FC2ブログ
2020 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 08
「小西食堂」
- 2020/06/18(Thu) -
小西食堂

今回は、福島県猪苗代町の中ノ沢温泉街にある「小西食堂」に来ました。
店内には。テーブル8卓・小上りに1卓があります。

店内一部
   ↑ 店内一部
メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、ラーメンを注文です。¥650
他には、スタミナラーメン¥900・地獄ラーメン¥900・五目ラーメン¥900・味噌タンメン¥800・タンメン¥800・海老天うどん¥850・山菜うどん¥800・肉そば¥800・ざるそば¥650などがあります。
さらには、カツ定食¥1350・唐揚げ定食¥1200・天丼¥1100・親子丼¥850・カツカレー¥1100・チャーハン¥800などもあります。

ラーメン
   ↑ ラーメン
やや縮れた中細麺
   ↑ やや縮れた中細麺

出てきたラーメンには、チャーシュー・メンマ・ナルト・刻みねぎが入ります。
スープは、鶏がらベースで、鶏の旨みが出た優しい味ですね。
麺は、やや縮れた中細麺で、プリッとしています。

   麺:細○●○○○太
ス ープ:薄○●○○○濃
   脂:少○○●○○多
   具:少○●○○○多

おやじの総合評価:★★★☆☆

「小西食堂」
場所:福島県耶麻郡 猪苗代町蚕養沼尻山甲2855-145
TEL:0242-64-3128
営業:AM11:00~PM8:00 無休
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
坊主ヶ滝
- 2020/06/14(Sun) -
ここは、福島県猪苗代町の中ノ沢温泉の「坊主ヶ滝」です。
笹団子で有名な「宝来堂製菓」の前の老人福祉センターの横道の先にあります。

滝への入口
   ↑ 滝への入口
林道
   ↑ 林道

入口に小さな看板があり、林道を150mほど行くと簡易な下り階段があります。
10段ほど下ると2段の滝が現れます。
高さほどありませんが、これからの時期涼しげでいいですね。

滝への階段
   ↑ 滝への階段
2段の滝
   ↑ 2段の滝
坊主ヶ滝
   ↑ 坊主ヶ滝
下流側
   ↑ 下流側

「坊主ヶ滝」
場所:福島県耶麻郡猪苗代町大字蚕養沼尻山甲 老人福祉センター前
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中ノ沢温泉「旅館 花見屋」
- 2020/06/12(Fri) -
花見屋

今回は、福島県猪苗代町の中ノ沢温泉「旅館 花見屋」に来ました。
入口左手の下駄箱でスリッパに履き替え、フロントで日帰り入浴料¥700を払い、早速、1階奥にある温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所

内湯と庭園露天風呂があります。
洗い場は5カ所あり、リンスインシャンプーとボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
湯は無色透明で、中性で肌に優しいですね。
全て源泉掛け流しなので、加水・加温もされていませんよ。
120坪の敷地に造られた露天風呂は、季節の花木を望みながら入浴出来ますね。

洗い場
   ↑ 洗い場
内湯
   ↑ 内湯
庭園露天風呂
   ↑ 庭園露天風呂

泉質:カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
泉温:68.3℃
pH値:2.1
効能:胃腸病・糖尿病・慢性皮膚病・疲労回復など

湯上がりには、ロビーでちょっとのんびりですね。

ロビー
   ↑ ロビー

中ノ沢温泉「旅館 花見屋」
場所:福島県耶麻郡猪苗代町大字蚕養沼尻山甲2855−103
TEL:0242-64-3621
日帰り入浴:AM10:00~PM6:00 不定休
入浴料:¥700
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
毘盧山 天徳寺
- 2020/05/30(Sat) -
ここは、福島県猪苗代町の「毘盧山 天徳寺」です。
境内高台の花と羅漢が目立っていたのでちょっと寄ってみましたよ。
天徳寺は、建長6年(1254)栄海僧正開祖とされ、天正年間一時廃寺としたのを慶長年間久室全長大居士が再建した寺のようです。
山門には、十六羅漢が奉祠されているそうです。

山門
   ↑ 山門
紹介板
   ↑ 紹介板
本堂
   ↑ 本堂
お堂
   ↑ お堂

境内には樹齢800年の一位の木があり、町の天然記念物に指定されています。

一位の木
   ↑ 一位の木

本堂の裏手には、五百羅漢が坂道沿いに並び、圧巻ですね。
花木も綺麗に整備されています。

境内の五百羅漢全景
   ↑ 境内の五百羅漢全景
五百羅漢群
   ↑ 五百羅漢群
五百羅漢
   ↑ 五百羅漢
羅漢
   ↑ 羅漢

「毘盧山 天徳寺」
場所:福島県耶麻郡猪苗代町蚕養山根乙573
TEL:0242-64-2205
この記事のURL | 福島県会津 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
磐梯猪苗代はやま温泉「猪苗代観光ホテル」
- 2020/03/21(Sat) -
猪苗代観光ホテル

