fc2ブログ
道の駅・川の駅「水の郷さわら」
- 2023/06/27(Tue) -
水の郷さわら

ここは、千葉県香取市佐原にある道の駅「水の郷さわら」です。
地元産の朝どれ野菜、肉類や土産も販売され、地元の方で賑わいますね。

直売所
   ↑ 直売所
加工品の販売
   ↑ 加工品の販売

併設するフードコートには3店舗が入り、ラーメン・うどん・定食などを食せます。

フードコート
   ↑ フードコート

道の駅・川の駅「水の郷さわら」
場所:千葉県香取市佐原イ3981-2
TEL:0478-50-1183
営業:AM8:00~PM6:00 無休

川の駅

道の駅には川の駅「水の郷さわら」も隣接しており、地域物産館や観光案内所があります。
さらには、観光船(モターボート)乗船、レンタサイクル・カヌーの受付所がありますね。

地域物産館
   ↑ 地域物産館
7mの大鯉
   ↑ 7mの大鯉

川の駅「水の郷さわら」
場所:千葉県香取市佐原イ4051-3
TEL:0478-50-1138
営業:AM9:00~PM5:00 月休
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
香取神宮
- 2023/06/26(Mon) -
ここは、千葉県香取市香取にある「香取神宮」です。
日本全国に400社ある香取神社の総本社ですね。
国・県が指定する文化財200点以上を所蔵し、「海獣葡萄鏡」は国宝に指定されていますよ。
緩い上り坂の参道には多くの燈籠があり、景観がいいですね。

一の鳥居
   ↑ 一の鳥居
案内図
   ↑ 案内図
朱塗の二の鳥居
   ↑ 朱塗の二の鳥居
参道の燈籠
   ↑ 参道の燈籠

参道の先には総門があり、手前に神池があります。
さらに、右手には天明元年(1781)建立の重厚な勅使門(大宮司邸の表門)がありますね。

勅使門
   ↑ 勅使門(県指定文化財)
総門
   ↑ 総門

総門を抜けると手水舎があり、元禄13年造営で国指定の文化財でもある立派な楼門が現れます。

紹介板
   ↑ 紹介板
楼門
   ↑ 楼門

楼門を潜ると元禄13年(1700)に徳川綱吉によって造営された拝殿・本殿が現れ、ともに国指定の文化財ですね。
さらには、かつての拝殿、宝物館や末社もあります。

旧拝殿
   ↑ 旧拝殿(県指定文化財)
拝殿
   ↑ 拝殿(国指定文化財)
本殿
   ↑ 本殿(国指定文化財)

「香取神宮」
場所:千葉県香取市香取1697
TEL:0478-57-3211
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
妙光山「観福寺」
- 2023/06/24(Sat) -
ここは、千葉県香取市佐原の妙光山「観福寺」です。
寛平2年、尊海上人によって開山され、本尊は平将門の守護仏とされる聖観世音菩薩です。
鋳造懸仏や坐像など、多くの国指定の文化財が保管されています。
山門を抜けると趣のある参道があり、本堂が現れます。
本堂の左手には不動堂もありますね。

山門
   ↑ 山門
参道
   ↑ 参道
本堂
   ↑ 本堂
不動堂
   ↑ 不動堂

本堂の向かいには弘法大師像があり、石段を登ると観音堂・大師堂・鐘楼・毘沙門堂などがあります。

弘法大師像
   ↑ 弘法大師像
観音堂
   ↑ 観音堂
太師堂
   ↑ 大師堂

境内墓所には日本地図の恩人伊能忠敬の墓があります。
東京都東上野の源空寺に埋葬され、ここには爪と毛髪が埋葬されています。

紹介板
   ↑ 紹介板
伊能忠敬の墓
   ↑ 伊能忠敬の墓

妙光山「観福寺」
場所:千葉県香取市牧野1752
TEL:0478-52-2804
受付時間:AM9:00~PM4:30
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うなぎ「別館山田」
- 2023/06/23(Fri) -
別館山田

今回は、千葉県香取市玉造の国道51号線沿いにあるうなぎ「別館山田」に来ました。
江戸中期創業の老舗のうなぎ屋さんで、休日・平日問わず行列となる人気店ですね。
店に着いたら店内で整理券をもらう順番制なので、予約はできません。
お昼時は1時間ほど待つようですね。
店内には、カウンター3席・大小のBOXテーブル12卓・テーブル3卓・座敷に8卓があります。

