2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
第16回登米市長沼はすまつり
- 2017/08/16(Wed) -
ここは、宮城県登米市の長沼です。
伊豆沼・内沼の隣に位置し、8月1日から8月31日まで「第16回登米市長沼はすまつり」が開催されています。
長沼の東側には長沼温泉「ヴィーナスの湯」があり、長沼を見渡しながら入浴出来ますね。
温泉の下には臨時の桟橋もあり、遊覧の屋形船や小船が出て、ハスの花の間を縫うようにゆったりと運航しますよ。
長沼には数十万本のハスの花が咲き、圧巻な光景ですね。
生憎の天候だったので、ピンク一色のハスの花が分かり難いですね。

長沼のハスと長沼ダム
   ↑ 長沼のハスと長沼ダム
小船の運航
   ↑ 小船の運航
ハスの花群
   ↑ ハスの花群
ハス
   ↑ ハス

長沼の中央部に移動すると、長沼ボート場が現れます。
東京オリンピックでボート競技の開催地として一時候補に挙がりましたね。

長沼ボート場
   ↑ 長沼ボート場

長沼温泉「ヴィーナスの湯」
場所:宮城県登米市迫町北方字兵粮120-1
スポンサーサイト
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
作並温泉「岩松旅館」
- 2017/08/15(Tue) -
岩松旅館

今回は、宮城県仙台市青葉区にある作並温泉「岩松旅館」に来ました。
仙台の奥座敷に高級旅館が建ち並びますね。
フロントで休日入浴料¥1570を払い、早速温泉へ。
作並温泉は宿泊料金も高いですが、日帰り入浴料も高いですね。

温泉へ
   ↑ 温泉へ

広い内湯があります。
洗い場は10数ヶ所あり、もちろん、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
湯は無色透明で、弱アルカリ性の肌に優しい保温効果がある温泉です。
泉温が高いので加水されています。

内湯
   ↑ 内湯

一度着替えてから88段の木造階段降りた渓流沿いにある混浴天然岩風呂へ。
途中までエレベーターも利用出来ますよ。
洗い場はありませんので注意ですね。

木造階段
   ↑ 木造階段
天然露天風呂
   ↑ 天然露天風呂

5つの源泉
泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉、低張性弱アルカリ性高温泉
泉温:52.9℃~61.6℃
pH値:8.3前後
効能:動脈硬化症・きりきず・やけど・慢性皮膚病など

湯上がりにはレストラン「あすなろ」もありますが、休憩所がないので通路のソファーで一休みですかね。

ソファー
   ↑ ソファー

作並温泉「岩松旅館」
場所:宮城県仙台市青葉区作並元木16
TEL:022-395-2211
日帰り入浴:AM11:00~PM3:00 無休
入浴料:平日¥1270
     土日祝¥1570
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伊豆沼・内沼はすまつり
- 2017/08/13(Sun) -
ここは、宮城県栗原市の伊豆沼・内沼です。
伊豆沼は隣の登米市にもまたがりますね。
伊豆沼と内沼は、1967年に国の天然記念物、1981年に国の鳥獣保護区指定、1985年にはラムサール条約に登録された湿地なのです。
沼畔には「宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター」があり、野鳥の観察も楽しめます。

宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター
   ↑ 宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター
センター内
   ↑ センター内
センターからの伊豆沼
   ↑ センターからの伊豆沼

伊豆沼・内沼では7月20日から8月31日まで「伊豆沼・内沼はすまつり」が開催されています。
夏には沼一面にハスの花が咲きますね。
沼のほとんどがハスで覆われ、圧巻なのです。
センターの前には桟橋もあり、遊覧の屋形船や小船が出て、ハスの花の間を縫うようにゆったりと運航します。
遊覧料は¥700でしたね。
ハスの花群は沼岸から少し離れているので、近くで撮影するには小舟で遊覧ですね。
ハスの花は朝に咲き、午後にはしぼんでしまいますので、午前中に訪れることをお勧めします。

伊豆沼のハス
   ↑ 伊豆沼のハス
小船の運航
   ↑ 小船の運航
ハス
   ↑ ハス

「宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター」
場所:宮城県栗原市若柳上畑岡敷味17-2
TEL:0228-33-2216
開館:AM9:00~PM4:30 月休(祝日の場合:翌日休)
入館:無料
この記事のURL | 宮城県 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
うどん屋「伝七」
- 2017/08/12(Sat) -
伝七

