FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
石岡小学校の校庭
- 2010/12/05(Sun) -
ここは、石岡市立石岡小学校の校庭内です。
平成10年から平成19年に亘って常陸国府跡の発掘調査が行われていました。
常陸国府跡は、7世紀から11世紀にかけての常陸国の役所跡とされ、国の史跡に指定されました。
現在では小学校の遊具場となり、影も形もありませんね。

常陸国府跡の紹介
   ↑ 常陸国府跡の紹介

さらに、校庭内には府中城の土塁や石岡陣屋門などの史跡が残っています。
常陸大掾氏の府中城が築かれ、広さはおよそ東西500m、南北400m、本丸、二の丸、三の丸の外、箱の内出丸、磯部出丸、宮部出丸を備え、また幾重にも堀をめぐらした堅固な城郭だったそうです。
しかし、大掾氏が佐竹氏によって滅んだ後は佐竹氏の支配下になっていましたが期間はあまり長くはなかったようです。
この土塁は、府中城の面影を辛うじて残す貴重なものです。
昭和53年には、市の史跡に指定されています。

府中城の土塁の案内
   ↑ 府中城の土塁の案内
府中城の土塁の案内
   ↑ 府中城の土塁

石岡陣屋門は現在の市民会館の入口にありましたが、昭和44年に石岡小学校の校庭の市民族博物館脇に移されました。
江戸時代府中松平2万石の陣屋が置かれていましたが、今はこの門だけが残っています。
江戸時代の藩主は江戸に常駐しており、府中には役所となる陣屋が政務の中心として置かれていました。
この陣屋門が建てられたのは9代目松平頼縄のとき,江戸小石川の藩邸を新築した際に余った材木を使い建築したものです。主として欅(けやき)材が用いられています。
昭和43年には、県の史跡に指定されました。

石岡陣屋門の案内
   ↑ 石岡陣屋門の案内
石岡陣屋門
   ↑ 石岡陣屋門

石岡小学校の校庭には常陸国衙・府中城・松平の陣屋が置かれ、茨城県を知る上での大切な史跡が眠っているのですね。

「石岡小学校」
場所:石岡市総社1-2-10

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 石岡市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<鹿嶋まるみらーめん | メイン | 鳥焼・鳥料理「鳥かづ」>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/1542-012ac04d
| メイン |