今回は、福島県猪苗代町の磐梯猪苗代はやま温泉「猪苗代観光ホテル」に来ました。
猪苗代スキー場の入口にあります。
フロントで日帰り入浴料¥500を払い、エレベーターで1階の温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所

御影石の内湯のみがあります。
洗い場は17カ所あり、リンスインシャンプー・ボディーソープ・ひげ剃りが揃いますので、タオル持参でOKですね。
湯は微弱黄色微混濁で、肌に優しいですね。
泉温が高いので、加水・循環されています。
窓がないので自然光が入らず、地下の風呂に入っているようですね。

御影石の内湯
   ↑ 御影石の内湯

泉質:ナトリウム塩化物泉
泉温:60.5℃
pH値:6.9
効能:疲労回復・神経痛・筋肉痛・冷え性など

湯上がりの休憩所はないので、ロビーでちょっと休憩ですね。

フロントロビー
   ↑ フロントロビー

磐梯猪苗代はやま温泉「猪苗代観光ホテル」
場所:福島県耶麻郡猪苗代町葉山7105-270
TEL:0242-62-4132
日帰り入浴: PM0:00~PM8:00 不定休
入浴料:¥500
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
活力再生麺屋「あじ庵食堂」
- 2019/11/16(Sat) -
あじ庵食堂

今回は、福島県喜多方市清水ヶ丘にある活力再生麺屋「あじ庵食堂」に来ました。
裏道にあるので分かり難いですね。
店内には、12人掛けテーブル1卓・テーブル3卓・小上りに3卓があります。

テーブル席
   ↑ テーブル席
メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、山葵潮そばを注文です。¥800
細麺か中太麺から撰べ、中太麺でお願いしましたよ。
他には、ラーメン¥680・肉盛りラーメン¥980・味噌ラーメン¥780・味噌タンメン¥900・潮そば¥730・韮潮そば¥800などがあります。
さらには、あじ庵まぜそば¥830・あじ郎ラーメン¥880・レッドホットチリペッパー¥880・こってり油そば¥830や鶏モツ丼(小)¥450・チャーハン(小)¥450などもあります。

山葵潮そば
   ↑ 山葵潮そば
やや縮れた平打ち麺
   ↑ やや縮れた平打ち麺

出てきた山葵潮そばには、チャーシュー2枚・メンマ・白髪ねぎ・山葵が入ります。
スープは、豚骨・鶏がらベースに大量のしじみのカエシが効いて、あっさりとして
麺は、やや縮れた平打ち中太麺で、もっちりとして美味しいですね。

   麺:細○○●○○太
スープ:薄○●○○○濃
   脂:少○●○○○多
   具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★★☆

活力再生麺屋「あじ庵食堂」
場所:福島県喜多方市清水ヶ丘1-11
TEL:0241-23-6161
営業:AM7:00~PM6:00 月休(祝の場合は翌日休)
12月~2月末の平日:AM10:00~PM3:00
12月~2月末の土日祝:AM7:00~PM3:00
   (スープ切れ次第終了)
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
護法山 示現寺
- 2019/11/13(Wed) -
ここは、福島県喜多方市熱塩加納町の熱塩温泉街奥にある「護法山 示現寺」です。
示現寺は曹洞宗の寺院で、山号は護法山、本尊は虚空蔵菩薩です。
大同2年(807)、空海が磐梯山の噴火を鎮めるために開基し、永和元年に源翁禅師が再建したと伝えられています。
本堂をはじめ源翁作といわれる木像を安置した開山堂、千手観音が置かれた観音堂などがあります。
また、座禅と法話の体験ができるようですよ。

護法山 示現寺
   ↑ 護法山 示現寺
総門
   ↑ 総門
山門
   ↑ 山門
本堂
   ↑ 本堂
示現寺観音堂と稲荷神社
   ↑ 示現寺観音堂と稲荷神社

境内には、明治のナイチンゲールといわれた瓜生岩子の像や自由民権運動の加波山事件殉難志士顕彰墓碑などもあります。

瓜生岩子の像
   ↑ 瓜生岩子の像
加波山事件殉難志士顕彰墓碑
   ↑ 加波山事件殉難志士顕彰墓碑

「護法山 示現寺」
場所:福島県喜多方市熱塩加納町熱塩甲795
TEL:0241-36-2031
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
熱塩温泉「山形屋」
- 2019/11/12(Tue) -
山形屋

今回は、福島県喜多方市の奥座敷、熱塩温泉「山形屋」に来ました。
入口の下駄箱で日帰り用スリッパに履き替え、フロントで日帰り入浴料¥800を払い、エレベーターで3階の温泉へ。

温泉「押切川」へ
   ↑ 温泉「押切川」へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所

内湯・露天風呂・サウナがありますが、サウナは午後3時からの利用のようです。
湯船は女湯「ひめさゆり」の方が大きいようですね。
洗い場は11カ所あり、リンスインシャンプーとボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
湯は無色透明で、肌に優しいですね。
内湯は源泉掛け流しと循環濾過併用で、露天風呂は循環濾過式ですね。
洗い場の鏡の位置が低いので、股間しか見えませ~んね。