今回は、宮城県亘理町吉田にあるうどん屋「伝七」に来ました。
店内には、囲炉裏風テーブル1卓・テーブル2卓・小上がりに5卓があります。

小上がり席
   ↑ 小上がり席
おすすめメニュー
   ↑ おすすめメニュー
うどんメニュー
   ↑ うどんメニュー

メニューを拝見したおやじは、季節限定の彩り夏野菜畑の冷やしうどんを注文です。¥800
他には、伝七うどん¥800・ちゃんぽんうどん¥800・カレーうどん¥720・肉うどん¥720・花うどん¥720・天ざるうどん¥1100・ひやしたぬきうどん¥700・ざるうどん¥500・ぶっかけうどん¥420などがあります。
うどんのみで、そばはありません。
さらには、天ぷら定食¥1300・豚バラしょうが焼き定食(ミニうどん付)¥850・鳥のから揚げ定食(ミニうどん付)¥820・カツ丼定食¥850・チキンカツ定食¥820・うどん定食(うどん+ミニ丼)¥820などもあります。

彩り夏野菜畑の冷やしうどん
   ↑ 彩り夏野菜畑の冷やしうどん
手打ちうどん
   ↑ 手打ちうどん

出てきた彩り夏野菜畑の冷やしうどんには、鶏肉・レタス・きゅうり・パプリカ・茄子・トマト・千切り大根・大葉などが入ります。
うどんは、冷水で締められ、もっちりとした手打ちうどんなのです。
節と酢醤油感がちょっと弱いですね。

おやじの総合評価:★★★☆☆

うどん屋「伝七」
場所:宮城県亘理町吉田字下大畑19-4
TEL:0223-34-1498
営業:AM11:00~PM9:00 月休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三本木ひまわりの丘
- 2017/08/09(Wed) -
ここは、宮城県大崎市三本木の「三本木ひまわりの丘」です。
7月29日から8月13日にかけて「ひまわりまつり」が開催されています。
6haの畑地に約42万本のひまわりが見頃を迎えていましたよ。
丘一面がびっしりと黄色に覆われ、見事なのです。

ひまわりまつり
   ↑ ひまわりまつり
ひまわりの丘
   ↑ ひまわりの丘

地元特産のひまわりグッズや、ひまわりを原料としたひまわりアイス、ひまわりハンドクリーム、ひまわり油、ひまわりクッキーなども販売されています。
今年は東北地方の梅雨明けが遅く、その後も天候がすっきりしませんね。
先週末も生憎の曇り空で、綺麗に撮影は出来ませんでしたよ。

黄色に染まるひまわりの丘
   ↑ 黄色に染まるひまわりの丘
湖面にひまわり
   ↑ 湖面にひまわり
ひまわり
   ↑ ひまわり

「三本木ひまわりの丘」
場所:宮城県大崎市三本木斉田字真岸16
駐車料:運営協力費¥300
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
丸森物産いちば「八雄館」
- 2017/08/07(Mon) -
八雄館

宮城県丸森町の「齋理屋敷」前にある丸森物産いちば「八雄館」です。
小さな直売所に丸森町で採れた新鮮な野菜や加工品などが販売されています。

野菜の販売
   ↑ 野菜の販売

焼きたてパンの販売コーナーでは軽食も食せ、松花堂会席弁当が食べれる「まんま亭」も併設されていますね。

軽食メニュー
   ↑ 軽食メニュー
焼きたてパンの販売
   ↑ 焼きたてパンの販売

丸森物産いちば「八雄館」
場所:宮城県丸森町字町東69
TEL:0224-72-3188
営業:AM9:30~PM6:00 年末年始休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蔵の郷土館「齋理屋敷」
- 2017/08/04(Fri) -
ここは、宮城県丸森町の蔵の郷土館「齋理屋敷」です。
江戸時代後期から昭和初期にかけて、呉服・太物の商売に始まり味噌・醤油の醸造、縫製業など幅広い事業を展開し、七代にわたり栄えた豪商、齋藤理助氏の屋敷跡です。

齋理屋敷
   ↑ 齋理屋敷

屋敷および収蔵品すべてが町に寄贈され、「蔵の郷土館」として開放したのが齋理屋敷です。
当時の衣類や美術品などが展示されている7の蔵と2つの邸宅が公開されていますね。

嫁の蔵の2階
   ↑ 嫁の蔵の2階
石風呂
   ↑ 石風呂
齋理の庭
   ↑ 齋理の庭
時の蔵の1階
   ↑ 時の蔵の1階
時の蔵の2階
   ↑ 時の蔵の2階

居宅は、以前のイメージを残して昭和63年に新築されました。

居宅
   ↑ 居宅
1階の座敷
   ↑ 1階の座敷
2階回廊
   ↑ 2階回廊

現在の新館は、もともと倉庫兼作業場でしたが、開館10周年にあたる平成10年に大正時代の洋風建築から意匠を取り入れたようです。

新館
   ↑ 新館
新館内
   ↑ 新館内

2010年には、蔵や石風呂などの6つの建築物・工作物合わせて12の建造物が国の登録有形文化財に登録されています。
店蔵は、お土産などが販売され、2階は喫茶室になっていますね。

