FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
御岩神社の回向祭!
- 2008/04/20(Sun) -
ここは日立市入四間にある御岩神社(おいわじんじゃ)です。
4月19日と20日には、春例祭である回向祭(えこうさい)が催されました。
回向祭は、先祖慰霊を目的に催されるまつりで、門前にいくつかの露店が並びました。

御岩神社回向祭
   ↑ 御岩神社回向祭

鳥居をくぐると再建された楼門があります。
さらに巨大な松林の奥には祖霊回向社があり、ここで先祖慰霊御供養します。

楼門(仁王門)
   ↑ 再建された楼門(仁王門)
祖霊回向社で先祖慰霊御供養します。
   ↑ 祖霊回向社で先祖慰霊御供養します。

さらに奥には拝殿がありました。
巨大な松の木に囲まれた御岩神社は神秘的で、奥行きのある風情豊な神社は初めてですね。
拝殿手前で形代(かたしろ)なるものを発見です。
おやじも初穂料を入れ、身の不安なところを形代でさすり水に流しました。

拝殿
   ↑ 立派な拝殿
形代に願いを込めるおやじ!
   ↑ 形代に願いを込めるおやじ!

*由来
御岩山は古くから信仰の山として崇拝され、水戸初代藩主・徳川頼房は出羽三山の湯殿大権現を勧請し、入四間湯殿大権現としたが、2代藩主光圀が御岩山大権現と改称し、水戸藩の祈願所として、また神仏習合の霊場として、厚い信仰を受け、各地からの登拝者で賑わうようになったと言われています。
明治元年の神仏分離令によって神仏混淆(しんぷつこんこう)が禁止となり、御岩山大権現は、御岩神社と改称し、仏事である回向祭は御岩神社の大きな催事として今も続いています。

入口の楼門の脇には、県内有数の大木として天狗伝説の残る三本杉があります。
樹齢500年以上といわれ、幹周8.48m、樹高50mで県天然記念物に指定されています。
それにしても不思議で巨大な松の木なのです。

巨大な三本松の幹
   ↑ 巨大な三本松の幹
1つの幹から3本に分かてた巨大な松の木
   ↑ 1つの幹から3本に分かてた巨大な松の木

例祭は、秋例祭(10月の第3土・日曜日)も開催されますので、出かけてみてはいかがでしょう!


「御岩神社」
場所:日立市入四間町752
TEL:0294-21-8445

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 日立市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<中華そば「チャンポン」 | メイン | 卒業生の展示会!>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/590-47f7527e
| メイン |