小美玉温泉「ことぶき」
- 2016/03/03(Thu) -
ことぶき

今回は、小美玉市にある市営の日帰り温泉施設である小美玉温泉「ことぶき」に来ました。
旧 「老人いこいの家小川温泉寿荘」ですが、平成24年にリニューアルオープンした奇麗な施設ですね。
施設の前には、グラウンドゴルフ場もありますよ。
フロントで入浴料¥600を払います。
市内の方は¥300で、小学生以下や70歳以上の方は¥100とお得なので、地元の年配の方が多く訪れますね。
フロントの左側奥にお風呂があり、早速、温泉へ

温泉へ
   ↑ 温泉へ

脱衣場には¥100返却式ロッカーがあります。
浴室には備え付けのシャンプーやボディーソープはありますが、タオル類は持参しましょうね。
湯は黒に近い茶褐色で、スベスベしてお肌に良さそうですね。
泉温が低いので、39℃とやや低めに加水・加温された循環式のようです。
外には、やや熱めの露天風呂があり、今年1月に完成したサウナまでありますよ。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂 
   ↑ 露天風呂

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
泉温:20.7度
pH:8.4
効能:きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病など

フロント左手には小さな食事処があり、ロビーのテーブルで食事も出来ます。
湯上りには、フロント右奥の大広間に休憩所があります。
さらに、有料の休憩室2室もあるようです。

小美玉温泉「ことぶき」
場所:小美玉市上吉影58-1
TEL:0299-53-0059
営業:AM10:00~PM8:00 水休
スポンサーサイト
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
湯治の宿 ラジウム温泉「河鹿園」
- 2015/05/28(Thu) -
河鹿園

今回は、大子町袋田にある湯治の宿 ラジウム温泉「河鹿園(かじかえん)」に来ました。
フロントで入浴料¥500を払い、ロビー奥の離れに温泉入口があります。

ロビー
   ↑ ロビー

くつろぎの湯と名打った湯ですが、温泉ではなく厚生労働省認可のラジウム温浴剤が溶かされた人工温泉です。
露天風呂はありませんが、内湯からの眼下には久慈川が流れ、JR水郡線の鉄橋も見える自然に囲まれた温泉ですね。
人工温泉ですが、無色・無臭の軟らかい湯ですよ。
備え付けのシャンプーやボディーソープはありますので、タオル類は持参しましょうね。

くつろぎの湯
   ↑ くつろぎの湯案内
内湯
   ↑ 内湯

泉質:ラジウム泉(人工)
効能:リウマチ・神経痛・ぢ・冷え性・腰痛・疲労回復など

湯上り後の休憩所はありませんが、ロビーでのんびりは出来ますね。
また、昼食「小鉢弁当」+日帰り温泉プラン(¥2,500)もあるようです。
もちろん、27室103名収容の宿なので、宿泊も出来ますよ。

湯治の宿 ラジウム温泉「河鹿園」
場所:大子町袋田2129
TEL:0295-72-5151
日帰り入浴:AM11:00~PM5:00 無休
入浴料:¥500
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
五浦観光ホテル 別館「大観荘」
- 2015/05/07(Thu) -
別館 大観荘

今回は、北茨城市大津町にある五浦観光ホテル 別館「大観荘」に来ました。
フロントで入浴料¥1000を払い、フロント向かい側の長い渡り廊下の先に温泉入口があります。

長い渡り廊下
   ↑ 長い渡り廊下

天然の温泉の源泉温度が高く、源泉掛け流しだそうですよ。
若干の白く濁った温泉は、カルシウム分が強いようですね。
広々とした2つの露天風呂からは、雄大な太平洋が眺めますね。
開放感あふれる景色をみながらの温泉は気分がいいですね。
備え付けのシャンプーやボディーソープはありますので、タオル類は持参しましょうね。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂
露天風呂2
   ↑ 露天風呂2

泉質:ナトリウム・カルシウム・塩化物泉
源泉温度:71℃
pH:7.9
効能:きりきず・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病・病後疲労回復など

休憩室
   ↑ 休憩室

温泉入口にテーブル席やテラス席があり、食事は出来ませんが太平洋を眺めながらのんびり休憩が出来ますよ。
また、レストランで食事をされると入浴料が¥800となるようで、部屋での昼食と入浴料がセットになった「湯らっくすプラン」もあります。

五浦観光ホテル 別館「大観荘」
場所:北茨城市大津町722
TEL:0293-46-1111
日帰り入浴:AM11:00~PM9:00
入浴料:¥1000
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑波山温泉「つくば湯」
- 2015/04/03(Fri) -
つくば湯

ここは、筑波山の中腹にある筑波山温泉「つくば湯」です。
彩香の宿「一望」の日帰り温泉施設になるようです。
フロントで下駄箱のキーを預け、入浴料を払うと更衣室のロッカーのリストバンドが渡されます。
おやじは、早速温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ

施設内には、内湯・露天風呂・サウナ・水風呂があります。
ボディーソープ・リンスインシャンプーはありますが、タオルなどは別売りとなりますので持参しましょうね。
露天風呂からは、筑波山頂へのロープウェイ乗り場が望めますよ。
無色透明の肌に優しい温泉ですが、pH値10.3のわりには、スベスベ感がありませんね。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

源泉名:筑波山温泉
泉質:アルカリ性単純泉
泉温:27.7℃
pH値:10.3
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・疲労回復など

食事処兼休憩所
   ↑ 食事処兼休憩所

湯上りには、大広間に食事処兼休憩所もありますので、のんびり休憩出来ますね。

筑波山温泉「つくば湯」
場所:つくば市筑波64-9
TEL:029-866-2983
営業時間:AM10:00~PM8:30
入浴料:平日¥1100・土日祝¥1300
定休日:なし(工事等で臨時休館日あり)
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「極楽湯」水戸店
- 2015/03/04(Wed) -
極楽湯