蔵の郷土館「齋理屋敷」
場所:宮城県丸森町字町西25
TEL:0224-72-6636
開館時間:AM9:30~PM5:00 月休(祝日の場合翌日休)
入館料:¥610
この記事のURL | 宮城県 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋保神社
- 2017/08/03(Thu) -
ここは、宮城県仙台市太白区秋保町にある「秋保神社」です。
秋保温泉街から県道62号を数キロ西へ向かったところに、「勝負の神」の幟が多く並ぶので分かりますね。
平安初期の大同3年(西暦808年)、征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷平定の折、この地に熊野神社を祀ったと伝えられ、1200年の歴史を有するようです。

秋保神社
   ↑ 秋保神社

御祭神は建御名方神をはじめ天照皇大神他七柱を祀り、生活安定・五穀豊穣、火防、開発、開拓、特に勝負の神、大願成就、開運の神様として名高く、御利益は多方面に亘りあらたかのようです。
境内には有名なアスリートや個人・学校・会社などの「勝負の神」の幟があり、のぼり奉納は一式¥3000のようですね。

山門
   ↑ 山門
拝殿
   ↑ 拝殿
子宝和合の神
   ↑ 子宝和合の神
若乳銀杏
   ↑ 若乳銀杏
銀杏に硬貨
   ↑ 銀杏に硬貨

「秋保神社」
場所:宮城県仙台市太白区秋保町長袋字清水久保北22
TEL:022-399-2208
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
猫神さま
- 2017/08/01(Tue) -
ここは、宮城県角田市にある「仁和多理社」です。
個人宅の裏庭にあり、竹内宿を祭神とする梶賀の鎮守として数百年間、村民の拠り所として崇拝されてきました。

個人宅裏
   ↑ 個人宅裏
仁和多理社
   ↑ 仁和多理社
紹介版
   ↑ 紹介版

昔、梶賀に帯刀と言う者が住んでおり、その妻に大蛇がまといつき困っていました。
飼い猫について行くと猫の目が恐ろしく変貌し、帯刀が脇差しで猫の首を切り落としたところ大蛇に噛みつき、妻を守ったそうです。

猫神さまの石碑
   ↑ 猫神さまの石碑

「猫神さま」
場所:宮城県角田市西一番付近
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
定義如来 西方寺
- 2017/07/31(Mon) -
ここは、宮城県仙台市青葉区大倉の「定義如来 西方寺(さいほうじ)」です。
仙台市とはいっても広く、青葉区の山奥にありますね。
「定義如来 西方寺」の開祖ともいうべき肥後守平貞能公は、平家が壇ノ浦の戦いに敗れた後も、平重盛公より託された阿弥陀如来の御霊像をまもり、源氏の追討をのがれて、この地に隠れ、名を「定義」と改めました。
阿弥陀如来様が「定義如来」と呼ばれる由縁です。
その後、従臣達は貞能公の遺命を奉じ、宝永3年(1706)、従臣の後裔早坂源兵衛が、自ら出家し「観蓮社良念」と称し、「極楽山 西方寺」を開創したそうです。

山門
   ↑ 山門
貞能堂
   ↑ 貞能堂(旧本堂)
貞能堂内
   ↑ 貞能堂内

貞能堂の裏手には、天皇塚(連理の欅)があります。
安徳天皇の遺品を埋めた二本の欅が、一本の木として結ばれ、縁結びの神木とされています。

天皇塚
   ↑ 天皇塚(連理の欅)

さらに進むと、巨大豪華な新本堂が現れます。
平成11年に建立され、貞能堂と同じ六角堂ですね。

西方寺案内板
   ↑ 西方寺案内板
本堂
   ↑ 本堂

さらに道を挟んだ境内には、立派な五重塔があります。
人類恒久の平和を祈り、昭和61年に建立されました。

五重塔
   ↑ 五重塔

門前町には多くの土産店が並びますね。
おやじは、「定義とうふ店」で名物の三角定義あぶらあげを購入です。

三角定義あぶらあげ
   ↑ 三角定義あぶらあげ

「定義如来 西方寺」
場所:宮城県仙台市青葉区大倉字上下1
TEL:022-393-2011
この記事のURL | 宮城県 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
麺工房「きわみや」
- 2017/07/28(Fri) -
きわみや

今回は、宮城県仙台市青葉区にある麺工房「きわみや」に来ました。
店内には、カウンター4席・テーブル2卓・8人掛けテーブル1卓・小上がりに2卓があります。

店内一部
   ↑ 店内一部
メニュー
   ↑ メニュー一部

メニューを拝見したおやじは、濃厚味噌ラーメンを注文です。¥790
麺は、中麺か太麺が選べ、太麺を選択しましたよ。
他には、尾道らーめん¥590・味玉らーめん(醤油・ブラック)¥680・きわみやブラック太麺¥650・きわみや醤油太麺¥700・きわみやレッド太麺¥750・とんこつ醤油つけ麺¥750・濃厚味噌つけ麺¥850・まぜそば¥750などがあります。
さらには、餃子¥380・目玉焼きごはん¥220・豚そぼろごはん¥220などもあります。

