fc2ブログ
2024 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2024 05
誠之堂・清風亭と旧煉瓦製造施設
- 2023/10/28(Sat) -
ここは、埼玉県深谷市起会にある「誠之堂と清風亭」です。
大寄公民館敷地内にあり、行かれる際は大寄公民館の住所で検索してくださいね。

誠之堂と清風亭
   ↑ 誠之堂と清風亭(左)
紹介板
   ↑ 紹介板

誠之堂(せいしどう)は、大正5年(1916)、第一銀行の頭取を務めた渋沢栄一の喜寿(77歳)を記念して第一銀行員たちの出資によって贈られた煉瓦建築で、会食などに使用されたようです。
西洋建築が取り入れられ、暖炉やステンドグラスなど見応えがありますね。
現在、国の重要文化財に指定されています。

誠之堂
   ↑ 誠之堂(国指定重要文化財)
次之間
   ↑ 次之間
大広間
   ↑ 大広間

直ぐ隣に建つのが清風亭で、栄一に次いで頭取となった佐々木勇之助の古希(70歳)を祝って同銀行員たちの出資によって贈られた鉄筋コンクリート造りでスペイン風様式の建物です。
残念ながら貸切りで使用されていたので、中には入れませんでしたよ。

清風亭
   ↑ 清風亭(県指定文化財)

「誠之堂・清風亭」
場所:埼玉県深谷市起会110-1(大寄公民館敷地内)
(ナビ検索は大寄公民館:埼玉県深谷市起会84-1
TEL(公民館):048-571-0341
開館:AM9:00~PM5:00 年末年始休
入館:無料

ここは、同市内にある「旧煉瓦製造施設」です。
現在は窯の保存修理中のため休館中で、再開は2024年頃になるようです。
渋沢栄一に関わる施設で、明治21年に操業を開始し、製造された煉瓦は東京駅や迎賓館赤坂離宮などにも使用されています。
旧事務所は、煉瓦製造の指導にあたったドイツ人煉瓦技師チーゼの住居兼事務所です。
共に、国の重要文化財に指定されています。

紹介板
   ↑ 紹介板
旧事務所
   ↑ 旧事務所(国指定重要文化財)
ホフマン輪窯6号窯
   ↑ ホフマン輪窯6号窯(保存修理中)

「旧煉瓦製造施設」
場所:埼玉県深谷市上敷免28-10
TEL(教育委員会):048-577-4501
開館:AM9:00~PM4:00 月~金休(土日のみ開館)(現在休館中)
入館:無料
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
尾高惇忠生家
- 2023/10/27(Fri) -
ここは、埼玉県深谷市下手計にある「尾高惇忠生家」です。
尾高惇忠は、渋沢栄一の従兄にあたり、栄一は少年時代からこの従兄のもとに通って多くの学問を学びました。
富岡製紙場の設立に尽力し、初代工場長を務めました。

尾高惇忠生家
   ↑ 尾高惇忠生家(市指定文化財)
紹介板
   ↑ 紹介板
座敷
   ↑ 座敷

主屋の裏には、渋沢栄一の煉瓦製造施設で造られた煉瓦倉庫もありますね。

煉瓦倉庫
   ↑ 煉瓦倉庫

「尾高惇忠生家」
場所:埼玉県深谷市下手計236
TEL(記念館):048-587-1100
開館:AM9:00~PM5:00 年末年始休
入館:無料
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
渋沢栄一記念館と旧渋沢邸「中の家」
- 2023/10/26(Thu) -
ここは、埼玉県深谷市下手計にある「渋沢栄一記念館」です。
2024年から新1万円札の顔となる近代日本経済の父と称される渋沢栄一の生まれた地ですね。
渋沢栄一ゆかりの地巡り総合案内は、左をクリックですよ。

渋沢栄一記念館
   ↑ 渋沢栄一記念館

1995年に開館し、写真や遺墨などの資料が展示されています。
資料室内の写真撮影は禁止ですよ。
アンドロイドによる講義も受けられますが、2日前までの事前予約が必要のようです。
記念館裏には大きな渋沢栄一像がありますが、なぜ玄関前に設置しなかったのでしょうね。

年譜
   ↑ 年譜
大きな渋沢栄一銅像
   ↑ 大きな渋沢栄一銅像
新一万千札イメージ
   ↑ 新一万千札イメージ

「渋沢栄一記念館」
場所:埼玉県深谷市下手計1204
TEL:048-587-1100
開館:AM9:00~PM5:00 年末年始休
見学:無料

記念館を後にしたおやじは、近くの旧渋沢邸「中の家(なかんち)」へ向かいます。
「中の家」は、渋沢栄一の妹夫婦が上棟した主屋が残り、栄一が23歳まで過ごしました。
上棟から120年以上経た主屋は、改修工事が行われ、2023年8月にリニューアルオープンしました。

