2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
味の店「高見食堂」vol.3
- 2017/09/19(Tue) -
高見食堂

今回は、福島県南相馬市原町区にある味の店「高見食堂」に来ました。
店内には、カウンター4席・テーブル3卓・小上がりに3卓があります。

高見ランチメニュー
   ↑ 高見ランチメニュー
定番メニュー
   ↑ 定番メニュー

メニューを拝見したおやじは、Bランチ(納豆付き)を注文です。¥700
高見ランチには唐揚げ2個・目玉焼き・納豆・奴が付き、コロッケ¥700・アジフライ¥800・メンチ¥850・エビフライ¥900があります。
他には、ラーメン¥550・みそラーメン¥700・タンメン¥700・かけうどん(そば)¥500・肉うどん(そば)¥700・ニラレバー定食¥900・焼肉定食¥900・とんかつ定食¥1050・野菜炒め定食¥850・ミックス定食¥850・親子丼¥750・天丼¥850・カレーライス¥700・チャーハン¥750などもあります。

Bランチ
   ↑ Bランチ
チキンカツ
   ↑ チキンカツ

出てきたBランチには、チキンカツにキャベツ・ポテトサラダが盛られ、味噌汁・納豆・奴・香の物も付いてきます。
サクッと揚がったチキンカツが美味しいですね。
全体的にボリュームがあり、満腹になります。

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

Vol.2:高見ランチアジフライ
Vol.1:ニラレバー定食

味の店「高見食堂」
場所:福島県南相馬市原町区高見町2-193
TEL:0244-24-4133
営業:AM11:00~PM2:00 日祝休
この記事のURL | 福島県浜通り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
田子倉ダム
- 2017/09/19(Tue) -
ここは、福島県只見町田子倉にある「田子倉ダム」です。
一級河川・阿賀野川水系只見川に建設されたダムで、電源開発株式会社が管理する発電用の高さ145mの重力式コンクリートダムです。
ダムに付設されている田子倉発電所は、認可出力400,000 kWを有します。

田子倉ダム
   ↑ 田子倉ダム

ダムの天端部からは田子倉発電所・只見ダム・田子倉湖が見渡せ、眺めがいいですね。
田子倉ダム横には展望台やレストランがあり、遊覧船も運航していますよ。
また、サクラマス・ワカサギ・ハヤなどの釣りを楽しむことが出来ます。

天端部
   ↑ 天端部
天端部からの眺望
   ↑ 天端部からの眺望
天端部からの田子倉湖
   ↑ 天端部からの田子倉湖と展望台
展望台からの取水口
   ↑ 展望台からの取水口
展望台からの田子倉湖
   ↑ 展望台からの田子倉湖

「田子倉ダム」
場所:福島県只見町大字田子倉字菅目605
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
米沢高等工業学校本館
- 2017/09/18(Mon) -
ここは、山形県米沢市にある「米沢高等工業学校本館」です。
米沢高等工業学校は、明治43年3月、東京・大阪・京都・名古屋・熊本・仙台に続いて、全国7番目の高等工業学校として開設されました。
本館の建設は、明治41年7月に文部省建築課米沢出張所が設けられ、同42年1月起工、翌43年7月に竣工しました。
以来、同校は、昭和19年4月米沢工業専門学校と改称され、更に同24年5月の学制改革によって、山形大学工学部に改組され、現在に至っています。

米沢高等工業学校本館
   ↑ 米沢高等工業学校本館
紹介板
   ↑ 紹介板

建屋内の見学は平日のみで事前の申請が必要ですが、建屋外の見学は自由ですね。
この建物は、ルネサンス様式を基調とした木造2階建で、北を正面とています。
中央屋から左右に胴屋が連なり、その両端に短い翼屋を付けた形になり、 正面・幅・全長94メートルに及ぶ大規模なもので、屋根は寄棟造り、中央屋正面には両端に小塔形の角屋(階段室)が突き出し、中央玄関には車寄せがついています。

正面
   ↑ 正面玄関
本館裏側
   ↑ 本館裏側

「米沢高等工業学校本館」
場所:山形県米沢市城南4-3-16
事前申込みTEL:0238-22-7866(百周年記念会館内)
開館:平日AM11:00~PM4:00
入館:無料
この記事のURL | 山形県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
浅見川渓谷
- 2017/09/17(Sun) -
ここは、福島県の阿武隈山地から広野町の山沿いを流れる浅見川渓谷です。
県道249号沿いに流れる渓流で、上戸渡地区の上流まで10数km続きます。
渓流沿いの道幅が狭いので注意して走行ですね。

