FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
「野地温泉ホテル」
- 2012/11/02(Fri) -
「あだたら渓谷自然遊歩道」散策で汗をかいたおやじは、温泉を目指します。
土湯方面へ向かい、道の駅「つちゆ」から土湯バイパスを登り、野地温泉を目指します。

野地温泉ホテル
   ↑ 野地温泉ホテル

ここは、「野地温泉ホテル」です。
フロントで日帰り入浴料¥800を払い、早速温泉へ

温泉入口
   ↑ 温泉入口

温泉は、男女1つずつの内湯と男女入れ替え制の鬼面の湯・千寿の湯・天狗の湯などがあります。
各湯への入口が異なるので、着替えての移動となります。
メインの天狗の湯は、清掃中のため入れませんでした。

剣の湯
   ↑ 剣の湯(男性用内湯)
鬼面の湯
   ↑ 鬼面の湯(露天風呂)
千寿の湯からの源泉
   ↑ 千寿の湯からの源泉

源泉:45℃~89℃
泉質:単純硫黄化水素泉
効能:慢性皮膚炎・婦人病・胃腸病・神経痛など

硫黄泉どくとくの臭いと湯の花が凄い温泉で、疲れを癒してくれますね。
温泉でさっぱりしたおやじは、さらに先を目指します。

「野地温泉ホテル」
場所:福島県福島市土湯温泉町字野地1
TEL:0242-64-3031
日帰り入浴:AM10:00~PM3:00
       (土・祝前日はPM2:00迄)
入浴料:¥800
この記事のURL | 福島県・県北 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<麺屋「土筆」   閉店 | メイン | 「BURGER KING」 ひたちなかファッションクルーズ店>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/2158-2168dab0
| メイン |