FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
おやじ栃木路へ・栃木編
- 2010/10/28(Thu) -
栃木路最終編だよーん!
栃木県栃木市まで足を延ばしてみました。
栃木市と言うと、蔵の街なのです。
市の中心街や巴波川周辺では、多くの蔵を観ることが出来ます。

綱手道
   ↑ 綱手道

巴波川の舟運は、元和3年(1617)徳川家康の霊柩を久能山から日光山へ改装した際、御用荷物などを栃木河岸に陸上げしたことにはじまり、幕末期から昭和初期にかけて問屋業や製造業が発展しました。

巴波川
   ↑ 巴波川

場所:栃木市巴波川周辺

明治4年(1871)の廃藩置県により、明治6年(1873)には栃木県に統合され、栃木町は下野国を一つの県とする栃木県庁の所在地となりました。
その敷地の周囲に、約1キロメートルに及ぶ堀を巡らしました。
その堀が今も残っており、県庁堀と呼ばれて多くの鯉や鴨の姿も見ることができます。

旧県庁(現栃木市役所商工観光課)と県庁堀
   ↑ 旧県庁(現栃木市役所商工観光課)と県庁堀
県庁堀
   ↑ 県庁堀

「県庁堀」
場所:栃木市市役所周辺

小腹が空いたおやじは、栃木B級グルメで知られる「じゃがいも入り栃木焼そば」を食べに行きました。
栃木市の中心街には12店の焼そば屋さんがあるようで、街おこしのご当地グルメですね。
また、麺にかんぴょうの粉が入った「夕顔らーめん」などのお店も10数軒あるようです。
今回は、「大豆生田(おおまめうだ)商店」に来ました。
店内にはテーブル6卓があり、おばさん1人で切り盛りしていました。
おやじは、焼そば並盛を注文です。¥350
他には、大盛¥450・いか入り並¥450・いもフライ¥70などもあります。

じゃがいも入り栃木焼そば
   ↑ じゃがいも入り焼そば

出てきた焼そばには、じゃがいもがゴロゴロと入ります。
キャベツも混じった焼そばは、普通の感じですが、やや辛めのソース多めですね。
何故、じゃがいもなのかは解りませんが、相性は悪くありませんね。

おやじの総合評価:★★★☆☆

大豆生田商店

「大豆生田商店」
場所:栃木市薗部町2-19-32
TEL:0282-22-3796
営業:AM10:00~PM7:00 月休

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 栃木県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<寿司工房「すゞ木」 | メイン | 釜めし「ちんや」>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/1499-2c9c411c
| メイン |