fc2ブログ
ホテル「レイクサイドつくば」 
- 2024/02/03(Sat) -
レイクサイドつくば

今回は、つくば市下岩崎にあるホテル「レイクサイドつくば」に来ました。
つくば市とはいっても牛久沼近くのつくば市の南端にありますね。
フロントで日帰り入浴料を払い、早速、2階の温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所

内湯と露天風呂がありますが、内湯は2階にあり、露天風呂は地下1階にあるので着替えての移動利用になります。
洗い場は10カ所あり、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
地下880mから汲み上げられた湯は、無色透明の弱アルカリ性なので肌に優しいですよ。
内湯からは、ホテルのプールとウォータースライダーが見えます。

洗い場
   ↑ 洗い場
内湯
   ↑ 内湯

地下1階にある露天風呂は、午後0時からの利用となります。
個室のシャワー室が4カ所あり、こちらもシャンプー・コンディショナー・ボディーソープが揃います。
手前の小さめな露天風呂は源泉掛け流しで、泉温が低いので加温されていますが循環していませんよ。
露天風呂からは牛久沼を望めます。

脱衣所
   ↑ 脱衣所
露天風呂
   ↑ 露天風呂
牛久沼を望む
   ↑ 牛久沼を望む

泉質:ナトリウム・塩化物泉
泉温:31.0℃
pH値:7.6
効能:切り傷・やけど・慢性皮膚病・神経痛・慢性婦人病など

湯上がりには、1階のエレベータ前に日帰り入浴用の「いちょう」の間やロビーでのんびり過ごせますね。

日帰り休憩処
   ↑ 日帰り休憩処「いちょう」(AM11:00~PM4:00)
ロビー
   ↑ ロビー

ホテル「レイクサイドつくば」 (HP)
場所:つくば市下岩崎708-1
TEL:029-876-5050
日帰り入浴(内場):AM11:00~PM8:00(※木曜はPM3:00~)
    (露天風呂):PM0:00~PM8:00
入浴料:¥1000(平日:¥900)
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | ▲ top
SPA&ごはん「ゆるうむ」
- 2023/12/16(Sat) -
ゆるうむ

今回は、水戸市小吹町にある日帰り入浴施設のSPA&ごはん「ゆるうむ」に来ました。
以前の「御老公の湯」をリニューアルし、11月17日にOPENしたようです。
入口を入って右手の靴箱に靴を入れ、フロントに靴箱のキーを渡して入浴コースを選びます。
館内着とタオルの付くフリータイムやタオル持参で時間を選べる銭湯コースなどがあり、銭湯コースをお願いしましたよ。
料金は後払いで、リストバンドが渡され、食事時にも利用します。
早速、1階奥のお風呂へ。
館内は綺麗になりましたが、配置や湯船は同じですね。

お風呂へ
   ↑ お風呂へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所
洗面所
   ↑ 洗面所

温泉ではありませんが、内湯(高濃度炭酸泉・ジェットバス・ハーブ湯)・3種類のサウナ・露天風呂がありますね。
洗い場は20カ所ぐらいあり、ボディーソープ・シャンプー・コンディショナーが揃いますので、タオル持参でOKですね。
高濃度炭酸泉は血行も良くなり、温まりますね。

洗い場
   ↑ 洗い場
色々な湯船
   ↑ 色々な湯船
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:高濃度炭酸泉・ハーブ湯など
泉温: -
pH値: -
効能:血行促進・美肌・疲労回復

湯上がりには、2階の食事処「ごはんるうむ」や幾つかの休憩ラウンジがあり、12,000冊ものマンガも置かれていますよ。
さらには、テラスやハンモックなどもあり、宿泊施設もあるようです。
時間のある方は1日過ごせますね。