濃厚味噌ラーメン
   ↑ 濃厚味噌ラーメン
ややウエーブした太麺
   ↑ ややウエーブした太麺

出てきた濃厚味噌ラーメンには、レンゲに挽肉・メンマ・もやし・糸唐辛子・刻み万能ねぎが入ります。
スープは、豚骨ベースにカレーが加えられたドロ系の濃厚なもので、甘みもあります。
麺は、ストレートの太麺で、ズルズルと食します。
後半には、テーブルに置かれたかつおとえびの魚粉を加えて頂きましたよ。

   麺:細○○○●○太
スープ:薄○○○○●濃
   脂:少○○○●○多
   具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★☆☆

麺工房「きわみや」
場所:宮城県仙台市青葉区栗生4-6-20
TEL:  ?
営業:AM11:30~PM3:00
    PM5:00~AM0:00 水休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
磊々峡
- 2017/07/26(Wed) -
ここは、宮城県仙台市太白区秋保町にある「磊々峡(らいらいきょう)」です。
秋保温泉街の入口にある峡谷で、覗橋の上下流約1kmにわたって深さ20mにも達する峡谷が続きます。
覗橋から峡谷に沿って約650mの遊歩道が続き、「八間厳」「奇面厳」などの奇岩や「時雨滝」「三筋滝」などを眺めることが出来ますね。

磊々峡
   ↑ 磊々峡
奇面厳
   ↑ 奇面厳
三筋滝
   ↑ 三筋滝

覗橋からハート型の岩のくぼみを見ることができます。
「覗橋ハート」が恋人の聖地に認定され、多くのカップルが訪れますね。

ハートのくぼみ
   ↑ ハートのくぼみ

「磊々峡」
場所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元枇杷原
無料駐車場:覗橋北側の覗橋パーク横
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蔵の街村田
- 2017/07/25(Tue) -
ここは、宮城県村田町の旧市街地です。
村田町は、江戸時代に仙台と山形を結ぶ街道の分岐点として、商都の賑わいをみせました。
村田商人は、紅花や藍を仙南地方で買い集め、江戸や上方へ運ぶ商取引を行い、今も当時の栄華を伝える豪勢な蔵の街が町の中心部に残っています。
重厚な店蔵と門が一対となり、通りの両側には短冊形の地割りが整然と並び、江戸時代の「町人地」の姿を今に留めていますね。

蔵の町案内板
   ↑ 蔵の街案内板
村田商人やましょう記念館
   ↑ 村田商人やましょう記念館
店蔵
   ↑ 店蔵
大沼酒造店
   ↑ 大沼酒造店

蔵内も見られるような蔵の町としてのアピールが欲しいですね。

「蔵の街」
場所:宮城県村田町村田七小路付近
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大雄寺
- 2017/07/24(Mon) -
ここは、宮城県亘理町泉ケ入の「大雄寺」です。
創建は亘理の初代領主伊達成実が慶長9年(1604)に福島県信夫郡小倉村にあった陽林寺を亘理城下へ移して、雄山寺と称しました。
その後大雄寺と改名し代々の菩提寺としました。元文元年(1736)の火災により、本堂・山門などが焼失し、創建当初建てられた大規模な伽藍は大幅に縮小されたとされました。
現在、残っている山門は文政年間(1818~1830)に建築され、亘理町指定文化財に指定されています。

山門
   ↑ 山門

本堂は明治30年(1897)に改築され、御霊屋の内部には、位牌と木造が安置され、伊達領内に残る江戸時代初期の霊屋建築を知る上で貴重とされており、県の有形文化財に指定されています。

本堂
   ↑ 本堂
三界萬霊塔
   ↑ 三界萬霊塔

境内には亘理伊達家代々の御霊屋や墓碑があり、三棟の御霊屋は右から成実、実元(成実の父)、実氏(5代)と並ひます。
さらに、伊達家代々の墓所が並びますね。
御霊屋は昭和49年に、亘理歴代領主墓地は昭和54年に町の文化財に指定されています。

亘理伊達氏御廟歴代御墓の紹介
   ↑ 亘理伊達氏御廟歴代御墓の紹介
初代 成実廟
   ↑ 初代 成実廟
初代父(右)・五代実氏廟
   ↑ 初代父(右)・五代実氏廟
伊達家代々の墓所
   ↑ 伊達家代々の墓所

「大雄寺」
場所:宮城県亘理町泉ケ入88
TEL:0223-34-7796
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
そば処「穣庵」
- 2017/07/21(Fri) -
穣庵

