fc2ブログ
食事館「八幡太郎」
- 2023/11/30(Thu) -
八幡太郎

今回は、茨城町小幡にある食事館「八幡太郎(はちまんたろう)」に来ました。
以前はレストラン「アーチェリー」でしたが改名したようですね。
店内には、窓側に2人掛けテーブル4卓・入口側に8人掛けテーブル1卓・4人掛けテーブル8卓があります。
店内も駐車場も広いですね。

店内
   ↑ 店内
平日限定日替わりランチメニュー
   ↑ 平日限定日替わりランチメニュー
ローズポークメニュー
   ↑ ローズポークメニュー
御膳・重メニュー
   ↑ 御膳・重メニュー
ピザ・パスタメニュー
   ↑ ピザ・パスタメニュー

レジ横の平日10食限定日替わりランチメニューを拝見したおやじは、梅(ローズポークの豚丼)を注文です。¥600
この日の平日限定ランチメニューには、松(和風とんかつ定食)¥800・竹(ツナおろしパスタ)¥700があります。
他には、とんかつ御膳¥1400・生姜焼き(80g)御膳¥1000・ポークステーキセット¥1400・広島産大粒カキフライ御膳¥1600・八幡風ベーコン巻きハンバーグセット¥1400・ざるそば¥700・ロースカツ重¥1000などがあります。
さらには、トマトピザ¥1000・海鮮ピザ¥1500・ボロネーゼ¥1000・ナポリタン¥1000・カレーライス¥700などもあります。
日替わりランチはお得ですね。

ローズポークの豚丼
   ↑ ローズポークの豚丼
豚丼
   ↑ 豚丼
ローズポーク
   ↑ ローズポーク

出てきたローズポークの豚丼には、味噌汁・小鉢・紅生姜が付きます。
豚丼には、豚バラ・茹で玉子・糸こんにゃく・玉ねぎが煮込まれて丼の上に載ります。
豚肉はローズポークが使用され、甘味があって美味しいですね。
別皿の紅生姜と七味を掛けていただきましたよ。

おやじの総合評価:★★★☆☆

食事館「八幡太郎」(Twitter)
場所:茨城町小幡702
TEL:029-292-1600
営業:AM11:00~PM3:00
ティータイム:PM3:00~PM5:00
ディナー(予約制):PM5:00~PM9:30 月休
この記事のURL | B級グルメ県央 | CM(2) | ▲ top
笠松運動公園の紅葉2023
- 2023/11/29(Wed) -
ここは、ひたちなか市・那珂市・東海村にまたがる都市公園でもある「笠松運動公園」です。
公称所在地はひたちなか市で、敷地や施設は県が保有し、スポーツ協会が指定管理しています。
先週末には、園内の紅葉が見頃でしたよ。
銀杏はだいぶ散り始めていましたが、黄色いジュータンが見事でしたよ。

銀杏並木
   ↑ 銀杏並木
黄色いジュータン
   ↑ 黄色いジュータン

公園の東側にある日本庭園周辺では、もみじが見頃でしたね。

日本庭園の池
   ↑ 日本庭園
池と紅葉
   ↑ サルスベリと池
庭園の紅葉
   ↑ 庭園の紅葉
もみじ
   ↑ もみじ

「笠松運動公園」
場所:ひたちなか市佐和2197-28
TEL:029-202-0808
入園:AM:8:30~PM5:00 第1水休園(祝の場合翌日休)
この記事のURL | ひたちなか市 | CM(0) | ▲ top
「鰻の成瀬」水戸店
- 2023/11/28(Tue) -
鰻の成瀬

今回は、水戸市見川にある「鰻の成瀬」水戸店に来ました。
ここ1年で全国に約50店舗FC展開する「鰻の成瀬」の茨城県1号店で、11月3日にOPENしたようです。
看板は無く、道路沿いに幟があるだけなので解りにくいですね。
店内には、2人掛けテーブル4卓・円卓5卓・座敷に1卓・個室に2人掛けテーブル3卓があります。

店内一部
   ↑ 店内一部
メニュー
   ↑ メニュー
鰻のこだわり
   ↑ 鰻のこだわり

メニューを拝見したおやじは、うな重の竹を注文です。¥2200
他には、梅(半身)¥1600・松(1尾)¥2600があるだけのうな重専門店ですね。
一般的なうなぎ専門店よりも3割以上安い価格に驚きですね。

うな重の竹
   ↑ うな重の竹
うな重
   ↑ うな重
うなぎ
   ↑ うなぎ

ニホンウナギを海外で養殖し、下処理加工されているので10分ほどで提供されます。
出てきたうな重の竹には、お吸い物・小鉢(薬味・香の物)が付きます。
やや甘めのタレで焼かれ、ふっくらと軟らかいうなぎが美味しいですが、しっとり感に欠けるかな。
ご飯とうなぎの間に山椒をかけ、タレが少なめなので追いタレを掛けていただきましたよ。
価格相応な味わいのうな重ですね。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星:価格に+0.5星)

「鰻の成瀬」 水戸店
場所:水戸市見川4-447-1
TEL:029-305-5080
営業:AM11:00~PM3:00
    PM5:00~PM8:30 無休
この記事のURL | B級グルメ水戸市内 | CM(0) | ▲ top
「むぎ笑や」
- 2023/11/27(Mon) -
むぎ笑や

今回は、水戸市千波町にある「むぎ笑や(むぎわらや)」に来ました。
元韓国料理の居抜き店舗をリニューアルしたお店で、中年夫婦2人での営業ですね。
店内には、2カ所のカウンターに5席・2人掛けテーブル2卓・4人掛けテーブル2卓があります。

テーブル席
   ↑ テーブル席
メニュー
   ↑ メニュー
セットメニュー
   ↑ ランチセットメニュー

メニューを拝見したおやじは、味たまご付きあっさりしょうゆを注文です。¥935
他には、味たまごなしあっさりしょうゆ¥850・こってりとんこつ¥935があります。
さらには、Aセット(ライス)¥100・Bセット(棒ギョウザ)¥350・Cセット(ライスと棒ギョウザ)¥400やランチ限定セット(ライス+棒ギョウザ又はミニチャーシュー丼)¥1200・棒ギョウザ¥400・チャーシュー丼¥650などもあります。

味たまご付きあっさりしょうゆ
   ↑ 味たまご付きあっさりしょうゆ
チャーシュー
   ↑ チャーシュー
ややウエーブした中細麺
   ↑ ややウエーブした中細麺

出てきた味たまご付きあっさりしょうゆには、薄めのロースチャーシュー2枚・メンマ・味玉・ほうれん草・のり・背脂・刻み玉ねぎ・刻みねぎが入ります。
スープは、豚骨・鶏がらベースで、優しい醤油と背脂で甘味も感じられますね。
麺は、ややウエーブした中細麺で、ツルッとしてスルスルといけます。
薄めのチャーシューですが、とろける系なのです。
後半には、テーブルに置かれた胡椒とおろしニンニクを加えていただきましたよ。

   麺:細○●○○○太
スープ:薄○●○○○濃
   脂:少○○●○○多
   具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★☆☆

「むぎ笑や」
場所:水戸市千波町1799-45
TEL:  ?
営業:AM11:00~PM3:00 木休
駐車場:店舗前4台(駐車し難いので注意)
この記事のURL | ラーメン水戸市内 | CM(0) | ▲ top
レストラン「フライパン」
- 2023/11/26(Sun) -
フライパン

今回は、常陸大宮市下村田にあるレストラン「フライパン」に来ました。
年配の夫婦とスタッフ2人での営業ですね。
店内には、テーブル6卓・長テーブル1卓があります。

テーブル席一部
   ↑ テーブル席一部
長テーブル席
   ↑ 長テーブル席
ランチメニュー
   ↑ ランチメニュー

ランチメニューを拝見したおやじは、チキンのトマトチーズ焼を注文です。¥1390
ランチには、ライス又はパン・サラダ・スープ・ドリンクが付くので、ライスとホットコーヒーをチョイスです。
他には、チキンカツチーズ¥990・トマトスパゲティー¥1290・和風ハンバーグ¥1390・ポークカツ¥1490・エビのソティー¥2000・和牛ステーキ¥2480などがあります。