ごはんるうむ
   ↑ 食事処「ごはんるうむ」
休憩ラウンジ
   ↑ マンガも読める休憩ラウンジ
畳の部屋
   ↑ 畳の部屋

精算は、フロント右手の精算機にリストバンドのダグをかざして表示された料金を払うシステムで、フロントにリストバンドを返して靴箱のキーと交換ですね。

精算機
   ↑ 精算機

SPA&ごはん「ゆるうむ」
場所:水戸市小吹町2624-1
TEL:029-291-8525
営業:AM10:00~翌AM9:00(AM1:00~AM5:00を除く)
入浴料(フリータイム):平日¥1750(時間制限なし・タオル・館内着付)
   銭湯120分コース:平日¥1280(タオル・館内着なし)
   銭湯90分コース:平日¥980
   銭湯60分コース:平日¥680
※土日祝日は、上記より¥100増しになります。
「ごはんるうむ」:AM11:00~PM9:30
宿泊棟:平日¥15000・土日祝:¥16000
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | ▲ top
ホテル「いやしの里」
- 2023/08/27(Sun) -
いやしの里

今回は、土浦市本郷にあるホテル「いやしの里」に来ました。
筑波山の南東側のフルーツライン沿いにありますが、朝日トンネルも開通し交通量も減って道路沿いの雑草が伸びていますね。
宿泊はもちろんのこと、キャンプ場や岩盤浴もある小さなホテルです。
フロントで平日の日帰り入浴料¥1100を払うとカゴに入ったバスタオルとフェイスタオルが渡され、早速、お風呂へ。

お風呂へ
   ↑ お風呂へ
岩盤浴兼用の更衣室
   ↑ 岩盤浴兼用の更衣室
お風呂専用脱衣所
   ↑ お風呂専用脱衣所

フロント横に岩盤浴(¥2150)もあるので更衣室が兼用ですが、岩盤浴の方はお風呂には入れません。(別料金)
さらに進むと風呂専用の脱衣所がありますね。
内湯・露天風呂があり、温泉ではありません。
洗い場は5カ所あり、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープが揃い、タオルも貸し出されるので手ぶらでOKですね。
ジャグジー付き炭酸風呂とありますが、全く気泡が現れませんね?
高台にあるので、露天風呂からは関東平野・霞ヶ浦・土浦市街を見渡せ、夜景も楽しめますね。

洗い場
   ↑ 洗い場
内湯
   ↑ 内湯(ジャグジー付き)
露天風呂
   ↑ 露天風呂
湯ラックスおやじ
   ↑ 湯ラックスおやじ
露天風呂からの眺望
   ↑ 露天風呂からの眺望(霞ヶ浦・土浦市街)

泉質:人工炭酸風呂?
泉温: ― ℃
pH値: ―
効能:高血圧・動脈硬化・糖尿病・肥満・美肌など?

湯上がりの休憩処はないので、廊下の長椅子かロビーでちょっとだけ休憩ですね。
朝日トンネルの開通やコロナの影響もあってお客さんも減ったのでしょうね。
以前は駐車場側に食事処もあったようですが、施設全体がちょっと荒れていますね。

長椅子
   ↑ 長椅子

ホテル「いやしの里」
場所:土浦市本郷2141-2
TEL:029-862-2400
日帰り入浴:AM9:00~PM11:00 無休
入浴料:¥1320(平日¥1100)
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | ▲ top
岩盤温浴リゾート「ココプララ」
- 2023/07/27(Thu) -
ココプララ

今回は、茨城町桜の郷にある岩盤温浴リゾート「ココプララ」に来ました。
お風呂と岩盤浴を楽しめる日帰り入浴施設です。
入口の個人用靴箱に靴を入れ、フロントで受付すると館内用のキーが渡されるので後払いですね。
今回は入浴だけをお願いしましたが、岩盤浴も楽しめますよ。

浴室へ
   ↑ 浴室へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所

内湯・露天風呂・サウナがあります。
洗い場は20カ所あり、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
内湯には高濃度炭酸泉・シルクの湯やジェットバスがあります。
露天風呂は、日替わりで全国の温泉が楽しめますね。
おやじのお肌もしっとりしちゃいましたよ。

