡市)の熱燗2合¥1100を注文しましたよ。

お新香盛り合わせと熱燗
   ↑ お新香盛り合わせと熱燗

ちょっと飲み過ぎたおやじですが、いつものように1人ネオン街に消えていくのでした。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

和伊和伊ダイニング「酒趣」
場所:水戸市城南1-5-16 第二吉住ビル1F
TEL:029-302-1103
営業:PM5:00~PM11:00 日休
    (金・土はAM0:00迄)
この記事のURL | 飲み処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美酒処「のんのん物語」vol.2
- 2015/01/17(Sat) -
のんのん物語

週末に飲みに出たおやじは、ひたちなか市勝田泉町にある美酒処「のんのん物語」に来ました。
数年前、こちらに移転してから初めて入店となりますね。
狭い入口を入ると右手にテーブル席、左手奥にカウンター12席があり、靴を脱いで上がります。
黒系で統一された店内は、ちょっと暗いですね。

メニュー
   ↑ メニュー

とりあえずの生ビールを注文です。
メニューを拝見したおやじは、ひらめ刺し(那珂湊)¥980と炙りバルバリー鴨(青森)¥950を注文ですね。
全体的に高めの価格設定ですが、産地や鮮度に拘りがうかがえます。
ひらめも鮮度良く、バルバリー鴨も美味しいですね。

ひらめ刺し
   ↑ ひらめ刺
炙りバルバリー鴨
   ↑ 炙りバルバリー鴨

続いては日本酒の飛露喜(福島)の特別純米を注文ですが、90ml単位での販売で¥420とはいい値段ですね。
数多くの日本酒があって、日本酒好きには堪りませんね。
幻の日本酒も揃い、磯自慢(静岡)の純米大吟醸ビンテージ(90ml)は、¥4600と驚きの価格なのです。
追加で、日本酒の田酒(青森)の純米大吟醸(90ml)¥1200とたちうおの塩焼き¥1200を注文です。

田酒
   ↑ 田酒(純米大吟醸)
たちうおの塩焼き
   ↑ たちうおの塩焼き

店内が暗いので、美味しそうに撮れませんでしたよ。
ほろ酔い加減のおやじは、いつものように1人ネオン街に消えていくのでした。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

vol:1:旧店舗

美酒処「のんのん物語」
場所:ひたちなか市勝田泉町14-3
TEL:029-274-0131
営業:PM5:30~PM11:00 日休
この記事のURL | 飲み処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「田吾作」
- 2014/12/20(Sat) -
田吾作

週末に飲みにでたおやじは、水戸市城南にある「田吾作」来ました。
常磐第2ビルの2階にありますが、アパートのような通路の先に店舗があります。
店内は広く、L型カウンターに12席、奥には多くのテーブル席や宴会もできるスペースがあります。

壁メニュー
   ↑ 壁メニュー

とりあえずの生ビールを注文ですね。
お品書きや壁メニューを拝見したおやじは、この時期ならではのなまこ酢¥600とあんこう肝¥650を注文です。
メニュー豊富で、寿司やおすすめメニューなどもあって迷ってしまいますね。

なまこ酢とあんこう肝
   ↑ なまこ酢とあんこう肝

生ビールを飲み干したおやじは、いつものように日本酒で、岩手の「南部美人」(特別純米)の大を注文です。¥1020
さらに、湯豆腐¥700も注文しましたよ。

湯豆腐
   ↑ 湯豆腐

まだ飲み足りないおやじは、笠間のお酒「稲里辛口」の熱燗(大)¥720を注文です。
さらに、もろきゅう¥360も注文です。
さすがに熱燗は回りますね。

もろきゅうと熱燗
   ↑ もろきゅうと熱燗 

ちょっと酔っ払ったおやじは、いつものように1人ネオン街に消えて行くのでした。

おやじの総合評価:★★★★☆

「田吾作」
場所:水戸市城南2-7-1 常磐第2ビル2F
TEL:029-227-7417
営業:PM5:00~AM0:00 日祝休
この記事のURL | 飲み処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日常酒飯屋「赤ひげ」
- 2014/11/29(Sat) -
赤ひげ

