2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
らーめん「本竈」
- 2016/12/12(Mon) -
本竈

今回は、宮城県宮城野区にあるらーめん「本竈(ほんかまど)」に来ました。
店内には、2手に分かれたカウンターに11席・テーブル5卓があります。

券売機
   ↑ 券売機

入口を入った右手に券売機があり、塩ラーメンを購入です。¥700
他には、醤油ラーメン700・海老わんたん麺(塩・醤油)¥850・醤油つけ麺¥780・柚子塩つけ麺¥830・胡麻の辛いつけ麺¥880・本気の担々麺¥800などがあります。
さらには、チャーシュー御飯¥380・トロ玉御飯¥250などもあります。

塩ラーメン
   ↑ 塩ラーメン
ストレートの中細麺
   ↑ ストレートの中細麺

出てきた塩ラーメンには、低温チャーシュー・極太メンマ・のり・刻み万能ねぎが入ります。
スープは豚骨と鶏の胴がらベースに、煮干しや内モンゴルの天然塩が入り、あっさりとした中に塩の旨みがありますね。
麺は、北海道産の「春よ恋」が使用されたストレートの中細麺で、小麦が香りスルスルと食せます。

    麺:細○●○○○太
スープ:薄○●○○○濃
    脂:少○○●○○多
    具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★★☆(4.5星)

らーめん「本竈」
場所:宮城県仙台市宮城野区岩切分台3-5-12
TEL:022-396-7131
営業:AM11:30~PM3:00
    PM5:30~PM9:00 不定休
土日祝:AM11:00~PM9:00
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
洞口家住宅
- 2016/12/09(Fri) -
ここは、宮城県名取市にある「洞口家住宅」です。
18世紀前半に建てられ、寄棟造、茅葺、石場立てで屋敷入口に薄政期の長屋門を有します。
建物内部は床上げ6間取りの名取地方によく見られる特徴的な名取型です。
名取型の形式としては、旧仙台領内最大規模の農家といわれています。

長屋門
   ↑ 長屋門
紹介板
   ↑ 紹介板
母家
   ↑ 母家
臼と杵
   ↑ 杵と臼
母家内
   ↑ 母家内

主屋は昭和57年に、表門・馬屋は平成2年に保存修復工事が行われ、奇麗に修復されていますね。
昭和46年には、国の文化財に指定されています。

「洞口家住宅」
場所:宮城県名取市大曲字中小路26
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
味の店「中華亭」
- 2016/12/07(Wed) -
中華亭

今回は、宮城県白石市にある味の店「中華亭」に来ました。
白石市内で有名なラーメン屋さんのようで、週末には行列ができますよ。
小さな店内には、カウンター5席・テーブル4卓があります。

壁掛けメニュー
   ↑ 壁掛けメニュー

壁掛けメニューを拝見したおやじは、中華そばを注文です。¥600
他には、メンマ中華そば¥700・チャーシューメン¥800があるだけの中華そば専門店ですね。

中華そば
   ↑ 中華そば
ストレートの中細麺
   ↑ ストレートの中細麺

出てきた中華そばには、ロースチャーシュー3枚・メンマ・のり2枚・刻みねぎが入ります。
スープは、豚骨・鶏がらベースのコクのある醤油味で、鶏油がいいアクセントになっていますね。
麺は、ストレートの中細麺で、スルスルと食せます。

   麺:細○●○○○太
スープ:薄○●○○○濃
   脂:少○○●○○多
   具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★★☆

味の店「中華亭」
場所:宮城県白石市本町75
TEL:0224-26-2379
営業:AM11:00~PM2:30 火水休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
和風レストラン「田園」亘理店
- 2016/12/04(Sun) -
田園

今回は、宮城県亘理町にある和風レストラン「田園」亘理店に来ました。
店内には、テーブル6卓・小上がりに5卓・個室2卓があり、宴会や満席時に使用する
座敷席もあります。

店内
   ↑ 店内
季節メニュー
   ↑ 季節メニュー

メニューを拝見したおやじは、9月から12月中旬まで限定のはらこめし定食を注文です。¥1500(税別)
他には、にぎり¥1100~¥3000・松花堂弁当(竹)¥1200・松花堂弁当(松)¥1900・海鮮丼¥1100~¥2100・北海丼¥2100・いくら丼¥1600などの多くの魚介メニューが揃います。
さらには、かけそば(うどん)¥380・山菜そば(うどん)¥680・特製天ざるそば(うどん)¥1900・親子重¥750などもあります。
休日には家族連れで行列が出来る人気店です。

はらこめし定食
   ↑ はらこめし定食
はらこめし
   ↑ はらこめし

出てきたはらこめし定食には、鮭とイクラの丼ぶりにアオサのすまし汁・小鉢・香の物が付いてきます。
亘理町の郷土料理で、鮭の煮汁で炊き込んだご飯に鮮度の良いイクラと沖捕りの銀系雄鮭が載って美味しいですね。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

和風レストラン「田園」亘理店
場所:宮城県亘理町逢隈上郡字上147
TEL:0223-34-8760
営業:AM10:30~PM8:30 水・第2木休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仙台うみの杜水族館
- 2016/12/03(Sat) -
仙台うみの杜水族館

