阿津賀志山防塁
- 2016/07/16(Sat) -
ここは、福島県国見町にある「阿津賀志山防塁」です。
この遺跡は、文治5年(1189)の奥州合戦に、平泉の藤原泰衡がその異母兄国衡を将とし、源頼朝の率いる鎌倉軍を迎え撃つために築いた防塁遺構です。
防塁跡は、土塁と空掘からなり、約3.2kmにわたって所在します。

紹介板
   ↑ 紹介板
阿津賀志山防塁
   ↑ 阿津賀志山防塁

「阿津賀志山防塁」
場所:福島県国見町西大枝字原前
スポンサーサイト
この記事のURL | 福島県中通り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<福島県伊達市観光 | メイン | 食事処「たこ八」>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/3565-6f7e95a8
| メイン |