洗い場
   ↑ 洗い場
内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
泉温:64.3℃
pH値:6.4
効能:リュウマチ・皮膚乾燥症・切り傷・冷え性・慢性婦人病など

湯上がりには温泉入口に休憩スペースがあり、ちょっぴり休憩ですね。
さらに、3階奥には展望足湯もありますよ。

休憩所
   ↑ 休憩所

熱塩温泉「山形屋」
場所:福島県喜多方市熱塩加納町熱塩字北平田甲347-2
TEL:0241-36-2288
日帰り入浴:PM1:00~PM7:00 不定休
入浴料:¥800
この記事のURL | 福島県会津 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
熱塩温泉神社の大杉
- 2019/11/08(Fri) -
ここは、福島県喜多方市熱塩加納町の熱塩温泉街中央の路地の裏手にある「熱塩温泉神社」です。
温泉神社は草創の年は不明ですが、熱塩温泉ゆかりの古社です。
石段を上った先は、杉の根が張ってちょっと歩きにくいですね。

熱塩温泉神社への石段
   ↑ 熱塩温泉神社への石段
拝殿
   ↑ 拝殿

拝殿前には御神木でもある樹齢1000年・幹周6.5m・樹高25mの大杉があり、市の天然記念物に指定されています。

大杉の紹介板
   ↑ 大杉の紹介板
大杉
   ↑ 大杉
立派な枝ぶり
   ↑ 立派な枝ぶり

「熱塩温泉神社の大杉」
場所:福島県喜多方市熱塩加納町熱塩
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日中線記念館
- 2019/11/07(Thu) -
ここは、福島県喜多方市熱塩加納町にある「日中線記念館」です。
昭和13年(1938)に完成し、昭和54年(1984)に廃止された旧国鉄日中線の熱塩駅の駅舎を「日中線記念館」とし、当時の資料などが展示されています。

日中線記念館全景
   ↑ 日中線記念館全景
旧熱塩駅舎
   ↑ 旧熱塩駅舎
紹介板
   ↑ 紹介板
踏切
   ↑ 踏切

駅舎はメートル単位の間取構造で、当時としては稀なヨーロッパ風の建物ですね。

改札口
   ↑ 改札口
展示室
   ↑ 展示室
切符棚
   ↑ 切符棚
ホーム
   ↑ ホーム

敷地内には、ラッセル車や当時の車両などもありますよ。

ラッセル車
   ↑ ラッセル車(キ287とオハフ61 2752)
車両内
   ↑ 車両内

「日中線記念館」
場所:福島県喜多方市熱塩加納町熱塩字前田丁602-2
見学:無料
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
瑠璃光山 勝常寺
- 2019/11/06(Wed) -
ここは、福島県湯川村の「瑠璃光山 勝常寺」です。
平安時代初期の大同二年(807年)、あるいは弘仁元年間(810年)に法相宗の学僧・徳一によって開かれたと伝えられています。
創建当時の建物は残っていませんが、薬師堂は応永五年(1398年)に再建されたようです。

勝常寺仁王門
   ↑ 勝常寺仁王門
紹介板
   ↑ 紹介板
大わらじ
   ↑ 仁王門の大わらじ

会津中央薬師堂とも称され、寺に安置されている仏像のうち、国宝の木造薬師如来及び両脇侍像や薬師堂及び12体の菩薩立像は平安時代初期にさかのぼる造立で、国の重要文化財に指定されています。

薬師堂
   ↑ 薬師堂
霊宝殿
   ↑ 霊宝殿

道路を挟んだ西側には平成22年に再建された本堂が建っています。

本堂
   ↑ 本堂

毎年4月28日には薬師如来の祭礼として念仏踊りが催されています。

「瑠璃光山 勝常寺」
場所:福島県河沼郡湯川村勝常代舞1764
TEL:0241-27-4566
薬師堂拝観:AM9:00~PM4:00(前日までに予約)火休館
拝観料:¥500
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
磐梯桧原湖畔温泉「磐梯桧原湖畔ホテル」
- 2019/10/18(Fri) -
磐梯桧原湖畔ホテル

今回は、福島県北塩原村にある磐梯桧原湖畔温泉「磐梯桧原湖畔ホテル」に来ました。
フロントで日帰り入浴料¥1000を払い、フロント右手の階段で2階の温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所

内湯とサウナがありますが、サウナは午後3時からの利用ですね。
湯船からは桧原湖が望め、女湯からは磐梯山も望めるようですよ。
洗い場は10カ所あり、リンスインシャンプーとボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
湯は無色透明で、ぬめりがあって肌に良さそうです。
源泉掛け流しながしですが、泉温が低いので山の湧き水を加温して加えているようです。

洗い場
   ↑ 洗い場
内湯
   ↑ 内湯

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
泉温:16.7℃
pH値:8.0
効能:切り傷・やけど・慢性皮膚病・神経痛・筋肉痛など