浅見川渓谷
   ↑ 浅見川渓谷
釣り人
   ↑ 釣り人

渓谷の入口にある「大滝旅館」前には、その名の通り大滝があります。
情報不足ですが、高さ20mぐらいありそうですね。
以前は滝壺まで降りられたようですが、現在は落石などの影響で立入禁止です。

大滝
   ↑ 大滝

「浅見川渓谷」
場所:福島県広野町上浅見川堀切付近
この記事のURL | 福島県浜通り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
成法寺
- 2017/09/16(Sat) -
ここは、福島県只見町梁取にある「成法寺」です。
R289から見える断崖絶壁の下にあります。

成法寺
   ↑ 成法寺
紹介板
   ↑ 紹介板

成法寺観音堂は鎌倉時代に建てられ、現在の建物は16世紀に再建されたものと考えられ、和唐折衷の様式を持ち、国の重要文化財に指定されています。
また、1311年(応長元年)の作とされる聖観音坐像は県の重要文化財に指定され、鎌倉時代末期の只見地方の仏教文化を象徴する仏像といわれています。
現在は、住職不在だそうです。

観音堂
   ↑ 観音堂
薬師堂
   ↑ 薬師堂
本堂
   ↑ 本堂
仏地山
   ↑ 仏地山

「成法寺」
場所:福島県只見町大字梁取字御東1747
この記事のURL | 福島県会津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中華そば「伊藤商店」
- 2017/09/15(Fri) -
伊藤商店

今回は、福島県福島市吉倉にある中華そば「伊藤商店」に来ました。
ちょうど2階の工務店の外壁工事が行われていましたよ。
店内には、カウンター6席・8人掛けテーブル1卓・小上がりに4卓があります。

テーブル席
   ↑ テーブル席
券売機
   ↑ 券売機

入口左手に券売機があり、金の中華そばを購入です。¥660
他には、金のえびわんたんそば¥880・金の半熟煮玉子中華そば¥790・金の肉そば¥900・白のえびわんたんそば¥930・白の中華そば¥710などがあり、白(背脂)は¥50増しですね。
さらには、極にぼ味噌らーめん¥820・極にぼ味噌チャーシューめん¥1060・白の味噌らーめん¥780・魚介濃厚つけ麺¥880・マルヤAセット(温玉丼)¥190・Bセット(肉飯)¥240などもあります。

金の中華そば
   ↑ 金の中華そば
平打ちの中太麺
   ↑ 平打ちの中太麺

出てきた金の中華そばには、バラチャーシュー2枚・メンマ・刻みねぎが入ります。
スープは、豚骨ベースで、とてもあっさりとしていますが、ちょっと塩分多めですかね。
麺は、手打ちの縮れた中太麺で、もっちりとしていますね。

   麺:細○○○●○太
スープ:薄○●○○○濃
   脂:少○●○○○多
   具:少○○●○○多

おやじの総合評価:★★★☆☆(3.5星)

中華そば「伊藤商店」
場所:福島県福島市吉倉八幡6-4
TEL:024-597-3013
営業:AM7:00~PM3:00 水休
この記事のURL | 福島県中通り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
教育資料館(旧登米高等尋常小学校)
- 2017/09/15(Fri) -
ここは、宮城県登米市にある「教育資料館」(旧登米高等尋常小学校)です。
明治21年(1888)の建築で、山添喜三郎建築技師の設計による和洋折衷の意匠ですね。
明治期の洋風建築として名高く、昭和56年には国の重要文化財に指定されており、教科書などを展示する「教育資料館」として1989年に保存修復作業が行われ復元され、一般に公開されています。

旧登米高等尋常小学校正門
   ↑ 旧登米高等尋常小学校正門
旧登米高等尋常小学校
   ↑ 旧登米高等尋常小学校

木造2階建、素木造、瓦葺屋根造りの建築面積845㎡、延べ床面積1607㎡の校舎で、東西に長さ41・8mを保ち、両翼に長さ20mを配置した凹型の平面形ですね。

裁縫室兼講堂
   ↑ 裁縫室兼講堂
廊下
   ↑ 廊下
教室
   ↑ 教室
階段
   ↑ 階段

正面校舎中央1階にはギリシャ風のペディメントをつけた擬洋風建築で吹抜式玄関が突出し、2階は吹き抜けのバルコニーになっています。

バルコニーから
   ↑ バルコニーから

両翼校舎の先端には六角形を半分にした形の生徒用の出入口があり、明治の学校建築の特色を残している校舎ですね。

時鐘
   ↑ 時鐘
校長室
   ↑ 校長室

教育資料館(旧登米高等尋常小学校)
場所:宮城県登米市登米町寺池桜小路6
TEL:0220-52-2496
開館:AM9:00~PM4:30 年末年始休
観覧料:¥400(共通観覧券¥900)

この記事のURL | 宮城県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