fc2ブログ
東染郷倉
- 2014/12/18(Thu) -
ここは、常陸太田市東染にある「東染郷倉(ひがしぞめごうくら)」です。
1826年頃の建物で、水戸藩が農民救済の策のひとつとして、稗(ひえ)や粟(あわ)などを貯蔵し、飢饉に備えました。
中には、東染に伝わる古文書が納められており、当時の田畑の所在地や耕作人などが記載されています。
市内でも現存するのはここだけで、市の文化財に指定されています。

紹介板
   ↑ 紹介板
東染郷倉
   ↑ 東染郷倉

「東染郷倉」
場所:常陸太田市東染町1633
この記事のURL | 常陸太田市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |