FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
水戸八景!村松晴嵐
- 2008/05/13(Tue) -
ここは、水戸八景の1つである「村松晴嵐」です。
初詣や十三参りで有名な東海村の村松虚空蔵尊の裏の大神宮のさらに裏手にあります。
水戸八景は、徳川斉昭 (烈公、水戸藩九代藩主で15代将軍徳川慶喜の父)が、文政12(1829)年藩主に就任し、天保4年(1833)年はじめて水戸を訪れて藩内を精力的に歩き回り藩政改革の骨子を立案しました。
この時、近江八景になぞらえて、近郊の名勝から水戸八景を選んだそうです。
烈公は、水戸城下に住んでいた藩子弟たちに、一日がかりで全行程22里(約90キロ)の八景巡りをさせて、自然への親しみと心身の鍛練をはかったそうです。
今その地には八景名を刻んだ烈公自筆の石碑が建っています。

村松虚空蔵尊から村松晴嵐へ向かう飛び石
   ↑ 村松虚空蔵尊裏の大神宮から、さらに裏手の村松晴嵐へ向かう飛び石
村松晴嵐の看板
   ↑ 村松晴嵐の案内
烈公自筆の村松晴嵐の石碑
   ↑ 烈公自筆の村松晴嵐の石碑

石碑のある松林から、フェンス沿いを海岸へしばらく行くと、目の前が開けて前方に太平洋に連なる砂浜が見えます。
両側には原子力機構の建物がありますが、松林を渡る風は潮騒の音まで聞こえそうで、昔を偲ばせますね。

水戸八景「村松晴嵐」
場所:東海村村松虚空蔵尊の裏手

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 東海村 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<うどん「ヤマサ製麺」 | メイン | 麺工房「やぶ蔵」  閉店>>
コメント
- -

こんばんは、コメントありがとうございます。
やっと更新出来るようになりましたので、今後とも宜しくお願い致します。
村松虚空蔵尊はよく知っていますが、その裏手に立派な大神宮があることや、さらに裏手の村松晴嵐があることは、今回知ったしだいです。
機会があれば訪れてみて下さい。
2008/05/14 18:35  | URL | kamesukemamaさんへ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

たかさん、こんばんわ。
初詣では毎年村松山へ行っていますが、こんな所があるのは知りませんでした。
更新がなかったのでどうしたんだろう?と思っていました。開通してよかったですねe-365
2008/05/14 00:46  | URL | kamesukemama #V0Zz7F9Q[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/598-7d95b795
| メイン |