2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
坂野家住宅
- 2014/11/14(Fri) -
ここは、常総市大生郷町にある「坂野家住宅」です。
坂野家は、この地に土着してから五百年ほどになると言われ、享保10(1725)年に始まる飯沼新田開発では、地元の責任者である「頭取」に任ぜられるなど、この地方の有力な名主であったことが伺われます。
その屋敷地は、1haにおよぶ広大な台地全面に位置し、周囲に塀が巡らされています。
南面に配された表門は、本来、武家屋敷に設けられることを考えると、当時の坂野家の格式の高さが偲ばれます。
平成10年に坂野氏より市が建物と屋敷地を譲り受け、主屋は、平成15~18年に解体修理が行われ、その過程で増改築の変遷がほぼ明らかとなったことから、座敷部が増築されて形が最も整った天保9(1838)年の姿に復元され、「水海道風土博物館坂野家住宅」として生まれ変わりました。

表門
   ↑ 表門
坂野家住宅
   ↑ 坂野家住宅

18世紀初め頃に建てられたと考えられる居室部と増築された座敷部からなり、座敷部は、南から「一の間」「二の間」「三の間」と呼ばれ、「二の間」東側には式台付の玄関、「一の間」には床・棚、「二の間」には床が設けられ、大型住宅として数少ない遺例であり、豪農の屋敷構を伝えています。
昭和43年には国の重要文化財に指定されています。

一の間・二の間
   ↑ 一の間・二の間

主屋西側には、大正9年に建て替えられた2階建ての「月波楼」と名付けられた書院もあり、幕末から明治期にかけて文人の当主のもと、多くの書家や画家たちが訪れ、優れた作品の創作活動の場となっていたそうです。

書院と主屋
   ↑ 書院と主屋
座敷
   ↑ 座敷
うろこ屋根
   ↑ うろこ屋根

「坂野家住宅」
場所:常総市大生郷町2037
入館時間:AM9:00~PM4:00 月休館(祝祭日の時は翌日)
入館料:¥300
スポンサーサイト
この記事のURL | 常総市 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ラーメン「科」 | メイン | 手打そば「一三庵」>>
コメント
- -

コメントありがとうございます。
坂野家ゆかりの方なのでしょうかね?
2017/01/11 18:20  | URL | 名無しの権兵衛さんへ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

茨城県立水海道第一高等学校同窓会ψ坂野征四郎支部長〆

経歴自慢
実は家裁支部ドサ回り、万年ヒラ判事
http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/edu/1481340834/l50
水海道第一の恥部 
2017/01/11 17:54  | URL | 名無しの権兵衛さん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/2753-29f0c81f
| メイン |