宮城県白石市観光3
- 2016/08/25(Thu) -
宮城県白石市にある「片倉家御廟所」に来ました。
片倉家御廟所は、仙台藩伊達家の重臣白石城主片倉小十郎景綱を中央に宗景までの十代の墓です。
石畳を敷いた床面の上に10体の大きな石像と1基の墓碑が花崗岩の玉垣に囲まれて佇んでいます。
これは東北の陪臣の墓所としては全く他に見られないものだそうです。

片倉家御廟所
   ↑ 片倉家御廟所
紹介板
   ↑ 紹介板
10体の石像
   ↑ 10体の石像

そばには、景綱に仕え殉死した家臣六名の墓碑もあります。

「片倉家御廟所」
場所:宮城県白石市福岡蔵本字愛宕山

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

ここは、JR東北新幹線白石蔵王駅そばにある「孝子堂」です。
寛永13年、この地の「八枚田」で佐藤与太郎が2人娘と草取りをしていたところに、片倉御家中 志賀団七が通りかかり、娘の投げた草の泥が団七にかかってしまった。
父与太郎が何度も謝ったが、団七は手打ちにした。
娘二人は江戸へ旅立って道場で修業し、白石へ戻って団七を仇討ちしました。
そんな与太郎と二人娘を祀るのが「孝子堂」です。

孝子堂周辺と八枚田
   ↑ 孝子堂周辺と八枚田
紹介板
   ↑ 紹介板
孝子堂
   ↑ 孝子堂

「孝子堂」
場所:宮城県白石市大鷹沢三沢字八枚田
問合せ:0224-25-2711
スポンサーサイト
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<レストラン「ポプラ」 | メイン | 白石うーめん「やまぶき亭」>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/3724-217d7a00
| メイン |