今回は、宮城県仙台市太白区秋保町の「秋保大滝不動尊」前にあるそば処「穣庵(じょうあん)」に来ました。
店内には、テーブル3卓・10人掛けテーブル1卓・小上がりに3卓があります。

店内一部
   ↑ 店内一部
メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、ざるそばを注文です。¥750
他には、辛み大根ざる¥950・天然えびと野菜天ざる¥1500・十割の田舎ざる¥900・二種もり(ざると粗挽きざる)¥1100・比内地鶏つけ鳥ざる¥1350などがあります。
そばのみで、うどんはありません。
さらには、一品料理の鴨ロース煮¥450・だし焼き玉子¥600などもあります。

ざるそば
   ↑ ざるそば
コシのあるそば
   ↑ コシのあるそば

出てきたざるそばには、薬味が付きます。
そばはやや緑色ががり、コシがあって美味しいですね。
つけ汁は、節の効いたやや辛めなもので、おやじ好みなのです。

おやじの総合評価:★★★★☆

そば処「穣庵」
場所:宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝8-1
TEL:022-399-2120
営業:AM11:30~PM3:00 木休(不定休)
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋保大滝不動尊と秋保大滝
- 2017/07/19(Wed) -
ここは、宮城県の秋保温泉街から10kmほど先にある「秋保大滝不動尊」です。
平安初期に開基され、山形県山寺の立石寺の奥の院とされます。
家内安全・商売繁盛・眼病にご利益があるそうですよ。
境内には、樹齢300年の大銀杏や樹齢200年の大杉もあります。
秋保大滝植物園も隣接され、入園料¥200ですが四季折々の蔵王山系の可憐な植物を楽しめます。

本堂
   ↑ 本堂
開山堂
   ↑ 開山堂
大銀杏
   ↑ 大銀杏

秋保大滝不動尊の境内奥に秋保大滝滝見台があります。
秋保大滝は、幅6m・落差55mの大滝で、国の名勝に指定された日本三名瀑の一つです。

滝見台からの秋保大滝
   ↑ 滝見台からの秋保大滝

川沿いの遊歩道を約1kmたどると滝壺まで行けますよ。
一度車に戻ってから滝壺への入口駐車場を利用する方が楽ですよ。
ここから足下の悪い急な階段なので、歩きやすい靴で降りましょうね。
滝壺まで降りると滝しぶきのかかる涼風が受けられ、豪快な眺めを楽しむことができますよ。

秋保大滝
   ↑ 秋保大滝

「秋保大滝不動尊」
場所:宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝11
TEL:022-399-2127
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌味噌らーめん「たら福」
- 2017/07/15(Sat) -
たら福

今回は、宮城県角田市にある札幌味噌らーめん「たら福」に来ました。
店内には、壁に沿った簡易なテーブル3卓に丸椅子です。

簡易なテーブル席
   ↑ 簡易なテーブル席
壁メニュー
   ↑ 壁メニュー

壁メニューを拝見したおやじは、味噌ラーメンを注文です。¥750
他には、辛味噌ラーメン¥800・しおラーメン¥750があります。

味噌ラーメン
   ↑ 味噌ラーメン
縮れた中太玉子麺
   ↑ 縮れた中太玉子麺

出てきた味噌ラーメンには、バラチャーシュー・メンマ・もやし・きくらげ・やまくらげ・挽肉・刻みねぎが入ります。
スープは、豚骨ベースで、札幌の白味噌と赤味噌をブレンドされた濃厚な味わいです。
麺は、縮れた中太玉子麺で、ズルズルと食す感じですね。

   麺:細○○○●○太
スープ:薄○○○●○濃
   脂:少○○●○○多
   具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

札幌味噌らーめん「たら福」
場所:宮城県角田市角田字町87-1
TEL:022-263-1802
営業:AM11:00~PM3:00
    PM6:00~PM10:00 不定休
    (土日は昼のみの営業)
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
慈眼寺
- 2017/07/13(Thu) -
ここは、宮城県仙台市太白区秋保町の「慈眼寺」です。
慈眼寺は、修験道発祥の地奈良県大峯山において「大峯千日回峰行」と九日間飲まず・食べず・寝ず・横にならずの「四無行」を満行した塩沼亮潤大阿闍梨により開山されたそうです。
修験道の本尊である「蔵王大権現」を祀ったお寺です。

慈眼寺
   ↑ 慈眼寺
権現堂の横顔
   ↑ 権現堂の横顔
護摩堂
   ↑ 護摩堂
手入れされた庭園
   ↑ 手入れされた庭園

毎月2回(第1・第3日曜)午後1時より、塩沼亮潤大阿闍梨による護摩祈祷と法話があり、誰でも参拝できるそうです。

「慈眼寺」
場所:宮城県仙台市太白区秋保町馬場滝原89−2
TEL:022-399-5333
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
笹谷温泉「湯元 一乃湯」
- 2017/07/07(Fri) -
湯元 一乃湯

