東日本大震災から6年
- 2017/03/11(Sat) -
今日で東日本大震災から6年が経ちました。
東北から関東にかけて大きな地震にみまわれましたが、東北地方の太平洋側では津波の被害が大きく2万人以上の方が亡くなりました。
今更ながらお悔やみ申し上げます。

ここは、宮城県亘理町の前谷地地区です。
この地区で亡くなわれた方のために千年塔が建てられ、黄色いハンカチもなびいています。
津波の被害を受けた中浜小学校もそのまま残されていますね。

千年塔
   ↑ 千年塔

東北地方の海岸沿いには、防波堤ならぬ防潮堤が建設されていますね。
防潮堤は、津波の引き波にも負けないよう台形をしています。

防潮堤
   ↑ 防潮堤

海岸付近には、土盛りされた公園がいくつか造られていますね。
防潮堤が高くなったので、海を見渡せるように高く盛られているのでしょうかね?
津波の影響を受けた田畑は未だに整備せれていない地域も多く、急ピッチで造成されていますね。

土盛りされた公園
   ↑ 土盛りされた公園
農地復興作業
   ↑ 農地復興作業

現在も津波の影響を受けた方々12万人ほどが仮設住まいを余儀なくされ、不自由な生活を送っています。
さらに、福島県の海岸沿いでは原発の影響も受け、未だに戻ることが出来ませんが、来月には浪江町・富岡町・飯舘村の一部地域が避難指示解除されるようです。
しかし、帰還困難区域の方はまだまだ戻れる見込みがたっていませんね。
いち早い復興を望むところですね。

場所:宮城県亘理町中浜地区
スポンサーサイト
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<三陸・宮城のうまいもの「瑠璃座」 | メイン | 食事の店「ともえ」>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/4127-6332a205
| メイン |