洗い場
   ↑ 洗い場
内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂(この日は下呂温泉)

泉質:高濃度炭酸泉・シルクの湯・人工温泉など
泉温: ― ℃
pH値: ―
効能:血行促進・美肌・疲労回復など

岩盤浴は+¥650ですが、岩塩・薬石・妄想・涼風など6種の岩盤浴が楽しめ、色々な効能があるようです。
さらに、岩盤浴専用のTV付きリラクゼーションルームもあります。
次回は、岩盤浴プラスですね。
湯上がりにはカフェ&グリル「パレット」や中庭にアトリウムガーデンがあり、さらには、ラウンジやねころび処でのんびり過ごせますね。

岩盤浴入口
   ↑ 岩盤浴入口
パレット
   ↑ カフェ&グリル「パレット」
アトリウムガーデン
   ↑ アトリウムガーデン
ラウンジ
   ↑ ラウンジ
ねころび
   ↑ ねころび

岩盤温浴リゾート「ココプララ」
場所:茨城町桜の郷1100
TEL:029-219-1126
入館受付:AM10:00~PM10:00 月休(祝日は営業)
入浴料:¥930(平日:¥830)
入浴+岩盤浴:¥1580(平日:1480)(岩盤浴衣・敷タオル含む)
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑波山温泉 筑波山ホテル「青木屋」vol.2
- 2023/05/27(Sat) -
青木屋

今回は、つくば市筑波の筑波山温泉 筑波山ホテル「青木屋」に来ました。
10年以上ぶりの訪問になりますね。
3階にあたるフロントで日帰り入浴料¥1200を払い、エレベーターで7階の温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所

内湯・露天風呂・サウナがありますが、サウナは宿泊者の時間帯ですね。
洗い場は10カ所あり、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
湯は無色透明で、アルカリ性で肌に優しいですね。
泉温が低いので加温されています。
内湯からガラス越しに関東平野を望めますね。

洗い場
   ↑ 洗い場
内湯
   ↑ 内湯「銀河の湯」

パノラマ露天風呂へは、一度着替えて通路を戻った所にあり、洗い場はありませんね。
女性湯は、広い露天風呂付きなので移動しなくてもいいようです。
露天風呂からも関東平野を望めますね。

露天風呂入口
   ↑ 露天風呂入口
脱衣所
   ↑ 脱衣所
露天風呂
   ↑ パノイラマ露天風呂「雲上の湯」

泉質:アルカリ性単純泉
泉温:27.8℃
pH値:10.3
効能:美肌・神経痛・関節痛・疲労回復など

湯上がりには、温泉入口の小さな休憩所やロビーでのんびり過ごせますよ。
ロビーからの眺望もいいですね。

休憩所
   ↑ 休憩所
ロビー
   ↑ ロビー

vol.1:筑波山温泉「青木屋」

筑波山温泉 筑波山ホテル「青木屋」
場所:つくば市筑波753-1
TEL:029-866-0311
日帰り入浴:PM0:00~PM3:00 (不定休:HP参照)
入浴料:¥1200
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
磯原温泉「としまや 月浜の湯」
- 2020/04/25(Sat) -
月浜の湯

今回は、北茨城市磯原町にある磯原温泉「としまや 月浜の湯」に来ました。
フロントで日帰り入浴料¥1000を払い、早速、エレベーターで5階の温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所

内湯・小さな露天風呂があります。
4階には有料の貸切露天風呂(PM2:00~)もあるようです。
洗い場は5カ所あり、リンスインシャンプー・ボディーソープ・ひげ剃りが揃いますので、タオル持参でOKですね。
湯は無色透明で、僅かに硫黄臭がする弱アルカリ性なので肌に優しいですね。
泉温が低いので、加温・加水・循環されていますね。
太平洋側に面しているので、内湯・露天風呂から太平洋を望めます。