ここは、宮城県仙台市の「仙台うみの杜水族館」です。
昨年7月にOOPENした新しい施設ですね。
順路を辿り、日本の海では三陸の海を切り抜いたような巨大な水槽が現れます。
さらに、内湾・深海・広瀬川などの水槽があります。

巨大水槽
   ↑ 巨大水槽
白いクロイソ
   ↑ 白いクロイソ
タカアシガニ
   ↑ タカアシガニ
ヨシキリザメ
   ↑ ヨシキリザメ
ハナガサクラゲ
   ↑ ハナガサクラゲ

2Fには、うみの杜スタジアムがあり、イルカやアシカのショーが楽しめます。

イルカショー
   ↑ イルカショー

世界の海では、オセアニア・ヨーロッパ・アフリカなど世界の魚達を見ることが出来ますね。

ウツボ
   ↑ ウツボ
シードラゴン
   ↑ シードラゴン
メガネカイマン
   ↑ メガネカイマン
チンアナゴ
   ↑ チンアナゴ

「仙台うみの杜水族館」
場所:宮城県仙台市宮城野区中野4-6
TEL:022-355-2222
営業:AM9:00~PM6:00(季節により変動)
入館料:¥2100
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
塩釜「大寿司」
- 2016/11/29(Tue) -
大寿司

今回は、宮城県塩釜市にある塩釜「大寿司(だいずし)」に来ました。
店内には、カウンター6席・テーブル2卓があり、2階には宴会場もあるようです。

店内
   ↑ 店内
壁掛けお品書き
   ↑ 壁掛けお品書き

壁のお品書きを拝見したおやじは、特上にぎりを注文です。¥3200
他には、にぎり並¥1100・中¥1800・上¥2500に同価格のちらしもあります。
さらには、鉄火丼¥2500・鉄火巻き¥1600・仙台づけ丼¥1800などや旬の刺身もありますよ。

味噌汁
   ↑ 味噌汁
特上にぎり
   ↑ 特上にぎり

盛り合わせにしてもらった特上にぎりには、小鉢と味噌汁が付きます。
さすがに、人口に対する寿司屋の数が日本一の塩釜で頂く寿司は鮮度が良くて美味しいですね。
最後にフルーツを頂き、ご馳走様でした

おやじの総合評価:★★★★☆

塩釜「大寿司」
場所:宮城県塩釜市花立町13-10
TEL:022-362-4377
営業:AM11:00~PM9:00 水休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
塩釜神社
- 2016/11/28(Mon) -
ここは、宮城県塩釜市にある「塩釜神社」です。
陸奥の国最大の神社で、現在の社殿は元禄8年(1695)から宝永元年(1704)に仙台藩主から寄進されたものです。
3つの本殿と2つの拝殿が建つ全国的に珍しい様式です。
14棟の建物と鳥居などが国の重要文化財に指定されています。

表参道の鳥居
   ↑ 表参道の鳥居
楼門
   ↑ 楼門
拝殿
   ↑ 拝殿
別宮
   ↑ 別宮
左宮・右宮2つの本殿
   ↑ 左宮・右宮2つの本殿

「塩釜神社」
場所:宮城県塩釜市一森山1-1
TEL:022-367-1611
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小原温泉「ホテル いずみや」
- 2016/11/16(Wed) -
いずみや

今回は、宮城県白石市の小原温泉「ホテル いずみや」に来ました。
フロントで日帰り入浴料¥500を払い、早速、1階にある温泉へ。

温泉へ
   ↑ 温泉へ

大きな内湯とハート型の露天風呂があります。
源泉温度が高いので加水されていますが、源泉掛け流しですよ。
湯は無色透明で、優しいお湯ですね。
ホテルなのでシャンプー等は揃いますが、タオル持参がいいですね。

内湯
   ↑ 内湯
露天風呂
   ↑ 露天風呂

泉質:単純温泉
泉温:64.1℃
pH:8.3
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・打ち身など

風呂上りの無料休憩所はありませんが、食事付き個室の日帰りプラン¥3880などはあります。

小原温泉「ホテル いずみや」
場所:宮城県白石市小原字湯元9
TEL:0224-29-2221
日帰り入浴:PM0:00~PM9:00 無休
入浴料:¥500
この記事のURL | 宮城県 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
そばの店「吉野屋」
- 2016/11/15(Tue) -
吉野屋

今回は、宮城県七ヶ宿にあるそばの店「吉野屋」に来ました。
R113沿いの七ヶ宿そば街道には数店のそば屋さんがありますね。
江戸時代から続く古民家の店内には、向かい合わせのカウンターに6席・小上がりに3卓・座敷に7卓があります。

壁掛けメニュー
   ↑ 壁掛けメニュー
座敷席
   ↑ 座敷席

入口の壁掛けメニューを拝見したおやじは、もりそばを注文です。¥700
注文してから席に着きます。
他には、天ざる¥1400・冷し街道¥1300・冷しなめこ¥900・街道そば¥900・天ぷらそば¥1300などがあります。

もりそば
   ↑ もりそば
やや太めの田舎そば
   ↑ やや太めの田舎そば

初めに香の物が出されます。
出てきたもりそばには、薬味に葉わさびが付きます。
そばは七ヶ宿産のそば粉が使用され、太目な田舎風でちょっと硬めですが美味しいですね。
つけ汁が、意外に辛めなのです。

