FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
黒澤止幾の生家
- 2013/08/19(Mon) -
ここは、城里町錫高野にある「黒澤止幾(くろさわとき)の生家」です。
幕末に生まれ、波乱に満ちた生涯を送り、日本初の女性教師として知られる止幾の生家は築400年とも言われ、生家を保存する活動もあるようですが、雑草が生えて荒れ果てていましたね。

黒澤止幾の生家
   ↑ 黒澤止幾の生家
玄関前の案内板
   ↑ 玄関前の案内板

黒澤止幾は、1806年に現在の城里町錫高野生まれ、26歳で夫と死別後、行商をしながら学問に励み、49歳で実家の寺子屋を継ぎました。
54歳のとき、安政の大獄で閉居を命じられた水戸藩主・徳川斉昭の無実を朝廷に直訴しようと、単身、京都へ向かいます。
その後、明治維新の学制発布で寺子屋だった自宅が小学校に指定され、68歳で日本初の女性教師に任命されました。
退任後も私塾を開き教育に専念し、85歳で波乱の生涯を閉じたのです。
名は「止幾」「止幾子」などさまざまな表記があるようです。

囲炉裏
   ↑ 囲炉裏
五右衛門風呂
   ↑ 五右衛門風呂
座敷
   ↑ 座敷

このままでは廃居化してしまいますので、今後は「黒澤止幾の生家」を町の文化財として保存して欲しいものですね。

「黒澤止幾の生家」
場所:城里町錫高野2226-1
この記事のURL | 城里町 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<「ひたちなか大盛軒」vol.2 | メイン | 四川厨房「美」>>
コメント
- -

コメントありがとうございます。
黒澤止幾の生家が町の文化財となるようですね。
これから生家が復元整備され、観光名所となればいいですね。
私も、安心しましたよ。
情報ありがとうございました。
2016/03/07 18:03  | URL | 神長さんへ #-[ 編集] |  ▲ top

- 現地確認に -

平成28年3月2日発行の茨城新聞に、日本人初の女性小学校教師「黒澤止幾生家町文化財に」を見まして、昨日の6日に蕎麦処とき(生家より約四キロ離れていて、黒澤止幾の事を店内で紹介している。)で昼食をしながらお店の方に生家の場所を訪ねて、目的の場所にたどり着きました。たかさんの訪問は4年半近く前ようで、現状は痛みが進んでおりまして、屋根はブルーシートで覆われておりました。町と町教委は指定を踏まえ、修復や復元の計画策定に向けて準備を進める方針とのことですので、一安心ですね・・・
2016/03/07 12:59  | URL | 神長 #DxxCBE7g[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/2381-65cc1824
| メイン |