洗い場
   ↑ 洗い場
内湯
   ↑ 内湯「月見の湯」
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
泉温:16.9℃
pH値:8.5
効能:慢性皮膚病・切り傷・糖尿病・美肌効果・慢性婦人病・リウマチ・神経病など

湯上がりには、お好み料亭「魚ぐん探ちき」もあり、1階のロビーでちょっと休憩ですね。

魚ぐん探ちき
   ↑ お好み料亭「魚ぐん探ちき」
ロビー
   ↑ ロビー

磯原温泉「としまや 月浜の湯」
場所:北茨城市磯原町磯原200-3
TEL:0293-43-1311
日帰り入浴:AM11:00~PM2:00 月休
入浴料:¥1000
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
海の露天風呂「湯かっぺ」
- 2020/02/07(Fri) -
湯かっぺ

今回は、北茨城市磯原町の「メイムズランド」にある海の露天風呂「湯かっぺ」に来ました。
入口左手の入浴券売機に日帰り入浴料¥500を投入し、下駄箱のキーと入浴券をフロントに渡すとロッカーキーが渡され、早速2階の露天風呂へ。

風呂入口
   ↑ 風呂入口
脱衣所
   ↑ 脱衣所

2層の内湯があります。
温泉ではなく、人工の高濃度炭酸泉ですね。
もう片方は変わり湯で、この日はちょっと熱めな(42℃)海洋深層水風呂でしたよ。
寒い時期は窓が閉まっているので、露天風呂ではありませんね。
窓からは目の前に太平洋が広がりますよ。
洗い場は6カ所あり、リンスインシャンプーとボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
優しい湯なので、のんびり入浴出来ちゃいますね。

洗い場
   ↑ 洗い場
内湯
   ↑ 内湯

泉質:高濃度炭酸泉・海洋深層水
泉温: ―
pH値:7.2~8.0
効能:高血圧症・筋肉痛・神経痛・肩こり・腰痛など

1階には足湯があり、カフェテリア「YOU CAFE°」には多くのマンガ本もあって食事も出来ます。
さらには、太平洋が一望できる大広間でのんびり過ごせますね。

足湯
   ↑ 足湯
カフェテリア
   ↑ カフェテリア
休憩所
   ↑ 休憩所

同敷地には、だいぶ以前に紹介したからし焼きのきたいば食堂「よっこらしょっ」や宿泊のできるトレーラーホテルもありますね。

よっこらしょっ
   ↑ きたいば食堂「よっこらしょっ」
トレーラーホテル
   ↑ トレーラーホテル

「メイムズランド」海の露天風呂「湯かっぺ」
場所:北茨城市磯原町磯原2547-3
TEL:0293-41-7555
日帰り入浴:AM10:00~PM10:00
 (土日祝はAM7:00~)
入浴料:¥500
きたいば食堂「よっこらしょっ」
営業:AM11:00~PM2:00
    PM5:30~PM9:00
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小美玉温泉「ことぶき」   リニューアル 小美玉温「湯~Go!」
- 2016/03/03(Thu) -
ことぶき

今回は、小美玉市にある市営の日帰り温泉施設である小美玉温泉「ことぶき」に来ました。
旧 「老人いこいの家小川温泉寿荘」ですが、平成24年にリニューアルオープンした奇麗な施設ですね。
施設の前には、グラウンドゴルフ場もありますよ。
フロントで入浴料¥600を払います。
市内の方は¥300で、小学生以下や70歳以上の方は¥100とお得なので、地元の年配の方が多く訪れますね。
フロントの左側奥にお風呂があり、早速、温泉へ

温泉へ
   ↑ 温泉へ

脱衣場には¥100返却式ロッカーがあります。
浴室には備え付けのシャンプーやボディーソープはありますが、タオル類は持参しましょうね。
湯は黒に近い茶褐色で、スベスベしてお肌に良さそうですね。
泉温が低いので、39℃とやや低めに加水・加温された循環式のようです。
外には、やや熱めの露天風呂があり、今年1月に完成したサウナまでありますよ。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂 
   ↑ 露天風呂