おやじの総合評価:★★★★☆

そばの店「吉野屋」
場所:宮城県七ヶ宿町字滑津33
TEL:0224-37-2455
営業:AM11:00~PM3:00 不定休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宮城県七ヶ宿町観光
- 2016/11/14(Mon) -
休日には、宮城県七ヶ宿町に出かけてみましたよ。
ここは、宮城県の県道51線、七ヶ宿町と蔵王町の境にある「硯石」です。
長さ4m・幅2mの大石は、約900年前、源義家の父で武将源頼義が奥州征伐の際にこの地を通り過ぎるときに墨がなくなり、この石で墨を摺って京へ手紙をしたためた石だそうです。

硯石
   ↑ 硯石

県道51線を数キロ南下したところに、長老湖があります。
標高500mの駐車場からの長老湖と不忘山(南蔵王)の眺望が絶景ですね。

長老湖と不忘山
   ↑ 長老湖と不忘山

さらに、南蔵王青少年旅行村近くにある延長120mの東北一の「やまびこ吊り橋」からの不忘山もいいですね。

やまびこ吊り橋
   ↑ やまびこ吊り橋
吊り橋からの不忘山
   ↑ 吊り橋からの不忘山

さらに南下し、R113から山形県へ向かう途中に「滑津大滝」があります。
駐車場には、旬の市「七ヶ宿」もあり、約180段の階段を下ります。
滑津大滝は高さ約10m・幅約30mもあり、二階滝とも呼ばれて迫力がありますね
もちろん、帰りは登り階段となりますね。

滑津大滝
   ↑ 滑津大滝

七ヶ宿ダムは宮城県一の水がめとして、仙台市をはじめ8市9町の水資源となっています。
旧道の駅から七ヶ宿ダム湖が眺望が見事なのです。

七ヶ宿ダム
   ↑ 七ヶ宿ダム湖

「七ヶ宿町観光」
場所:宮城県七ヶ宿町内
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道の駅「七ヶ宿」
- 2016/11/13(Sun) -
七ヶ宿

ここは、宮城県七ヶ宿町のR113沿いにある道の駅「七ヶ宿」です。
平成26年4月に従来の場所から山形県方面へ4kmのところにある七ヶ宿公園内に移転したようで、七ヶ宿ダム湖や山々の紅葉を一望できますね。
道の駅の隣には「水と歴史の館」も併設されています。
地元の特産物や農産物が販売されています。
食事処では白石うーめん・蔵王担々麺・七ヶ宿ダム湖カレーなどが食せ、ファーストコーナーも設置されています。

地元の特産物の販売
   ↑ 地元の特産物の販売
食事処
   ↑ 食事処

道の駅「七ヶ宿」
場所:宮城県七ヶ宿町字上野8-1
TEL:0224-37-2721
営業:AM9:00~PM5:30 年末年始休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
材木岩公園
- 2016/11/12(Sat) -
ここは、宮城県白石市小原地区の「材木岩公園」です。
公園内には、安山石・玄武岩などの火山岩が柱状節理をなして露出し、材木を並べたように見える「材木岩」があります。
昭和9年に国の天然記念物に指定されており、高さ65m・幅約100mもあります。

材木岩公園から
   ↑ 材木岩公園から
材木岩
   ↑ 材木岩

材木岩公園内には、天然の風穴(ある地点だけ一年中冷風が噴きだす自然現象)を利用して蚕種貯蔵のための施設であった材木岩氷室もあります。

材木岩氷室
   ↑ 材木岩氷室
氷室内
   ↑ 氷室内

さらには、県指定の有形文化財である検断屋敷「旧木村家住宅」もあります。

旧木村家住宅
   ↑ 検断屋敷「旧木村家住宅」
床の間
   ↑ 床の間

「材木岩公園」
場所:宮城県白石市小原字清水
この記事のURL | 宮城県 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
松島と五大堂
- 2016/10/25(Tue) -
宮城県松島町の「瑞巌寺」前には松島が広がり、遊覧船乗り場があろます。
その左手には海に浮かぶ「五大堂」があります。

海に浮かぶ五大堂
   ↑ 海に浮かぶ五大堂

五大堂は、大同2年(807)に坂上田村麻呂が東征の際に建立した毘沙門堂が始まりで、慈覚大師円仁によって五大明王像が安置されたことによりこの名が付いたそうです。
蟇股に方角に合わせた十二支の彫刻がありますね。

五大堂
   ↑ 五大堂
子の彫刻
   ↑ 子の彫刻
五大堂からの松島
   ↑ 五大堂からの松島

「五大堂」
場所:宮城県松島町松島字町内
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
円通院
- 2016/10/24(Mon) -
ここは、瑞巌寺に隣接した「円通院」です。
円通院は、350年前に建てられた伊達政宗公嫡孫伊達光宗公の菩提寺です。
院内には奇麗に整備された庭園やバラの庭があり、もみじも多く植えられ、紅葉の時期は最高でしょうね。

山門
   ↑ 山門
石庭
   ↑ 石庭

本堂から奥まった所にある光宗公の三慧殿は、伊達家屈指の建築物で国の文化財に指定されています。
厨子の中には、白馬に跨る光宗君の像と殉死された七人の像が祀られています。

