瑞鳳殿
- 2017/04/03(Mon) -
ここは、宮城県仙台市青葉区の「瑞鳳殿」です。
奥羽最大の戦国大名である伊達正宗が眠る霊屋で、1636(寛永13)年、正宗自身が遺言でこの地を墓所に定めました。
瑞鳳殿は、本殿、拝殿、御供所、涅槃門からなり、桃山文化の遺風を伝える豪華絢爛な廟建築として1931(昭和6)年、国宝に指定されましたが、1945(昭和20)年の戦災で焼失してしまいました。
現在の瑞鳳殿は1979(昭和54)年に再建されたものです。
2001(平成13)年に、仙台開府四百年を記念して大改修工事が実施され、柱には彫刻獅子頭を、屋根には竜頭瓦を復元し、創建当時の姿が甦りました。

案内板
   ↑ 案内板
瑞鳳殿への石段
   ↑ 瑞鳳殿への石段
瑞鳳殿と資料館
   ↑ 瑞鳳殿と資料館
瑞鳳殿
   ↑ 瑞鳳殿

さらに進むと感仙殿と善応殿が並んで建っています。
感仙殿は二代藩主伊達忠宗公(1599~1658)の霊屋であり、善応殿は三代藩主伊達綱宗公の霊屋です。

感仙殿と善応殿
   ↑ 感仙殿と善応殿

「瑞鳳殿」
場所:宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
TEL:022-262-6250
観覧時間:AM9:00~PM4:30 無休
観覧料:¥550
スポンサーサイト
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<中国料理「成龍萬寿山」本店 | メイン | 伊達のいろり焼「蔵の庄」一番町本店>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/4140-da8343cb
| メイン |