fc2ブログ
帆引き船発祥の地
- 2009/12/13(Sun) -
ここは、かすみがうら市坂にある歩崎公園です。
池を配した公園内には、以前に紹介した淡水魚館などもあります。

歩崎公園
   ↑ 歩崎公園

園内南側の霞ヶ浦沿いには、帆引き船発祥の地の石碑があります。
霞ケ浦の帆引き船は、かすみがうら市(旧新治郡佐賀村)の折本良平氏(1834~1912年)によって考案されたそうです。
帆引き網漁は、船を横に走らせることで網口を大きくし、漁獲量を増やすという画期的な漁法で、最盛期の1965年ごろには北浦を合わせ約900隻が操業したといわれています。
1967年にトロール船に主役の座を譲り、その後文化遺産・観光帆引き船として1971年に復活しました。

帆引き船発祥の地の石碑
   ↑ 帆引き船発祥の地の石碑
帆引き船発祥の地の案内
   ↑ 帆引き船発祥の地の案内

近くを訪れた際には、是非寄ってみて下さいね。

「帆引き船発祥の地」
場所:かすみがうら市坂910-1

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | かすみがうら市 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン |