2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
尿前の関
- 2017/11/13(Mon) -
ここ、宮城県大崎市の鳴子峡へ向かう途中の大谷橋の先の狭い道へ右折すると「尿前の関(しとまえのせき)」があります。
R47沿いには大きな駐車場もありますが、こちらからは急な階段を降りるようですね。
おやじは、大谷橋直ぐ先の狭い旧道へ右折です。

R47からの階段
   ↑ R47からの階段

尿前の関は、古くは多賀城から山形方向に行く奥羽山脈を越える街道筋に位置し、出羽の国飽海郡の遊佐勘解由宣春(鳴子、遊佐氏の先祖)が大永年間(1521年から27年)に栗原郡三迫から、名生定の湯山氏の加勢としてここに小屋館を構え、後関守となりました。
伊達藩になってから尿前境目と呼ばれ、寛文10年(1670年)尿前番所を設置、岩出山伊達家から横目役人が派遣され、厳重な取り締まりが行なわれたそうです。

尿前の関
   ↑ 尿前の関
紹介石碑
   ↑ 紹介石碑
芭蕉と石碑
   ↑ 芭蕉と石碑
出羽仙台街道中山越の石碑
   ↑ 出羽仙台街道中山越の石碑

関所の向かい側には、「蚤虱馬の尿する枕もと」の芭蕉句碑が建っています。

芭蕉句碑
   ↑ 芭蕉句碑

「尿前の関」
場所:宮城県大崎市鳴子温泉尿前140
スポンサーサイト
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<新田川「鮭川食堂」 | メイン | 霊山>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/4570-b738d7a9
| メイン |