旧渋沢邸「中の家」
   ↑ 旧渋沢邸「中の家」(県指定文化財)
紹介板
   ↑ 紹介板
主屋
   ↑ 主屋
座敷
   ↑ 座敷
アンドロイド・シアター
   ↑ アンドロイド・シアター
帰郷の際に滞在した上座敷
   ↑ 帰郷の際に滞在した上座敷
2階の大黒柱の耐震補強
   ↑ 2階の大黒柱の耐震補強

敷地内には土蔵・副家や父母の招魂碑と養子の追懐碑の三石碑などもあります。

土蔵と副家
   ↑ 土蔵と副家
家族に関する三石碑
   ↑ 家族に関する三石碑

旧渋沢邸「中の家」
場所:埼玉県深谷市血洗島247-1
TEL(記念館):048-587-1100
開館:AM9:00~PM5:00 年末年始休
見学:無料
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
元祖 熊谷うどん「福福」
- 2023/10/25(Wed) -
福福

今回は、埼玉県熊谷市妻沼にある元祖 熊谷うどん「福福」に来ました。
雑居ビル内にあり、看板が小さいので解りにくいですね。
店内には、長テーブ4卓があります。

店内一部
   ↑ 店内一部
券売機
   ↑ 券売機

入口右手の券売機で、肉汁うどんを購入です。¥900
他には、きのこ汁うどん¥900・辛肉汁うどん¥950・肉玉汁うどん¥980・カレー汁うどん¥1030・肉きのこ汁うどん¥1150・福福うどん¥1260・万福うどん¥1620・松阪牛肉うどん¥3900などがあります。

肉汁うどん
   ↑ 肉汁うどん
肉汁
   ↑ 肉汁
黒豚
   ↑ 黒豚
もっちりうどん
   ↑ もっちりうどん

出てきた肉汁うどんは、肉汁とうどんが別盛りで、刻みねぎが添えられます。
つけ汁は節系が効き、深谷産の彩の国黒豚が使用され、ネギがいいアクセントになっていますね。
うどんは、熊谷産小麦粉の「あやひかり」100%が手打ちされ、もっちり感があって美味しいですね。
器から素材まで、こだわりが覗えるうどんなのです。

おやじの総合評価:★★★★☆

元祖 熊谷うどん「福福」
場所:埼玉県熊谷市妻沼1861-2
TEL:048-587-2900
営業:AM11:00~PM6:00 月休
駐車場:店舗前と裏の共用に数台分
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
妻沼聖天山
- 2023/10/24(Tue) -
ここは、埼玉県熊谷市妻沼の「妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)」です。
妻沼聖天山は、治承3年(1179)、斎藤別当実盛公が武蔵国長井庄に大聖歓喜天を奉ったことが始まりとされています。
また、日本三大聖天さまの一つとして知られ、縁結びの霊験あらたかで、夫婦の縁・家内安全・厄除け開運・交通安全など良縁を結んでいただけます。
駐車場からですと仁王門前に出ますが、少し参道を戻り、嘉永4年建立の貴惣門からですね。

貴惣門
   ↑ 貴惣門(国指定文化財)
斎藤別当実盛像
   ↑ 斎藤別当実盛像
仁王門
   ↑ 仁王門
大師堂
   ↑ 大師堂
本殿
   ↑ 本殿
鐘楼
   ↑ 鐘楼
平和の党
   ↑ 平和の党(中央)

本殿に続く聖天堂は、拝観が有料(\700)です。
平成24年に国宝に指定された豪華絢爛な聖天堂は、平和や故事に由来する彫刻が見事ですね。
参拝後には、境内脇道の門前町でいなり寿司や甘味などのグルメがいただけますよ。

聖天堂
   ↑ 聖天堂(国宝)
紹介板
   ↑ 紹介板
聖天堂の彫刻
   ↑ 聖天堂の彫刻
豪華な彫刻
   ↑ 豪華な彫刻

「妻沼聖天山」
場所:埼玉県熊谷市妻沼1511
TEL:048-588-1644
拝観:無料(聖天堂のみ¥700)
聖天堂拝観時間:平日AM10:00~PM3:00 
           土日祝AM9:30~PM4:00 無休
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
吉見百穴と岩室観音
- 2023/10/23(Mon) -
ここは、埼玉県吉見町の「吉見百穴」です。
古墳時代の後期から終末期(6世紀末から7世紀後半)に造られた横穴墓で、現在219基あります。
大正12年、国の史跡に指定されています。
タレントの若槻千夏さんの出身地で、TV放映でPRしていましたね。