今回は、水戸市大塚町にある「極楽湯」水戸店に来ました。
全国にチェーン展開する日帰り入浴施設ですね。
入口のキー付き下駄箱に靴を入れ、フロントで№入りのリストバンドが渡されます。
館内での食事やボディケアは、もちろん別料金ですが、リストバンドの№にチェックされ、全てが後払いとなるようです。
おやじは、早速温泉へ

温泉へ
   ↑ 温泉へ

更衣室のロッカーにもキーがあり、下駄箱のキーや№入りリストバンドはロッカー内にしまいましょう。
内湯には、炭酸の湯・日替の湯・ジェット噴流・高温サウナなどがあり、露天風呂には人工の弱酸性硫黄の湯、絹の湯船や壺の湯もあります。
露天風呂からは大塚池が一望でき、今の時期なら白鳥も見れますよ。
体中が気泡だらけとなる炭酸の湯は、血流が良くなって温まりますね。
ボディーソープ・シャンプー・コンディショナーは揃いますが、タオルなどは別売りとなりますので持参した方がいいですよ。

人工の弱酸性硫黄の湯
   ↑ 人工の弱酸性硫黄の湯
絹の湯船
   ↑ 絹の湯船

泉質:人工硫黄泉
効能:角質の軟化溶解(美肌の湯)

リクライニング休憩室
   ↑ リクライニング休憩室

湯上りには食事処もあり、自家製のうどんがお勧めのようですよ。
さらに、コミック誌の多く揃ったリクライニングの休憩室、あかすりやマッサージなどのリラックス設備もあります。

「極楽湯」水戸店
場所:水戸市大塚町1838-1
TEL:029-257-4126
営業:AM9:00~AM1:00 無休
    (土日祝はAM6:00~)
入浴料:平日¥670・土日祝¥770
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひたちなか温泉「喜楽里」別邸
- 2015/01/28(Wed) -
喜楽里

今回は、ひたちなか市市毛にあるひたちなか温泉「喜楽里(きらり)」別邸に来ました。
昨年10月にOPENした日帰り温泉施設です。
館内は、なかなか落ち着いた雰囲気で、いいですね。
入口のキー付き下駄箱に靴を入れ、フロントでキー№がチェックされ、タオルセットを渡されます。
館内での食事やボディケアは、もちろん別料金ですが、キー№でチェックされ、後払いとなるようです。
おやじは、早速温泉へ

温泉へ
   ↑ 温泉へ

更衣室のロッカーにもキーが掛かりますが、あくまでもロッカー用なので、下駄箱のキーはロッカー内にしまいます。
内湯には、高濃度炭酸泉・ジェットバス・高温サウナなどはあり、外には天然温泉露天風呂「一望の湯」や寝湯などもあります。
露天風呂からは、那珂川沿いの田園風景が一望できますね。
体中が気泡だらけとなる高濃度炭酸泉は、血流が良くなって温まりますよ。
寝湯もありましたが、この時期には、ちょっと寒いですね。
ボディーソープ・シャンプー・コンディショナーは揃いますが、ブラシや髭剃りは販売機で別売りとなります。
最低でもブラシは持参した方がよさそうですね。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 天然温泉露天風呂
寝湯
   ↑ 寝湯

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
泉温:47.1℃
pH:8.1
効能:筋肉痛・腰痛・軽症高血圧・疲労回復など

さらに、プルガマサウナ(火釜)や岩盤浴もできる「温熱房」施設もありますが、こちらは、レンタル館内着のある「ゆったりコース」¥1180の方が利用出来るようです。
次回は、「ゆったりコース」で岩盤浴なども利用したいですね。
湯上りには、食事処「天風」や休み処もあるので、のんびりリラックスできちゃいますよ。
さらには、別料金のボディケア・フットケア・あかすり・エステコナーなどもあります。
意外に小さな施設なので、平日の午前中の利用がお勧めですね。

ひたちなか温泉「喜楽里」別邸
場所:ひたちなか市市毛640-2
TEL:029-229-2641
営業:AM8:00~PM11:00 不定休
入浴料金:平日¥900・土日祝¥980
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
しもつま温泉
- 2014/10/09(Thu) -
ビアスパークしもつま

ここは、下妻市長塚乙にある「ビアスパークしもつま」です。
施設内には、地ビールレストラン・ホテル・しもつま温泉・農産物直売所・体験農園・バーベキュー会場などがあります。

しもつま温泉
   ↑ しもつま温泉

おやじは、施設入口を入った左手にある「しもつま温泉」へ
温泉入口の券売機で入浴券を購入です。¥700
館内には、大広間・小和室・レストラン・セミナーハウスなどもあります。
内湯・薬湯・サウナ・露天風呂・壺湯・うたせ湯などがある大きめな温泉施設ですね。

温泉入口
   ↑ 温泉入口

地下1500mから湧き出るアルカリ性の天然温泉だそうで、無色・無臭の軟らかい温泉なのです。
ボディシャンプーやリンスインシャンプーは揃っているので、タオルだけ持参で入浴できますね。

内湯
   ↑ 内湯

泉質:ナトリウム・塩化物泉
効能:神経痛・関節痛・冷え性・慢性婦人病・疲労回復など
泉温:43.4度
pH:8.5

湯上りには、軽食コーナーや大広間もあるので、のんびり出来ますよ。

「しもつま温泉」
場所:下妻市長塚乙70-3
TEL:0296-30-5121
営業時間:AM10:00~PM10:00 第2火休
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大洗温泉「鷗松亭」
- 2014/04/20(Sun) -
鷗松亭

ここは、大洗町磯浜町にある大洗温泉「鷗松亭(おうしょうてい)」です。
全国市町村職員共済組合の公共の宿ですが、立派な温泉旅館ですね。
フロントで入浴料¥1000を払うと、フェイスタオルとバスタオルが付いてきます。
2階が温泉のようで、エレベーターで2階へ