三慧殿
   ↑ 三慧殿
本堂
   ↑ 本堂

「円通院」
場所:宮城県松島町松島字町内67
TEL:022-354-3206
拝観料:¥300
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
瑞巌寺
- 2016/10/23(Sun) -
ここは、宮城県松島町にある「瑞巌寺(ずいがんじ)」です。
総門を抜けると、瑞巌寺洞窟群が現れますね。

洞窟群
   ↑ 洞窟群

瑞巌寺は、平安時代の初め(828)年、慈覚大師円仁により開創され、鎌倉時代中期に及んで入宋の法心性西を開山の祖として臨済宗の禅寺に改められました。
江戸時代の初め、伊達政宗公が、師傅虎哉禅師のすすめで現在の大伽藍を完成させました。
こちらは、国宝に指定されていますよ。
唐戸・欄間の透かし彫りや各部屋の襖絵が素晴らしいですね。
本堂などの建屋内は撮影禁止です。

本堂
   ↑ 本堂
本堂内の案内画
   ↑ 本堂内の案内画


禅宗寺院の台所である庫裡は、大屋根の上にさらに煙突しが載っています。
こちらも、国宝に指定されています。
入口には、高村光雲作(昭和2年)の光雲観音が展示されていました。

庫裡
   ↑ 庫裡
煙突し
   ↑ 煙突し
光雲観音
   ↑ 光雲観音

さらに、宝物館(清龍館)には、鎌倉時代から資料が展示されています。
現在、平成30年春迄の間、参道・御成門・回廊などの大修理が行われています。
大改修後に訪れれば、安土桃山文化を伝える建築・美術を創建当初の姿のまま見物できますね。

「瑞巌寺」
場所:宮城県松島町松島字町内91
TEL:022-354-2023
拝観料:¥700
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラーメン「三味」
- 2016/10/20(Thu) -
三味

今回は、宮城県山元町にあるラーメン「三味(さんみ)」に来ました。
店内には、2手に分かれたカウンターに8席・テーブルBOX2卓・小上がりに3卓があります。

店内
   ↑ 店内
メニュー
   ↑ メニュー

壁に貼られたメニューを拝見したおやじは、あごだしラーメンを注文です。¥630
他には、しょうゆラーメン¥580・しおラーメン¥630・味噌ラーメン¥730・から味噌ラーメン¥780などや餃子¥350・チャーハン¥650があります。
ランチタイム(AM11:00~PM2:00)には、お得な半チャーハンとのセットメニューもあります。

あごだしラーメン
   ↑ あごだしラーメン
ストレートの細麺
   ↑ ストレートの細麺

出てきたあごだしラーメンには、バラチャーシュー・メンマ・ワカメ・刻みねぎが入ります。
スープは、豚骨と鶏がらベースのようで、あごのダシがソフトに効いて優しいい味ですね。
麺は、ストレートの細麺で、ちょっと軟らかいですね。

   麺:細○●○○○太
スープ:薄○●○○○濃
   脂:少○●○○○多
   具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★☆☆

ラーメン「三味」
場所:宮城県山元町山寺中清水3
TEL:0223-37-7950
営業:AM11:00~PM2:30 月休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仙台国際空港
- 2016/10/06(Thu) -
ここは、宮城県にある「仙台国際空港」です。
仙台空港と言っても、空港ターミナルビルが名取市にあり、滑走路が岩沼市に及びます。
仙台空港は東日本大震災で大きな被害を受けたのですが、その後しっかり復興して今では立派な空港になっています。
2016年7月1日から国内初の民営化となりました。
無料となった3階の屋上展望デッキからは太平洋が望め、離発着するジェット機に感動ですね。

仙台国際空港
   ↑ 仙台国際空港
国際線ターミナル
   ↑ 国際線ターミナル
滑走路への誘導
   ↑ 滑走路への誘導
離陸
   ↑ 離陸

「仙台国際空港」
場所:宮城県名取市下増田字南原無番地
TEL:022-383-4301
屋上展望デッキ:AM8:00~PM8:00 無料
この記事のURL | 宮城県 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「麺組」
- 2016/10/05(Wed) -
麺組

今回は、宮城県岩沼市にある「麺組」に来ました。
岩沼市の人気店で、休日の午後3時にはスープ切れとなってしまいます。
10月下旬には姉妹店もOPENするようです。
店内には、カウンター5席・小上がりに5卓があります。

カウンター
   ↑ カウンター席
券売機
   ↑ 券売機

入口右手の券売機で、こってり醤油らーめんを購入です。¥730
他には、醤油らーめん¥720・塩らーめん¥750・柚子入り中華そば¥730・味噌らーめん¥820などがあります。
さらには、トッピングや餃子¥350もあり、大盛は2玉になるようです。

こってり醤油らーめん
   ↑ こってり醤油らーめん
ストレートの中細麺
   ↑ ストレートの中細麺

出てきたこってり醤油らーめんには、大きなロースチャーシュー・メンマ・ナルト・のり・背脂・刻み万能ねぎが入ります。
スープは、鶏がらベースで、あっさりとしていますが、鶏脂多めですね。
麺は、低加水のストレートの中細麺で、スルスルと食せます。