吉見百穴
   ↑ 吉見百穴
紹介板
   ↑ 紹介板
百穴
   ↑ 百穴
横穴墓内
   ↑ 横穴墓内

太平洋戦争末期には、吉見百穴一帯の丘陵斜面に地下軍事工場が造られ、多くのトンネルが掘られました。

地下軍需工場跡の洞窟
   ↑ 地下軍需工場跡の洞窟

敷地内には吉見町の埋蔵文化財センターも併設され、周辺古墳からの出土品なども展示されています。

出土遺物の展示
   ↑ 出土遺物の展示

「吉見百穴」
場所:埼玉県吉見町北吉見324
TEL:0493-54-4541
営業:AM8:30~PM4:30 無休
料金:¥300

吉見百穴の入口手前に岩をうがって観音像をまつった岩室観音があったので、ちょっと寄ってみましたよ。
龍性院の境外仏堂だそうで、始まりは弘仁年中(810~824)といわれます。
左右の洞窟の石仏は四国八十八カ所弘法大師巡錫の霊地に建てられた寺を模したもので、八十八体の仏像が祀られたいますね。
また、観音の奥にはハート型の胎内くぐりもあるようですが、足元が悪いのと蜂注意の看板があり断念ですね。

紹介板
   ↑ 岩室観音
紹介板      
   ↑ 紹介板
八十八カ所巡り
   ↑ 八十八カ所巡り
八十八カ所巡り
   ↑ 八十八カ所巡り

「岩室観音」
場所:埼玉県吉見町北吉見309
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
五千頭の龍が昇る聖天宮
- 2023/10/21(Sat) -
ここは、埼玉県板戸市塚越にある「五千頭の龍が昇る聖天宮」です。
聖天宮は、中国台湾三大宗教の一つである「道教」で、日本の神社にあたり、台湾の宮大工が15年かけて平成7年に建立されました。
建て主は康國典大法師で 不治の大病を患いましたが、ご本尊「三清道祖」と縁起をもたれたのを期に一命をとりとめ、日本のこの地にとお告げを授かったそうですよ。

天門
   ↑ 天門
紹介板
   ↑ 紹介板
天門からの前殿
   ↑ 天門からの前殿
竣工記念石碑
   ↑ 竣工記念石碑
九龍柱
   ↑ 九龍柱

天門をはじめ、豪華絢爛な建物ですね。
龍や黄色い屋根瓦は、神と皇帝の建物にしか使われないそうですよ。

前殿
   ↑ 前殿
前殿の八卦天井
   ↑ 前殿の八卦天井
本殿
   ↑ 本殿
本殿前の九龍網
   ↑ 本殿前の九龍網
本殿内
   ↑ 本殿内
本殿の太極天井
   ↑ 本殿の太極天井

前殿の左右に立つ鐘楼と鼓楼に登りことが出来ます。

鐘楼からの眺望
   ↑ 鐘楼からの眺望

「五千頭の龍が昇る聖天宮」
場所:埼玉県板戸市塚越51-1
TEL:049-281-1161
拝観時間:AM10:00~PM4:00 無休
拝観料:¥500
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
川越氷川神社
- 2023/10/20(Fri) -
ここは、埼玉県川越市宮下町の「川越氷川神社」です。
1500年前の欽明天皇2年に鎮座した川越総鎮守ですね。
縁結びの神社として信仰を集め、夏季(7月~9月)には涼と縁を運ぶ縁結び風鈴が有名ですね。
あいにく、時期を逃してしまいましたよ。

二ノ鳥居
   ↑ 川越氷川神社二ノ鳥居
大鳥居
   ↑ 大鳥居(すす払い中)
手水舎
   ↑ 手水舎
拝殿
   ↑ 拝殿
本殿
   ↑ 本殿(県指定建造物)
神楽殿
   ↑ 神楽殿
IMG_0307 - コピー - コピー
   ↑ 八幡神社(県指定建造物)

拝殿の左手には多くの摂末社があり、凄い数の絵馬掛けもありますね。
社務所前には竿で釣り上げる鯛みくじ(一年安鯛・あい鯛)がありますよ。
また、人形の和紙を流して心身の穢れを祓う人形流しもあります。