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
泉温:20.7度
pH:8.4
効能:きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病など

フロント左手には小さな食事処があり、ロビーのテーブルで食事も出来ます。
湯上りには、フロント右奥の大広間に休憩所があります。
さらに、有料の休憩室2室もあるようです。

小美玉温泉「ことぶき」
場所:小美玉市上吉影58-1
TEL:0299-53-0059
営業:AM10:00~PM8:00 水休
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
湯治の宿 ラジウム温泉「河鹿園」   閉館
- 2015/05/28(Thu) -
河鹿園

今回は、大子町袋田にある湯治の宿 ラジウム温泉「河鹿園(かじかえん)」に来ました。
フロントで入浴料¥500を払い、ロビー奥の離れに温泉入口があります。

ロビー
   ↑ ロビー

くつろぎの湯と名打った湯ですが、温泉ではなく厚生労働省認可のラジウム温浴剤が溶かされた人工温泉です。
露天風呂はありませんが、内湯からの眼下には久慈川が流れ、JR水郡線の鉄橋も見える自然に囲まれた温泉ですね。
人工温泉ですが、無色・無臭の軟らかい湯ですよ。
備え付けのシャンプーやボディーソープはありますので、タオル類は持参しましょうね。

くつろぎの湯
   ↑ くつろぎの湯案内
内湯
   ↑ 内湯

泉質:ラジウム泉(人工)
効能:リウマチ・神経痛・ぢ・冷え性・腰痛・疲労回復など

湯上り後の休憩所はありませんが、ロビーでのんびりは出来ますね。
また、昼食「小鉢弁当」+日帰り温泉プラン(¥2,500)もあるようです。
もちろん、27室103名収容の宿なので、宿泊も出来ますよ。

湯治の宿 ラジウム温泉「河鹿園」
場所:大子町袋田2129
TEL:0295-72-5151
日帰り入浴:AM11:00~PM5:00 無休
入浴料:¥500
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
五浦観光ホテル 別館「大観荘」
- 2015/05/07(Thu) -
別館 大観荘

今回は、北茨城市大津町にある五浦観光ホテル 別館「大観荘」に来ました。
フロントで入浴料¥1000を払い、フロント向かい側の長い渡り廊下の先に温泉入口があります。

長い渡り廊下
   ↑ 長い渡り廊下

天然の温泉の源泉温度が高く、源泉掛け流しだそうですよ。
若干の白く濁った温泉は、カルシウム分が強いようですね。
広々とした2つの露天風呂からは、雄大な太平洋が眺めますね。
開放感あふれる景色をみながらの温泉は気分がいいですね。
備え付けのシャンプーやボディーソープはありますので、タオル類は持参しましょうね。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂
露天風呂2
   ↑ 露天風呂2

泉質:ナトリウム・カルシウム・塩化物泉
源泉温度:71℃
pH:7.9
効能:きりきず・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病・病後疲労回復など

休憩室
   ↑ 休憩室

温泉入口にテーブル席やテラス席があり、食事は出来ませんが太平洋を眺めながらのんびり休憩が出来ますよ。
また、レストランで食事をされると入浴料が¥800となるようで、部屋での昼食と入浴料がセットになった「湯らっくすプラン」もあります。

五浦観光ホテル 別館「大観荘」
場所:北茨城市大津町722
TEL:0293-46-1111
日帰り入浴:AM11:00~PM9:00
入浴料:¥1000
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑波山温泉「つくば湯」
- 2015/04/03(Fri) -
つくば湯

ここは、筑波山の中腹にある筑波山温泉「つくば湯」です。
彩香の宿「一望」の日帰り温泉施設になるようです。
フロントで下駄箱のキーを預け、入浴料を払うと更衣室のロッカーのリストバンドが渡されます。
おやじは、早速温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ

施設内には、内湯・露天風呂・サウナ・水風呂があります。
ボディーソープ・リンスインシャンプーはありますが、タオルなどは別売りとなりますので持参しましょうね。
露天風呂からは、筑波山頂へのロープウェイ乗り場が望めますよ。
無色透明の肌に優しい温泉ですが、pH値10.3のわりには、スベスベ感がありませんね。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