特に湯上がりの休憩所はありませんが、温泉前テーブル席やロビーでちょっと休憩ですね。

ロビー
   ↑ ロビー

磐梯桧原湖畔温泉「磐梯桧原湖畔ホテル」
場所:福島県耶麻郡北塩原村桧原字南黄連沢山1157-41
TEL:0241-33-2341
日帰り入浴:AM9:00~AM11:00
        PM3:00~PM7:00
入浴料:¥1000
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
見祢の大石
- 2019/10/16(Wed) -
ここは、福島県猪苗代町見祢にある「見祢の大石」です。
明治21年(1888)の磐梯山噴火の際、巨塊が火山泥流にのって火口から5km先のこの地まで運ばれました。
石の大きさは、長さ9m・幅6m・高さ3mもあります。
昭和16年には、国の天然記念物に指定されています。

見祢の大石
   ↑ 見祢の大石
磐梯山噴火について
   ↑ 磐梯山噴火について
紹介板
   ↑ 紹介板
輝石安山岩
   ↑ 輝石安山岩

「見祢の大石」
場所:福島県耶麻郡猪苗代町見祢
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蕎麦の里「いわはし館」
- 2019/10/14(Mon) -
いわはし館

今回は、福島県猪苗代町の蕎麦の里「いわはし館」に来ました。
館内にはお土産屋も併設され、農産物直売所も隣接します。
人気店のようで、休日にはおやじの前に数組が待っていましたよ。
大きな店内にはテーブル18卓・座敷に6卓があります。

お土産処
   ↑ お土産処
座敷席一部
   ↑ 座敷席一部
祝言そば・セットメニュー
   ↑ 祝言そば・セットメニュー
冷たいメニュー
   ↑ 冷たいメニュー

メニューを拝見したおやじは、祝言そばの五段そばを注文です。¥1200
他には、祝言そばセット¥1500・祝言そば¥1200・海老天丼セット¥1350・ヒレソースカツ丼セット¥1350などがあります。
さらには、天もりそば¥1400・冷かけそば¥1150・いわはしそば¥900・十割そば¥870・もりそば¥730・会津地鶏せいろそば¥1700もあります。
同様の温かいメニューやうどんもありますよ。

五段そば
   ↑ 五段そば
五種の薬味
   ↑ 五種の薬味
こづゆ
   ↑ こづゆ
手打ちそば
   ↑ 手打ちそば
濃厚なそば湯
   ↑ 濃厚なそば湯

出てきた祝言そば(結婚式)五段そばには、薬味5種が付き、会津名物のこづゆも付きます。
薬味は、葱と七味・ごまとくるみ・しいたけと柚・ひき割納豆・大根おろしとたかの爪で、5回に分けて楽しめますね。
そばは、地元産の「いなわしろ天の香」が使用され、やや硬めに打たれて風味がありますね。
つけ汁は、やや昆布と鰹節のやや濃いめなのです。
〆には、やや濃厚なそば湯を頂きましたよ。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

蕎麦の里「いわはし館」
場所:福島県耶麻郡猪苗代町三ツ和字村西65
TEL:0242-72-0212
営業:AM11:00~PM3:00 水休
    (12月~3月は~PM2:30)
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昭和の森・天鏡台
- 2019/09/25(Wed) -
ここは、福島県猪苗代町の「昭和の森・天鏡台」です。
磐梯山牧場側からは道幅が狭いので注意ですね。
磐梯山の中腹、標高720~850mに広がる台地にある55ヘクタールの広大な公園で、季節の植物が見ることができます。
綺麗に整備された公園で、昭和の広場は1.5ヘクタールあり、家族連れでのんびり楽しんでいましたよ。
さらには、パラグライダーを楽しむ方もいます。

昭和の森
   ↑ 昭和の森
案内板
   ↑ 案内板
松林
   ↑ 松林
パラグライダー
   ↑ パラグライダー
未来への広場
   ↑ 未来への広場

昭和の広場には天鏡台があり、猪苗代湖を一望できますね。

天鏡台
   ↑ 天鏡台
紹介板
   ↑ 紹介板
天鏡台からの猪苗代湖
   ↑ 天鏡台からの猪苗代湖

「昭和の森・天鏡台」
場所:福島県耶麻郡猪苗代町字新林
開園:AM8:30~PM5:00
    (4月中旬~11月下旬)
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
手打生そば「いしむしろ」猪苗代店
- 2019/09/21(Sat) -
いしむしろ

今回は、福島県猪苗代町の手打生そば「石筵(いしむしろ)」猪苗代店に来ました。
磐梯熱海に本店があります。
萱葺き造りの店内には、テーブル6卓・小上りに3卓があります。

店内一部
   ↑ 店内一部
メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、道楽そばを注文です。¥1440
他には、天ざるそば¥1340・天ぷらそば¥1340・山菜そば¥1130・割子そば¥1130・高遠そば¥1030・ざるそば¥900なっどがあります。