   麺:細★★☆☆☆太
スープ:薄★★★☆☆濃
   脂:少★★★★☆多
   具:少★★★☆☆多

おやじの総合評価:★★★★☆

「麺組」
場所:宮城県岩沼市中央4-12-15
TEL:0223-23-6268
営業:AM11:30~PM7:00 火・第1.3水休
   (スープ無くなり次第終了)
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宮城県岩沼市観光
- 2016/10/04(Tue) -
ここは、宮城県東部の岩沼市です。
市内稲荷町には日本三大稲荷である「竹駒神社」があります。

竹駒神社
   ↑ 竹駒神社

竹駒神社は、承和9年(842年)小倉百人一首で有名な小野篁が陸奥守として多賀城に赴任した際、奥州鎮護を祈願して創建したと伝えられています。
産業開発、五穀豊穣、商売繁盛、海上安全、安産、厄除開運などの御神徳があると知られています。

随神門
   ↑ 随神門
拝殿
   ↑ 拝殿
本殿
   ↑ 本殿

「竹駒神社」
場所:宮城県岩沼市稲荷町1-1
TEL:0223-22-2101

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

岩沼市三色吉にある「金蛇水神社」に寄ってみました。
創建千年余りの歴史があり、金運円満や商売繁盛、海上安全、厄除開運の神として信仰を集めています。
平安時代、京都三条の小鍛冶宗近が水神宮のほとりを流れる沢水を使い、天皇の御佩刀を制作し、そのお礼として刃金で雌雄一対の「金蛇」を打ち、水神宮に奉納したことが社名の由来と言われています。

金蛇水神社
   ↑ 金蛇水神社
拝殿
   ↑ 拝殿
弁財天
   ↑ 金蛇弁財天

「金蛇水神社」
場所:宮城県岩沼市三色吉字水神7
TEL:0223-22-2672
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
和風レストラン「田園」山元店
- 2016/08/27(Sat) -
田園

今回は、宮城県山元町にある和風レストラン「田園」山元店に来ました。
レストランなので、店内にはテーブル席が多くありますね。

メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、夏限定の穴子めし定食を注文です。¥1500(税別)
他には、限定の特製穴子めし膳¥2700・活あなご海老天丼¥1600・にぎり¥1100~¥3000・松花堂弁当(竹)¥1200・松花堂弁当(松)¥1900・海鮮丼¥1100~¥2100・北海丼¥2100・いくら丼¥1600などの多くの魚介メニューが揃います。
さらには、かけそば(うどん)¥380・山菜そば(うどん)¥680・特製天ざるそば(うどん)¥1900・親子重¥750などもあります。

穴子めし定食
   ↑ 穴子めし定食
穴子めし
   ↑ 穴子めし

出てきた穴子めし定食には、穴子めし・お吸い物・小鉢・香の物が付きます。
ふっくらと焼きあがった穴子が美味しいですね。
さすがに、海鮮で人気のレストランですね。

おやじの総合評価:★★★★☆

和風レストラン「田園」 山元店
場所:宮城県山元町小平須崎1
TEL:0223-37-0334
営業:AM10:30~PM8:30 火休
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宮城県白石市観光3
- 2016/08/25(Thu) -
宮城県白石市にある「片倉家御廟所」に来ました。
片倉家御廟所は、仙台藩伊達家の重臣白石城主片倉小十郎景綱を中央に宗景までの十代の墓です。
石畳を敷いた床面の上に10体の大きな石像と1基の墓碑が花崗岩の玉垣に囲まれて佇んでいます。
これは東北の陪臣の墓所としては全く他に見られないものだそうです。

片倉家御廟所
   ↑ 片倉家御廟所
紹介板
   ↑ 紹介板
10体の石像
   ↑ 10体の石像

そばには、景綱に仕え殉死した家臣六名の墓碑もあります。

「片倉家御廟所」
場所:宮城県白石市福岡蔵本字愛宕山

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

ここは、JR東北新幹線白石蔵王駅そばにある「孝子堂」です。
寛永13年、この地の「八枚田」で佐藤与太郎が2人娘と草取りをしていたところに、片倉御家中 志賀団七が通りかかり、娘の投げた草の泥が団七にかかってしまった。
父与太郎が何度も謝ったが、団七は手打ちにした。
娘二人は江戸へ旅立って道場で修業し、白石へ戻って団七を仇討ちしました。
そんな与太郎と二人娘を祀るのが「孝子堂」です。

孝子堂周辺と八枚田
   ↑ 孝子堂周辺と八枚田
紹介板
   ↑ 紹介板
孝子堂
   ↑ 孝子堂

「孝子堂」
場所:宮城県白石市大鷹沢三沢字八枚田
問合せ:0224-25-2711
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白石うーめん「やまぶき亭」
- 2016/08/24(Wed) -
やまぶき亭

今回は、宮城県白石市にある白石うーめん「やまぶき亭」に来ました。
白石市の特産品である白石温麺(うーめん)とは、江戸時代の初期頃、鈴木味右衛門が胃弱な父のために、胃に負担をかけないように小麦粉と塩だけで作った温麺を食べさせたところ病が回復したそうです。
店内には、座敷に11卓があります。

店内
   ↑ 店内
メニュー1部
   ↑ メニュー1部

メニューを拝見したおやじは、うーめん三昧を注文です。¥920
他には、軍鶏うーめん¥1460・天婦羅うーめん¥1360・やまぶき彩うーめん¥1080・軍鶏サラダうーめん¥980・山菜うーめん¥920・蒸籠うーめん¥700・かけうーめん¥700などがあります。
さらには、新メニューの麻婆うーめん980・味噌うーめん¥980・キノコのおくず掛け¥980などもあります。