カウンター席
   ↑ カウンター席
BOXテーブル席
   ↑ BOXテーブル席
メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、直鰻重(上)を注文です。¥4200
鰻重もありますが、こちらはご飯と蒲焼きが別に盛られるようです。
他には、蒲焼¥3350・蒲白焼¥3350があり(上)は各¥3900、鰻丼¥3300・鰻重¥3800・直鰻重¥3800があり(上)は各¥4200で、特上鰻¥5550もあります。
鰻御膳やつまみ類はなさそうです。

直鰻重
   ↑ 直鰻重(上)
蒲焼き
   ↑ 蒲焼き
肝吸い
   ↑ 肝吸い

出てきた直鰻重(上)には、鰻重に肝吸い・小鉢・香の物が付きます。
うな重は、重箱からはみ出すほどの大きな鰻の蒲焼きが載ります。
やや甘辛いタレで焼かれたうなぎが柔らかくて美味しいのです。

おやじの総合評価:★★★★★

うなぎ「別館山田」
場所:千葉県香取市玉造1-1-22
TEL:0478-52-5354
営業:AM11:15~PM2:30
    PM5:00~PM7:15 木休
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伊能忠敬記念館と旧宅
- 2023/06/22(Thu) -
ここは、千葉県香取市佐原にある「伊能忠敬記念館」です。
伊能忠敬は、九十九里町から伊能家の婿養子になり家業の酒造業を営んでいました。
49歳で隠居し、50歳を過ぎてから天文方を学び、55歳から71歳まで日本全国を測量してまわりました。
73歳で亡くなりますが、没後3年にして日本全図は完成しました。
そんな功績の資料を記念館で見ることができます。
伊能図などの多くの資料は、平成22年に国指定の文化財から国宝に指定されましたよ。

伊能忠敬記念館
   ↑ 伊能忠敬記念館

国宝も展示されているので、館内は撮影禁止です。
しかし、第2展示室はOKですね。
第二展示室
   ↑ 第2展示室
展示物
   ↑ 資料

記念館の前の小野川には樋橋が架かり、30分間隔で落水するのでジャージャー橋とよばれるようです。
さらには、橋のたもとから発着する舟めぐりも楽しめますね。

小江戸さわら舟めぐり
   ↑ 小江戸さわら舟めぐり
ジャージャー橋
   ↑ ジャージャー橋

橋を渡ると伊能忠敬旧宅があり、国の史跡に指定されています。

伊能忠敬旧宅
   ↑ 伊能忠敬旧宅(国指定史跡)
紹介板
   ↑ 紹介板
旧店舗
   ↑ 旧店舗
測量器具
   ↑ 測量器具
玄関側
   ↑ 玄関側
伊能忠敬像
   ↑ 伊能忠敬像と石碑

「伊能忠敬記念館」
場所:千葉県香取市佐原イ1722-1
TEL:0478-54-1118
開館:AM9:00~PM4:30 月及び年末年始休館(祝日は開館)
入館料:¥500(水郷佐原山車会館との共通券:¥800)
「伊能忠敬旧宅」
開館:AM9:00~PM4:30 無休(年末年始休館)
入館料:無料
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
佐原の町並み
- 2023/06/21(Wed) -
千葉県香取市佐原の小野川と香取街道には、江戸時代から利根川水運によって繁栄した商家の町並みが残っています。
三菱館(旧三菱銀行佐原支店)は県の有形文化財に指定され、レンガを使った2階建て洋館の内部は吹き抜けになっていて2階周囲に回廊があります。

案内板
   ↑ 案内板
三菱館
   ↑ 三菱館(旧三菱銀行佐原支店)
館内
   ↑ 館内

佐原の町を散策です。
多くのお店が県の有形文化財に指定されていますね。
いくつかの古民家ではグルメも楽しめますよ。

正文堂・小堀屋本店・福新呉服店
   ↑ 正文堂・小堀屋本店・福新呉服店
中村屋商店
   ↑ 中村屋商店
中村屋乾物店
   ↑ 中村屋乾物店
旧油惣商店
   ↑ 旧油惣商店
正上
   ↑ 正上

「佐原の町並み」
場所:千葉県香取市佐原 小野川周辺
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水郷佐原山車会館
- 2023/06/20(Tue) -
ここは、千葉県香取市佐原にある「水郷佐原山車会館」です。
八坂神社の境内にあり、佐原の大祭で曳き廻される山車が展示されています。

八坂神社
   ↑ 八坂神社
水郷佐原山車会館
   ↑ 水郷佐原山車会館

大祭とは夏の八坂神社祇園祭と秋の諏訪神社祭りの2つのお祭りの総称だそうです。
夏祭りには山車10台、秋祭りには山車15台が並ぶそうで、その姿は圧巻でしょうね。
祭りの映像がみられるビデオシアターもあります。

山車の展示
   ↑ 山車の展示

2階には、佐原囃子の楽器や関東彫りの山車彫刻などが展示されています。
展示されている2台の山車を展望ガラスから眺められますね。

彫刻の展示
   ↑ 彫刻の展示
山車写真
   ↑ 山車写真

3階は企画展示室で、山車の色紙や大人形が展示されています。

東関戸区の大人形
   ↑ 東関戸区の大人形
山車の色紙展
   ↑ 山車の色紙展
最古の大人形
   ↑ 最古の大人形

「水郷佐原山車会館」
場所:千葉県香取市佐原イ3368
TEL:0478-52-4104
開館:AM9:00~PM4:30 月及び年末年始休館(祝日は開館)
入館料:¥400(伊能忠敬記念館との共通券:¥800)
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
成田山「新勝寺」
- 2023/06/18(Sun) -
ここは、千葉県成田市成田の成田山「新勝寺」です。
開山は天慶3年(940)平将門の乱の平定を祈願して寛朝大僧正によって開かれました。
節分には芸能人の豆まきの様子が放映されますね。
参道沿いには多くの飲食店や土産物店が並びます。
参道から入ると初めに総門が現れます。
総門は、寺の内と外を区切る総結果の入口で、高さ15mの総檜造りの門です。
石段の先には、国の重要文化財でもある仁王門があり、門の左右には密迹金剛と那羅延金剛が奉安されています。

総門
   ↑ 総門
仁王門
   ↑ 仁王門(国の重要文化財)

仁王門を抜けると三重塔・本堂があります。
三重塔は享和3年(1803)に古文書に記された仕様をもとに復元されたもので、国の重要文化財に指定されています。
本堂(堂内撮影禁止)では御護摩祈祷を拝見することもできますよ。
さらには、聖徳太子堂・鐘楼・一切経堂もありますね。

境内案内板
   ↑ 境内案内板
三重塔
   ↑ 三重塔(国の重要文化財)
本堂
   ↑ 本堂
御護摩祈祷を終えた僧侶
   ↑ 御護摩祈祷を終えた僧侶

本堂の左手には釈迦堂があり、安政5年に建立された以前の本堂で、国の重要文化財に指定されています。

釈迦堂
   ↑ 釈迦堂(国の重要文化財)
堂内での御祈祷
   ↑ 堂内での御祈祷

さらに石段を登った先には、信徒から奉納された額や絵馬をかける額堂があり、七代目市川園十郎の石像もあります。
公明堂は元禄14年建立で、釈迦堂が本堂だった以前の本堂です。
ともに国の重要文化財に指定されていますよ。
さらに、天満宮・開山堂なども建ちますね。

額堂
   ↑ 額堂
公明堂
   ↑ 公明堂

さらに奥へ進むと医王殿・平和大塔が建ちます。

医王殿
   ↑ 医王殿
平和大塔
   ↑ 平和大塔

広大な境内の新勝寺で、さらに池などのある成田山公園もありますね。

成田山「新勝寺」
場所:千葉県成田市成田1
TEL:0476-22-2111
拝観:24時間開放(受付・御朱印等:AM8:00~PM4:00)
駐車場:周辺有料駐車場(時間制(30分\200)・1日(\800))
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
麺屋「潮」
- 2015/08/14(Fri) -
潮

小腹が空いたおやじは、銚子市街地にある銚子麺屋「潮(うしお)」に来ました。
何でも、TV放映された麺家「うえだ」で修行した方のお店のようです。
店内には、カウンター10席・小上がりに1卓があります。

メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、醤油ラーメンを注文です。¥680
他には、味噌ラーメン¥800・つけ麺(しょうゆ・みそ)¥850・まぜそば(あっさり味・こってり味)¥750・白湯ラーメン¥780などがあります。
さらには、夏季限定の冷し坦々麺¥700やトッピング・餃子¥300・餃子+チャーシュー丼のセット¥420などもあります。

