FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
小笠原流弓馬術三三九手挟式!
- 2008/09/24(Wed) -
ここは、笠間市の「笠間稲荷神社」です。
昨日の23日には「小笠原流弓馬術三三九手挟式」が催行されました。
小笠原流弓法の起こりは、清和天皇の御代、約1100年前になり、当時はまだ小笠原姓は名乗っておらず、弓法を確立した事により源姓を賜り、将軍家(源氏)の弓術指南役となりました。
承安4年(1174年)、天皇より小笠原号を賜り、以来、将軍家(源氏・足利・徳川)の師範としてその弓術を正しく現世に伝えられています。
今日、弓道の会合には矢渡し・射礼等が必ず行われますが、その射礼には大的式・百々手式・三三九手挟式などがあり、これらの儀式は室内での儀式として考えられたものだそうです。
12時30分より拝殿にて厳粛な祈願が行なわれました。

拝殿での祈願
   ↑ 拝殿での祈願

いよいよ小笠原流弓馬術三三九手挟式の会場である楼門まえの境内へ向かいます。

いざ出陣!
   ↑ いざ出陣!

この射礼は、弓道大会を開始するにあたり、各人の心身を共に正し、邪心を祓う儀式です。
5名が1チームとなり各自計4本の矢を射り、2チームで的を射た数を競うようです。
的の大きさは九寸角、串にはさんで立て、射手より的までの距離は九間です。
的を射るたび、拍手が沸き上がります。

厳粛な境内風景
   ↑ 厳粛な境内風景
矢を射る
   ↑ 矢を射る!

片方のチームが終了すると、盛砂に自分の射た数だけ竹棒を刺します。
古式にのっとった厳粛な儀式なのでした。

射抜いた数だけ刺す
   ↑ 的を射抜いた数だけ盛砂に棒を刺します

「笠間稲荷神社」
場所:笠間市笠間1
TEL:0296-73-0001

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 笠間市 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<そば処「一久」 | メイン | U・CTIYつくば!?>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takasannoibaraki.blog58.fc2.com/tb.php/724-57b159e3
| メイン |