絵馬トンネル
   ↑ 絵馬トンネル
鯛みくじ
   ↑ 鯛みくじ
人形流し
   ↑ 人形流し

「川越氷川神社」
場所:埼玉県川越市宮下町2-11-3
TEL:049-224-0589
駐車場:なし(近隣コインP利用)
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
川越 熊野神社
- 2023/10/19(Thu) -
ここは、埼玉県川越市街の一番街入口の「川越 熊野神社」です。
天正18年(1590)蓮馨寺二世然誉文応僧正が紀州熊野より勧請したことに始まります。
御祭神である伊弉諾命と伊弉册命は、日本の歴史の一番始めに出てくる夫婦の神様で、縁結び・開運の神として知られます。

川越 熊野神社
   ↑ 川越 熊野神社
案内板
   ↑ 案内板
手水舎
   ↑ 手水舎
拝殿
   ↑ 拝殿
銭洗弁財天
   ↑ 銭洗弁財天
おみくじ
   ↑ おみくじ

拝殿の左手には八咫烏(やたがらす)があります。
御社紋で「導きの神 八咫烏様」が良き思いへと導いてくれるようですよ。

ジャンボ八咫烏
   ↑ ジャンボ八咫烏
八咫烏レリーフ
   ↑ 八咫烏レリーフ

「川越 熊野神社」
場所:埼玉県川越市連雀町17-1
TEL:049-225-4975
駐車場:なし(近隣コインP利用)
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
川越一番街
- 2023/10/18(Wed) -
ここは、埼玉県川越市街地にある一番街です。
古くから商人の街として栄え、小江戸と称されて多くの蔵造りの建物が並びます。
さらには、大正浪漫夢通りや菓子屋横丁も隣接しています。
蔵をリノベーションしたカフェや甘味処の飲食店でのんびりランチもいいですね。

蔵造りの町並み
   ↑ 蔵造りの町並み
大沢家住宅
   ↑ 大沢家住宅(中央左:国指定文化財)
旧埼玉りそな銀行
   ↑ 修繕工事中の旧埼玉りそな銀行

中央には小江戸川越のシンボルでもある時の鐘がありますね。
隣にはスターバックスコーヒーがあり、街に馴染むように造られていますよ。

時の鐘
   ↑ 時の鐘(市指定文化財)
スターバックスコーヒー
   ↑ スターバックスコーヒー

「川越一番街」
場所:埼玉県川越市幸町15-7付近
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
大衆割烹「たけや」
- 2023/10/17(Tue) -
TAKEYA

旅の途中、埼玉県川越市街地に宿を取ったおやじは、駅そばにある大衆割烹「たけや」に来ました。
店内には、2カ所のカウンターに15席・奥にテーブル5卓があります。

カウンター席一部
   ↑ カウンター席一部
メニュー1
   ↑ メニュー1
メニュー2
   ↑ メニュー2

とりあえずの生ビールを注文です。¥800
メニューを拝見したおやじは、ひょうたん漬け¥550と刺身盛り合わせ¥1500を注文です。

生ビールとお通し
   ↑ 生ビールとお通し
ひょうたん漬け
   ↑ ひょうたん漬け
刺身盛り合わせ
   ↑ 刺身盛り合わせ

生ビールを飲み干し、日本酒は新潟の麒麟山を注文です。¥800

麒麟山
   ↑ 麒麟山(新潟)

さらに、日本酒は秋田の白瀑¥800と川越ポーク串焼き¥700を注文です。

川越ポーク串焼き
   ↑ 川越ポーク串焼き

店長さん達とくだらない話で盛り上がりましたね。
〆に店長お勧めの愛媛の賀儀屋 月見純米を注文です。¥1000

賀儀屋
   ↑ 賀儀屋 月純米

ほろ酔い加減のおやじは、おとなしく宿に戻って就寝です。

おやじの総合評価:★★★★☆

大衆割烹「たけや」 (twitter)
場所:埼玉県川越市脇田町27-19
TEL:050-5595-6013
営業:PM5:00~PM11:30 無休(不定休)
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
三峯神社
- 2023/10/15(Sun) -
ここは、埼玉県秩父市三峯の「三峯神社」です。
雲取山・白岩山・妙法ヶ岳の3つの峰に囲まれた標高1100mの地に立つ古社です。
秩父市街からくねった道を1時間ほど走ると到着ですね。
入口に広い有料(\520)の駐車場があり、そこから緩やかな坂道を登り、やっと神社の鳥居です。

修繕中の三ツ鳥居
   ↑ 修繕中の三ツ鳥居
紹介板
   ↑ 紹介板

三峯神社は、約1900年前に日本武尊が訪れた際に国生みの神を祀ったとされ、関東最強のパワースポットだそうですよ。
随身門の対面には奥宮遥拝殿があり、奥宮は岩峰の頂きにあるようです。

