FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
祭の同時企画が凄い!
- 2007/08/02(Thu) -
今週の日曜日に「麻生祇園馬出し祭」を見ようと麻生観光協会に開催時間を問い合わせ「午後1時頃からです。」の答えに午後0時過ぎに訪れたおやじです。
しかし、なかなか始まる様子もなく、近所の方に訪ねると「午後3時頃からですよ。」えっ、まだ3時間もあるではありませんか!

遠泳を終え湖畔に着く寸前の参加者達
   ↑ 向こう岸からの遠泳2kmを終え、湖畔にたどり着く参加者達
霞ヶ浦横断遠泳を終えた方を迎える太鼓
   ↑ 霞ヶ浦横断遠泳を終えた方を迎える太鼓

そこで、霞ヶ浦湖畔を散策していると、霞ヶ浦横断遠泳を楽しむ会の参加者が向こう岸から、ここ天王崎公園にたどり着いたばかりで、約2kmの遠泳を終えた参加者を太鼓がお出迎えてす。

300連凧 連凧
  ↑ 300個の連凧(手元の綺麗な凧絵)   ↑ 中盤以降のカラフルな凧

ふと湖畔上を見上げると、なんと!連凧が・・・
近づいて見ると、おじさんが上げていましたが、片付ける準備を始めており、急いで撮影です。
連凧の手元の方は綺麗な凧絵が施されており、中盤以降はカラフルな凧なのです。
おじさんは、各地のイベントの開催場所の目印の為に連凧を上げているらしく、1m間隔に付けたれた凧は約300個とかで、長さ300mになりますね。
おやじは初めて見ましたが、凄いですねー!

湖畔をバックにポーズを取る水着モデル
   ↑ 湖畔をバックにポーズをとる水着モデル
ヨットでの水着モデル
   ↑ ヨットでの水着モデル

少し休憩し、再び湖畔に出てみると何やらカメラおやじ達が撮影しています?
おっと!水着姿のモデル撮影会のようです。
おやじも何気に参加し、カメラおやじ達の隙間からの撮影です。
撮影会は「第37回水郷麻生水辺の里写真コンクール」の一環らしく、主題を帆引き船・馬出し祭・なめがた踊りフェスタ・水辺の風景・文化遺産などを題材にした写真のコンクール企画のようです。
おやじは応募することはありませんが、9月末までで応募が締め切られ、選考され方には賞が貰えるようですよ。

「水郷麻生水辺の里写真コンクール」
場所:行方市麻生天王崎公園湖畔
TEL:行方市商工会 0299-72-0520

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります!
この記事のURL | 行方市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<黄門まつり花火大会! | メイン | 下館工房>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/335-c54fad03
| メイン |