道楽そば
   ↑ 道楽そば
そば
   ↑ 具沢山のそば
細めに打たれたそば
   ↑ 細めに打たれたそば
そば湯
   ↑ そば湯

出てきた道楽そばには、海老天・山菜・大葉・刻みのり・削り節が載り、とろろと卵、薬味にはなめこ・もみじおろし・わさび・刻みねぎが付きます。
色々な味が楽しめますね。
月見にはかけ汁を掛けて、つけ汁として頂くようです。
つけ汁は、やや濃いめで節が効いていますね。
そばは、会津と北海道のそば粉が使用され、やや細めに打たれ、喉ごしもいいですね。
〆には、あっさりとしたそば湯を頂きましたよ。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

手打生そば「いしむしろ」猪苗代店
場所:福島県耶麻郡猪苗代町中小松五百刈7-1
TEL:0242-66-2866
営業:AM11:00~PM2:00 火休(祝日は翌日休)(12月~3月中旬は火水休)
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
磐梯山とそば畑
- 2019/09/19(Thu) -
ここは、福島県猪苗代町畑添地区です。
磐梯山の麓のそばの花が見頃を迎えていましたよ。
11月には、新そばとしてお店に提供されるのでしょうね。

磐梯山麓のそば畑
   ↑ 磐梯山麓のそば畑
そば畑
   ↑ そば畑
そばの花
   ↑ そばの花

磐梯山とそば畑
場所:福島県耶麻郡猪苗代町砂川付近
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中の沢温泉「磐梯 西村屋」
- 2019/09/15(Sun) -
西村屋

今回は、福島県猪苗代町の中の沢温泉「磐梯 西村屋」に来ました。
フロントで日帰り入浴料¥500を払い、1階奥の温泉へ。
日帰り入浴は男女入れ替え制で、この日は男性が内湯2カ所と露天風呂が利用でき、女性は露天風呂と岩風呂の利用となるようです。

宿泊時は男女別の温泉へ
   ↑ 宿泊時は男女別の温泉へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所

内湯と露天風呂が利用でき、日帰り時の女性用の岩風呂があります。
1つの内湯には洗い場は2カ所あり、リンスインシャンプーとボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
しかし、温泉成分で泡立ちませんので、入浴前に体を洗いましょう!
湯は乳白色で、源泉掛け流しなので加水・加温・循環もしていませんが、この時期はちょっと熱めなので蛇口から加水して入りましたよ。

内湯1
   ↑ 内湯1
内湯2(宿泊時女性用風呂)
   ↑ 内湯2(宿泊時女性用風呂)
洗い場
   ↑ 洗い場

露天風呂へは通路を渡るので、一度着替えて行くようですね。

露天風呂へ
   ↑ 露天風呂へ
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:硫酸塩硫化水素泉
泉温:68.3℃
pH値:2.1
効能:胃腸病・リュウマチ・糖尿病・婦人病・高血圧症・動脈硬化症など

湯上がりの休憩所がないので、ロビーでちょっと休憩ですね。

ロビー
   ↑ ロビー

中の沢温泉「磐梯 西村屋」
場所:福島県耶麻郡猪苗代町大字蚕養字沼尻山甲2855-144
TEL:0242-64-3311
日帰り入浴:AM10:00~PM3:00 無休
入浴料:¥500
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
磐梯横向温泉 森の旅亭「マウント磐梯」
- 2019/08/18(Sun) -
マウント磐梯

今回は、福島県猪苗代町の磐梯横向温泉 森の旅亭「マウント磐梯」に来ました。
フロントで日帰り入浴料¥650を払い、エレベーターで1階の温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所

男女入替制の内湯・露天風呂があります。
洗い場は15カ所あり、リンスインシャンプーとボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
湯は僅かに赤褐色で、鉄の成分が体に良さそうですね。
源泉掛け流しなので、加水・加温・循環もしていませんよ。

洗い場
   ↑ 洗い場
内湯
   ↑ 内湯
深湯と寝湯
   ↑ 深湯と寝湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂「天授の湯」

泉質:単純温泉(含鉄単純炭酸泉)
泉温:45.0℃
pH値:6.4
効能:胃腸病・慢性皮膚病・筋肉痛・関節痛・自律神経不安定症・婦人病など

湯上がりには、温泉入口前の囲炉裏席でのんびり過ごせますね。

DSCF6088 - コピー
   ↑ 囲炉裏席

磐梯横向温泉 森の旅亭「マウント磐梯」
場所:福島県耶麻郡猪苗代町若宮字上ノ湯甲2985
TEL:0242-64-3911
日帰り入浴:AM10:30~PM4:00
入浴料:¥650
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
喜多方らーめん「伊藤」
- 2019/02/02(Sat) -
伊藤

今回は、福島県会津坂下町にある喜多方らーめん「伊藤」に来ました。
喜多方で人気の「一平」や「さゆり食堂」で修行された方のお店だそうで、休日には行列、相席必至ですね。
店内には、テーブル4卓・小上がりに6卓があります。

