FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
みちのく1人旅!山形編
- 2007/11/01(Thu) -
やっと今日の宿泊地である山形市内に到着です。
ホテルに荷物を降ろし、山形駅前で待ち合わせです。
待ち合わせの相手は元職場のO.H氏で、Uターンして山形市内の実家に住んでいるのです。
早速飲みに出掛け、O.Hが薦める塩釜直送のまぐろ亭「いのまた」に来ました。
2年ぶりの再会に、生ビールで乾杯です。

再会に乾杯
   ↑ 再会に乾杯

今日の肴は、まぐろ中トロ¥1200・北海つぶ貝刺¥1000・まぐろカマ焼¥1500・カキフライ¥800などを注文です。
注文の品が出てきました。

まぐろ中トロと北海つぶ貝刺
   ↑ まぐろ中トロと北海つぶ貝刺
まぐろカマ焼
   ↑ まぐろカマ焼
山形の酒「くどき上手」
   ↑ 山形の酒「くどき上手」

中トロまいうー、カマ焼は30cm位あり、これまたまいうー!
続いて、日本酒を注文です。
山形の酒の雪漫々1合¥1200・くどき上手300ml¥800さらには、つららぎ生酒300ml¥1000など品数豊富ですね。
久々の再会に、懐かしい話で盛り上がります。
ほろ酔いかげんのおやじ2人は、ネオン街に消えていくのでした。

まぐろ亭「いのまた」

まぐろ亭「いのまた」
場所:山形市七日町2-3-14
TEL:023-633-4660

翌朝も、あいにくの雨模様でしたが、山形と言えば「山寺」でしょう!
と言うことで、ここは「山寺」です。
山寺とは立石寺の通称で、貞観2年(860年)頃円仁(慈覺大師)が修行の場として開いたと伝えられています。
元禄2年(1689年)に松尾芭蕉が旅の途中で訪れ、「閑さや 岩にしみ入 蝉の声」の句を詠んだことでも有名で、参道には句碑があります。
2年前に山門から奥の院まで登山しましたが、1015段の石段は非常に険しく、のんびり登山することをお薦めします。
しかし、今回は雨降りと言うことで登山を断念し、立石寺周辺を探索です。

山寺入口
   ↑ 立石寺入口
立石寺本堂
   ↑ 立石寺本堂
立石寺の案内
   ↑ 立石寺の案内
松尾芭蕉の銅像 五大堂と開山堂
   ↑  松尾芭蕉の銅像              ↑ 五大堂と開山堂
山寺駅
   ↑ 山寺駅

立石寺の登山は、歴史の空間を感じられますので、体調を整えて山頂まで登山してみて下さいね。

「立石寺」
場所:山形市山寺4456-1

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 山形県 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<みちのく1人旅!宮城蔵王編 | メイン | みちのく1人旅!米沢編>>
コメント
- -

こんにちは~!
いつも私どものブログの応援、ありがとうございますi-237

みちのく一人旅、楽しそう&美味しそうですね。
今度、山形まで行ったなら、食べて欲しいところがあります。
酒童(しゅっぱ)というホルモン焼きのお店です。
山形でホルモン?と思われるかもしれませんが、私がホルモンを大好きになったお店ですi-175
今度いらしたら是非食べてみて欲しいです。
七厘焼きなので洋服は臭くなりますけど(笑)
2007/11/02 14:44  | URL | 憂 #aaFZfYpg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/413-00581af3
| メイン |