温泉入口
   ↑ 温泉入口

男湯には先客2名と、日帰り温泉の宣伝はしていないので、ゆったりと入浴できちゃいますね。
温泉は、大洗町の「ゆっくら健康館」と同じ源泉を使用していますが、多少薄めている感はありますね。
スベスベした湯は、美肌効果も期待できそうですね。
温泉からは、旧那珂湊市街や那珂川河口、さらには太平洋まで望めます。
 
温泉からの眺望
   ↑ 温泉からの眺望
内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:ナトリウム塩化物泉
PH:7.3
効能:神経痛・筋肉痛・慢性皮膚病など

休憩所
   ↑ 休憩所

温泉入口右手には、畳敷きの小さな休憩所もあり、のんびり休憩してから帰ることもできます。
さらに、1階の食事処「水輝」では、個室でのんびり食事も出来ますよ。
しかし、前日までの予約制(AM11:30~PM1:30)のようです。

大洗温泉「鷗松亭」
場所:大洗町磯浜町祝町8179-5
TEL:029-266-1122
日帰り温泉:AM11:00~PM3:00 無休
入浴料:¥1000
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
余暇活用施設「しどりの湯保養センター」   閉館
- 2014/03/13(Thu) -
しどりの湯

ここは、那珂市静にある余暇活用施設「しどりの湯保養センター」です。
静峰ふるさと公園に隣接した市営の日帰り入浴施設で、地元の年配の方の憩いの場になっていますね。
入口の券売機で、入浴券¥400を購入し、フロントに渡します。
市内の65歳以上の方は、何と¥200で入浴できちゃいます。

入口
   ↑ 風呂入口

内湯に薬草風呂・ジャグジー・サウナなどもあります。
温泉ではありませんが、肌に優しいお湯なのです。
また、ボディーソープやリンスインシャンプーは備わっています。

内湯
   ↑ 内湯

湯上り後には、大広間兼食事処や健康トレーニング室・カラオケなどの設備も整います。
この日も多くの方が訪れていましたが、この入浴施設も今月末で閉館してしまうそうで、残念なことですね。

閉館の案内
   ↑ 閉館のお知らせ

余暇活用施設「しどりの湯保養センター」
場所:那珂市静1720-3
TEL:029-296-4770
営業:AM10:00~PM8:00 月休
入浴料:¥400(市内65歳以上¥200)
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大子温泉「ホテル奥久慈館」
- 2013/07/01(Mon) -
ホテル奥久慈館

今回は、大子町池田にある大子温泉「ホテル奥久慈館」に来ました。
平成19年までJAが経営していたのですが、伊東園グループの経営に変わり、リーズナブルなホテルとして再出発し、同時に日帰り入浴もできるようになったそうです。
大きなホテルですが、ちょっと寂れた感がありますね。
早速、フロントで入浴料¥680を払い温泉へ・・・
男湯は、フロントの下の階になります。

温泉へ
   ↑ 温泉へ

六角形をした大きな湯船で、スベスベした美人の湯ですね。
源泉から約5Kmの引き湯のようで、加温循環湯ですが、さし湯は源泉ですよ。
無色透明、無味無臭で、スベスベした気持ちの良いお湯ですが、ちょっと熱かったかな。
シャンプーやボディーソープは揃っていますので、タオル1本でOKですね。

六角形の内湯
   ↑ 六角形の内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
源泉温度:31.6℃
PH:8.8
効能:血圧、動脈硬化、外傷など

残念ながら、休憩広間や食事処はありません。
宿泊施設ですので、のんびり一泊もいいですね。

大子温泉「ホテル奥久慈館」
場所:大子町池田2369-3
TEL:0295-72-0650
日帰り入浴時間:PM1:00~PM3:30
入浴料:¥680
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かじめ湯「はぎ屋旅館」
- 2013/06/06(Thu) -
はぎ屋旅館

今回は、日立市水木町にあるかじめ湯「はぎ屋旅館」に来ました。
水木海岸沿いにある旅館ですが、日帰り入浴も楽しめるようです。
フロントで、入浴料¥1000を払い、エレベーターで5階の展望風呂へ・・・

温泉入口
   ↑ 温泉入口

男湯は黒潮の湯で、潮湯・かじめ湯の2つの湯船があり、太平洋を一望できちゃいますね。
潮湯は、水木海岸のきれいな海水を使用したお湯で、見も心も温まる温泉です。
かじめ湯は、水木海岸で採れたコンブ科の海草「かじめ」のエキスでミネラルたっぷりで、肌をなめらかにし、身体の芯から温めてくれる琥珀色の湯です。
見るからに、効能が期待できちゃいますね。
女湯は親潮の湯で、内湯が潮湯で、かじめ湯の露天風呂があるようです。

黒潮の湯
   ↑ 黒潮の湯

さらに、3つの目の効能がある玉じゃり岩盤浴・海水低温サウナ「潮蒸しの湯」もあります。
室内は35℃、湿度45%に保たれた低温サウナです。

潮蒸しの湯
   ↑ 潮蒸しの湯

潮湯の効能:豊富なミネラルにより万病に効く湯
かじめ湯の効能:良質のヨードアルギン酸エキスで、保湿、保温効果が高い、美容と健康の湯
潮蒸しの湯:玉じゃりと塩湯気によりマイナスイオンが発生し、全身に遠赤外線効果と温圧効果をもたらし、
        湯上り後の爽快感を楽しめます。

風呂上りには、2階のフロント向かいに休憩所があり、冷水・お茶・テレビも備わっていますよ。(午後3時30分迄)

入浴休憩所
   ↑ 入浴休憩所「なんきゃ」

入浴と休憩食事の付いたプラン¥4200~もありますよ。
また、旅館ですので、のんびり宿泊もいいですね。

「はぎ屋旅館」
場所:日立市水木町1-1-15
TEL:0294-52-2522
日帰り入浴:AM10:00~PM7:00 無休
      (休憩所利用はPM3:30迄)
入浴料:平日:¥840
     土日祝¥1000
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
袋田温泉「思い出浪漫館」
- 2013/05/24(Fri) -
思い出浪漫館

