2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
神峰神社大祭禮・日立風流物
- 2012/05/06(Sun) -
5月3日4日5日の3日間、日立市神峰町の「神峰神社」で、神峰神社大祭禮が催行されました。
何と、7年に1度の大祭で、神峰神社大祭禮は元禄8年(1695)水戸二代藩主徳川光圀公の命により、宮田、助川、会瀬、三ヶ村の鎮守とされた神峰神社の世直し祭りとして行われた一大行事なのです。
初日は、生憎の大雨で開催が中止されてしまいましたが、4日と5日には無事に催行されました。
日立市の神峰公園下の大雄院通りには、巨大な山車が4台(西町・本町・北町・東町)が並びました。
4台の山車を観るのは、小学生以来となるおやじなのです。
なかなか圧巻な光景ですね!

山車を曳く
   ↑ 山車を曳く

日立風流物は、江戸時代中期の頃に始まり、文化文政の頃には山車そのものがからくりとなっています。
昭和34年には、山車が国指定重要有形民俗文化財に、人形操作などが国指定重要無形民俗文化財に指定されました。
さらには、2009年にユネスコ無形文化遺産にも認定されたそうですよ。

屋形開き
   ↑ 屋形開き
日立風流物
   ↑ 日立風流物(本町)
矢を射る
   ↑ 矢を射る

日立風流物は、高さ15m、幅3~8m、重量5tもあり、山車の中には約10人の囃子方や約30人のからくり人形の操り方が乗り込みます。
全ての山車の演目が違っており、面白いですね。
また、山車の裏側となる裏山でも、おとぎ話などが演じられます。

山車の回転
   ↑ 山車の回転
裏山
   ↑ 裏山での花咲爺(北町)

7年後まで待てない方には、毎年恒例の「日立さくらまつり」の際にも1台だけが登場しますよ。

「日立風流物」
場所:日立市宮田町大雄院通り
スポンサーサイト
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<元祖 スタミナ冷し麺「じゅんちゃん」 | メイン | 神峰神社大祭禮・日立佐々羅>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/2012-94f40fcb
| メイン |