2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
十二所神社と蒟蒻神社
- 2012/11/15(Thu) -
ここは、大子町大子のだいご小学校裏手にある「十二所神社」です。
創立727年の十二所神社は、天神七代、地神五代を奉られ、もともとは、やや南側にあった神社が、小学校の拡張工事で、現在の位置に移築されたそうです。
大子町でも中心的な神社で、山の頂上にご神体が安置されています。

十二所神社
   ↑ 十二所神社
拝殿
   ↑ 拝殿
本殿
   ↑ 本殿

境内の左奥には「蒟蒻(こんにゃく)神社」があります。
この神社は、蒟蒻加工方法を開発して近世の蒟蒻の流通を大きく変え、現在の蒟蒻業界の始祖となった中島藤右衛門翁(1747~1828)を祀っています。
蒟蒻玉は寒さに弱く傷みやすいため長距離の移動や貯蔵が困難で、年間を通しての需要に応じ難いものがありました。
藤右衛門はこれを憂い、何とかして貯蔵に耐える方法を苦心していたところ、たまたま鍬で切られた薄片が天日にさらされて乾燥したものを発見し、これを石臼で挽き粉にして水に戻し食用にする方法を発案しました。

蒟蒻神社
   ↑ 蒟蒻神社

「十二所神社」
場所:大子町大子426−1
TEL:0295-72-0816
スポンサーサイト
この記事のURL | 大子町 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<手打そば・うどん処「すごろく茶屋」   閉店 | メイン | とんかつ専門店「とん」>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/2171-0feda63c
| メイン |