今回は、大子町袋田にある袋田温泉「思い出浪漫館」に来ました。
茨城交通㈱の関連ホテルで、館内は大正浪漫を思わせる造りにになっていますね。
フロントで日帰り入浴料¥1000を払い、早速1階にある浴場へ向かいます。

温泉入口
   ↑ 温泉入口

宿泊施設でもあり、大きな内湯からは川が見渡せます。
湯上り美男とあるように、ぬめり感のある柔らかい湯は、美肌効果が期待できますよ。
シャンプーやボディーソープは備わっていますので、タオル持参で入浴ですね。
さらに、別棟には、県内唯一の渓流露天風呂もあり、川原の岩盤と一体になって風情がありますよ。
しかし、こちらは洗い場がありませんので、内湯に浸かってからの入浴ですね。

大浴場
   ↑ 大浴場
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:アルカリ単純泉
pH:8.9
効能:美肌・筋肉痛・神経痛・五十肩・うちみ・くじきなど

レストランもあり、入浴後の食事も楽しめます。
さらに、宿泊して、のんびり温泉もいいですね。

袋田温泉「思い出浪漫館」
場所:大子町袋田978
TEL:0295-72-3111
日帰り入浴:AM11:00~PM2:30(要確認)
入浴料:¥1000
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
健康保養センター「ときわ路」
- 2013/04/22(Mon) -
ときわ路

今回は、常陸太田市増井町の健康保養センター「ときわ路」に来ました。
旧国民年金健康保養センターで、平成20年に民間譲渡され、㈱健康保養センターとして運営を再開したようで
フロントで日帰り入浴料¥600を払い、正面の渡り通路を渡ると大浴場の施設が現れます。

浴場入口
   ↑ 浴場入口

土日限定の日帰り入浴施設で、温泉ではありませんが、鉱石や水晶などのパワーストーンによる人工温泉施設のようです。
宿泊施設でもあり、大きな内湯ですね。
小さな露天風呂もありましたが、お湯が張られていませんでしたよ。
温かくなってからの利用なのでしょうかね?

大浴場
   ↑ 大浴場
露天風呂
   ↑ 露天風呂

案内によると、天然薬石と最新のバイオ技術によって再現された「トロン温泉」のようです。
シャンプーやボディーソープは備わっていますので、タオル持参で入浴ですね。

泉質:トロン温泉
効能:腰痛・神経痛・肩こり・水虫・冷え性など

入浴後の食事も楽しめますが、予約が必要なようです。
もちろん、宿泊施設ですので、のんびり温泉も楽しめますよ。

健康保養センター「ときわ路」
場所:常陸太田市増井町1800
TEL:0294-72-4141
日帰り入浴:AM10:00~PM9:00 土日のみ
      (営業をしていない日もありますので、電話確認して下さいね。)
入浴料:¥600
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
かみす若松温泉「ゆ~ぽ~と はさき」
- 2013/03/21(Thu) -
ゆ~ぽ~とはさき

ここは、神栖市砂山にあるかみす若松温泉「ゆ~ぽ~と はさき」です。
日帰りで楽しめる市営の温泉施設ですね。
券売機で入浴料¥600を購入し、フロントに渡します。
それでは、温泉へ・・・
大浴場、露天風呂、サウナもあり、柔らかな温泉でリラックスですね。
シャンプーとボディーソープは備え付けられています。

内湯
   ↑ 内湯

泉質:弱アルカリ性ナトリウム塩化物質
効能:神経痛・関節痛・慢性消化器病・慢性皮膚炎など

大広間   
   ↑ 大広間
休憩室
   ↑ 休憩室

館内には、大広間・休憩室・カラオケ室・個室・マッサージ室などの設備が整っています。
入浴後は、多くの方が大広間で寛いでいましたよ。

かみす若松温泉「ゆ~ぽ~と はさき」
場所:神栖市砂山15
TEL:0479-46-2424
営業:AM10:00~PM9:00 第3火休(祝祭日は第2火休)
利用料金:¥600
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
出羽の湯「宝来館」
- 2013/02/27(Wed) -
ここは、常陸太田市棚谷にある出羽の湯「宝来館」です。
水戸からですとR349を北上し、常陸太田市街へ向かう旧R349の幸久橋を渡り、最初の信号を右折ですね。
暫く直進すると和田のT字路に突き当たります。
ここを左折し、松平の信号を直進して直ぐの山田川を渡ると左手に現れます。

宝来館
   ↑ 宝来館
ロビー
   ↑ ロビー

ロビーにて、宿の方に入浴料¥500を払い、右手の温泉へ・・・
温泉の入口が現れますが、どちらが男湯か迷いますが、右手が男湯です。
タイル貼の内湯だけですが、ジャグジーになっていましたよ。
鉱泉なので加温循環式すが、ぬるぬるする温泉で、美肌に効能がありそうですね。
リンスインシャンプーとボディーソープは備え付けられているので、タオル1本で入浴出来ちゃいますね。
しかし、蛇口は4箇所ありますが、シャワーは2箇所で、鏡は設置されていませんでしたよ。

温泉入口
   ↑ 温泉入口
内湯
   ↑ 内湯

泉質:ナトリウム炭酸水素塩泉
効能:冷え症、婦人病、神経痛など
pH:9.0

旅館でもあり、そば処にもなっていますので、湯上りに美味しい二八そばもいいですね!