うーめん三昧
   ↑ うーめん三昧
細く短いうーめん
   ↑ 細く短いうーめん

出てきたうーめん三昧には、冷たい蒸籠うーめん・小鉢・香の物・デザート(マンゴープリン)が付いてきます。
ごま・くるみ・しょうゆの三種のたれで頂けます。
うーめんは、冷麦のようですがコシがあって美味しいですね。

おやじの総合評価:★★★★☆

白石うーめん「やまぶき亭」
場所:宮城県白石市城北町6-13
TEL:0224-25-2322
営業:AM11:00~PM2:00 水休
この記事のURL | 宮城県 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
宮城県白石市観光2
- 2016/08/23(Tue) -
ここは、宮城県白石市のシンボルである「白石城」です。
天正19年(1591)豊臣秀吉は、伊達氏の支配下にあったこの地を没収し、会津若松城とともに蒲生氏郷に与え、蒲生氏家臣蒲生源左衛門郷成は、白石城を築城しました。
慶長5年(1600)伊達政宗は白石城を攻略し、再び伊達領となり、伊達氏家臣片倉小十郎によって改修がなされ、以後明治維新まで260余年間片倉氏の居城となります。

白石城
   ↑ 白石城
城内の甲冑展示
   ↑ 城内の甲冑展示
天守閣からの白石市街
   ↑ 天守閣からの白石市街

「白石城」
場所:宮城県白石市益岡町1-16
TEL:0224-24-3030
開館:AM9:00~PM5:00 年末休
入館料:¥300

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 

白石城北、三の丸外堀に当たる沢端川に面した後小路に片倉家中の「武家屋敷」があります。
安政3年(1856)の白石城下絵図に「小関右衛門七」とあり、うっそうとした庭の前面と側面を水流が巡ります。

片倉家中武家屋敷
   ↑ 片倉家中武家屋敷
武家屋敷
   ↑ 武家屋敷
囲炉裏部屋
   ↑ 囲炉裏部屋

「武家屋敷」
場所:宮城県白石市西益岡町6-52
TEL:0224-24-3030
開館:AM9:00~PM5:00 年末休
入館料:¥200
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宮城県白石市観光
- 2016/08/22(Mon) -
休日には、宮城県白石市へ出かけてみました。
東北自動車道の国見ICから小坂峠を越えると赤い鳥居が目立つ「萬蔵稲荷神社」に寄ってみました。
約160の赤い鳥居が続きます。

萬蔵稲荷神社の鳥居
   ↑ 萬蔵稲荷神社の鳥居
続く鳥居
   ↑ 続く鳥居
拝殿
   ↑ 拝殿
本殿
   ↑ 本殿

「萬蔵稲荷神社」
場所:宮城県白石市小原馬頭山6
TEL:0224-29-2351

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

旅館 やくせん

小坂峠を下る途中に白石湯沢温泉「旅館 やくせん」があります。
開湯から1200年の天然自噴の温泉でしたが、いつの間にかなくなってしまったようです。
現在の館主が、平成6年に幻の温泉を再建したそうです。
旅館のフロントで、日帰り入浴料¥500を払い、早速温泉へ・・・

温泉へ
   ↑ 温泉へ

温泉宿なので、ボディーソープ・リンスインシャンプーはあります。
内湯だけですが、ややぬめりのある軟らかい温泉ですね。
日本でも少ない含石膏芒硝泉で、天然自噴のかけ流しですよ。
さらに、湯船を出た所にある温泉水を飲用すると慢性胆のう炎・胆石症・慢性便秘・糖尿病に効果が期待できるそうで、ポリタンクで持ち帰る方も大勢いましたよ。

内湯
   ↑ 内湯
飲泉場
   ↑ 飲泉場

泉質:含石膏芒硝泉(ナトリウム・カルシウム・硫酸塩泉・低張性弱アルカリ性温泉)
源泉温度:36℃
pH:7.5
効能:慢性皮膚病・動脈硬化症・火傷・神経痛など
飲用:慢性胆のう炎・胆石症・慢性便秘・糖尿病

湯上りの休憩所兼食事処はありますが、入浴料+大広間利用料¥1080がかかります。

白石湯沢温泉「旅館 やくせん」
場所:宮城県白石市小原字八幡前19-1
TEL:0224-29-2620
日帰り入浴:AM10:00~PM7:00 
日帰り休憩:AM10:00~PM4:00 無休
この記事のURL | 宮城県 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
中国料理「龍亭」
- 2016/08/09(Tue) -
龍亭

今回は、宮城県仙台市にある中国料理「龍亭」に来ました。
冷し中華発祥の店として知られているようで、休日には行列が出来ます。
店内には、壁側カウンター6席・テーブル6卓があります。

メニュー
   ↑ メニュー

メニューを拝見したおやじは、涼拌麺(冷し中華)の醤油ダレを注文です。¥1250(税別)
他には、五目汁そば¥850・海鮮汁そば¥950・担々麺¥850・スーラータンメン¥900などがあります。
さらには、五目チャーハン¥850・五目かけ飯¥850・マーボー飯¥850・五目焼きそば¥850・海鮮揚げ焼きそば¥950や餃子¥500・しゅうまい¥500などもあります。
もちろん、夜には一品料理の揃う中華屋さんになりますね。
客のほぼ全員が冷し中華を注文していましたよ。

