FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
手打そば・うどん「五介和紙」
- 2009/10/02(Fri) -
今回は、常陸大宮市(旧山方町)にある手打そば・うどん「五介和紙」に来ました。
水戸からですとR118を北上し、旧山方市街地に入る旧道の寸前にあります。
道沿いには、国の無形文化財である西ノ内和紙の「五介和紙」の紙漉き工場があり、その裏手がお店です。

R118、そば・うどん「五介和紙」の看板
   ↑ R118沿い、そば・うどん「五介和紙」の看板

解りにくいですが、「元祖西ノ内和紙 五介和紙」を目指しましょう。
正式な屋号は「かみや」だそうで、和紙の紙漉き工場の裏手にあるからだそうです。
そば打ちするのは「元祖西ノ内和紙 五介和紙」の四代目だそうで、一般のそば打ち工程の後に、足で踏んでのばしていくそうです。
店内は昔ながらの食堂風で、6人掛け8卓と小上がり2卓あります。
隣には、和紙を購入できる売店もありましたよ。

昔の食堂風の店内
   ↑ 昔の食堂風の店内

メニューを拝見したおやじは、ざるそばを注文です。¥525
他には、天ざる¥1260・山菜そば¥630・肉そば¥630・鴨そば¥630や、そばと丼のセットが¥1000前後で食せます。
もちろん、うどんもありますよ。
また、鮎の塩焼き¥420などもありました。

ざるそば
   ↑ ざるそば
太く、不揃いなそば
   ↑ 太くて不揃いなそば

出てきたざるそばには、きゅうりの漬物も付いてきました。
そばは太い田舎風で、太さは不揃いですが、もっちりとしたコシがあります。
七割そばのようで、甘さを引き立たせるために、塩を加えているそうです。
いかにも地元のそばって感じで、山方地方の家庭の味なのです。
つけ汁は、やや甘めで、だしが効いています。

おやじの総合評価:★★★☆☆

手打そば・うどん「五介和紙」

手打そば・うどん「かみや」
場所:常陸大宮市山方1323
TEL:0295-57-6647
営業:AM11:00~PM6:00 月休

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | そば処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<1000人画廊壁画 | メイン | めんたいパーク>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/1107-aa0a90e8
| メイン |