今回は、宮城県川崎町にある笹谷温泉「湯元 一乃湯」に来ました。
フロント前にある券売機で日帰り入浴券¥1000を購入し、フロントに渡します。
早速、地下1階にある温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ

内湯・露天風呂・ミスとサウナがあります。
露天風呂へは湯船を抜けて行きますが、別扉が欲しいですね。
洗い場は7カ所あり、リンスインシャンプーとボディーソープが揃いますので、タオル持参でOKですね。
湯は茶褐色で、スベスベして肌に良さそうですね。
全国でも珍しい旧含塩化土類芒硝鉄泉なので、効能が幅広いそうですよ。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
泉温:39.8℃
pH値:7.1
効能:切り傷・やけど・神経痛・慢性皮膚病・動脈硬化など

湯上がりには食事処や無料の大広間でのんびり過ごせますね。
大広間には芒硝鉄泉が置かれて自由に飲むことができ、消化器・糖尿病・肝機能障害・高血圧に良いようです。
おやじも飲んでみましたが、苦みが強いですね。

大広間
   ↑ 大広間
芒硝鉄泉
   ↑ 芒硝鉄泉の飲泉

笹谷温泉「湯元 一乃湯」
場所:宮城県川崎町大字今宿字スド15-3
TEL:0224-84-5626
日帰り入浴:AM9:00~PM5:00
入浴料:¥1000
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
笹谷街道松並木
- 2017/07/06(Thu) -
宮城県から山形県へと繋がるR286沿いには、松並木の旧街道の面影を残しています。
車の排気ガスで大分枯れてしまったようですが、笹谷街道沿いに残る並木がいいですね。
松並木は、大正8年ごろに川崎青年団が植栽したと伝えられています。

笹谷街道の松並木
   ↑ 笹谷街道の松並木
松並木
   ↑ 松並木

「笹谷街道松並木」
場所:宮城県川崎町今宿地区
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
村田町歴史みらい館
- 2017/07/03(Mon) -
村田町歴史みらい館

ここは、道の駅「村田」に隣接する「村田町歴史みらい館」です。
村田町の歴史資料が展示され、小さな図書館も併設されています。
館内に入ると800年の伝統を誇る「布袋まつり」の山車が展示されていますね。
さらに、町内の石器や土器、古墳など原始から古代を紹介するコーナーなどもあります。

布袋の山車
   ↑ 布袋の山車
歴史資料の展示
   ↑ 歴史資料の展示

2階の町民ギャラリーには、メキシコオリンピックの重量挙げ銅メダリストで地元出身の三宅義信氏の功績が展示されています。

三宅義信
   ↑ 三宅義信
親子でメダル
   ↑ 親子でメダル

「村田町歴史みらい館」
場所:宮城県村田町大字村田字迫85
TEL:0224-83-6822
開館:AM9:00~PM5:00 月休(祝日の場合、翌日休)
入館:無料
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラーメン「渓流」
- 2017/07/01(Sat) -
渓流

今回は、宮城県川崎町にあるラーメン「渓流」に来ました。
宮城県と山形県の県境近くの山中にあり、同町内にあるラーメン「天狗山総本家」の姉妹店になります。
店内には、L型カウンターに12席・窓側テーブルカウンター5席・小上がり4卓があります。

店内
   ↑ 店内
メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、味噌ラーメンを注文です。¥880(税別)
他には、チーズ味噌ラーメン¥1000・節豚濃厚つけ麺¥900・ラーメン¥600・塩ラーメン¥830・味噌担々麺¥930などがあります。
さらには、餃子定食¥700・冷やし味噌ラーメン¥940・冷たいラーメン¥680・冷し担々サラダあえ麺¥1000などもありますよ。

味噌ラーメン
   ↑ 味噌ラーメン
縮れた中太麺
   ↑ 縮れた中太麺

出てきた味噌ラーメンには、もやし・白菜・キャベツ・人参・きくらげ・筍・挽肉が入り、レンゲに辛味噌が盛られます。
スープは、豚骨と鶏がらベースのやや辛めの味噌味で、レンゲの辛味噌が辛味と旨みを増しますね。
麺は、自家製の多加水の縮れた中太麺で、ちょっと硬めでいいですね。

   麺:細○○○●○太
スープ:薄○○○●○濃
   脂:少○○○●○多
   具:少○○○●○多

おやじの総合評価:★★★★☆

ラーメン「渓流」
場所:宮城県川崎町大字今宿字道下25-6
TEL:0224-84-5659
営業:AM11:00~PM7:00 水休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道の駅「村田」
- 2017/06/29(Thu) -
村田

ここは、宮城県村田町にある道の駅「村田」です。
小さな道の駅で、農産物や地元のお土産などが販売されています。
この時期は、全国有数の生産量を誇るそら豆や加工品が販売されていますね。
今晩の肴にと特産のそら豆を購入しましたよ。