サラダとスープ
   ↑ サラダとスープ
チキンのトマトチーズ焼とライス
   ↑ チキンのトマトチーズ焼とライス
チキンのトマトチーズ焼
   ↑ チキンのトマトチーズ焼
チキン
   ↑ チキン
食後のコーヒー
   ↑ 食後のコーヒー

始めにサラダとスープが提供されます。
出てきたチキンのトマトチーズ焼には、ライスが付きますね。
軟らかいチキンにトマトチーズが載り、程よい酸味のトマト味が美味しいですね。

おやじの総合評価:★★★★☆

レストラン「フライパン」
場所:常陸大宮市下村田2470-3
TEL:0295-53-4686
営業:AM11:00~PM2:00
    PM5:00~PM8:00 火休(夜は土日のみ営業)
この記事のURL | B級グルメ県北 | CM(0) | ▲ top
常陸の湯
- 2023/11/25(Sat) -
ここは、水戸市加倉井町の「常陸の湯」です。
県道113号線沿いの常陸の湯看板を曲がるか、水戸ゴルフクラブへの道に入ってY字路を右手に曲がると常陸の湯ですね。

常陸の湯の看板
   ↑ 常陸の湯の看板

永承5年(1050)、奥州討伐に向かった源義家公(頼義の長男)の軍勢が、この地で泉を発見し、「隠井(かくれい)」と呼ばれて現在の加倉井となったそうですよ。
さらに、弘安元年(1278)、日蓮聖人が体調を崩し、療養にために訪れたのが常陸の湯だそうです。
東日本大震災前までは湯治場があったそうですが、今では取り壊されて跡地だけが残っていますね。
名残の池もあり、ます。

常陸の湯標柱と石碑
   ↑ 常陸の湯標柱と石碑
池
   ↑ 池
湯治場跡地
   ↑ 湯治場跡地

鳥居の先には「八幡大菩薩」があります。
祠内には鉱泉の分析表もあり、右手に汲み上げられた常陸の湯があります。
源泉は茶色く、鉄分が多いのが解りますね。

八幡大菩薩
   ↑ 八幡大菩薩
鉱泉分析
   ↑ 鉱泉分析

源義家が訪れた事を示す石碑もあります。

石碑
   ↑ 石碑
常陸の湯
   ↑ 常陸の湯

「常陸の湯」
場所:水戸市加倉井町1760-5
この記事のURL | 水戸市 | CM(0) | ▲ top
うどん・釜めし「さぬき」
- 2023/11/24(Fri) -
さぬき

今回は、茨城町長岡にあるうどん・釜めし「さぬき」に来ました。
店内にはカウンター6席・テーブル4卓・2カ所の小上がり3卓があり、奥の個室風にもテーブル2卓・小上がりに3卓があります。

店内一部
   ↑ 店内一部
釜めしメニュー
   ↑ 釜めしメニュー
定食・丼メニュー
   ↑ 定食・丼メニュー

メニューを拝見したおやじは、五目釜めし・うどん付を注文です。¥1485
他には、ざるうどん¥704・きのこうどん¥1050・天ぷらうどん¥1050・鴨汁つけうどん¥1375などや季節限定のまつたけ釜飯定食¥1628・鶏釜めし¥1298・海鮮釜めし¥1518・かに釜めし¥1738・鮭といくら釜めし¥1848などがあり、味噌汁をうどん付にすると¥110増しになりますね。
さらには、天ぷら定食¥1738・カキフライ定食¥1738・まぐろづけ丼セット¥1518・いくら丼セット¥1980などや一品料理も揃います。

五目釜めし・うどん付
   ↑ 五目釜めし・うどん付
五目釜めし
   ↑ 五目釜めし
釜めしをよそって
   ↑ 釜めしをよそって
うどん
   ↑ うどん

出てきた五目釜めしには、海老・ホタテ・鮭・椎茸・筍・ごぼう・しめじ・鶉の玉子・銀杏が入り、ミニうどん・香の物が付きます。
優しい味付けの釜めしが美味しく、2膳分ぐらいあります。
うどんは、もっちりとした食感ですね。