醤油ラーメン
   ↑ 醤油ラーメン
ストレートの細麺
   ↑ ストレートの細麺

出てきた醤油ラーメンには、チャーシュー・メンマ・のり・白髪ねぎ・刻みねぎが入ります。
スープは、鶏がらベースに魚介が強く香り、美味しいですね。
麺は、三河屋製麺のストレートの細麺で、スルスルと食せます。

  麺 : 細 ○●○○○ 太
スープ: 薄 ○○●○○ 濃
  脂 : 少 ○○○●○ 多
  具 : 少 ○○●○○ 多

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

銚子麺屋「潮」
場所:千葉県銚子市飯沼町8-5
TEL:0479-25-1515
営業:AM11:00~PM2:30
    PM5:30~PM10:00 月休
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千騎ヶ岩と屏風ヶ浦
- 2015/08/13(Thu) -
千葉県銚子の旅の続きだよ。
地球の丸く見える丘展望館を少し南下し、外川漁港防波堤にある千葉県指定の天然記念物でもある「千騎ヶ岩(せんがいわ)」に来ました。
太平洋プレートの上に堆積したものがプレートの運動で大陸にぶつかり変形したもので、標高17.7m、周囲約400mの岩礁です。

千騎ヶ岩の説明板
   ↑ 千騎ヶ岩の紹介板
千騎ヶ岩
   ↑ 千騎ヶ岩

さらに、隣の名洗港には「犬岩(いぬいわ)」があります。
千騎ヶ岩同様の岩礁で、突き出た犬の耳の形に似ていますね。

犬岩
   ↑ 犬岩

場所:千葉県銚子市犬若地区

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 

さらに、銚子マリーナの先には遊歩道があり、「屏風ヶ浦(びょうぶがうら)」が見渡せます。
屏風ヶ浦は約10kmにわたって続く、高さ30~60mの雄大な崖ですね。
約300万年から10数万年前にかけて海で堆積した地層とその上の関東ローム層からなります。

屏風ヶ浦
   ↑ 屏風ヶ浦
屏風ヶ浦の地層
   ↑ 屏風ヶ浦の地層

場所:千葉県銚子市名洗町付近から
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
満願寺
- 2015/08/11(Tue) -
千葉県銚子市の犬吠埼灯台から少し山側に入ると「満願寺」があります。
ご本尊十一面観世音菩薩は、願いをかなえる観音さまとして、全国から参拝に訪れるようです。
境内には本尊を奉る本堂をはじめ、188ヵ所(四国・西国・坂東・秩父)満願堂、大師堂、ウスサマ堂、薬師堂等があります。

満願寺
   ↑ 満願寺
満願寺中央
   ↑ 満願寺中央

本堂へも自由に入れますので、参拝順路に従って進んでみて下さいね。
なかなか立派なお寺で、本堂までの百八十八ヶ所の写し本尊など、遠方の観音さまも1度に見ることが出来ます。
金色の大塔上層から望む太平洋が美しいようですが、生憎の曇り空で太平洋は望めませんでしたよ。
また、境内に6,000本の椿が植えられ、椿寺として12月末~3月まで花が楽しめるようですね。

金色の大塔
   ↑ 金色の大塔
大塔からの眺望
   ↑ 大塔上層からの眺望

犬吠埼観音「満願寺」
場所:千葉県銚子市天王台9822-1
TEL:0479-24-8416
拝観料:無料
拝観時間:AM8:00~PM5:00

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

さらに進んで「地球の丸く見える丘展望館」まで来ました。
展望館4階屋上からは、どこまでも果てしない海、屋上の展望スペースから見る360度の大パノラマは、本当に地球が丸く見えることが実感できますよ。
特に東洋のドーバーといわれる屏風ヶ浦の雄大さは必見ですね。

展望館からの眺望
   ↑ 展望館からの眺望

春、秋、冬、景色を朱色に染めて夕日は海に沈んでいき、夏は屏風ヶ浦に沈みます。
絶景の夕日を見てみたいものですね。
3階にはレストラン、1階にはお土産コーナーなどもあります。

「地球の丸く見える丘展望館」
場所:千葉県銚子市天王台1421-1
TEL:0479-25-0930
開館:4月~9月9:00~18:30
   10月~3月9:00~17:00
入館料:¥380
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
犬吠崎灯台
- 2015/08/11(Tue) -
千葉県銚子の旅の続きだよ。
銚子ポートタワーから少し南下し、銚子観光のシンボル的存在の「犬吠崎灯台」まで来ましたよ。

霞む灯台
   ↑ 霞む灯台
犬吠崎灯台
   ↑ 犬吠崎灯台

関東・銚子半島の最東端の犬吠埼は、三方を海に囲まれた海食台地で、断崖絶壁の下に横たわる無数の岩礁で荒波が砕ける様は、見ごたえがあります。
犬吠埼灯台は塔高31.3m、エレベータはなく、九十九里海岸にちなんだ99段の螺旋階段を登ります。
早速、灯台へ登ろうと思いましたが、こちらも生憎の霧ですね。
諦めて、磯場に下りてみました。
灯台下には、国指定の天然記念物である「犬吠崎の白亜紀浅海堆積物」があります。
約1億2000年前の地層を見ることができますね。

白亜紀浅海堆積物
   ↑ 犬吠崎の白亜紀浅海堆積物
砂岩泥岩互層
   ↑ 砂岩泥岩互層

「犬吠埼灯台」
場所:千葉県銚子市犬吠埼
TEL:0479-25-8239
営業:AM8:30~PM4:00 無休
料金:¥200
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
妙見宮 妙福寺
- 2015/08/09(Sun) -
千葉県銚子市妙見町の「妙見宮 妙福寺」に来ました。
同じ境内にお寺と神社がありますね。
當山は「妙見信仰」と共に、その歴史を重ねてきたお寺で、妙見様(北辰妙見大菩薩)は常に真北を指す北極星を神格化し、人生の道を導き開いてくれる開運の守護神として深く信仰されています。

妙福寺本堂
   ↑ 妙福寺本堂
妙見宮
   ↑ 妙見宮

藤の花が有名なようで、約8000坪に及ぶ境内には、4つの藤棚があり、内1つは、樹齢約740年を超えるそうですよ。
根元が龍のねている姿に似ていることから「臥龍の藤」といわれ、毎年4月下旬~5月初旬にかけて、長さ5尺にも達する見事な紫の花すだれを見せてくれます。

案内板
   ↑ 「臥龍の藤」紹介板
藤棚
   ↑ 藤棚

「妙見宮 妙福寺」
場所:千葉県銚子市妙見町1465
TEL:0479-22-0650
  
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

続いて訪れたのは「銚子ポートタワー」です。
高さ57.7mのツインタワーで、4階展望室に上がってゆくと360度の大パノラマが広がり、陽光と輝く太平洋を背景に銚子漁港、丸みの帯びた広大な水平線、利根の河口の雄大な眺望を満喫することができます。
しかし、生憎の霧で展望を諦めましたよ。

銚子ポートタワーとウオッセ21
   ↑ 銚子ポートタワーとウォッセ21

銚子ポートタワーには、銚子の魚市場である「ウォッセ21」が隣接していますね。
レストランもありますが、意外に小さな魚市場で、ちょっと見て退散しましたよ。

「銚子ポートタワー」
場所:千葉県銚子市川口町2-6385-267
TEL:0479-24-9500
開館:4月~9月8:30~18:30
    10月~3月8:30~17:30
料金:¥380
この記事のURL | 千葉県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
食事処「浜めし」
- 2015/08/09(Sun) -
おやじは、およそ30年ぶりに千葉県銚子に出かけましたよ。
銚子大橋を渡って千葉県突入ですね。

銚子大橋
   ↑ 銚子大橋

浜めし

まずは腹ごしらえに、銚子漁港そばの食事処「浜めし」に来ました。
店内には、L型カウンターに10席・二手に分かれた小上がりに5卓があります。

店内
   ↑ 店内
壁メニュー
   ↑ 壁メニュー

壁メニューを拝見したおやじは、三色丼を注文です。¥1400
他には、朝定食¥500・刺身定食¥900・とんかつ定食¥1000・ミックスフライ定食¥1100・いくら丼¥1100・五色丼¥1900などがあります。
場所柄、漁業関係の方が朝定食を注文していましたよ。

三色丼
   ↑ 三色丼
まぐろ・はまち・いくら
   ↑ 新鮮なまぐろ・はまち・いくら

出てきた三色丼には、まぐろ・はまち・いくらが載り、味噌汁・小鉢・香の物が付いてきます。
もちろん鮮度が良く、肉厚な刺身は美味しいですね。
小さめの丼ですが、ご飯が詰まっていますよ。

おやじの総合評価:★★★★☆

食事処「浜めし」
場所:千葉県銚子市竹町1545-8
TEL:0479-25-9030
営業:AM8:00~PM2:00 月・第3火休
この記事のURL | 千葉県 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |