FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
長久保赤水の生涯
- 2015/06/20(Sat) -
ここ、高萩市赤浜には、長久保赤水の生誕地の石碑があります。
長久保赤水は、江戸時代の享保2年(1717年)に、高萩市赤浜の五代貞永の庄屋屋敷で生まれました。
江戸時代の水戸藩の地理学者で、日本で最初に緯線と方角線の入った日本地図を完成(1779年)させた人物です。
有名な伊能忠敬の「大日本沿海輿地全図」の42年前のことですよ。

長久保赤水生誕地の石碑
   ↑ 長久保赤水生誕地の石碑

「長久保赤水生誕地」
場所:高萩市赤浜773-1

長久保赤水は、9歳の時に弟と母を亡くし、11歳の時に父を亡くし、継母に養育されました。
16歳の時、同市下手綱の上町にあった鈴木玄淳の塾に通い、25歳の頃から水戸藩の学者名越南渓等に学びます。
35歳の頃から地図に興味を持って学び、44歳の時に今の東北地方の旅に出ます。
62歳の時に有名な「改正日本輿地路程全図」という日本地図を完成します。
享和元年(1801年)85歳にて、赤浜の松月亭で没しました。
生誕地から北へ1kmほど行った砂浜沿いの松林内に長久保家の墓があり、その中央に長久保赤水も眠っています。

長久保家の墓
   ↑ 長久保家の墓
生涯説明板
   ↑ 長久保赤水の生涯説明板
長久保赤水の墓
   ↑ 長久保赤水の墓

「長久保赤水の墓」
場所:高萩市赤浜(日産プリンス高萩店裏)
この記事のURL | 高萩市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<まぜそば「一心不乱」   閉店 | メイン | 中国料理「鳳華」>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/2972-75aadddb
| メイン |