農産物の販売
   ↑ 農産物の販売
お土産
   ↑ お土産
そら豆
   ↑ そら豆

右奥のレストラン「城山」は、テーブル18卓もあって道の駅の半分ぐらい占めていますね。
小腹が空いたおやじは、そら豆ざるうどんを注文です。¥650
他には、和風らーめん¥600・海老天丼¥910・城山定食¥1350・牛たんハヤシライス¥880・とんかつ定食¥1080などもあります。
ランチタイム(AM11:00~PM2:00)には、セルフのコーヒーも頂けますよ。

そら豆うどんメニュー
   ↑ そら豆うどんメニュー
広い店内
   ↑ 広い店内
そら豆ざるうどん
   ↑ そら豆ざるうどん
そら豆うどん
   ↑ そら豆うどん

そら豆が練り込まれたうどんは、もっちりとしたコシがあり、スルスルといけちゃいます。

おやじの総合評価:★★★☆☆

道の駅「村田」
場所:宮城県村田町大字村田字北塩内41
TEL:0224-83-5505
営業:AM9:00~PM5:00 年末年始休
レストラン:AM11:00~PM4:30 第2月休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
わたり温泉「鳥の海」
- 2017/06/28(Wed) -
鳥の海

今回は、宮城県亘理町にある日帰り温泉施設わたり温泉「鳥の海」に来ました。
震災の津波で1階部分に被害を受けましたが、リニューアルして2年半前に再開したようです。
以前は、宿泊・レストラン・宴会場・岩盤浴施設などもありましたが、現在は休止中となっています。
1階の券売機で日帰り入浴¥500を購入し、受付に渡します。
おやじは、早速5階の温泉施設へ・・・

5階の温泉へ
   ↑ 5階の温泉へ

温泉施設は5階にあるので浴場からの眺望がいいですね。
東には太平洋・南には鳥の海・西には蔵王連峰が望めますよ。
湯船は、日替わりで男女入れ替え制のようです。
温泉はやや黄金色に濁り、スベスベしますね。
加温・消毒されていますが、源泉掛け流しですよ。
リンスインシャンプーとボディーソープは揃います。
寝湯・ジャグジー風呂はありますが、サウナは使用中止になっていましたね。

内湯
   ↑ 内湯
鳥の海を望む展望露天風呂
   ↑ 鳥の海を望む展望露天風呂

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉・低張性弱アルカリ性
泉温:36.9℃
pH値: ?
効能:切り傷・抹消循環障害・冷え性・皮膚乾燥症など

湯上がりには、テーブルの休憩所で一休み出来ますね。

休憩所
   ↑ 休憩所

わたり温泉「鳥の海」
場所:宮城県亘理町荒浜築港通り41-2
TEL:0223-35-2744
日帰り入浴:AM10:00~PM8:00 第3水休
入浴料:¥500
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釜房湖
- 2017/06/27(Tue) -
ここは、宮城県川崎町の「釜房湖」です。
総貯水量は45,300,000㎥あり、湖畔から見える蔵王連峰などの景観もいいですね。

みちのく公園休憩所からの釜房湖
   ↑ みちのく公園休憩所からの釜房湖
釜房湖
   ↑ 釜房湖
釜房大橋
   ↑ 釜房大橋

釜房湖を二分する釜房大橋を渡った北側には「釜房ダム」が現れますね。
昭和45年に完成した釜房ダムは、堤高45.5m・堤頂長323mの重力式コンクリートダムで、仙台市を始め宮城県中枢部への利水を図る特定多目的ダムです。

釜房ダムの紹介版
   ↑ 釜房ダムの紹介版
釜房ダム
   ↑ 釜房ダム

「釜房ダム」
場所:宮城県川崎町大字小野字大平山10-6
TEL:0224-84-2171
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鳥の海ふれあい市場
- 2017/06/26(Mon) -
鳥の海ふれあい市場

ここは、宮城県亘理町にある「鳥の海ふれあい市場」です。
震災の津波の影響を受け、平成26年10月にリニューアルOPENしたようです。
きずなぽーと“わたり”の1階部分にあたり、2階は漁協仙南支局、3階は陸上局になります。
市場内には、地元特産のいちごの加工品・農産物・お土産・海産物が並びます。

農産物
   ↑ 農産物
お土産
   ↑ お土産
海産物
   ↑ 海産物

全てが格安で購入でき、多くの方が訪れますね。

「鳥の海ふれあい市場」
場所:宮城県亘理町荒浜字築港通り6-22
TEL:0223-35-2228
営業:AM9:00~PM6:00 第3木休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
円福寺
- 2017/06/23(Fri) -
ここは、宮城県川崎町の「円福寺」です。
円福寺は平安時代後期の創建とされ、本尊は塑像の延命地蔵菩薩で、脇仏にマリア観音像が安置されています。
中世に入ると支倉家が庇護し天文14年(1545)には背後の高台に支倉家の居城である上楯城が築かれます。

本堂
   ↑ 本堂

支倉家の菩提寺で本堂裏手の斜面に常長の墓があります。
慶長18年(1613)、支倉六右衛門常長は伊達家の大使として欧州に派遣され、洗礼を受けローマでは貴族に列せられましたが、元和6年(1620)には江戸幕府によるキリスト教の禁教令が発令され、志半ばで帰郷し上楯城で軟禁、2年後に菩提寺である円福寺に葬られたと伝えられています。
古くからキリシタンの墓と伝えられ、常長の従者で欧州にも随行した者の墓とされるイカリ印の墓もあります。

イカリ印の墓
   ↑ イカリ印の墓
紹介版
   ↑ 紹介版
支倉六右衛門常長の墓
   ↑ 支倉六右衛門常長の墓

「円福寺」
場所:宮城県川崎町支倉宿154
TEL:0224-86-2407
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
龍島院
- 2017/06/21(Wed) -
ここは、宮城県村田町の「龍島院」です。
龍島院は、室町時代(天授年間)新潟県村山市耕雲寺七世審岩正察和尚により開山し、寛永3年(1627)、京都にて永眠した柴田刈田三万石城主伊達宗高公(政宗公七男・二十歳)の遺骸を葬って以来、 伊達家より寺領として知行を賜ったそうです。
また、名勝 龍島院庭園が有名のようですが、遅くに訪れたので入園できませんでしたよ。

山門
   ↑ 山門
本堂
   ↑ 本堂
鐘楼
   ↑ 鐘楼

観音堂には、定龍寺廃寺により遷宮された三十三観世音菩薩が奉祀されています。

大仏
   ↑ 大仏
観音堂(左)
   ↑ 観音堂(左)

「龍島院」
場所:宮城県村田町大字村田字大槻下92
TEL:0224-83-2160
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中華そば「いぶし」
- 2017/06/15(Thu) -
いぶし

今回は、宮城県名取市にある中華そば「いぶし」に来ました。
店内には、カウンター4席・テーブル3卓・小上がりに2卓があります。

店内一部
   ↑ 店内一部
メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、いぶし中華そばを注文です。¥730
他には、岩のり塩中華そば¥850・いぶしつけ麺¥780・中華そば¥630・塩中華そば¥650・みそ中華そば¥730・辛みそ中華そば¥830などがあります。
さらには、月替り麺や餃子¥400・半炒飯¥280・チャーシュー丼¥280などもあります。

いぶし中華そば
   ↑ いぶし中華そば
ストレートの細麺
   ↑ ストレートの細麺

出てきたいぶし中華そばには、肩ロースチャーシュー2枚・メンマ・1/2煮玉子・のり・刻みねぎが入ります。
スープは、鶏がら・豚骨をベースに、カツオ・サンマをいぶした魚節が効いて美味しいですね。
麺は、自家製低加水の細麺で、スルスルといけちゃいますね。

   麺:細●○○○○太
スープ:薄○●○○○濃
   脂:少○●○○○多
   具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★★☆

中華そば「いぶし」
場所:宮城県名取市上余田字千刈田548-1
TEL:022-290-5370
営業:AM11:00~PM3:00
    PM5:00~PM9:00 月夜・火休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
国営みちのく杜の湖畔公園「みちのく公園」
- 2017/06/12(Mon) -
ここは、宮城県川崎町の国営みちのく杜の湖畔公園「みちのく公園」です。
東北唯一の国営の公園で、年間を通して色々な花々を鑑賞できますね。
園内では、5月27日から6月18日にかけて「ポピーまつり2017」が開催されています。
まつり開催期間中は、色々なイベントも企画されています。

ポピー畑
   ↑ ポピー畑
蔵王連峰
   ↑ 蔵王連峰
ポピー
   ↑ ポピー

広大な園内には、時の広場・彩りひろば・湖畔ひろば・わらすこひろば・やすらぎの池・宮城県ならではのいも煮会ひろばなどがあります。

園内案内
   ↑ 園内案内
時のひろば
   ↑ 時のひろば
やすらぎの池
   ↑ やすらぎの池
やすらぎの池のスイレン
   ↑ やすらぎの池のスイレン
わらすこひろば
   ↑ わらすこひろば

東北地方6県の古民家が並ぶ、ふるさと村などもありますね。

本荘由利の家
   ↑ 本荘由利の家(秋田県)

国営みちのく杜の湖畔公園「みちのく公園」
場所:宮城県川崎町大字小野二本松53-9
TEL:0224-84-5991
開園:AM9:30~PM5:00 火休
入園料:¥410
駐車場:¥310
この記事のURL | 宮城県 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