2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
秋田の味「さいとう」
- 2013/07/06(Sat) -
さいとう

週末には、飲みにでたおやじなのです。
今回は、ひたちなか市表町にある秋田の味「さいとう」に来ました。
店内には、カウンター8席くらい・小上がりに1卓があります。

店内
   ↑ 店内
壁メニュー
   ↑ 壁メニュー

とりあえずの生ビールを注文し、壁メニューを拝見していると、大将が「¥2000と¥3000のおまかせメニューがありますよ。」とのことで、¥2000のコースを注文です。
秋田県の郷土料理うをメインにしたメニューには、単品のきりたんぽ鍋(冬季)¥950・稲庭うどん¥800・はたはた¥400(H25年は入荷不可)・とんぶり¥300・じゅんさい¥300・野菜サラダ(日替わり)¥300・納豆の包み焼きといぶりがっこ¥300などがあります。
しかし、揚げ物、刺身、焼き鳥などはありません。
出てきた¥2000コースメニューには、秋田名物のとんぶり・じゅんさい・ギバサの他にもサラダ・キュウリ漬け・奴・あさりが小鉢に盛られます。
シンプルでヘルシーな肴なので、若い方には物足りないでしょうね。

秋田郷土料理
   ↑ 秋田郷土料理¥2000コース

ビールを飲み干したおやじは、日本酒ですね。
秋田の冷酒「雪」を注文です。
淡麗辛口なマイルドなお酒ですね。

冷酒「雪」
   ↑ 冷酒「雪」

〆には、稲庭うどんが出されました。
つるシコとしたうどんが、美味しいのです。
追加で、酎ハイ2杯を注文です。

稲庭うどん
   ↑ 稲庭うどん

午後9時には暖簾を取り込み、カウンターに腰を下ろした大将と、秋田の話や定年後の話で盛り上がります。
秋田県出身の大将は、日製を定年退職した後、調理学校へ1年通って調理師免許を取得し、夫婦2人で、この店を始めたそうです。
月に何度か店を休んで、国内はもちろんのこと海外へも旅行しているそうで、定年後をエンジョイしていますね。
羨ましい老後なのです。
ほろ酔い加減のおやじは、そんな大将に連れられ、ネオン街に消えていくのでした。
大将、ご馳走様でした。
稲庭うどん、美味しかったです。

おやじの総合評価:★★★☆☆

秋田の味「さいとう」
場所:ひたちなか市表町2-3
TEL:090-8106-0495
営業:PM6:00~PM10:00 日休(不定休)
    (大将の気分でPM9:00頃に終了あり)
スポンサーサイト
この記事のURL | 飲み処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<おもてまち七夕まつり2013 | メイン | 生そば「つるや」>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/2363-f628f491
| メイン |