FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
割烹「弥満喜」
- 2007/07/21(Sat) -
大子町をドライブ中に小腹の空いたおやじは、大子町のパンフレット「うまいもんどころマップ」を見ていると、何とちょうざめ料理の文字が?もしかしてあのキャビアのちょうざめ?その「ちょうざめ」です。
早速、店を見つけて入ってみることにしました。
ここは、割烹「弥満喜(やまき)」です。
店の人に「ちょうざめ、ありますか?」と聞くと、「刺身だけならありますよ。」の答えに即注文です。
メニューには載ってなく、予約制なのだとか、ラッキー!
他にも、大子名物しゃも料理のしゃも丼を注文です!¥850

ちょうざめ刺身
   ↑ ちょうざめ刺身
しゃも丼
   ↑ しゃも丼

ちょうざめ刺身が出てきました。
見た目は白身の真鯛のようですが、食するとやや硬めで、臭みもなく頂けます。
続いてしゃも丼が出てきました。
見るからに美味しそうではありませんか!
しゃも肉は弾力があり、しゃもの卵の黄身まで入って、とろとろまいうーです。
メニューに載っていないちょうざめを注文したおやじは、いくらなのか値段が心配でドキドキです。
会計をすると、ちょうざめ刺身は¥1050でした。ホッ!

奥久慈ちょうざめとは?
生きた化石といわれるシーラカンス時代の残存種で、生産国は主としてカスピ海沿岸のロシア、イランとアメリカのようです。日本にも昭和初期までは、北海道や東北地方の大きな河川にも居たようです。
ちょうざめは、淡水魚特有の臭みが無く、身のしまりも良く、マダイ、ヒラメ等によく似ていると言われ、低脂肪、低カロリーのヘルシーな食材です。奥久慈地方で養殖が始まった新しい名物のようです。
おやじは全く知らなかったのだ。

「弥満喜」

蔵のある割烹「弥満喜」
場所:大子町大子741
TEL:0295-72-0208
営業:AM11:00~PM:8:00 無休

←閲覧有難うございます。今日のランキングは?左(バナー)をポチッ!
この記事のURL | B級グルメ店 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<柿岡祇園祭 | メイン | 愛宕天狗の森>>
コメント
- -

こんばんは。
チョウザメの刺身ですか??
と言うことは、生きたチョウザメがいるって事ですか?
養殖でもしているんでしょうか。
それにしても珍しいものを見つけましたね。
羨ましいです。
2007/07/22 21:44  | URL | jazz #xfEiCw62[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/234-40ff3e97
| メイン |