涼拌麺
   ↑ 涼拌麺
具を載せて
   ↑ 具を載せて
中麺
   ↑ 中麺

出てきた涼拌麺には、海老とサラダが載るだけで、具は別盛で出されます。
別盛の具を載せて頂きましたよ。
麺は、ややプリッとした中華麺で、スルスルと食します。
想像以上に普通の冷し中華なのでした。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

中国料理「龍亭」
場所:宮城県仙台市青葉区錦町1-2-10
TEL:022-221-6377
営業:AM11:00~PM2:30
    PM5:30~PM9:00 火休(不定休)
駐車場:なし
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仙台七夕まつり
- 2016/08/08(Mon) -
ここはJR仙台駅前にあるアーケード街です。
東北三大祭りの1つでもあり、日本三大七夕の1つとして、8月7日から9日にかけて「仙台七夕まつり」が開催されています。
毎年200万人を超える多くの観光客が訪れます。
おやじが訪れるのは約40年ぶりとなりますね。
仙台七夕まつりは、江戸時代初期には今の原型があったそうで、現在は新暦から1ヶ月遅れの開催となります。

アーケード街
   ↑ アーケード街
七夕飾り
   ↑ 七夕飾り
豪華な笹飾り
   ↑ 豪華な笹飾り

せっかくの笹飾り、もう少し長い期間開催されるといいですね。

「仙台七夕まつり」
場所:宮城県仙台市JR仙台駅前
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仙台藩花山村寒湯番所跡
- 2011/09/14(Wed) -
最近、秋田県の川原毛大湯滝がTV放映されました。
8年前に川原毛地獄を訪れたことがありますが、湯滝へは山道を歩くということで断念してしまいましたが、TVを見て是非とも訪れたくなってしまいました。
デジタル一眼レフも入手したおやじは、週末に東北地方へ出かけてきました。

栗駒山案内図
   ↑ 栗駒山案内図

そんな道のりの途中で、仙台藩花山村寒湯番所跡なる国指定史跡の看板を発見し、ちょっと寄ってみました。
寒湯番所は秋田県雄勝郡に通じる花山越えの秋田口の関所で、仙台藩仙北御境目寒湯番所と言われていました。
御境目番所となったのは、伊達公が岩出山入りしたあとの慶長年代からで、200余年間、往来する人と荷物の検問を行っていました。

案内板
   ↑ 案内板

安政の初期に改築され、全国でも珍しく四脚門と役宅が現存しているのです。
門は、釘を使わずくさび止めした総ケヤキ造りのようです。

四脚門
   ↑ 四脚門

役宅にもは入れますが、こちらは入場料200円と有料です。
役宅は入母屋造で、広さが約350㎡で江戸時代の威風堂々とした建物ですね。
昭和40年(1965)の改修工事で屋根が茅葺から銅版に替えられ、内部には槍・刺又などの他、梁の上にはかまど神、釜男の面をはじめ民俗資料が展示されているようです。

役宅
   ↑ 役宅

昭和38年9月には国の史跡として指定を受けた歴史ある番所なのです。

「仙台藩花山村寒湯番所跡」
場所:宮城県栗原市花山
TEL:0228-56-2085
役宅開館時間:AM9:00~PM4:30
開館日:4月1日~11月末まで
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
みちのく1人旅!宮城蔵王編
- 2007/11/02(Fri) -
山形の山寺を後にしたおやじは、蔵王エコーライン越えです。
山頂部の紅葉は、だいぶ落葉が始まっており、今週くらいで終わりのようです。
さて、有名な観光地でありカルデラ湖である蔵王の「お釜」にやって来ました。
しかし、あいにくの雨に加え、霧が凄く立ち込めており、お釜がぜんぜん見えませーん!
さすがに標高1700mまで登ると寒いくらいで、日中でも気温は6℃でした。

雨と霧に霞みすぎで、お釜があるであろう方向
   ↑ 雨と霧に霞みすぎで、お釜があるであろう方向

宮城側のエコーラインを下ったところには蔵王寺、不動滝、三階の滝がありました。
不動滝は蔵王一の滝で、落差54m・巾16mあり、紅葉もあいまってなかなかの絶景です。

蔵王寺
   ↑ 蔵王寺
不動滝
   ↑ 紅葉に映える不動滝

さらに下ると遠刈田温泉があります。
ここでおやじは、日帰り温泉の「神の湯」に入浴です。¥300
内湯のみですが、旅の疲れを癒してくれます。

神の湯の内風呂
   ↑ 神の湯の内風呂
神の湯
   ↑ 神の湯

小腹の空いたおやじは、温泉街にある蔵王手打ちそば「新楽」に入ってみました。
店内には、テーブル席が6卓あり、いかにも田舎のそば屋風です。
壁のメニューを拝見し、冷かもそばを注文です!¥945
出てきたそばには、かも・白菜・刻みねぎが入ります。
そばは太めな田舎そばで、もっちりとしたコシがあり、まいうーです。

冷かもそば
   ↑ 冷かもそば
蔵王手打ちそば「新楽」
   ↑ 蔵王手打ちそば「新楽」

蔵王手打ちそば「新楽」
場所:蔵王町遠刈田温泉本町18
TEL:0224-34-2527
営業:AM11:00~PM7:00 水休

温泉街近くには、こけし橋や日本一のこけしの数を誇る「みやぎ蔵王こけし館」などもあり、こけしと温泉の街なのです。

こけし橋
   ↑ こけし橋

そろそろ茨城に帰ります。まったねー!