おやじの総合評価:★★★☆☆

うどん・釜めし「さぬき」
場所:茨城町長岡3481-506
TEL:029-292-6263
営業:AM11:00~PM2:30 火休
この記事のURL | B級グルメ県央 | CM(0) | ▲ top
木葉下金山跡
- 2023/11/23(Thu) -
ここは、水戸市木葉下町にある「木葉下金山跡(あぼっけきんざんあと)」です。
水戸市森林公園の南側の金山林道沿いにありますね。
あぼっけとは、アイヌ語からきているようで、当時アイヌ人も働いていたようですね。

森林公園の金山林道
   ↑ 森林公園の金山林道

木葉下金山は、安土桃山時代に佐竹氏によって金の採掘が行われていた坑道跡です。
豊臣秀吉が全国から金を上納させたころには、上杉氏、伊達氏に次ぐ量を献上していたようです。
日立市・大子町などでも多くの金が産出されていたそうで、木葉下金山も40もの坑道が残されているようです。
その後、金の産出がなくなり、僅かな銀が取れたそうです。

木葉下金山跡の標柱
   ↑ 木葉下金山跡の標柱
紹介板
   ↑ 紹介板
坑道跡
   ↑ 坑道跡

「木葉下金山跡」
場所:水戸市木葉下町付近
この記事のURL | 水戸市 | CM(0) | ▲ top
そば処「里美」
- 2023/11/22(Wed) -
入口
   ↑ 入口
里美

今回は、常陸太田市大中町にあるそば処「里美(さとみ)」に来ました。
築70年の空家をリノベーションしたお店で、国道349号線沿いにありますが幟がないと解りませんね。
玄関で靴を脱いで上がった店内には、廊下の窓側カウンターに8席・座敷にテーブル4卓・入口の座敷に座卓3卓があり、離れにもテーブル4卓があるようです。
玄関には漬物も販売されていましたよ。
縁側からは手入れされた庭も眺められますね。

座敷と縁側カウンター席
   ↑ 座敷と縁側カウンター席
入口側の座卓席
   ↑ 入口側の座卓席
メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、もりそばを注文です。¥900
他には、天もり¥1400・付けけんちん¥1100・鴨せいろ¥1600・かけそば¥900・天ぷらそば¥1200・けんちんそば¥1100があり、壁の短冊にちから¥1200・カレー南ばん¥1200もあります。
そばのみでうどんはありません。
さらには、かつ丼¥1000・天丼¥1000などもあります。

もりそば
   ↑ もりそば
やや太めに打たれたそば
   ↑ やや太めに打たれた硬めのそば
そば湯
   ↑ そば湯

出てきたもりそばには、薬味・小鉢・香の物が付きます。
つけ汁は、やや辛めがいいですね。
そばは、常陸秋そばを石臼挽き自家製粉して硬めに打たれた二八そばで、新そばの甘味も感じられますね。
〆に、あっさりとしたそば湯をいただきましたよ。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

そば処「里美」
場所:常陸太田市大中町1940
TEL:0294-33-8002
営業:AM11:00~PM2:30 月火休(祝日は営業)
駐車場:店舗南側に約20台
この記事のURL | そば処 | CM(0) | ▲ top
とんかつ神楽坂「さくら」水戸笠原店
- 2023/11/21(Tue) -
さくら

今回は、水戸市笠原町にあるとんかつ神楽坂「さくら」水戸笠原店に来ました。
関東を中心にチェーン展開するとんかつ神楽坂「さくら」の一店舗で、以前の「銀座 スエヒロ」の居抜き店舗をリニューアルして10月6日にOPENしたようです。
まだOPEN間もないこともあり、行列となっていましたよ。
店内にはコの字型カウンターに16席・テーブル12卓があります。

店内一部
   ↑ 店内一部
日替わり定食
   ↑ 平日限定ランチメニュー
平日限定ランチメニュー
   ↑ 平日ランチ日替わり定食
グランドメニュー2
   ↑ グランドメニュー
グランドメニュー
   ↑ グランドメニュー2

平日限定のランチメニュー(AM11:00~PM5:00)を拝見したおやじは、3種日替わり定食を注文です。¥968
ランチ時は、ご飯・味噌汁・キャベツのお替りが無料ですよ。
他のランチには、4種日替わり定食¥1210・ロースかつ定(125g)食¥990・おろしロースかつ定食(125g)¥1100・厚切リブロースかつ定食(230g)¥1540・ヒレかつ定食(120g)¥1210・ヒレ&ミックスランチ¥1079・巻きかつランチ¥1298・北海道ゆめの大地豚ロースかつ定食(140g)¥1628・かつ丼ランチ¥1078などや単品メニューもあります。
さらには、グランドメニューのハーブ三元豚ロースかつ定食¥1408・ハーブ三元豚ヒレかつ定食¥1518・ハーブ三元豚リブロースかつ定食¥1848・北海道ゆめの大地豚ロースかつ定食¥1738・さくらミックスフライ定食¥1628などもあります。

3種日替わり定食
   ↑ 3種日替わり定食
釜炊きごはん
   ↑ 釜炊きごはん
ロースかつ・メンチかつ・ピーマン肉詰め
   ↑ ロースかつ・メンチかつ・ピーマン肉詰め
メンチかつ
   ↑ メンチかつ

この日の3種日替わり定食には、ロースかつ・メンチかつ・ピーマン肉詰めにキャベツが盛られ、釜炊きご飯・味噌汁(しじみ)・香の物が付きます。
ロースかつとピーマン肉詰めは普通ですが、粗挽きメンチが美味しかったですね。
新潟県産の「こしいぶき」が使用された炊きたての釜炊きご飯は、茶碗2杯分あるので、おやじには十分な量なのです。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

とんかつ神楽坂「さくら」水戸笠原店
場所:水戸市笠原町1253-9
TEL:029-306-7739
営業:AM11:00~PM9:30 無休
この記事のURL | B級グルメ水戸市内 | CM(0) | ▲ top
麺処「無幻」vol.2
- 2023/11/20(Mon) -
無幻

今回は、ひたちなか市東石川にある麺処「無幻(むげん) 」に来ました。
店内には、L型カウンターに10席、窓側カウンターにベンチシート2×5席があります。

店内
   ↑ 店内
券売機
   ↑ 券売機

正面正面の券売機で、味噌(150g)を購入です。¥850
麺の量200gも同価格ですよ。
他には、赤味噌(150g・200g)¥960・黒醤油(150g・200g)¥960・極旨塩(150g・200g)¥960・豆乳味噌(150g・200g)¥960・醤油(150g・200g)¥850・つけ麺(250g)¥960などがあります。
さらには、トッピングやチャーシュー丼¥420などもあります。

味噌
   ↑ 味噌
ストレートの中麺
   ↑ ストレートの中麺

出てきた味噌には、チャーシュー・メンマ・岩海苔・刻み万能ねぎが入ります。
スープは、豚骨と鶏がらベースで、コクがあって優しい味わいの味噌味ですね。
麺は、多加水熟成のツルッとした中麺で、スルスルといけちゃいます。
チャーシューは、ほぐれる系で美味しいですね。

  麺 : 細○○●○○太
スープ: 薄○○●○○濃
  脂 : 少○○○●○多
  具 : 少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

vol.1:醤油

麺処「無幻」
場所:ひたちなか市東石川2-14-1
TEL:   ?
営業:AM11:30~PM2:00
    PM6:00~PM9:00 火休
駐車場:店舗左手の共用の砂利駐に10数台
この記事のURL | ラーメン県央 | CM(0) | ▲ top
「ひたち南ドライブイン」vol.8
- 2023/11/19(Sun) -
勘太そば

今回は、日立市大和田町にある飛勘水産直営の「ひたち南ドライブイン」に併設された「勘太そば」に来ました。
店内には、簡易なテーブルが10数卓並びます。

テーブル席一部
   ↑ テーブル席一部
ボード写真メニュー
   ↑ ボード写真メニュー
券売機
   ↑ 券売機

入口右奥のボードに掲げられたメニューを拝見したおやじは、券売機で厚切りとんかつ定食を購入です。¥480
セルフ方式なので、食券をカウンターに渡し、半券を持って呼ばれるまでテーブルで待ちます。
セルフの給水器はカウンター左手にありますね。
他には、日替わりメニューやおまかせ刺身定食¥880・海鮮丼¥880・ミニ満腹セット¥980・アジフライ定食¥700・まぐろ刺身定食¥800・カレーライス¥450・ネギトロ丼¥590・鉄火丼¥700・ミックスフライ定食¥750・からあげ定食¥750・カキフライ定食¥900・ヒレカツ満腹セット¥1000などがあります。
さらには、海老天うどん(そば)¥480・かきあげうどん(そば)¥480・山菜うどん(そば)¥400・けんちんうどん(そば)¥550・かけうどん(そば)¥350などもあります。
格安な価格設定がいいですね。