奥宮遥拝殿からの眺望
   ↑ 奥宮遥拝殿からの眺望
随身門
   ↑ 随身門

青銅鳥居を潜った左右に手水舎と八棟木灯台があります。
境内には神の使いとしてオオカミが鎮座していますね。
本殿は寛文元年(1661)、拝殿は寛政12年(1800)の創建です。

青銅鳥居
   ↑ 青銅鳥居
拝殿
   ↑ 拝殿
拝殿内
   ↑ 拝殿内
拝殿の彫刻
   ↑ 拝殿の彫刻
本殿
   ↑ 本殿(県指定文化財)
神楽殿
   ↑ 神楽殿
祖霊社と國常立神社
   ↑ 祖霊社と國常立神社(右)
摂末社
   ↑ 摂末社
日本武尊銅像
   ↑ 日本武尊銅像

「三峯神社」
場所:埼玉県秩父市三峯298-1
TEL:0494-55-0241
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
豚みそ丼本舗「野さか」
- 2023/10/14(Sat) -
野さか

今回は、埼玉県秩父市野坂にある豚みそ丼本舗「野さか」に来ました。
平日のみの飲食ですが、行列となる人気店ですね。
店内には、2人掛けテーブル2卓・4人掛けテーブル4卓・8人掛けテーブル1卓があります。

店内一部
   ↑ 店内一部
券売機
   ↑ 券売機

入口右手の券売機で、豚みそ丼(ロースとバラ)を購入です。¥1200
他には、ロース丼¥1300・バラ丼¥1300があり、普通盛・大盛(+¥250)・特盛(+¥1100)が選べます。

豚みそ丼
   ↑ 豚みそ丼
ロースとバラ
   ↑ ロースとバラ
バラ肉
   ↑ バラ肉

出てきた豚みそ丼には、ロース1枚・バラ3枚が丼に載り、味噌汁と香の物が付きます。
豚みそ漬けが炭火で焼かれ、優しい味噌風味の軟らかい豚肉が美味しいですね。

おやじの総合評価:★★★★☆

豚みそ丼本舗「野さか」
場所:埼玉県秩父市野坂1-13-11
TEL:0494-22-0322
営業:AM11:00~PM3:00 土祝はテイクアウトのみ・日休(不定休あり HP参照)
   (肉なくなり次第終了)
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
秩父神社
- 2023/10/13(Fri) -
ここは、埼玉県秩父市番場町の「秩父神社」です。
創建2100年以上の秩父地方の総鎮守で、初代の知知夫国造である知知夫彦命が、祖神の八意思兼命を祀ったことに始まると伝えられています。

秩父神社
   ↑ 秩父神社
手水舎
   ↑ 手水舎
案内板
   ↑ 案内板
神門
   ↑ 神門

社殿は、徳川家康の寄進によるもので、左甚五郎作と伝えられる装飾彫刻が見事ですね。
また、12月の秩父夜祭は国の無形民俗文化財に指定されています。

拝殿
   ↑ 拝殿
つなぎの龍
   ↑ つなぎの龍
お元気三猿
   ↑ お元気三猿
本殿
   ↑ 本殿
乳銀杏
   ↑ 乳銀杏
末社
   ↑ 末社
天神地祇社
   ↑ 天神地祇社

「秩父神社」
場所:埼玉県秩父市番場町1-3
TEL:0494-22-0262
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
聖神社
- 2023/10/12(Thu) -
ここは、埼玉県秩父市黒谷の「聖神社(ひじりじんじゃ)」です。
聖神社は和銅山山麓に鎮座し、西暦707年に自然銅が発掘され、日本最古の流通貨幣の和同開珎(わどうかいちん)鋳造の契機となった銭神様が祀られている神社です。

聖神社
   ↑ 聖神社
紹介板
   ↑ 紹介板
和同開珎の紹介
   ↑ 和同開珎の紹介
手水舎
   ↑ 手水舎

金運の神様・銭神様と呼ばれ、お金儲けの縁起の神様と知られているようで、宝くじ祈願やビジネス開運祈願など多くの参拝者が訪れるようです。
おやじも金運UPお願いしちゃいましたよ。
拝殿左手には和銅出雲神社もあります。

拝殿
   ↑ 拝殿
拝殿内
   ↑ 拝殿内
和銅出雲神社
   ↑ 和銅出雲神社
絵馬掛け
   ↑ 絵馬掛け

少し先には、和銅採掘露天掘り跡もありますね。

「聖神社」
場所:埼玉県秩父市黒谷2191
TEL:0494-24-2106
この記事のURL | 埼玉県 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