源泉名:筑波山温泉
泉質:アルカリ性単純泉
泉温:27.7℃
pH値:10.3
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・疲労回復など

食事処兼休憩所
   ↑ 食事処兼休憩所

湯上りには、大広間に食事処兼休憩所もありますので、のんびり休憩出来ますね。

筑波山温泉「つくば湯」
場所:つくば市筑波64-9
TEL:029-866-2983
営業時間:AM10:00~PM8:30
入浴料:平日¥1100・土日祝¥1300
定休日:なし(工事等で臨時休館日あり)
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「極楽湯」水戸店
- 2015/03/04(Wed) -
極楽湯

今回は、水戸市大塚町にある「極楽湯」水戸店に来ました。
全国にチェーン展開する日帰り入浴施設ですね。
入口のキー付き下駄箱に靴を入れ、フロントで№入りのリストバンドが渡されます。
館内での食事やボディケアは、もちろん別料金ですが、リストバンドの№にチェックされ、全てが後払いとなるようです。
おやじは、早速温泉へ

温泉へ
   ↑ 温泉へ

更衣室のロッカーにもキーがあり、下駄箱のキーや№入りリストバンドはロッカー内にしまいましょう。
内湯には、炭酸の湯・日替の湯・ジェット噴流・高温サウナなどがあり、露天風呂には人工の弱酸性硫黄の湯、絹の湯船や壺の湯もあります。
露天風呂からは大塚池が一望でき、今の時期なら白鳥も見れますよ。
体中が気泡だらけとなる炭酸の湯は、血流が良くなって温まりますね。
ボディーソープ・シャンプー・コンディショナーは揃いますが、タオルなどは別売りとなりますので持参した方がいいですよ。

人工の弱酸性硫黄の湯
   ↑ 人工の弱酸性硫黄の湯
絹の湯船
   ↑ 絹の湯船

泉質:人工硫黄泉
効能:角質の軟化溶解(美肌の湯)

リクライニング休憩室
   ↑ リクライニング休憩室

湯上りには食事処もあり、自家製のうどんがお勧めのようですよ。
さらに、コミック誌の多く揃ったリクライニングの休憩室、あかすりやマッサージなどのリラックス設備もあります。

「極楽湯」水戸店
場所:水戸市大塚町1838-1
TEL:029-257-4126
営業:AM9:00~AM1:00 無休
    (土日祝はAM6:00~)
入浴料:平日¥670・土日祝¥770
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひたちなか温泉「喜楽里」別邸
- 2015/01/28(Wed) -
喜楽里

今回は、ひたちなか市市毛にあるひたちなか温泉「喜楽里(きらり)」別邸に来ました。
昨年10月にOPENした日帰り温泉施設です。
館内は、なかなか落ち着いた雰囲気で、いいですね。
入口のキー付き下駄箱に靴を入れ、フロントでキー№がチェックされ、タオルセットを渡されます。
館内での食事やボディケアは、もちろん別料金ですが、キー№でチェックされ、後払いとなるようです。
おやじは、早速温泉へ

温泉へ
   ↑ 温泉へ

更衣室のロッカーにもキーが掛かりますが、あくまでもロッカー用なので、下駄箱のキーはロッカー内にしまいます。
内湯には、高濃度炭酸泉・ジェットバス・高温サウナなどはあり、外には天然温泉露天風呂「一望の湯」や寝湯などもあります。
露天風呂からは、那珂川沿いの田園風景が一望できますね。
体中が気泡だらけとなる高濃度炭酸泉は、血流が良くなって温まりますよ。
寝湯もありましたが、この時期には、ちょっと寒いですね。
ボディーソープ・シャンプー・コンディショナーは揃いますが、ブラシや髭剃りは販売機で別売りとなります。
最低でもブラシは持参した方がよさそうですね。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 天然温泉露天風呂
寝湯
   ↑ 寝湯