セルフの味噌汁
   ↑ セルフの味噌汁
厚切りとんかつ定食
   ↑ 厚切りとんかつ定食
厚切りとんかつ
   ↑ 厚切りとんかつ
とんかつ
   ↑ とんかつ

番号と商品名が呼ばれ、カウンターまで取りに行きます。
出てきた厚切りとんかつ定食には、とんかつにキャベツが盛られ、ご飯・味噌汁・香の物が付きます。
味噌汁の椀には乾燥具のみなので、セルフで味噌汁を注ぎます。
小ぶりながら肉厚のとんかつが軟らかくて美味しいですね。
食後には、トレーを返却口に戻します。

おやじの総合評価:★★★☆☆

vol.7:あんこうジェラート
vol.6:さくらタコちま
vol.5:かきあげそば
vol.4:カレーツリー
vol.3:?丼
vol.2:年末
vol.1:マグロ解体ショー

「勘太そば」(「ひたち南ドライブイン」内)
場所:日立市大和田町2173
TEL:0294-28-1010
営業:AM11:00~PM5:50 月休(祝の場合:翌日休)
この記事のURL | B級グルメ県北 | CM(0) | ▲ top
富士山下の湧水
- 2023/11/18(Sat) -
ここは、常陸太田市上深荻町の「富士山下の湧水」です。
昔から細田集落の愛宕神社境内内から湧き出ている天然の軟水だそうですよ。

国道349号線沿いの愛宕神社
   ↑ 国道349号線沿いの愛宕神社

今年8月の飲用井戸水水質検査成績書も掲示されていますね。
もちろん、飲める水ですよ。
地元の方が維持管理している湧水なので、汲む場合は地元の方優先でお願いします。

富士山下の湧水
   ↑ 富士山下の湧水
紹介板
   ↑ 紹介板
注意事項
   ↑ 注意事項
飲用井戸水水質検査成績書
   ↑ 飲用井戸水水質検査成績書
湧水
   ↑ 湧水

「富士山下の湧水」
場所:常陸太田市上深荻町付近
この記事のURL | 常陸太田市 | CM(0) | ▲ top
中国料理「登龍門」
- 2023/11/17(Fri) -
登龍門

今回は、水戸市千波町にある中国料理「登龍門(とうりゅうもん)」に来ました。
狭い裏通りにあり一般住宅と間違えそうなお店で、年配の夫婦とパート1人での営業ですね。
店内には、カウンター4席・テーブル3卓・小上がりに3卓、座敷席もあります。

小上がり席
   ↑ 小上がり席
メニュー
   ↑ メニュー
一品メニュー
   ↑ 一品メニュー

メニューを拝見したおやじは、五目そばを注文です。¥780
他には、ラーメン¥550・エビそば¥900・四川風激辛麺¥820・海鮮担々麺¥970・海鮮ヤキソバ¥970・カタヤキそば¥800などがあります。
さらには、週替りランチのセットメニュー¥800~や五目うま煮かけご飯¥780・天津丼¥820・黒チャーハン¥720・肉野菜炒定食¥900・ニラレバ定食¥900・登龍門定食¥1250などもあります。

五目そば
   ↑ 五目そば
ストレートの中細麺
   ↑ ややウエーブした中細麺

出てきた五目そばには、バラ肉・海老・イカ・白菜・人参・青菜・筍・キクラゲ・鶉の玉子が入ります。
スープは豚骨・鶏がらベースで、熱々な優しい醤油味で美味しいですね。
麺はややウエーブした中細麺で、スルスルいけちゃいます。

   麺:細○●○○○太
スープ:薄○●○○○濃
   脂:少○○●○○多
   具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★☆☆