出羽の湯「宝来館」
場所:常陸太田市棚谷1950
TEL:0294-85-0114
日帰り入浴:AM10:00~PM4:00  毎月20日・第1日休
入浴料:¥500
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑西遊湯館
- 2013/02/18(Mon) -
筑西遊湯館

ここは、筑西市下川島にある「筑西遊湯館」です。
筑西遊湯館は、環境センターのごみ処理で発生する蒸気を活用した温水プールやお風呂を完備する健康増進施設です。
フロント横の券売機で、施設利用料券¥600を購入です。
フロントに券を渡すと、ロッカー用のカードが渡されますよ。
早速、2階へ
2階部分には、25mのスイミングプールやマッサージ効果のある7種類のバーデプールを備えたアクアゾーン、エアロバイクやランニングマシーンをはじめ、充実した機器が好評のトレーニングルームなどの設備も揃います。

スイミングプール
   ↑ スイミングプール
トレーニングルーム
   ↑ トレーニングルーム

温泉施設も2階にあります。
浴室には、内湯・露天風呂・気泡浴・サウナも完備していますよ。
ボディーソープやリンスインシャンプーも備わっています。
天然鉱石「光明石」を使用した人工温泉は、鉱石の効果で湯上り後もポカポカですよ。

人工温泉入口
   ↑ 人工温泉入口
内湯
   ↑ 内湯

人工温泉:天然鉱石「光明石」から溶出される成分
      塩化カルシウム・炭酸水素カルシウム・硫酸カルシウム・塩化マグネシウム・炭酸水素マグネシウム
      硫酸マグネシウム・塩化カリウム・塩化ナトリウム・硫酸カリウム・硫酸ナトリウム・硅酸
効能:神経痛・腰痛・冷え性・痔・疲労回復など

入浴後には、ゆったりとくつろぎながら食事ができる大広間やリラックスルームもありますよ。
なかなか大きな施設ですが、施設利用料¥600でプール・トレーニングルーム・人工温泉を全て楽しめちゃいますね。

「筑西遊湯館」
場所:筑西市下川島471-2
TEL:0296-33-5151
開館:平日AM10:00~PM10:30
    土日祝日AM10:00~PM9:00
    第2・4木曜休館(定休日が祝日の場合、翌日休館)
利用料金:¥600(年間会員は¥400)
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平潟港温泉「友の湯旅館」
- 2013/02/06(Wed) -
友の湯旅館

ここは、北茨城市平潟町にある平潟港温泉「友の湯旅館」です。
平潟港から狭い道を登った山間にある隠れ宿的な存在で、2006年秋にリニューアルされた洋風な旅館ですね。

温泉棟
   ↑ 温泉棟
温泉案内
   ↑ 温泉案内

宿で入浴料¥500を払い、向かい側にある温泉施設へ
黒みかげ石枠タイル貼の内湯だけですが、半分がジャグジーになっていましたよ。
加温循環式すが、うすく緑茶色に濁った湯は、ぢに特効があるそうです。
リンスインシャンプーとボディーソープは備え付けられています。

内湯
   ↑ 内湯

泉質:硫黄含有炭酸水・メタケイ酸
効能:ぢ・糖尿病・貧血・腰痛・痛風など
源泉温度:16℃ 
pH:7.7

昼食付の日帰りコースもありますが、この時期のあんこう料理で宿泊もいいですね。

平潟港温泉「友の湯旅館」
場所:北茨城市平潟町493
TEL:0293-46-0551
日帰り入浴:夕方(PM3:00~PM5:00)~PM8:00 第1・3水休(詳細は事前確認して下さいね。)
入浴料:¥500
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
土浦市国民宿舎「霞浦の湯」
- 2013/01/17(Thu) -
ここは、土浦市国民宿舎「水郷」の展望浴場のある「霞浦(かほ)の湯」です。
宿泊も出来る土浦市国民宿舎「水郷」は震災の影響で休館中ですが、日帰り温泉施設である「霞浦の湯」は営業していますよ。

霞浦の湯
   ↑ 「霞浦の湯」

入口の券売機で入浴券¥400を購入し、フロントに提示します。
おやじは、早速2階にある展望温泉へ・・・

温泉入口
   ↑ 温泉入口
内湯
   ↑ 内湯

内湯しかありませんが、なかなか綺麗な温泉施設ですね。
しかし、温泉とは言っても、北海道長万部二股温泉の石灰華原石を利用した炭酸カルシウム温泉のようです。
天候が良ければ、霞ヶ浦を一望できちゃいますよ。

泉質:炭酸カルシウム・ケイ酸・マグネシウム・硫酸・マンガン・鉄
効能:あせも・湿疹・冷え性・神経痛など

食事施設などはありませんが、休日には、のんびり温泉でもいかがでしょうか!

土浦市国民宿舎「霞浦の湯」
場所:土浦市大岩田255
TEL:029-823-1631
日帰り入浴:PM2:00~PM8:00 月休
入浴料:¥400
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
横川温泉「山田屋旅館」
- 2012/12/18(Tue) -
ここは、常陸太田市(旧里美村)折橋町にある横川温泉「山田屋旅館」です。
横川温泉には、他にも「巳屋旅館」と「中野屋旅館」があり、阿武隈山系の中部に湧く温泉地として、その
発見は古く昔にさかのぼり、八幡太郎義家と伝えられているようです。

山田屋旅館
   ↑ 横川温泉「山田屋旅館」
 
風情にある歴史を感じる旅館ですね。
玄関を入り、旅館の方に立ち寄り入浴料¥500を払い、温泉へ・・・

温泉への廊下
   ↑ 温泉への廊下
温泉入口
   ↑ 温泉入口

比較的新しい湯船で、3人も入ればいっぱいでしょうか。
洗い場は2つありました。
元々鉱泉(16℃)なので加温はしており、チョロチョロではありますが源泉掛け流しなのです。
アルカリ性単純硫黄泉の天然温泉は、美肌効果や保湿性、新陳代謝の促進に優れており、「美人の湯」とも呼ばれているほか、ミネラルを豊富に含んでいるため飲用にも適しているそうです。
湯は透明で、若干の硫黄臭がし、柔らかくてヌルヌルとしていますね。

