2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
町田焼窯跡
- 2013/08/31(Sat) -
ここは、常陸太田市町田町にある「町田焼窯跡」です。
県道33号の旧町田宿中通りの水府中学校の南側を入り、その市道を300mほど進んだ先に残っています。

案内板
   ↑ 案内板
町田焼窯跡
   ↑ 町田焼窯跡

町田焼は第九代水戸藩主・徳川斉昭が産業振興の一環として押し進めた製陶事業により、領内の「偕楽焼」や現在の栃木県馬頭町の「小砂焼」などとともに設けられた窯でしたが、天保の改革による藩財政の都合などにより思うように進まず、明治元(1868)年頃に廃窯となってしまいました。
しかし、今も残る町田焼の名と窯場跡は、往時の様子を思い起こさせてくれます。
近年では、地元町田町住民の呼びかけにより、窯跡の発掘調査や町田焼の復興が進められているようです。

「町田焼窯跡」
場所:常陸太田市町田町675
スポンサーサイト
この記事のURL | 常陸太田市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ホルモンラーメン「玄海」   常陽銀行渡里支店隣り移転 | メイン | 回転寿司「此処楽食家」   マルキン鮨に改名>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/2366-8dbaf4e1
| メイン |