中国料理「登龍門」
場所:水戸市千波町2388-8
TEL:029-243-0313
営業:AM11:30~PM2:30
    PM5:00~PM9:00 月火休
この記事のURL | ラーメン水戸市内 | CM(0) | ▲ top
GO!!飯屋「はんぐりー」
- 2023/11/16(Thu) -
はんぐりー

今回は、水戸市笠原町にあるGO!!飯屋「はんぐりー」に来ました。
県庁裏手の住宅街にあるので解りにくいですね。
店内には、カウンター4席・2人掛けテーブル2卓・4人掛けテーブル4卓があります。

カウンター席側
   ↑ カウンター席側
テーブル席
   ↑ テーブル席
入口正面の日替わりボードメニュー
   ↑ 入口正面の日替わりボードメニュー
メニュー
   ↑ メインメニュー
お弁当の販売
   ↑ お弁当の販売

メニューを拝見したおやじは、ハンバーグ定食(大根おろし)を注文です。¥700
ご飯の量を聞かれるので、普通でお願いしましたよ。
他には、入口のボードに書かれた日替わりメニュー¥700~、からあげ・焼き肉・しょうが焼き・とんかつ・アジフライ・カレーライスの各定食も¥700です。
ご飯の大盛り・おかわりと味噌汁のお替りも無料ですよ。
さらには、店内でお弁当も販売されており、¥500とリーズナブルな価格ですね。

ハンバーグ定食
   ↑ ハンバーグ定食(大根おろし)
おろしハンバーグ
   ↑ おろしハンバーグ
ハンバーグ
   ↑ ハンバーグ

出てきたハンバーグ定食は、ハンバーグに大葉・大根おろし・トマト・カイワレが載り、ご飯・煮物・スパゲッティサラダ・香の物・フルーツが弁当箱に盛り付けられ、味噌汁が付きます。
手作りの家庭的で軟らかいハンバーグが美味しいですね。
ご飯の量も程よく、お腹を満たします。

おやじの総合評価:★★★☆☆

GO!!飯屋「はんぐりー」 (facebook)
場所:水戸市笠原町1235-16
TEL:029-243-0103
営業:AM11:00~PM3:30 土日祝休
駐車場:店舗右手裏に4台・店舗向いの専用に3台
この記事のURL | B級グルメ水戸市内 | CM(0) | ▲ top
そば処「はなわ」
- 2023/11/15(Wed) -
はなわ

今回は、ひたちなか市中根にあるそば処「はなわ」に来ました。
年配の夫婦と息子さんでの営業ですね。
店内には、中央の長テーブルに8席・BOXテーブル3卓・小上がりに3卓があります。

店内一部
   ↑ 店内一部
小上がり席
   ↑ 小上がり席
そば・うどんメニュー
   ↑ そば・うどんメニュー
お得なセット・定食メニュー
   ↑ お得なセット・定食メニュー
ご飯もの・中華ものメニュー
   ↑ ご飯もの・中華ものメニュー

メニューを拝見したおやじは、おかめそばを注文です。¥750
他には、もり・かけ¥600・たぬき¥650・玉子とじ¥700・鶏南蛮¥800、平日ランチ限定の日替り定食¥900や餃子定食¥800・野菜炒め定食¥900・トンカツ定食¥1100、お得なセットのミニねぎとろ丼+もり又はたぬき¥1100・ミニ焼肉丼+もり又はたぬき¥1100・うどん(そば)定食¥900などがあります。
さらには、カレーライス¥700・親子丼¥750・かつ丼¥850・天丼¥1000や土日限定のラーメン¥600・タンメン¥700・五目そば¥850・広東メン¥800などもあります。

おかめそば
   ↑ おかめそば
細めのそば
   ↑ 細めのそば

出てきたおかめそばには、伊達巻き・かまぼこ・ナルト・椎茸・わかめが入り、別皿に刻みネギが添えられます。
そばは、そば粉の割合少なめの機械打ち?の細いそばで、ちょっと軟らかめでもっそり感がありますね。
かけ汁は、やや甘めでシンプルなタイプです。

おやじの総合評価:★★☆☆☆(2.5星)

そば処「はなわ」
場所:ひたちなか市中根5269-8
TEL:029-276-7855
営業:AM11:30~PM2:30
    PM5:00~PM8:30 月休
この記事のURL | そば処 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