内湯
   ↑ 内湯

泉質:アルカリ性単純硫黄泉
PH:10.1
効能:神経痛・リウマチ・胃腸病・ヘルニア・打ち身・冷え性・痔疾・疲労回復など

茨城県では珍しい硫黄泉なのです。
もちろん、旅館なので宿泊も出来ますよ。

横川温泉「山田屋旅館」
場所:常陸太田市折橋町1409
TEL:0294-82-2236
日帰り入浴:AM10::00~PM4:00
入浴料:¥500
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
浅川温泉「弁天の湯」
- 2012/12/04(Tue) -
弁天の湯

今回は、大子町浅川にある浅川温泉「弁天の湯」に来ました。
大子町の田園地帯に湧く温泉で、建物の前に大きな藤棚があり、5月の初めには美しい花を咲かせます。
また、敷地内には、飲泉所や温泉スタンドもありますが、今は使用されていないようですね。

飲泉所
   ↑ 飲泉所

旅館の方に入浴料¥500を払い、早速温泉へ
内湯は7、8人が入れる石風呂で、もちろん加温していますが掛け流しのようです。

温泉入口
   ↑ 温泉入口
内湯
   ↑ 内湯

泉質:アルカリ性単純泉
泉温:27.5℃
PH:8.9
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛など

入浴後も体がポカポカと温まる温泉なのです。
昨年、温泉分析したところ、泉質がナトリウム塩化物硫酸塩泉だったのが、アルカリ性単純泉に変ってしまったようですね。
以前は賑わいをみせていたのでしょうが、ちょっと寂れた感が残ります。
以前までの入浴料は¥1000だったので、この辺も理由の一つですかね。
新館もあり、宿泊も出来ますよ。¥7000~

浅川温泉「弁天の湯」
場所:大子町浅川2336
TEL:0295-72-1090
日帰り入浴:AM10:00~PM4:00
入浴料:¥500
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
とっぷ・さんて大洋
- 2012/06/26(Tue) -
とっぷ・さんて大洋

今回は、鉾田市上幡木の「とっぷ・さんて大洋」に来ました。
大きな温泉施設で、温水プール、トレーニングルームやレストランも備わっています。
入口の券売機で、温泉利用料券を購入です。¥800
フロントに券を渡すと、ロッカーキーが渡されます。
早速、温泉へ

温泉入口
   ↑ 温泉入口

なかなか大きな湯船ですね。
コーヒーのような黄褐色の温泉は、効能が期待できちゃいますね。
広い露天風呂からは、太平洋が一望出来ますよ。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉
泉温:28.4℃
PH:7.4
効能:きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病など

コテージもありますので、宿泊も出来ますね。

「とっぷ・さんて大洋」
場所:鉾田市上幡木1500-2
TEL:0291-39-6500
利用時間:AM10:00~PM9:00 月・年末年始休
温泉利用料金:¥800
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
湯の綱温泉「鹿の湯 松屋」
- 2012/05/23(Wed) -
「鹿の湯 松屋」

今回は、北茨城市関南町にある湯の綱温泉「鹿の湯 松屋」に来ました。
R6から少し山側に入った所にあります。
玄関先でチャイムを鳴らすと、女将さんが現れました。
先客が居るようで、「少し待って下さい。」と言われ、ロビーでお茶を飲みながら待機ですね。
湯船は1つらしく、1組ごとに入浴するシステムのようです。

ロビー
   ↑ ロビー

15分ほど待って、おやじの番がやってきました。
入浴料¥500払い、女将さんに案内されます。

温泉入口
   ↑ 温泉入口

大正ロマンを感じる風呂場の壁には、滝と鹿の絵が描かれています。
シャンプーとボディーソープは備わっていました。
タオルは持参して下さいね。
湯船にはられた温泉の色に驚きですね。
茶色く濁った温泉は、もちろん加温・加水されていますが、レトロな雰囲気がいいですね。
ぬめり感はありませんが、効能に期待出来そうですね。
また、はるか昔、傷ついた鹿が湧き出でる泉で治し立ち去るのを里人が見て、この霊泉を「鹿の湯」と名づけたという伝説があるそうですよ。

内湯
   ↑ 内湯

泉質:含鉄(Ⅱ)‐ナトリウム・カルシウム‐塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉
pH :6.4
効能:切り傷、火傷、慢性婦人病
   効能に脳とも書かれており、ヒステリーにも効果があるようです。

もちろん、温泉宿なので宿泊も出来ますし、キンキ料理が有名だそうですよ。
たまには、温泉もいかがでしょうか!

湯の綱温泉「鹿の湯 松屋」
場所:北茨城市関南町神岡下1435
TEL:0293-46-1086
日帰り入浴:AM10:00~PM4:00 火休
個室休憩入浴:¥1500(持ち込み自由)
入浴のみ:¥500
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
袋田温泉 滝味の宿「豊年万作」
- 2012/04/25(Wed) -
豊年万作

大子町袋田の滝味の宿「豊年万作」に来ました。
袋田の滝の近くにある大きな温泉宿ですね。
日帰り温泉も楽しめるようで、フロントで入浴料の¥1000を払い、早速温泉です。
エレベーターで三階に上がると、温泉施設があります。

温泉入口
   ↑ 温泉入口

ホテルの温泉は、比較的空いているので穴場ですね。
内湯と露天風呂があり、どちらも数名ほど入れるでしょうか。
PH値が高いの割りには、ぬるっと感がありませんが、優しい湯なのです。
もちろん、シャンプーやボディーソープは備わっていますよ。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:アルカリ性単純泉
PH:9.4
効能:神経痛・筋肉痛・打ち身・痔・冷え症・関節痛など

食事と温泉がセットになった個人様向け日帰り個室温泉プランもありますよ。
もちろん、ホテルなので1泊2食¥12000からの宿泊も出来ちゃいます。
温泉は、いいですよねー!