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
泉温:47.1℃
pH:8.1
効能:筋肉痛・腰痛・軽症高血圧・疲労回復など

さらに、プルガマサウナ(火釜)や岩盤浴もできる「温熱房」施設もありますが、こちらは、レンタル館内着のある「ゆったりコース」¥1180の方が利用出来るようです。
次回は、「ゆったりコース」で岩盤浴なども利用したいですね。
湯上りには、食事処「天風」や休み処もあるので、のんびりリラックスできちゃいますよ。
さらには、別料金のボディケア・フットケア・あかすり・エステコナーなどもあります。
意外に小さな施設なので、平日の午前中の利用がお勧めですね。

ひたちなか温泉「喜楽里」別邸
場所:ひたちなか市市毛640-2
TEL:029-229-2641
営業:AM8:00~PM11:00 不定休
入浴料金:平日¥900・土日祝¥980
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
しもつま温泉
- 2014/10/09(Thu) -
ビアスパークしもつま

ここは、下妻市長塚乙にある「ビアスパークしもつま」です。
施設内には、地ビールレストラン・ホテル・しもつま温泉・農産物直売所・体験農園・バーベキュー会場などがあります。

しもつま温泉
   ↑ しもつま温泉

おやじは、施設入口を入った左手にある「しもつま温泉」へ
温泉入口の券売機で入浴券を購入です。¥700
館内には、大広間・小和室・レストラン・セミナーハウスなどもあります。
内湯・薬湯・サウナ・露天風呂・壺湯・うたせ湯などがある大きめな温泉施設ですね。

温泉入口
   ↑ 温泉入口

地下1500mから湧き出るアルカリ性の天然温泉だそうで、無色・無臭の軟らかい温泉なのです。
ボディシャンプーやリンスインシャンプーは揃っているので、タオルだけ持参で入浴できますね。

内湯
   ↑ 内湯

泉質:ナトリウム・塩化物泉
効能:神経痛・関節痛・冷え性・慢性婦人病・疲労回復など
泉温:43.4度
pH:8.5

湯上りには、軽食コーナーや大広間もあるので、のんびり出来ますよ。

「しもつま温泉」
場所:下妻市長塚乙70-3
TEL:0296-30-5121
営業時間:AM10:00~PM10:00 第2火休
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大洗温泉「鷗松亭」
- 2014/04/20(Sun) -
鷗松亭

ここは、大洗町磯浜町にある大洗温泉「鷗松亭(おうしょうてい)」です。
全国市町村職員共済組合の公共の宿ですが、立派な温泉旅館ですね。
フロントで入浴料¥1000を払うと、フェイスタオルとバスタオルが付いてきます。
2階が温泉のようで、エレベーターで2階へ

温泉入口
   ↑ 温泉入口

男湯には先客2名と、日帰り温泉の宣伝はしていないので、ゆったりと入浴できちゃいますね。
温泉は、大洗町の「ゆっくら健康館」と同じ源泉を使用していますが、多少薄めている感はありますね。
スベスベした湯は、美肌効果も期待できそうですね。
温泉からは、旧那珂湊市街や那珂川河口、さらには太平洋まで望めます。
 
温泉からの眺望
   ↑ 温泉からの眺望
内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:ナトリウム塩化物泉
PH:7.3
効能:神経痛・筋肉痛・慢性皮膚病など

休憩所
   ↑ 休憩所

温泉入口右手には、畳敷きの小さな休憩所もあり、のんびり休憩してから帰ることもできます。
さらに、1階の食事処「水輝」では、個室でのんびり食事も出来ますよ。
しかし、前日までの予約制(AM11:30~PM1:30)のようです。

大洗温泉「鷗松亭」
場所:大洗町磯浜町祝町8179-5
TEL:029-266-1122
日帰り温泉:AM11:00~PM3:00 無休
入浴料:¥1000
この記事のURL | 日帰り温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