←現在のランキングは?左(バナー)をポチッが励みになります。
この記事のURL | 宮城県 | CM(3) | TB(1) | ▲ top
仙台をあとに・・・
- 2006/08/18(Fri) -
ちょっと二日酔いで寝不足ぎみのおやじですが、ホテルを後にします。
普通ならこの後は、お決まりの仙台市内観光(青葉城址など)や松島方面まで足を延ばすのでしょうが、何度か観光しているので、帰ります。
とは言っても、ちょっと寄り道して、R4を下り、さらにR349に入り宮城県角田市に来ました。
「スペースタワー・コスモハウス」

ここは、台山公園の「スペースタワー・コスモハウス」です。
角田市は、日本の宇宙開発の一翼を担う都市らしく、平成6年に打ち上げられたH-Ⅱロケットの実物大模型(49m)が展示され、スペースタワー(44.9m)には、展望台があります。コスモハウスには展示コーナーがあり、エンジン・人工衛星の模型も展示してあるそうですが、今日は、あいにく休園日でした。(見学する気はなかったけどね!)
場所:角田駅を背に右手すぐそば
開園:9:00~17:00 火休園
赤味噌ラーメン

さらに、R113へと入り阿武隈川を横目にやっとR6に出たおやじは、ラーメン屋を見つけ入ってみることに、そこは「麺龍」です。
看板に大きく赤・白と掲げています。運動会か歌合戦か?
味噌が売りのラーメン屋らしく、メニューには、赤味噌(こくあり)・白味噌(さっぱり)・黒味噌(健康)とあります。
おやじは、赤味噌を注文! ¥630
出てきたラーメンには、チャーシュー(とろけるがチョット薄い)・もやし・ニラ・しなちく・刻みねぎ・小さめの海苔1枚が入ります。さらに、テーブルにはトッピング用のニラキムチが自由に頂けます。なかなか濃厚なスープで、麺は中太の玉子麺を使用しています。
ちなみに、黒味噌は八丁味噌と光黒大豆を合わせたものらしく、¥730です。

わがまま総合評価:★★★☆☆

「麺龍」

味噌蔵「麺龍」
場所:福島県 R6沿い相馬市と南相馬市の境
TEL:営業:?

腹を満たしたおやじは、R6を下り、常磐道に乗り、快調に飛ばしてます。しかし、勿来IC過ぎると、前車がハザードを点灯しはじめました。おやー?そこからが大変で速度20km規制に入っちゃいました!信号も無いのに途中で停止しちゃいます!
そうです、東京方面へお盆のUターンラッシュのようです。そこでおやじは、一般道に降りることにしました。正解です!R6は、スイスイ通常通りに走れちゃいます。早く帰りましょう!ではー

←閲覧ありがとうございます。左(バナー)をクリックしてランキングに投票してね!
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宮城県 杜の都「仙台」
- 2006/08/17(Thu) -
やっと仙台に到着です。
ホテルに荷を降ろしたおやじは、つかの間の休息を取り、東北最大の歓楽街「国分町」へ出陣です。
国分町

まず、最初は居酒屋で一杯です!
「海鮮屋」いかにも新鮮な肴が置いてありそうな名ですが、高級感のある店構えにチョットびびる大木です。いや、びびるおやじでした。早速入店、なかなか落ち着いた店内にほっと一息。
今日の肴

とりあえずの生ビールを注文!
今日の肴は、
石巻産のくじら刺 ¥800
いか刺 ¥600
仙台牛のたたき ¥780
手羽焼き ¥380
砂肝焼き(2本) ¥300
ビールを飲み干したおやじは、もちろん日本酒です。
おおっ!青森の銘酒「田酒」があるではありませんか、すかさず注文!
まろやかな口当たりで、うまいねー!
地元の情報誌(飲み屋街にたくさん置いてあるよ!)を検討し、そろそろ出陣の時間です。
「海鮮屋」

「海鮮屋」
場所:仙台市青葉区国分町2-1-22浅見ビル2F(入口は1F)
TEL:022-261-5559
営業:17:00~23:00 日休

キャッチの兄ちゃんが声を掛けてきますが、丁重に断りネオン街に消えていくおやじでした。
知り合いMの店にも顔を出し、3軒はしごしちゃいました。
もう時刻は、午前2時です。今日も酔ってしまったおやじですが、小腹が空いたので、ラーメン屋へ!中国料理「会龍」です。
南京ラーメン

看板にもある南京らーめんを注文! ¥600
出てきたらーめんは、さっぱり系で中細麺ですが、スープがちょっとしょっぱいかな?
チャーシュー・しなちく・刻みねぎが入ります。
わがまま総合評価:★★★☆☆
中国料理「会龍」

中国料理「会龍」
場所:国分町2-10-35
TEL:022-213-4920
営業:17:00~翌5:00 無休
腹を満たしたおやじは、ホテルへと戻り爆睡するのでした。

←ここをクリックしてね!ランキングに投票してくれてありがとうございます!
この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |