FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
酒蔵「味どうらく」  閉店
- 2006/11/26(Sun) -
週末は、おやじ一人気楽に水戸の大工町まで飲みに出ちゃいました。
すっぽん・かえる料理の看板に惹かれ「味どうらく」入ってみることにしました。
店内は、いかにも昔ながらの居酒屋風で、客層は中年の常連客が多く見受けられます。
お通し
   ↑ 豪華なお通し
お通しもゴージャスで、肴のちょっと高い値段設定に、おやじは不安になるのでした。
とりあえずの生ビールを注文し、今日の肴は、さくら刺(¥1400)・いのしし鍋(¥2000)を注文です!
他にも、かえるのから揚げ(¥1500)どじょうのから揚げ(¥1300)すっぽん鍋4人前(¥13000)鮎の塩焼き・いわなの骨酒など通好みのお店です。
馬刺し
   ↑ 馬刺
いのしし鍋
   ↑ いのしし鍋
しかし、出てきた肴は、おやじ一人では食べきれない量で、ボリューム満点です。
さくら刺(馬刺)は、上質で口の中でとろけ、こんなにうまい馬刺を食するのは初めてです。
いのしし鍋は、くせも無くコクがあり、量は非常に多くて二人前以上あり一人では食べきれないくらいです。
注文の際は、一品二人前と考慮して注文すべし!
気さくな大将
   ↑ 気さくな大将と天然しめじ
すると大将が現れ、いのしし鍋のきのこは「天然の灰色しめじだよ!」と実物を持って紹介してくれました。
いわな骨酒 お新香と塩辛
   ↑ サービスのいわな骨酒(会津産一夜干)・お新香・自家製塩辛
デジカメで撮影していると興味を示され、ブログに載せると言うと、お新香・塩辛・いわなの骨酒までサービスしてもらっちゃいました。
気さくな大将と明るい女将、息子さんのお嫁さん達が営むお店で、おやじは大満足するのでした。
ご馳走様でした!
満腹のおやじは、いつものようにネオン街に消えていくのでした。
味どうらく
   ↑ 「味どうらく」
酒蔵「味どうらく」
場所:水戸市大工町1-4
TEL:029-225-0169
営業:PM5:30~PM11:00 日祝休

←閲覧ありがとうございます。左(バナー)をポチッとランキングに投票してね!
この記事のURL | 飲み処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<冬の味覚!「大洗 あんこう祭」 | メイン | 深まる秋!フェンス内の銀杏>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/108-5bb221e3
| メイン |