FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
喜連川早乙女温泉
- 2015/01/15(Thu) -
喜連川早乙女温泉

ここは、栃木県さくら市(旧喜連川町)の「喜連川早乙女温泉」です。
喜連川温泉は、硫黄・塩分・鉄分を多く含む弱アルカリ泉で国内でも有数といわれる優良な泉質で、島根県の斐乃上温泉、佐賀県の嬉野温泉と並んで「日本三大美肌の湯」に選ばれているようです。
市内には、他にも数軒の温泉施設がありますよ。
フロントで入湯料¥1050を払い、早速温泉へ

温泉へ
   ↑ 温泉へ

広い内湯のみですが、この早乙女温泉は、硫黄成分の濃度が高い温泉のようです。
さらに、朝はエメラルドグリーン、夜は乳白色、硫黄の成分が空気に触れて酸化するため白く変化するそうですよ。
湯がとても熱いので、下半身浴してからゆっくりと浸かります。
熱いのが苦手な方は、行かない方が無難ですよ!
事実、足だけ浸かって帰る方もいるそうですよ。
ちょっと高めの入湯料ですが、硫黄成分の濃度が高いので循環器・ボイラーを設置しても1ヶ月程度で交換するそうなので致し方ありませんね。
備え付けはボディーソープだけなので、タオルやシャンプー等は持参して下さいね。
もちろん、販売もされていますけどね。

内湯
   ↑ 内湯
色が変化する湯
   ↑ 色が変化する湯

泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
源泉温度:73℃
効能:糖尿病・皮膚病・神経痛・冷え性・うちみ・慢性消化器痛など

食事処
   ↑ 食事処

湯上りには、休憩も兼ねた食事処もあります。
寒い季節には、温泉が最高なのです。

「喜連川早乙女温泉」
場所:栃木県さくら市早乙女2114
TEL:028-686-4126
営業:AM10:00~PM9:00 木休
入湯料:¥1050
この記事のURL | 栃木県 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<ラーメン専門店「E.Y竹末」 | メイン | とんかつ「かつや」ひたちなか市毛店vol.2>>
コメント
- -

コメントありがとうございます。
秘湯ではなく、情緒のある神秘の湯的な存在ですね。
設備も古いですが、いい湯なのは間違いありませんよ。
機会があったら出かけてみて下さいね。
そして「竹末」さんですが、こんな場所でこんなラーメンが食せるのかと思える中華そばなのです。
2015/01/16 09:33  | URL | ヤンマーさんへ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

コメントありがとうございます。
行かれたことがあるようで、なかなかいい温泉ですね。
硫黄分が強いので、傷があったら入れませんよね。
湯が熱いので、苦手な方は入れませんね。
2015/01/16 09:26  | URL | 大山猫さんへ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

なんと、☆☆☆☆出ました
温泉ですが三太の湯が好きです
ここも一度足を運んでみます。
温泉場の作りが素敵だ
2015/01/16 05:57  | URL | ヤンマー #-[ 編集] |  ▲ top

- -

こんばんは、お久しぶりです。私も早乙女温泉のお湯は大好きです!塩辛いのできずがあったらしみますよね。
2015/01/15 18:41  | URL | 大山猫 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/2833-5498afb6
| メイン |