久々に飲みに出かけたおやじは、水戸市三の丸にある日常酒飯屋「赤ひげ」に来ました。
店内は昔ながらの居酒屋風で、カウンター10席・テーブル5卓・奥に30名ほどの座敷席があります。
満席時には、さらに奥の数卓の席も使用できますね。
昼には、定食も提供しているようです。

本日のおすすめ
   ↑ 本日のおすすめ

とりあえずの生ビールを注文です。
お品書きを拝見したおやじは、本日おすすめのいわしの天ぷらを注文です。¥680
生ビールを飲み干したおやじは、日本酒の青森県の田酒を注文です。¥690

いわしの天ぷら
   ↑ いわしの天ぷら
田酒
   ↑ 田酒

さらに、黒鯛刺し¥750と串焼きの豚バラ¥180・手羽先¥120・なんこつ¥120を注文しました。

黒鯛刺しと串焼き
   ↑ 黒鯛刺しと串焼き

さらには、熱燗2合(みやむすめ)とお新香盛りせ¥350も注文です。

お新香
   ↑ お新香盛合せ

ほろ酔い加減のおやじは、いつものように1人ネオン街に消えていくのでした。

おやじの総合評価:★★★☆☆

日常酒飯屋「赤ひげ」
場所:水戸市三の丸1-1-10
TEL:029-221-0382
営業:AM11:00~PM2:00(ランチ定食)
    PM5:00~PM11:00 日休
この記事のURL | 飲み処 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大衆割烹「山甚道場」
- 2014/10/04(Sat) -
山甚道場

週末には飲みに出たおやじです。
今回は、ひたちなか市勝田泉町にある大衆割烹「山甚道場」に来ました。
開店以来50年という老舗店ですね。
店内には、カウンター12席・小上がりに3卓・個室1卓があり、2階には50名ほどの宴会場もあります。
とりあえずの生ビールを注文です。

メニュー
   ↑ メニュー

メニューと壁に掲げられたおすすめメニューを拝見したおやじは、くじら刺し¥1000と焼き鳥(スナギモ¥100・タン¥100・なんこつ¥170)を注文です。
リーズナブルで、品数豊富なメニューですね。

くじら刺し
   ↑ くじら刺し
焼き鳥
   ↑ 焼き鳥(なんこつ・タン・砂肝)

生ビールを飲み干したおやじは、日本酒の景虎(新潟)¥700を注文です。
お酒は普通のコップで出され、昭和30・40年代か?
しかも、冷やされておらず常温です。

日本酒
   ↑ 日本酒(景虎)

さらに、日本酒の〆張鶴(新潟)¥600とさんま刺し¥650を注文です。
脂の載った旬のさんまは、美味しいですね。

さんま刺し
   ↑ さんま刺し

日本酒の回りが早いので、うめサワー¥400を注文です。
この後、ほろ酔い加減のおやじは、1人ネオン街に消えていくのでした。

おやじの総合評価:★★★☆☆

大衆割烹「山甚道場」
場所:ひたちなか市勝田泉町3-12
TEL:029-272-6200
営業:PM5:00~PM11:30 日休
この記事のURL | 飲み処 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
味な店「左三」
- 2014/07/26(Sat) -
左三

週末に飲みに出たおやじは、水戸市宮町の味な店「左三(さざ)」に来ました。
7月2日にOPENしたようで、つくば鶏をメインにした炭火焼のお店のようです。
店内には、カウンター10席・テーブル6卓ぐらいがあります。
とりあえずの生ビールを注文ですね。

メニュー
   ↑ 本日のおすすめメニュー

メニューを拝見したおやじは、本つぶ貝の刺身¥880と焼き鳥盛り合わせ5本¥1180を注文です。
鮮度の良い本つぶ貝の刺身は、コリコリして美味しいですね。
さらに、ひざなんこつの焼き鳥など、つくば鶏はジューシーなのです。

