2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
横山大観生誕の地
- 2014/08/20(Wed) -
ここは、水戸市城東にある「横山大観生誕の地」です。
横山大観は、近代日本を代表する日本画家なのです。
大観は、酒井捨彦、須惠の長男として、明治元年9月18日に三の町で生まれ、明治21年養子となり横山家を継ぎました。

横山大観生誕の地
   ↑ 横山大観生誕の地
紹介板
   ↑ 紹介板
石碑と銅像
   ↑ 石碑と銅像

翌明治22年東京美術学校(現 東京芸術大学)の開校と同時に一回生として入学し、卒業制作の「村童観猿翁」には、村童に同級生を猿翁に恩師岡倉天心を描いたと伝えられています。
明治29年東京美術学校助教授となり、大観の雅号を用いるようになりますが、同31年に校長岡倉天心の後を追って辞職し、日本美術院の創立に力を尽くしました。
天心は明治39年再興美術院を五浦に移し、大観は下村観山、菱田春草、木村武山らと天心の目指した日本画の革新に取り組みました。
昭和6年には帝室技芸員に任命され、昭和12年第一回の文化勲章を受章しています。
昭和33年東京で亡くなり、墓は東京の谷中墓地にあります。

「横山大観生誕の地」
場所:水戸市城東2-8-19
スポンサーサイト
この記事のURL | 水戸市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<中華そば・つけ麺「久兵衛」 | メイン | 元祖手打ちうどん「いづみや」本店vol.2>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/2684-738e2f92
| メイン |