店内
   ↑ 店内
メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、背油ラーメンを注文です。¥750
他には、ラーメン¥650・チャーシューメン¥900・みそラーメン¥800・みそチャーシューメン¥1000があります。
さらには、カレーライス¥600もありましたよ。

背油ラーメン
   ↑ 背油ラーメン
縮れた平打ちの中太麺
   ↑ 縮れた平打ちの中太麺

出てきた背油ラーメンには、バラチャーシュー4枚・メンマ・背油・多めの刻みねぎが入ります。
スープは、豚骨ベースに煮干しなどの魚介が加わり、優しい醤油味と背油の甘味が美味しいですね。
麺は、縮れた平打ちの中太麺で、もつちり感もあります。
後半には、テーブルに置かれた会津高砂屋のタレを加えて頂きましたが、コクが増しますね。

   麺:細○○○●○太
スープ:薄○●○○○濃
   脂:少○○○●○多
   具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★★☆

喜多方らーめん「伊藤」
場所:福島県河沼郡会津坂下町塔寺堤ノ上2658-1
TEL:080-3196-1981
営業:AM11:00~PM2:00 火休
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
磐越自動車道「磐梯山SA(下り線)」
- 2019/01/30(Wed) -
磐梯山SA

ここは、磐越自動車道の「磐梯山SA(下り線)」です。
磐越自動車道の情報コーナーやお土産屋・フードコートがあります。

情報コーナー
   ↑ 情報コーナー
お土産の販売
   ↑ お土産の販売

フードコートの「会津うまいもん横丁」では、会津ならではの喜多方ラーメン・会津山塩らーめん・麓山高原豚・会津ソースカツ丼などが食せますね。

カフェ・フードコート
   ↑ カフェ・フードコート
会津ならではのメニュー
   ↑ 会津ならではのメニュー

磐越自動車道「磐梯山SA(下り線)」
場所:福島県耶麻郡磐梯町大字更科字高森平2481-15
TEL:0242-63-0691
お土産・フードコート営業:AM7:00~PM10:00
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
坂下初市 奇祭大俵引き2019
- 2019/01/15(Tue) -
ここは、福島県会津坂下町の町役場前です。
成人の日の昨日、「坂下初市 奇祭大俵引き」が開催されました。
多くの露店も並びましたが、全て歩道側を向いているのは珍しいですね。

初市
   ↑ 初市

午後0時50分には会津坂下町安兵衛太鼓が披露され、午後1時過ぎにはスポーツ少年団による高さ1.5m・重さ1tの俵を引き合います。

安兵衛太鼓
   ↑ 安兵衛太鼓
俵引き
   ↑ 俵引き

午後2時過ぎからは400年の伝統を誇る高さ2.5m・長さ4m・重さ5tの大俵を引き合い今年の米の相場を占います。
上町(東方)が勝つとその年の米の値段があがり、下町(西方)が勝つと豊作になるといわれています。
今年は引き分けを挟み2勝1敗で上町が勝ち、米の値段が上がりそうですね。

大俵引き
   ↑ 大俵引き
大俵引き
   ↑ 大俵を引く
俵を引く
   ↑ 踏ん張る

この後、鏡割り・福豆俵まきなども開催されたようです。

「坂下初市 奇祭大俵引き」
場所:福島県河沼郡会津坂下町市中三番甲3662
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
沼尻温泉「田村屋旅館」
- 2018/09/15(Sat) -
田村屋旅館

今回は、福島県猪苗代町の沼尻温泉「田村屋旅館」に来ました。
沼尻スキー場のゲレンデ脇にあり、30年ぶりの入浴です。
フロントで日帰り入浴料¥800を払い、早速2階の温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ
脱衣所
   ↑ 脱衣所

内湯と露天風呂があります。
洗い場は8カ所あり、リンスインシャンプーとボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
湯はうっすらと白濁し、硫黄が香るやわらかな湯質ですね。
源泉掛け流しなので、加水・加温・循環もしていませんよ。

洗い場
   ↑ 洗い場
内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
泉温:68.3℃
pH値:2.1
効能:胃腸病・リュウマチ・慢性皮膚病・糖尿病・切り傷など

湯上がりには大広間でのんびり過ごせますね。
大広間へ寄らなかったので、ロビーでちょっと休憩ですね。

ロビー
   ↑ ロビー

沼尻温泉「田村屋旅館」
場所:福島県耶麻郡猪苗代町蚕養字沼尻山甲2855
TEL:0242-65-3421
日帰り入浴:AM10:00~PM5:00 不定休
入浴料:¥800
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
十六橋水門
- 2018/09/14(Fri) -
ここは、福島県会津若松市と猪苗代町の境界にある「十六橋水門」です。
阿賀野川水系の一級河川である日橋川に架かり、安積原野へ水を流すために、猪苗代湖の水位を調整する水門です。
1880年(明治13年)に水門を兼ねた16径間の石造アーチ橋として建設された安積開拓・安積疏水開さく事業のシンボル的構造物で、当時は16の石造のアーチでできており、日本では長大な水門でした。
1914年(大正3年)、猪苗代水力電気株式会社が水力発電所の建設に際し、水利調節のため電動式ストーニーゲート(引上げ式ゲート)に改築され、道路と水門の分離のために新たに十六橋が架けられ、道路が移設されました。

安積疏水戸ノ口水門事務所
   ↑ 安積疏水戸ノ口水門事務所
紹介板
   ↑ 紹介板
十六橋水門
   ↑ 十六橋水門
安積原野
   ↑ 安積原野

西側には、1931年に安積疏水事業の指導をしたオランダ人土木技師ファン・ドールンの銅像が東京電力によって建てられています。

ファン・ドールン銅像と渡邊信任石碑
   ↑ ファン・ドールン銅像と渡邊信任石碑

水門付近ではブラックバス釣りを楽しんでいましたよ。

「十六橋水門」
場所:福島県会津若松市湊町赤井戸の口30-2-31
管理事務所TEL:0242-96-5280
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伊佐須美神社
- 2018/09/13(Thu) -
ここは、福島県会津美里町の「伊佐須美神社」です。
二千有余年前第10代崇神天皇10年に諸国鎮撫の為に遣わされた大毘古命とその子 建沼河別命が会津にて行き逢い、天津嶽において伊弉諾尊と伊弉冉尊の祭祀の礼典を挙げ、国家鎮護の神として奉斎した事に始まると伝えられています。
農林、水産、漁業、商工、土木、建築、交通運輸のあらゆる殖産興業の守護神として名高く信仰を集めています。

伊佐須美神社
   ↑ 伊佐須美神社
手水舎
   ↑ 手水舎
仁王門
   ↑ 仁王門

平成20年の火事により本殿・神楽殿・神饌所などを消失し、現在は仮社殿ですね。
以前の社殿は知りませんが、早期に再建して欲しいものです。

仮拝殿
   ↑ 仮拝殿
拝殿内
   ↑ 拝殿内
社殿跡
   ↑ 社殿跡

境内には、御神木でもある薄墨桜や菅原道真公(知恵・学問の神様)が祀られた菅原神社があり、拝殿奥には県の天然記念物に指定されている飛龍の藤があります。
さらには、厄割り石があり、厄割り玉に名前を書いて息を吹きかけて厄を移し、厄割り石に投げ割ると厄除けになるようです。
おやじも初穂料¥300で厄割り玉を頂き、投げつけましたよ。

宝物殿
   ↑ 宝物殿
菅原神社
   ↑ 菅原神社
薄墨桜
   ↑ 薄墨桜
飛龍の藤
   ↑ 飛龍の藤
厄割り玉
   ↑ 厄割り玉

外苑には広いアヤメ園があり、6月~7月にかけてが見頃となります。

アヤメ園
   ↑ アヤメ園
餌に集まる鯉
   ↑ 餌に集まる鯉

「伊佐須美神社」
場所:福島県大沼郡会津美里町宮林甲4377
TEL:0242-54-5050
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「古川農園」
- 2018/09/11(Tue) -
古川農園

今回は、福島県会津若松市河東町にある「古川農園」に来ました。
国道49号線沿いにありますが、看板もなく、以前の「やさいとくだもの」の色あせた看板と下りたままのシャッターで、ラーメンの赤い暖簾のみが目印となるので見落としてしまいますね。
めん屋「河京」の右隣にありますよ。
元青果店が経営する倉庫のような店内には、テーブル9卓・小上がりに2卓があります。

テーブル席一部
   ↑ テーブル席一部
壁メニュー
   ↑ 壁メニュー

壁メニューを拝見したおやじは、ラーメンを注文です。¥650
他には、みそ味ラーメン¥700・手打ラーメン¥750・ワンタンメン¥750・肉そば¥850などがあります。

ラーメン
   ↑ ラーメン
縮れた中太麺
   ↑ 縮れた中太麺

出てきたラーメンには、チャーシュー3枚・メンマ・ほうれん草・刻みねぎが入ります。
スープは、豚骨・鶏がらベースに野菜の甘みが効き、あっさりとして美味しいですね。
麺は、縮れた中太麺で、やや硬めのゴワゴワとした食感がいいですね。

   麺:細○○○●○太
スープ:薄○●○○○濃
   脂:少○○●○○多
   具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★★☆

「古川農園」
場所:福島県会津若松市河東町倉橋字鏡山21
TEL:0242-75-3080
営業:AM11:00~PM2:00 水休
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
普門山「弘安寺」中田観音
- 2018/09/10(Mon) -
ここは、福島県会津美里町の普門山「弘安寺」です。
会津ころり三観音の一つである「中田観音」で知られますね。