滝味の宿「豊年万作」
場所:大子町袋田169-3
TEL:0295-72-3011
日帰り入浴:AM10:00~PM4:00
入浴料:¥1000
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
うぐいす谷温泉「竹の葉」
- 2012/04/05(Thu) -
竹の葉

ここは、北茨城市磯原町にあるうぐいす谷温泉「竹の葉」です。
なかなか立派な門構えで、風情ある隠れ家風の宿なのです。
フロントで入浴料¥500を払い、温泉へと向かいます。
2階の温泉への廊下もいい雰囲気ですね。

温泉への廊下
   ↑ 温泉への廊下

長い廊下の先に脱衣所があり、綺麗に整理されています。
内湯と露天風呂も完備され、内湯には10名、露天には数名が入れるでしょうか。
湯船の下には小さな川も流れており、風情がありますね。
無味無臭の温泉で、ぬめり感はほとんどありません。
もちろん、旅館なのでシャンプー類は揃っています。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
PH :7.9
効能:神経痛・関節痛・切り傷・慢性皮膚病など

時間は限定されますが、この雰囲気で¥500は安いですね。
もちろん、宿泊も出来ちゃいますよ。

うぐいす谷温泉「竹の葉」
場所:北茨城市磯原町鶯谷2275
TEL:0293-42-2288
昼食付・個室利用入浴:¥5250~(AM11:00~PM2:00)
入浴のみ:¥500(PM3:00~PM7:00) 無休
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伝正寺温泉「桜井館」
- 2012/03/22(Thu) -
桜井館

今回は、桜川市(旧真壁町)の伝正寺温泉「桜井館」に来ました。
旧真壁町から西へ向かい伝正寺を目指します。
震災で大きなダメージを受けた伝正寺の右手に温泉はありました。
ひなびた温泉宿なので、入るのにはちょっと抵抗がありますね。

レトロなフロント
   ↑ レトロなフロント

入口を入った玄関先に電話の子機が置かれており、そちらから連絡すると女将さんが現れました。
日帰り温泉の入浴は大丈夫なようで、入浴料¥500を払い、早速温泉へ向かいます。
しかし、1人客のせいなのか?女湯を案内されましたよ。
こちらも震災の影響で、色々な所にゆがみが出来ていましたね。

温泉入口
   ↑ 温泉入口

2ヶ所の洗い場がありますが、片方はシャワーしか使用できませんでした。
シャンプー・ボディーソープは備わっています。
無味無臭の温泉は、ぬるっと感はありませんが、優しいお湯ですね。
また、湯船には真壁産の御影石が使用されており、湯は筑波山・加波山の地下水が使用されています。

内湯(女湯)
   ↑ 内湯(女湯)

ちなみに男湯も覗いてみましたが、こちらは少し広めで、壁に筑波山が描かれています。

内湯(男湯)
   ↑ 内湯(男湯)

泉質:単純二酸化炭酸泉
PH :6.1
効能:神経痛・リューマチ・冷え性・腰痛など

もちろん、温泉宿ですので宿泊も出来ますよ。
芥川龍之介や室生犀星など多くの文人達に愛された宿のようです!
たまには、温泉もいかがでしょうか!

伝正寺温泉「桜井館」
場所:桜川市真壁町桜井1074-26
TEL:0296-55-2131
日帰り入浴:AM11:00~PM5:00 不定休
入浴料:¥500
 
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大子温泉 道の駅「奥久慈だいご」
- 2012/02/28(Tue) -
道の駅「奥久慈だいご」

ここは、大子町のR118沿いにある道の駅「奥久慈だいご」です。
1階にはレストランがあり、こんにゃく・お茶・シャモ肉・ゆば・豆腐・地ビールなどの特産品やお土産の店もあります。
そんな道の駅の2階には、温泉街ならではの日帰り温泉施設があります。

温泉入口
   ↑ 温泉入口

受付で入浴料¥500を払い、早速温泉へ・・・

内湯
   ↑ 内湯

まだ綺麗な施設は、湯船・床・壁の下半分は石張りで壁の上半分と天井は木という凝った造りで、5人ほど入れる湯船があります。
ボディーソープやリンスインシャンプーも備わり、タオル類も販売されていますが、タオルだけ持参すればOKですね。
湯は無色透明無味無臭で全くクセがなく、多少の塩素臭はありますが、スベスベしますね。
もちろん、加温・循環しています。

泉質:ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
PH:8.7
泉温:31.6度
効能:神経痛・筋肉痛・胃腸病・リュウマチ・慢性皮膚炎・動脈硬化症など

休憩所
   ↑ 休憩所

休憩場所もあり、湯上りにはのんびり出来ちゃいますね。
長距離ドライブの骨やすめにお勧めですよ。

大子温泉 道の駅「奥久慈だいご」
場所:大子町池田2830-1
TEL:0295-72-6111
日帰り入浴:AM11:00~PM8:00 第1・3水及び12/31・1/1休
入浴料:¥500
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中根の湯「はこや旅館」
- 2012/02/16(Thu) -
ここは、ひたちなか市中根にある中根の湯「はこや旅館」です。

はこや旅館
   ↑ 中根の湯「はこや旅館」(奥が新館)

高速道の東水戸道路のひたちなかICの直ぐ傍にありますが、ここまでの道のりは解りづらいですね。
虎塚古墳や十五郎穴の史跡へ向かい、道なりの坂を下ると「はこや旅館」の小さな看板があり、車幅いっぱいのあぜ道を500mほど行くと現れます。
田んぼの中の一軒家ですね。

小さな看板
   ↑ 小さな看板

玄関を開け、女将さんに入浴料¥700を払い、2階の温泉へ

内湯
   ↑ 内湯

比較的新しい建屋で、湯船も綺麗ですね。
洗い場は3ヶ所あり、湯船も3人ほど入れるでしょうか。
シャンプー・コンディショナー・ボディソープは備わっていますので、タオルのみ持参すればOKですね。
ぬるっとはしませんが、無色透明の柔らかい温泉です。
鉱泉ですので、加温した循環湯ですね。

泉質:ラジウム・メタケイ酸
泉温:19.3℃ 
PH:7.3
効能:腰痛・手足痛・アトピー・火傷一般・打ち身・くじき・皮膚炎・じんましん・むち打ち症・神経痛・
    リューマチ・関節炎・アレルギー体質・胃腸内疾患・更年期障害など

更衣室からの田園風景
   ↑ 更衣室からの田園風景

多くの効能があり、たまには温泉もいいですね。
もちろん、旅館ですので宿泊も出来ますよ。¥8500~
また、休憩付の入浴も出来るようで、旧館にのんびりスペースが備わっているようです。

中根の湯「はこや旅館」
場所:ひたちなか市中根3484
TEL:029-273-8516
日帰り入浴:AM8:30~PM10:00 無休
入浴料:¥700(1日¥1300)
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北浦宝来温泉「つるるんの湯」
- 2012/02/02(Thu) -
つるるんの湯

ここは、行方市山田にある北浦宝来温泉「つるるんの湯」北浦湖畔荘です。
目の前に北浦を眺めることの出来る宿泊施設ですね。
フロントにて入浴料¥750(貸しタオル付)を払い、早速温泉へ・・・

温泉入口
   ↑ 温泉入口

入浴者はおやじだけのようで、少し小さめな女湯に通されましたよ。
なかなか綺麗な施設で露天風呂もありますが、ポリの浴槽は風情がありませんね。
シャンプー・ボディソープなどは備わっていますよ。
茶褐色の湯はメタケイ酸の臭いがし、効能が期待できちゃいそうですね。
さらに、スベスベした湯は肌にも良さそうなのです。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:アルカリ・メタケイ酸
泉温:18.3度
P H:9.0
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺など

温泉はいいですよね~!

北浦宝来温泉「つるるんの湯」北浦湖畔荘
場所:行方市山田1-7-1
TEL:0291-35-0123
日帰り入浴:AM11:30~PM9:00
入浴料:¥750
    (不定休の為、事前にお問い合せ下さい。)
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
川中子温泉「極楽荘」
- 2012/01/11(Wed) -
ここは常陸太田市小目町にある川中子温泉「極楽荘」です。
常陸太田市の南に位置する田園の中の温泉です。
昔は栄えたのでしょうが、今はひなびた温泉宿なのです。

極楽荘
   ↑ 川中子温泉「極楽荘」

フロント風な所で入浴料の¥500を払い、早速温泉へ・・・
ちょっと分り難い料金表ですが、表記時間内入浴可だそうで、休憩しながら何度でも入浴出来るようです。

料金表
   ↑ 料金表
温泉への廊下
   ↑ 温泉への廊下(右手が休憩所)

廊下の突き当たりを左折すると岩風呂なる表示があり、こちらが男湯のようです。
レトロ感いっぱいの更衣室なのです。

更衣室
   ↑ 更衣室

内湯のみの温泉は、5人も入ればいっぱいな感じですね。
また、洗い場は1つしか無く、石鹸があるだけでしたよ。
地下200mから湧き出た温泉は茶褐色で、スベスベして効能がありそうですね。
もちろん加温していますが、掛け流しなのです。

岩風呂風な内湯
   ↑ 岩風呂風な内湯

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
泉温:16℃
PH :7.3
効能:糖尿病・リウマチ・胃腸病など

若い方にはお勧めできませんが、たまにはレトロな温泉もいいですよね。
下記に入浴料を示しますが、時間内は何度でも入浴出来るようです。

川中子温泉「極楽荘」
場所:常陸太田市小目町751
TEL:0294-74-4126
入浴料:AM9:00~PM5:00 ¥600
     PM2:00~PM5:00 ¥500
     PM5:00~PM9:00 ¥400 木休
     (金土日祝はPM10:00迄)
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
湯小屋温泉「湯小屋泉荘」
- 2011/12/15(Thu) -
ここは、水戸市下入野町にある湯小屋温泉「湯小屋泉荘」です。
駐車場の前は茨城町になり、水戸市と茨城町の境にある温泉なのです。

湯の小屋泉荘
   ↑ 湯小屋泉荘

ここまで辿り着くのが大変な温泉で、水戸からですと水戸南ICを直進し、茨城町に入ってから広浦小学校方面へ右折します。
小学校先の交差点の信号を過ぎたら直ぐに右折ですよ。
200mほど走ると電柱に「湯の小屋泉荘」の案内板があり、そこを左折します。

電柱の案内板
   ↑ 電柱の案内板

ここからは道幅が狭くてすれ違うことも出来ませんが、300mほど道なりに走ると「湯の小屋泉荘」が現れます。
看板も無いので解り難いですが、白い2階建ての家と思われる建屋が「湯の小屋泉荘」ですよ。
施設は古いですが、以前は鯉こくなどを提供する繁盛の温泉宿だったようです。
確かに、現在も送迎用のバス2台も所有していますよ。

唯一の玄関の看板
   ↑ 玄関の看板

玄関を入り、女将さんに入浴料の¥350を払い早速温泉へ・・・
古いタイル張りの湯船は、数名が入れるでしょうか。
さらに、ライオン湯口はレトロ感いっぱいなのです。
温泉は滑りもありませんが、軟らかい感じの温泉ですね。
17℃の湧水の鉱泉なので加温していますが、掛け流しなのです。
県外から訪れる方もいるそうで、皮膚病に効能があるそうですよ!

内湯
   ↑ 内湯

泉質: ?
効能:アトピー性皮膚炎・切り傷など

現在は、地元の人の根強いファンによって支えられている温泉のようですが、宿泊も出来ますよ。
女将さん曰く、1泊2食付で¥6300からだそうです。
内湯の下には源泉が湧き出しており、鯉も泳いでいましたよ。
HPなどありませんので、直接TELで確認して下さいね。

休憩所
   ↑ 休憩所(宴会場)
鯉も泳ぐ源泉
   ↑ 鯉も泳ぐ源泉

湯小屋温泉「湯小屋泉荘」
場所:水戸市下入野町2192
TEL:029-269-4583
日帰り入浴:AM9:00~PM7:00頃迄 不定休
入浴料:¥350
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