本つぶ貝刺し
   ↑ 本つぶ貝の刺身
焼き鳥
   ↑ 焼き鳥盛り合わせ

ビールを飲み干したおやじは、日本酒の越乃景虎(新潟)2合を注文です。¥1160
さらに、山芋千切り酒盗掛けも注文です。¥450
酒盗の塩分で、醤油いらずですね。

くどき上手
   ↑ くどき上手(山形)
山芋千切り
   ↑ 山芋千切り酒盗掛け

さらに、日本酒のくどき上手(山形)1合を注文しましたよ。¥1080
ほろ酔い加減のおやじは、いつものように1人ネオン街に消えていくのでした。

おやじの総合評価:★★★★★

味な店「左三」
場所:水戸市宮町3-2-14
TEL:029-239-5333
営業:PM5:00~AM1:00(Lo0:00) 日休(月祝の場合は日営業、月休)
この記事のURL | 飲み処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
居酒屋「寛助」
- 2014/06/21(Sat) -
寛助

週末に飲みに出かけたおやじは、水戸市宮町にある居酒屋「寛助(かんすけ)」に来ました。
店内には、カウンター6席・掘りごたつ式テーブル4卓があり、2階には宴会場もあるようです。
いかにも大衆居酒屋さん的なお店ですね。

メニュー
   ↑ メニュー

とりあえずの生ビールを注文です。
今日の肴は、くじら刺し¥800・ほっけ焼き¥400を注文です。
希少価値のくじらですが、刺し以外にも数種の料理が選べ、この値段でこの量は凄いですね。

くじら刺し
   ↑ くじら刺し
ほっけ焼き
   ↑ ほっけ焼き

ビールを飲み干したおやじは、次には一品の熱燗(2合)を注文です。¥600
さらには、イカ納豆¥600を注文です。
熱燗の次には、冷酒(一品)も注文しましたよ。¥1000

一品
   ↑ 一品(冷酒)
イカ納豆
   ↑ イカ納豆

なかなかボリュームのある料理に満腹なのです。
もう少し日本酒の種類があればよかったですね。
店の照明が電球だったため、美味しいそうに撮れませんでしたよ。
そして、ほろ酔い加減のおやじは、いつものように1人ネオン街に消えていくのでした。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

居酒屋「寛助」
場所:水戸市宮町2-3-3
TEL:029-226-5781
営業:PM5:00~PM11:00 日休
この記事のURL | 飲み処 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
居酒屋「葉羽屋」
- 2014/06/01(Sun) -
葉羽屋

週末に飲みに出かけたおやじは、東海村村松北にある居酒屋「葉羽屋(ぱぱや)」に来ました。
店内には、カウンター7席・掘りごたつ式テーブル2卓・座敷に3卓があります。

ボードメニュー
   ↑ ボードメニュー

とりあえずの生ビールを注文です。
ボードメニューとお品書きを拝見したおやじは、冷やしトマト¥450と焼き鳥の砂肝¥170・手羽先¥170・豚ハラミ¥200を注文です。
全体的にリーズナブルナ価格ですね。
しかし、刺身系のメニューが少ないのが残念なのです。

冷やしトマト
   ↑ 冷やしトマト
焼き鳥
   ↑ 焼き鳥

生ビールを飲み干したおやじは、景虎の梅酒ソーダ割り¥600を注文しました。

景虎の梅酒ソーダ割り
   ↑ 景虎の梅酒ソーダ割り

さらに、日本酒の浦霞純米(宮城)¥700とほたるいかの沖漬け¥400を注文です。

ほたるいかの沖漬け
   ↑ ほたるいかの沖漬け

さらに、日本酒の一の蔵(宮城)¥600も注文ですね。
ほろ酔い加減のおやじは、いつものように1人小さなネオン街に消えて行くのでした。

おやじの総合評価:★★★☆☆

居酒屋「葉羽屋」
場所:東海村村松北1-13-3
TEL:029-282-8995
営業:PM5:30~AM0:00 日祝休
この記事のURL | 飲み処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