山門
   ↑ 山門
手水舎
   ↑ 手水舎

山門を潜ると旧観音堂厨子があります。
弘安2年(1279)に創建されたことから弘安寺と名づけられ、十一面観音像を祀った厨子で、国の重要文化財に指定されています。

紹介板
   ↑ 紹介板
旧観音堂厨子
   ↑ 旧観音堂厨子

観音堂は、弘安2年(1279年)に建立されたので、鎌倉中期に江川常俊という長者が一人娘、常姫の突然の死を悼み、その菩堤を弔うために本尊を作らせたという伝説が残ります。
御本尊は十一面世観音菩薩で、脇侍は地蔵菩薩、不動明王が安置され、鎌倉時代の鋳造として国の重要文化財に指定されています。
また、堂内には抱きつくと何ごとも念願が叶えられるといわれる抱きつき柱もあります。
しかし、観音堂内は撮影禁止ですよ。

紹介板
   ↑ 紹介板
観音堂
   ↑ 観音堂
お地蔵さん
  ↑ お地蔵さん

普門山「弘安寺」中田観音
場所:福島県大沼郡会津美里町米田字堂ノ後甲147
TEL:0242-78-2131
参拝:自由・無料
拝観:月水金で拝観料¥500
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧五十嵐家住宅
- 2018/09/07(Fri) -
ここは、福島県会津坂下町の恵隆寺の横にある「旧五十嵐家住宅」です。
中開津の五十嵐智信氏の所有でしたが、会津坂下町に寄贈されました。
享保14年(1729年)に建てられた会津地方の中堅層農家住宅で、桁行八間半・梁間三間半の寄棟造りです。
昭和46年には国の重要文化財に指定されています。

旧五十嵐家住宅
   ↑ 旧五十嵐家住宅
紹介板
   ↑ 紹介板
旧五十嵐家
   ↑ 旧五十嵐家
住居内
   ↑ 住居内
農耕具の展示
   ↑ 農耕具の展示
立派な屋根裏
   ↑ 立派な屋根裏

敷地内には厠や籾倉も建ち、平成8年には町の有形民俗文化財に指定されています。

厠と籾倉
   ↑ 厠と籾倉

「旧五十嵐家住宅」
場所:福島県河沼郡会津坂下町塔寺大門
開館:AM9:00~PM4:00 月・年末年始休
入館料:無料
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金塔山「恵隆寺」立木観音
- 2018/09/06(Thu) -
ここは、福島県西会津町の「恵隆寺」です。
会津ころり三観音の一つである「立木観音」で知られますね。

仁王門
   ↑ 仁王門
手水舎
   ↑ 手水舎

観音堂は木割和様建築で、剛健な風致があり鎌倉時代建築の特色を具えている貴重な建造物と評価の高く、国の文化財に指定されています。
この日は偶然にも立木観音開帳で、立木の大樹8.5mに彫刻されたわが国最大級の木造大尊像である立木観音や二十八部衆が安置され、だきつき柱などもあります。
しかし、観音堂内は撮影禁止ですよ。

観音堂
   ↑ 観音堂

境内には、平成12年に完成した小金塔、三仏堂、さらには、本堂を建立した時に記念樹として植えられた推定樹齢600年の銀杏の木もありますね。

三仏堂
   ↑ 三仏堂
小金塔
   ↑ 小金塔
銀杏
   ↑ 銀杏

金塔山「恵隆寺」立木観音
場所:福島県河沼郡会津坂下町塔寺松原2944
TEL:0242-83-3171
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金剛山「如法寺」鳥追観音
- 2018/09/04(Tue) -
ここは、福島県西会津町の金剛山「如法寺」です。
会津ころり三観音の一つである「鳥追観音」で知られ、仏都会津の祖・徳一大師が約1200年前の平安初期の大同2年(807年)に開創し、全国でも珍しい東西御拝口(東口から入り、参拝後は西口から出る)の御堂で、観音様の導きにより西方浄土への往生が叶うとされています。
子授、安産、厄除、長寿のご利益があり、厚い信仰を集めています。
本尊をはじめとした数々の仏像や、観音堂、仁王門などが県の重要文化財に指定されています。

仁王門
   ↑ 仁王門
仁王門のわらじ
   ↑ 仁王門の大わらじ
IMG_0002 - コピー
   ↑ 紹介板
手水舎
   ↑ 手水舎
観音堂
   ↑ 観音堂
観音堂内
   ↑ 観音堂内
観音様
   ↑ 観音様
仁王尊
   ↑ 仁王尊

観音堂には左甚五郎の三匹の猿が彫られており、「災難より隠れ猿」「災難より逃れ猿」「安楽に暮らし猿」の三猿を探すことができれば幸運が開き「福マサル」といわれていますよ。
しかし、おやじは見つけることができませんでしたよ。
境内にある樹齢1200年を超えるとされる高野槙(こうやまき)は、県天然記念物に指定され、色々な樹木が四季折々の姿で参拝客を迎えます。
さらに、子育て祈願・水子供養の地蔵堂もありましたよ。

地蔵堂
   ↑ 地蔵堂

金剛山「如法寺」鳥追観音
場所:福島県耶麻郡西会津町野沢如法寺乙3533
TEL:0241-45-2061
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